144-0046
東京都大田区東六郷2-9-12

MAP
電話 03-3731-2046
e-mail sakemorita@nifty.com
営業時間 AM 12:00 〜 PM8:00  
実店舗の定休日 日曜、月曜日

は定休日です。
は午後2時頃からの営業。
*ホームページからのご注文は常時受け付けています。

更新日は 2022年 11月 24日 です。

  • instagram
    ワイン
  • instagram
    店主のアート
2022年12月
       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  1. リスト表示
  2. 一覧表示

お薦めITALY No2(イタリアその他の地域)

  • お薦めBOURGOGNE ROUGE(ブルゴーニュ・ルージュ)
  • お薦めBOURGOGNE BLANC(ブルゴーニュ・ブラン)
  • お薦めBORDEAUX(ボルドー)
  • お薦めALSACE(アルザス)
  • お薦めCHAMPAGNE(シャンパーニュ&泡もの)
  • お薦めAUVERGNE、JURA、SAVOIE(オーヴェルニュ・ジュラ・サヴォワ)
  • お薦めLOIRE(ロワール)
  • お薦めRHONE(ローヌ)
  • お薦めOTHER FRANCE(フランスその他の地域)
  • お薦めITALY No1(イタリア/ピエモンテ&トスカーナ)
  • お薦めITALY No2(イタリアその他の地域)
  • お薦めGERMANY、AUSTRIA (ドイツ、オーストリア)
  • お薦めOTHER COUNTRY (GERMANY、SPAIN、AUSTRIA、GREECE、SLOVENIA、AUSTRALIA etc….)/(その他の国、スペイン、ギリシャ、アメリカ、日本etc….)

フラ・イ・モンティ
ヴィーノ・ロッソ・リヴォルジォーネ・カベルニカーナ 2021

フラ・イ・モンティ
ヴィーノ・ロッソ・リヴォルジォーネ・カベルニカーナ 2021

*Vino Rosso Rivoluzione Cabernicana 2020 / Fra I Monti

*こんな自由な表現は陽気な
 イタリア人ならではかな?
 明るさと、シンプルな味わいの
 カジュアルさがあります。
 心地良い杏の味わいです。
 すみれの様なニュアンスに

続きを読む

 コクのあるスパイスの効いた
 フレッシュな透明感のある味わいです。
 10/25/2022試飲

*品種:カベルネ・ソーヴィニョン100%
 ヴィンテージ:2020年
 醸造:手摘みで収穫したブドウを
    一房一房手作業で除梗。
    オープントップの発酵層で野
    生酵母のみで温度管理を
    行わずに自発的に発酵。
    SO2やその他の醸造添加物は
    一切加えずに醸造。
    発酵終了後、手動の小さなバスケットプレスで圧搾。
    フリーランワインのみを
    グラスファイバーのタンクに移し、
    マロ発酵と熟成。SO2は醸造中も
    瓶詰め時も無添加。
    無清澄・ノンフィルターで瓶詰め。
 2021ヴィンテージのSO2トータルは
 2022年10月時点で25.6mg/l。
 アルコール度数は13 度。

*ワイン名の『Rivoluzione Cabernicana
 リヴォルジォーネ・カベルニカーナ』は、
 イタリア語で「コペルニクス的転回」を意味する言葉
 『Rivoluzione Copernicana
 リヴォルジォーネ・コペルニカーナ』を
 もじって命名したものです。
 インポーターはVIVITさん 6本

生産年:2021年

生産国:イタリア・ラッツォ・テレッレ

生産者:フラ・イ・モンティ

葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニョン

折りたたむ

現在庫 5本 
税込価格¥4,158(税抜き¥3,780)

フラ・イ・モンティ
ヴィノ・ビアンコ・センプレ・イン・ドゥエ 2021

フラ・イ・モンティ
ヴィノ・ビアンコ・センプレ・イン・ドゥエ 2021

*Vino Bianco Sempre in due 2021 / Fra I Monti

*ラツィオの地場品種マトゥラーノ100%の白ワイン

*杏や果林の様な果実感にミネラルの伸びの良い粘度、
 タンニンと少し香ばしさ、蜜のニュアンスが
 残りますが心地良い伸びやかさがあり
 ス

続きを読む

キンコンタクトした独特の
 ニュアンスを楽しめます。
 クリアーで透明感があります。
 気分爽快なのです。
 10/25/2022試飲

*品種:マトゥラーノ100%
 醸造:手摘みで収穫したブドウを一房一房手作業で除梗。
    破砕した後、8日間スキンコンタクト。
    その後、手動の小さなバスケットプレスで圧搾して、
    アンフォラで野生酵⺟のみで温度管理を行わずに
    自発的に発酵させます。
    SO2やその他の醸造添加物は⼀切加えずに醸造。
    発酵終了後も引き続きアンフォラで、
    温度管理を行わずに自発的なマロ発酵と
    シュール・リによる熟成。
    熟成期間8ヶ月。
    SO2は醸造中も瓶詰め時も無添加。
    無清澄・ノンフィルターで瓶詰め。
 2021ヴィンテージのSO2トータルは
 2022年10月時点で22.4mg/l。
 アルコール度数は12.0 度。

 ワイン名の「センプレ・イン・ドゥエ」とは、
 イタリア語「常に二人で」という意味です。
 テニスのタブルスの意味を掛け合わせています。
 エチケットのイラストは、ロッコとフランチェスコが
 ワインについて議論しているライフシーンです。

*エチケットに以下のような
 コメントは書かれています。
 「ワインは全ての人を喜ばせる必要はありません。
 しかし、ワインの起源は全ての人に
 伝えなければなりません。
 家族の柱であるNonna Civita
 ノンナ・チヴィタは、
 良いワインを飲みながら、風景や情熱、
 そして働く人々の犠牲によって作られた
 彼女の土地を感じなければならないことを
 教えてくれました。
 チヴィタはフラ・イ・モンティのあるテレッレで
 一生を過ごしました。
 毎日、土地の価値に思いをはせるために、
 エチクットのワイン名は彼女に手書きし
 てもらいました。」
 インポーターはVIVITさん 6本

容量:750ml

生産年:2021年

生産国:イタリア・ラッツォ・テレッレ

生産者:フラ・イ・モンティ

葡萄品種:マトゥラーノ

折りたたむ

現在庫 11本 
税込価格¥4,158(税抜き¥3,780)

ローズィ・エウジェニオ
IGTカベルネ・フラン NV2015,2016.2017

ローズィ・エウジェニオ
IGTカベルネ・フラン NV2015,2016.2017

*IGT Cabernet Franc 2015,2016.2017 / Rosi Eugenio

*他のワインをお買い上げのお客様優先です。

*今年も期待通りのスペシャルなカベルネ・フラン
 含みと同時に感じる滑らかなエレガントさ、
 多少硬さがありますすが、ゆっくりと大きく感じる

続きを読む


 懐の深さに吸い込まれるような充実感があります。
 もう素晴らしい液体で夢心地!
 ただ今回は6本悲しいかな....。
 10/11/2022試飲

*限定のワインの為、お一人様1本で。
 ご注文が集中した場合は
 他のワインをご購入のお客様を優先します。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

*品種:カベルネ・フラン100%
 樹齢30年、すべてフランコ ピエーデ(自根)にて植樹された畑。
 強烈な砂質土壌。収穫後古バリックにて
 2週間以上のマセレーション、
 野生酵母による醗酵を促す。
 2015年、2016年、2017年という3つのヴィンテージを
 ソレラのように注ぎ足すことで、
 酵母の活 動時間を延ばすことが出来るという
 考えによって生まれた手法。
 カベルネ・フランの持つ驚くほどのしなやかさと味わい、
 奥行きをもった赤。

 ロヴェレート近郊の砂質土壌の畑より
 収穫されるカベルネ・フラン。
 カベルネ・ソーヴィニヨンとは違い、その繊細さ、
 柔和さが特徴ともいえるブドウ。
 「エゼジェズィのように、マセレーションを長くする方法では、
 カベルネ フランの繊細さを包み隠してしまう、、」
 そこで彼がたどり着いたのはマルサーラや
 シェリーなどで行われているソレラという手法。
 「果皮によってワインを守るのではなく、
 酵母の活動期間を長く継続させることで、
 酸化を恐れずにSO2にも頼らずに、
 樽での長い熟成ができる」、
 そう考えるエウジェーニオ。
 圧搾した2015年のフランは極力酸素との接触を避けながら熟成。
 そして翌年の収穫、醗酵に合わせオリ引きを行い、
 ここに醗酵が終わる前の2016年を加える。
 こうすることで、加えた1206の酵母によって全体が活性化。
 もう1年繰り返し3つのヴィンテージで3年間の熟成をするという、
 独創的すぎる手法で生まれる唯一無二のカベルネ・フラン。
 イタリアでは、どうしても「強く、濃く」思われがちですが、
 きめ細かいタンニンと繊細な果実と心地よい酸。
 砂質特有の複雑さと繊細さ、
 良い意味で想像を裏切ってくれるカベルネ・フランだと思います。

*限定のワインの為、お一人様1本で。
 ご注文が集中した場合は
 他のワインをご購入のお客様を優先します。

生産年:NV2015,2016.2017年

生産国:イタリア

生産者:ローズィ・エウジェニオ

葡萄品種:カベルネ・フラン

折りたたむ

現在庫 3本 
税込価格¥6,688(税抜き¥6,080)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・ リボッラ・ジャッラ・セレツィオーネ 2010

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・ リボッラ・ジャッラ・セレツィオーネ 2010

*IGT Venezia Giulia Bianco Ribolla Gialla Selezione 2010 / Damijan Podversic

*売り切れてしまったので
 取っておいてもらった12本が再入荷!

*もう神が舞い降りた?
 (僕には信仰がないので神は存在しません

続きを読む

が..。)
 そのパフォーマンスに脅かされ、
 自分用にマグナムを2本隠してしまった2010年のリボッラ。
 とうとうですがその2010年のセレツィオーネがリリースされ、
 早速試飲が出来ました。
 エレガントさがあるこの上もなく分厚い液体は
 圧倒的なミネラルと熟れた花梨が溶け込んだような果実感で
 しかも繊細さも持ち合わせてういます。
 もう森田屋ノックアウトの状態です。
 今でも十分美味しく寝かせても大丈夫。
 ぜひ頑張ってご購入下さい。
 12/15/2021試飲

*品種:リボッラ ジャッラ100%。
 樹齢:60年。
 収穫後、開放式の大樽にて約 90日のマセレーション。
 圧搾後、大樽にて7年間の熟成。
 ボトル詰め後3年間熟成の後、
 2005年に続き、2度目となる2020年リリースの
 リボッラ・ジャッラのセレツィオーネ。
収穫の時点で大半のブドウにボトリティスが回ったヴィンテージ。
 中でも最も良い区画のリボッラのみ収穫を遅らせ、
 さらに成熟させたブドウを粒単 位の選果を行いながら収穫。
 2005年と異なり、自分の思い描く長期間の大樽での熟成を
 初めて成し遂げた、すべてが規格外のリボッラ・ジャッラ。
 その味わいには 衝撃と覚えるほど。
 そのあまりにも高い価格には、
 ダミアンの揺るぎのない自信が 感じられます。

*遂にリリースさせていただきます新しい
 リボッラ・セレツィオーネ2010年。
 ダミアン曰く「これは毎年造るものではない、
 自分が日々畑と向き合う中で、数年に一度 あるかないか、
 本当の意味で最高の収穫だと呼べるヴィンテージ、
 そしてその中で最高と呼べる区画だけで造られる、
 【究極】と言ってもいい特別なリボッラ ジャッラ。」 2010 年は、
 2005 年に続いて寒さと雨に悩まされた厳しいヴィンテージ。
 しかしその影響は決してマイナスだけではなく、
 ボトリティス(貴腐)の恩恵を最大限に受けた
 素晴らしい恩恵を受けたヴィンテージ。
 そして、さらにモンテカルヴァリオの畑で最高のポジション、
 収穫を遅らせ、最終日に収穫したリボッラ ジャッラだけで醸造。
 2005と違い、大樽のスペースに余裕があった事もあり、
 大樽で7年、ボトル詰め後3年、合計10年という
 ダミアンの願望を叶えた究極のリボッラ・ジャッラ。
 毎度のことですが、「高いっていうなら買わなくていい。
 オレが自分で飲むから。」というダミアンの覚悟によって、
 エヴィーノ史上最高級なワインとなってしまいました。
 あまりにも高い価格に、調整もどうにもなりませんでした。
 実は収穫より10年となる 2020年にリリーされ、
 昨年末に入港しておりました。
 しかし昨年は緊急事態宣言真っ只中という事もあり、
 どうにもご案内できずに 1 年経ってしまいました。
 その価格に驚かされる反面、やはりそれに恥じない
 圧倒的なヴォリューム感、味わいの深さ、
 幅そして奥行きととめどない余韻の波。
 もはや言葉は要らないかもしれません。
 さらにこれから先の計り知れなさ、
 可能性を持ったとんでもないリボッラ・ジャッラ。
 興味を持っていただけましたら幸いです。
 インポーターはエヴィーノさん 12本+12本

生産年:2010年

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:リボッラ・ジャッラ

折りたたむ

現在庫 12本 
税込価格¥30,459(税抜き¥27,690)

ヌース(コーペラティーヴァ・ヴィーノ・ヌォーヴォ)
DOCシチリア・ネロ・ダヴォラ・バッグ・イン・ボックス 2018

ヌース(コーペラティーヴァ・ヴィーノ・ヌォーヴォ)
DOCシチリア・ネロ・ダヴォラ・バッグ・イン・ボックス 2018

*DOC Sicilia Nero d'Avola 3L 2018 / Noûs Cooperativa Vino Nuovo

続きを読む

*品種:ネロ・ダヴォラ
 植樹:1999年
 位置:標高200m、南南西向き
 土壌:石灰粘土質土壌
 21日間マセレーション。
 ステンレスタンクで25日間醗酵。
 ステンレスタンクで14ヶ月熟成。
 ラシーヌさん 6本

容量:3000ml

生産年:2018年

生産国:イタリア・シチリア

生産者:ヌース(コーペラティーヴァ・ヴィーノ・ヌォーヴォ)

葡萄品種:ネロ・ダヴォラ

折りたたむ

現在庫 5本 
税込価格¥5,445(税抜き¥4,950)

ヌース(コーペラティーヴァ・ヴィーノ・ヌォーヴォ)
IGT テッレ・シチリアーネ・ビアンコ・カタラット 3L バッグ・イン・ボックス 2020

ヌース(コーペラティーヴァ・ヴィーノ・ヌォーヴォ)
IGT テッレ・シチリアーネ・ビアンコ・カタラット 3L バッグ・イン・ボックス 2020

*IGT Terre Siciliane Bianco Catarratto 3L BIB 2018 / Noûs Cooperativa Vino Nuovo

続きを読む

*品種:カタラット100%
 植樹:1980年代
 位置:標高200m
 土壌:砂岩沖積土
 ステンレスタンクで醗酵。
 ステンレスタンクで澱とともに4ヶ月間熟成、
 瓶詰め後2ヶ月熟成。
 やさしく圧搾して得たフリーランジュースを使用。
 ラシーヌさん 6本

生産年:2020年

生産国:イタリア・シチリア

生産者:ヌース(コーペラティーヴァ・ヴィーノ・ヌォーヴォ)

葡萄品種:カタラット

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥4,950(税抜き¥4,500)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
オーリオ・エクストラ・ヴェルジネ・ディ・オリーヴァ 500ml 2021

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
オーリオ・エクストラ・ヴェルジネ・ディ・オリーヴァ 500ml 2021

*Olio Extravergine di Oliva 2021 500ml / Le Coste di Gain Marco Antonuzi

*8月18日12本再入荷!

*この500mlのみレッチーノ種中心のブレンドなんですが
 これが物凄く美味しい!
 もうびっくりの美味しさ

続きを読む

でした。
 試飲会でレ・コステの作った
 白いんげん豆を塩茹でしたものにかけて
 試食したんですが、
 これが旨味の塊、抵抗物がなく
 柔らかいオリーヴの香りですが
 心地良いのでどんな食材にかけても
 コクのある旨味の美味しさをもたらします。
 ちょっとビックリです。
 8/9/2022試食

*レッチーノ種中心のブレンド(le Coste の畑)、
 新しく耕作したレ コステの畑、
 ブドウ栽培と変わらないフィロソフィの元、
 栽培、手作業で収穫。天日にて長期間乾燥。
 インポーターはエヴィーノさん
 6本+6本+12本

容量:500ml

生産年:2021年

生産国:イタリア・ラッツォ

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:レッチーノ種中心のブレンド

折りたたむ

現在庫 6本 
税込価格¥3,888(税抜き¥3,600)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・リボッラ・ジャッラ・マグナム 2017

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・リボッラ・ジャッラ・マグナム 2017

*IGT Venezia Giulia Bianco Ribolla Gialla 2017 Magnum / Damijan Podversic

*750mlのコメントとなります。
 イタリアのワインです。
 マグナムは一番良いタンクから詰めますよね!

*抜栓直後はエッジは丸くボリ

続きを読む

ューム感がありましたが
 液体自体は閉じて硬い印象でしたが、
 30分後くらいから開き始め
 びっくりするくらいの質感と
 芳醇な味わいに変化していきます。
 嬉しくてメモを取ることも忘れるくらい。
 厚みのある貴腐からくるあふれ出す様な
 ボリューム感は熟した花梨や洋梨、
 少し青みのあるハーブ感が底にあり
 心地良いコントラストを生みます。
 思いの外、クールで繊細さを持ち
 キレの良いドライな残像を残します。
 これはやられたな〜って印象です。
 2017年のスケール感は本当に凄い!
 ひとクラス上にステージが上がった印象です!
 9/8/2022試飲

 エヴィーノの新津くんの感動のコメントも添えます。
 一般的にいえば、2017年は春先の雨が少なく、
 夏の猛暑、高温でブドウが凝縮。
 さらに、暑すぎて果実の成長が止まってしまう、、。
 そんな事が起きたヴィンテージでした。
 もちろんダミアンの畑でも、例外なく凝縮したといいます。
 「ヴィンテージの特徴は1年間の気候に左右されるものではない、
 収穫前1ヶ月間の気候(気温差、雨、日照)によって
 色付けされる」、その言葉を裏付けるように、
 8月後半からまとまった雨が降り、
 それにつられ気温も一気に下がります。
 湿度も上がり、完熟した果実には
 ボトリティス(貴腐)が
 ほぼ全体に広がったと話すダミアン。
 結果、収穫も遅らせることができ、
 果実の成熟も 申し分ないというヴィンテージ。
 2017年の年末にカンティーナに訪問した時、
 まだ絞った直後という状態でしたが、
 今までのダミアンのワインには
 感じたことがないくらい、
 ワインとして完成していたのを
 今でもはっきりと覚えております。
 あれから5年近い年月が経ち、樽の中で完成し、
 ボトルの中でゆっくりと休ませたリボッラ・ジャッラ。
 個人的には今までで2014年が
 本当に素晴らしいと思っていたのですが、
 その2014年を上回る奥行きと複雑さ、繊細さ、、。
 とめどない貴腐の香り、余韻の終わりが見つかりません。
 間違い なく今までのダミアンを越える
 素晴らしいヴィンテージ、
 ぜひ皆さんに飲んでいただきたいワインです。

*品種:リボッラ・ジャッラ100%。
 樹齢:20〜40年。
 収穫を可能な限り遅らせることで
 最大限に成熟した果実、果皮には
 多くの貴腐の恩恵を受けたブドウと
 腐敗果を徹底し選果を行う
 徐梗して果皮、種子と共に3ヶ月、
 圧搾後、大樽にて36ヶ月、瓶内にて18ヶ月熟成。
 2017年は繊細さと奥行き、これまでの最高を更新したという、
 ダミアン渾身のヴィンテージです。
 インポーターはエヴィーノさん
 6本

生産年:2017年

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:リボッラ・ジャッラ

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥13,706(税抜き¥12,460)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・カプリャ 2017

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・カプリャ 2017

*IGT Venezia Giulia Bianco Kaplja 2017 / Damijan Podversic

*他のワイン程、抜栓直後の硬さはなかったですが
 口に含んだ瞬間から個人的にはファーストインプレッションの
 凄さはこのカプリャでした。
 そしてその印象は最後まで変わり

続きを読む

ませんでした。
 もうブレンドの冥利に尽きます。
 各種のブドウの個性が混ざり合うコントラストが絶妙で、
 新鮮さと芳醇さを兼ね備える、
 もしかしたら今まで最強の味わいかもしれません。
 しかも静かなリズムで始まり中盤は弾ける様に開く!
 うまく説明できませんが素晴らしい味わいなのです。
 熟れた白桃や香ばしい紅茶のニュアンスもあり
 メリハリの効いた素晴らしい液体でした。
 9/8/2022試飲

 新津くんのコメントも添えます。
 ダミアンの造るワインの中で唯一、
 複数の品種をブレンドした白。
 ダミアン曰く「リボッラ ジャッラと近い印象」という、
 奥行きを表現するシャルドネをベースに、
 広がりを持つ2つのブドウによって、
 彼の考える最高の一滴
 (雫しずく=Goccia イタリア語=Kaplja スロヴェニア語)
 という名を冠したワイン。
  シャルドネの畑も2017年は貴腐が全体に回りました。
 果実の熟成と貴腐の恩恵を
 豊富に持った素晴らしいヴィンテージ。
 いつもの「カプリャらしい」バランス感に加え、
 果実的な魅力、さらには繊細さ奥行きも
 兼ね備えた贅沢な味わい。
 奥行きだけでなく、ヴォリュームも
 兼ね備えているカプリャは、
 ある意味一番のポテンシャルを
 秘めているのかもしれません。
 他の白にはない圧倒的なバランス、
 完成美を感じるワインです。

*品種:シャルド、フリウラーノ、マルヴァジア、
    イストリアーナ,
 樹齢:30~40年。
 収穫を可能な 限り遅らせることで、
 最大限に成熟した果実。
 果皮には多くの貴腐の恩恵を受けた
 ブドウと腐敗果を徹底して選果を行う。
 除梗して果皮・種子と共に3ヶ月、
 圧搾後、大樽にて36ヶ月、
 瓶内にて18ヶ月の熟成。
 唯一ブレンドされた白であり、
 ダミアンの考える黄金比。
 リボッラと同じ く骨格を宿すシャルドネと、
 アロマティックさ&香りを宿す
 マルヴァジーアとフリウラーノ。
 貴腐化 したブドウが 90%という2017年。
 骨格とヴォリュームが拮抗するカプリャ、
 これから先のポテンシャルを感じる味わい。
 インポーターはエヴィーノさん 36本

生産年:2017年

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:シャルド、フリウラーノ、マルヴァジア、イストリアーナ

折りたたむ

現在庫 13本 
税込価格¥6,072(税抜き¥5,520)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・カプリャ・マグナム 2017

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・カプリャ・マグナム 2017

*IGT Venezia Giulia Bianco Kaplja 2017 Magnum / Damijan Podversic

*750mlのコメントとなります。
 イタリアのワインです。
 マグナムは一番良いタンクから詰めますよね!

*他のワイン程、抜栓直後の硬さはなかったです

続きを読む


 口に含んだ瞬間から個人的にはファーストインプレッションの
 凄さはこのカプリャでした。
 そしてその印象は最後まで変わりませんでした。
 もうブレンドの冥利に尽きます。
 各種のブドウの個性が混ざり合うコントラストが絶妙で、
 新鮮さと芳醇さを兼ね備える、
 もしかしたら今まで最強の味わいかもしれません。
 しかも静かなリズムで始まり中盤は弾ける様に開く!
 うまく説明できませんが素晴らしい味わいなのです。
 熟れた白桃や香ばしい紅茶のニュアンスもあり
 メリハリの効いた素晴らしい液体でした。
 9/8/2022試飲

 新津くんのコメントも添えます。
 ダミアンの造るワインの中で唯一、
 複数の品種をブレンドした白。
 ダミアン曰く「リボッラ ジャッラと近い印象」という、
 奥行きを表現するシャルドネをベースに、
 広がりを持つ2つのブドウによって、
 彼の考える最高の一滴
 (雫しずく=Goccia イタリア語=Kaplja スロヴェニア語)
 という名を冠したワイン。
  シャルドネの畑も2017年は貴腐が全体に回りました。
 果実の熟成と貴腐の恩恵を
 豊富に持った素晴らしいヴィンテージ。
 いつもの「カプリャらしい」バランス感に加え、
 果実的な魅力、さらには繊細さ奥行きも
 兼ね備えた贅沢な味わい。
 奥行きだけでなく、ヴォリュームも
 兼ね備えているカプリャは、
 ある意味一番のポテンシャルを
 秘めているのかもしれません。
 他の白にはない圧倒的なバランス、
 完成美を感じるワインです。

*品種:シャルド、フリウラーノ、マルヴァジア、
    イストリアーナ,
 樹齢:30~40年。
 収穫を可能な 限り遅らせることで、
 最大限に成熟した果実。
 果皮には多くの貴腐の恩恵を受けた
 ブドウと腐敗果を徹底して選果を行う。
 除梗して果皮・種子と共に3ヶ月、
 圧搾後、大樽にて36ヶ月、
 瓶内にて18ヶ月の熟成。
 唯一ブレンドされた白であり、
 ダミアンの考える黄金比。
 リボッラと同じ く骨格を宿すシャルドネと、
 アロマティックさ&香りを宿す
 マルヴァジーアとフリウラーノ。
 貴腐化 したブドウが 90%という2017年。
 骨格とヴォリュームが拮抗するカプリャ、
 これから先のポテンシャルを感じる味わい。
 インポーターはエヴィーノさん 9本

生産年:2017年

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:シャルド、フリウラーノ、マルヴァジア、イストリアーナ

折りたたむ

現在庫 8本 
税込価格¥13,706(税抜き¥12,460)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・ネカイ 2017

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・ネカイ 2017

*IGT Venezia Giulia Bianco Nekaj 2017 / Damijan Podversic

*抜栓直後はエッジは枯れ草のハーブのニュアンスと
 ふっくらした液体が調和せず硬い印象でしたが、
 一番劇的に印象が変化したのがネカイでした。
 30分後くらいから開き始め

続きを読む


 心地良い感じのハーヴのアロマと
 角の取れたボリュームのある酸、
 旨味を備えたミネラルが底に広がる
 落ち着いた味わいに変化していきます。
 フリウラーノらしい少し枯れたドライさも
 持ち合わせる素晴らしい味わいでした。
 9/8/2022試飲

 エヴィーノのにいつくんのコメントを添えます。
 かつてはトカイと呼ばれていて、
 今はフリウラーノと呼ばれるブドウ。
 しかし、DOCの認定をパスしないと、
 フリウラーノと名乗ることができないため、
 Nekaj(スロヴェニア語=他の何か)という名前で
 リリースしています。
 マルヴァジーアと近しく
 「女性的、横の広がり」を持ったフリウラーノ、
 ネカイももちろん、果実の完熟と貴腐が
 豊富に回った素晴らしいヴィンテージ。
 フリウラーノ特有の繊細で甘やかな香り、
 アロマティックさ、さらに貴腐由来の複雑さ、
 繊細さ、酸によって均衡が保たれていることで、
 例年以上に奥行きを感じる素晴らしい味わいです。
 長期間のマセレーションを
 行っているとは思えないほど、
 果皮の印象を感じないダミアンのワイン。
 「それはマセレーションに耐えうる
 資質を持ったブドウか、どうか。」と
 言い切る彼の言葉に、改めて納得させら れてしまいます。

*品種:フリウラーノ100%
 樹齢:30年~40年。
 収穫を可能な限り遅らせることで
 最大限に成熟した果実、果皮には
 多くの貴腐の恩恵を受けたブドウと
 腐敗果を徹底し選果を行う。
 徐梗して果皮、種子と共に3ヶ月、
 圧搾後、大樽にて36ヶ月、瓶内にて18ヶ月熟成。
 貴腐化したブドウが 90%という2017年。
 繊細さとアロマティックさの
 バランスが素晴らしいフリウラーノ。
 貴腐の恩恵は香りに複雑さと繊細さを加え、
 華やかでいて繊細な味わい。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2017年

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:フリウラーノ

折りたたむ

現在庫 10本 
税込価格¥6,072(税抜き¥5,520)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
DOCヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・ピノ・グリージョ 2018

ダミアン・ポドヴェルシッチ
DOCヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・ピノ・グリージョ 2018

*DOC Venezia Giulia Bianco Pinot Grigio 2019 / Damijan Podversic

*今回は入荷数の少ないピノ・グリージョです。
 でも24本確保しました。

*可愛らしさに、少し小悪魔的な魅力のある
 ピノ・グリージョです。
 このキュ

続きを読む

ヴェのみ抜栓直後から開き出し
 魅力的でしたが30分後の試飲では
 複雑さとコクも出てきて全開になってきました。
 酸がとっても可愛らしく、
 さくらんぼや熟れたすもも、
 少しヨーグルトっぽいニュアンスもあり、
 とってもスムーズに口の中に広がって行きます。
 後ろ髪を引かれるようにチャーミングで魅力的な1本です。

 エヴィーノのに新津くんのコメントを添えます。
 そして昨年に引き続き、
 今回もピノ グリージョはDOCの申請を
 パスしてのリリースとなりました。
 「唯一残な点といえば、昔のように
 2つのヴィンテージを混ぜることができない事」、
 そう話すダミアン(DOC の規定上、
 単一ヴィンテージしか認められません)。
 今回は2019年がリリースとなります。
 ピノ・ グリージョだけ他のワインよりも
 早くリリースしているダミアン。
 それは、リボッラやマルヴァジーアの様に、
 「貴腐の恩恵」を得られない。
 そして同様の長いマセレーションに、
 あまり向いていないと考えており、
 「そのブドウに適した方法と時間をかけた」
 結果だといいます。
 完熟を迎えると、白ブドウには見えないほどに色付き、
 まるで黒ブドウのように変貌。
 そのことからも、他の白ブドウとは
 全く異なるアプローチで造られるピノ・グリージョ。
 果皮と共に約1ヶ月の醗酵を行い、
 ロゼに近い色合いを持ったワイン。
 2019年は日照に恵まれ、
 果実・フェノールの熟成が素晴らしかったヴィンテージ。
 果皮まで良く完熟したピノ・グリージョは、
 果実味、酸、熟成香ときれいに
 バランスが取れた味わい。
 貴腐の影響がない事がネガティヴに働くことなく、
 むしろ明るさとストレートな美味しさ、
 現時点ですでに完成している印象。
 単一のヴィン テージでありながらも、
 他の白ブドウに見劣りしない、
 素晴らしい味わいを持っております。

*品種:ピノ・グリージョ100%。
 樹齢:30〜40年。
 収穫を可能な限り遅らせる完熟したブドウを収穫。
 除梗して果皮・種子と共に約1ヶ月の醗酵。
 圧搾後、大樽にて18ヶ月、瓶内にて12ヶ月の熟成。
 諸々の事情から、
 今回もDOCの認証を通ったピノ・グリージョ。
 非常に完熟した2019年、果実味と酸のバランス、
 ワインとしての完成度のたかさを感じます。
 畑の面積が少ないため、
 入荷量は他の白よりも少なくなります。
 インポーターはエヴィーノさん 12本+12本

生産年:2018年

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:ピノ・グリージョ

折りたたむ

現在庫 13本 
税込価格¥6,072(税抜き¥5,520)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ルージュ・プレリット 2017

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ルージュ・プレリット 2017

*IGT Venezia Giulia Rosso Prelit 2017/ Damijan Podversic

*実はダミアンの赤は毎年素晴らしくお美味しいのです。
 本当は赤の造り手なんじゃないかと錯覚してしまうほど、
 とっても綺麗で伸びのあるボルドータイプの
 スムーズな味わいの

続きを読む

赤です。
 あの感動的な2016年を彷彿させるエレガントさを持つ
 舌触りの良い味わいなのです。
 そしてとってもドライでクールな印象なのです。
 ダミアンの隠れアイテムで、
 知る人ぞ知る1本です。
 角が取れ心地良く溶け込んだタンニンがお出迎え。
 素晴らしい味わいなのです。
 9/8/2022試飲

 エヴィーノのに新津くんのコメントを添えます。
 ダミアンの造る、唯一の赤ワインであるプレリット。
 フリウリのメルローといえば、
 国際品種というより、馴染み深い土地のブドウ、
 そう言われても良いくらい
 土地に根付いたブドウでもあり、
 素晴らしい味わいと、他にはない個性が
 表現されています。
 ボトリティスに対してあまり良い恩恵を
 受ける事ができないと いう黒ブドウ。
 ダミアンも「貴腐の少ないVTの方が、
 メルロー、カベルネは良い成熟を迎えられる」と
 言っています。
 2017年は過去2番目にボトリティスが多い年、
 ただ今までと異なるのは「貴腐だけじゃなく
 果実の完熟も素晴らしいVT」という事。
 収穫前の気温の低下によって、
 収穫を遅らせ果皮・種子まで理想的に熟した
 メルローとカベルネから生まれる完熟した香り。
 複雑さ、妖艶さ、そして酸を失っていない
 理想的なプレリット。
 前回の2016年に負けない、 素晴らしい味わい、
 いつも他の白ワインの陰に隠れてしまうダミアンの赤、
 その質の高さを感じていただける素晴らしい味わいです!

*品種:メルロー85%、カベルネ・ソーヴィニヨン15%
 樹齢:30〜40年。
 樹上煮て限界まで成熟を待ち収穫。
 除梗し果皮、種子と共に1ヶ月のマセレーション。
 圧搾後大樽にて36ヶ月、
 瓶内にて12ヶ月以上の熟成。
 2017年は貴腐だけでなく、
 ブドウ自体の完熟度の高いヴィンテージ。
 果皮ま で十分に成熟したメルロー、
 カベルネの香りの複雑さと繊細さ。
 前回2016年にも引けを取らない魅力あふれるロッソ。
 インポーターはエヴィーノさん 12本+12本

生産年:2017年

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン

折りたたむ

現在庫 8本 
税込価格¥6,072(税抜き¥5,520)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・デ・コッチョ 2020

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・デ・コッチョ 2020

*Vino da Tavola Rosso de Coccio 2020 / Le Coste di Gain Marco Antonuzi

*しなやかで柔らかい果実感が印象的。
 少し揮発気味の酸は心地良いアクセントを持ち、
 ドライイチジクやブルーベリーの果実感、
 ゆったりと滑らか

続きを読む

なリズムで口一杯に広がる味わいは
 大人の味わい?ですね!
 とっても良い仕上がりです。
 8/9/2022試飲

*サンジョヴェーゼ主体、チリエジョーロ、メルロー、バルベーラ、
 樹齢30年〜。
 収穫後、除梗してテラコッタ製の開放タンクで3週間、
 果皮と共に醗酵を促す。
 圧 搾後もテラコッタのタンクの中で12ヶ月の熟成。
 木と違い、ワインに直接香りをつ けることなく、
 ニュートラルでいながら、土器内部の細かい気泡による微酸素接触、
  呼吸を得られることで、より柔らかみ、果実の濃密さを感じる。
 他の赤には感じたこ とのない特徴的、官能的なロッソ。
 インポーターはエヴィーノさん 6本

生産年:2020年

生産国:イタリア・ラッツォ

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:サンジョヴェーゼ主体、チリエジョーロ、メルロー、バルベーラ

折りたたむ

現在庫 3本 
税込価格¥5,984(税抜き¥5,440)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・ル・プリムール 2021

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・ル・プリムール 2021

*Vino da Tavola Rosso Primeur 2021 / Le Coste di Gain Marco Antonuzi

*今年のプリムールは嬉しいほど気持ち良い。
 揮発気味の酸はギリギリのバランスで
 刻み込む様にリズムよく出現します。
 インクやプルーン、ブルベリー

続きを読む

の果実感、
 心地良い色気も感じます。
 思わずマグナムもダブルマグナムも買っちゃいました。
 8/9/2022試飲

*アレアーティコ 100%。
 収穫したブドウは除梗せず、
 外気に触れないカーボニック・マセレーションにて2週間、
 圧搾後モストだけの状態で約1ヶ月、
 醗酵が終わるのを待つ。
 2021年は凝縮した強い果実、タンニンを持った
 ポテンシャルのあるヴィンテージ。
 成熟した果皮の香り、強さ、ポテンシャルを
 感じつつも酸を保っている事で
 バランスを保っている印象。
 果実的な力強さと官能的な香り、
 アレアーティコのもう一つの魅力が
 見えるヴィンテージ。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2021年

生産国:イタリア・ラッツォ

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:アレアーティコ

折りたたむ

現在庫 4本 
税込価格¥4,972(税抜き¥4,520)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・ル・プリムール・マグナム 2021

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・ル・プリムール・マグナム 2021

*Vino da Tavola Rosso Primeur 2021 Magnum / Le Coste di Gain Marco Antonuzi

*イタリアは特にマグナムは良いタンクのを詰めるから...。

*今年のプリムールは嬉しいほど気持ち良い。
 揮発気味の酸はギリギリのバラ

続きを読む

ンスで
 刻み込む様にリズムよく出現します。
 インクやプルーン、ブルベリーの果実感、
 心地良い色気も感じます。
 思わずマグナムもダブルマグナムも買っちゃいました。
 8/9/2022試飲

*アレアーティコ 100%。
 収穫したブドウは除梗せず、
 外気に触れないカーボニック・マセレーションにて2週間、
 圧搾後モストだけの状態で約1ヶ月、
 醗酵が終わるのを待つ。
 2021年は凝縮した強い果実、タンニンを持った
 ポテンシャルのあるヴィンテージ。
 成熟した果皮の香り、強さ、ポテンシャルを
 感じつつも酸を保っている事で
 バランスを保っている印象。
 果実的な力強さと官能的な香り、
 アレアーティコのもう一つの魅力が
 見えるヴィンテージ。
 インポーターはエヴィーノさん 2本

生産年:2021年

生産国:イタリア・ラッツォ

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:アレアーティコ

折りたたむ

現在庫 1本 
税込価格¥12,177(税抜き¥11,070)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・ル・プリムール・ダブル・マグナム(ジェロボアム) 2021

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・ル・プリムール・ダブル・マグナム(ジェロボアム) 2021

*Vino da Tavola Rosso Primeur 2021 Double Magnum(Jeroboam ) / Le Coste di Gain Marco Antonuzi

*イタリアは特にマグナムは良いタンクのを詰めるからダブル・マグナム(ジェロボアム)も。

*今年のプリ

続きを読む

ムールは嬉しいほど気持ち良い。
 揮発気味の酸はギリギリのバランスで
 刻み込む様にリズムよく出現します。
 インクやプルーン、ブルベリーの果実感、
 心地良い色気も感じます。
 思わずマグナムもダブルマグナムも買っちゃいました。
 8/9/2022試飲

*アレアーティコ 100%。
 収穫したブドウは除梗せず、
 外気に触れないカーボニック・マセレーションにて2週間、
 圧搾後モストだけの状態で約1ヶ月、
 醗酵が終わるのを待つ。
 2021年は凝縮した強い果実、タンニンを持った
 ポテンシャルのあるヴィンテージ。
 成熟した果皮の香り、強さ、ポテンシャルを
 感じつつも酸を保っている事で
 バランスを保っている印象。
 果実的な力強さと官能的な香り、
 アレアーティコのもう一つの魅力が
 見えるヴィンテージ。
 インポーターはエヴィーノさん 1本

生産年:2021年

生産国:イタリア・ラッツォ

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:アレアーティコ

折りたたむ

現在庫 1本 
税込価格¥28,424(税抜き¥25,840)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・デ・コッチョ 2020

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・デ・コッチョ 2020

*Vino da Tavola Bianco de Coccio 2020 / Le Coste di Gain Marco Antonuzi

*アンフォラが好みでない森田屋ですが
 ジャン・マルコの尖った酸やエッジの効いた味わいに
 とっても合っている様な気がするのは僕だけでしょうか?

続きを読む


 特にビアンコが印象的でほんわりと膨らむ液体は
 とってもエレガントに感じます。
 アンフィら特有の蜜蝋のニュアンスも強くないので
 厚みとエレガントさが現れます。
 ただそこはジャン・マルコ、
 余韻の佇まいに揮発気味の彼らしいニュアンスが
 キレよく現れるのです。
 8/9/2022試飲

*プロカーニコ主体、樹齢30~40年。
 ビアンコの畑より収穫したブドウ。
 収穫後、除梗しテラコッタ製の解放式タンクにて
 果皮と共に2週間の醗酵。
 圧搾し、そのままタンクで醗酵を続け、
 そのまま12か月の熟成。
 テラコッタ製のタンクを用いて醸造、
 ボトル詰めした初めてのワイン。
 これまでのビアンコとは明らかに違う質感と表情。
 テラコッタという容器の可能性を感じると語る、
 特別なヴィンテージ。
 インポーターはエヴィーノさん 3本

生産年:2020年

生産国:イタリア・ラッツォ

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:プロカーニコ主体

折りたたむ

現在庫 3本 
税込価格¥6,292(税抜き¥5,720)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ピッズィカンテ・ロッソ 2019

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ピッズィカンテ・ロッソ 2019

*Vino da Tavola Pizzicante Rosso 2019 / Le Coste di Gain Marco Antonuzi

*フレッシュな心地良いフリッツァンテ!
 程良いタンニンが残り揮発気味の
 ジャン・マルコらしい酸で爽快感を楽しめます。
 8/9/2022試飲

続きを読む

*サンジョヴェーゼ、チリエジョーロ、メルロー。
 除梗し、約8日ほど果皮と共に醗酵を始め、途中で圧搾。
 そのまま解放式の大樽にて醗酵を続ける。
 味わいに数グラムの糖分を感じる段階でボトル詰め。
 瓶内で醗酵が終わり、そのままオリと共に12ヶ月の熟成。
 その後スボッカトゥーラ(オリ抜き)を行い
 さらに112ヶ月の熟成を行う。
 鮮烈なフルーツの強さと香り、
 乾いた酸とタンニンが堪らない飲み心地抜群の赤。
 インポーターはエヴィーノさん 6本

生産年:2019年

生産国:イタリア・ラッツォ

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:アレアーティコ、ヴィナッチャ

折りたたむ

現在庫 4本 
税込価格¥3,960(税抜き¥3,600)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ピッズィカンテ・ビアンコ 2019

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ピッズィカンテ・ビアンコ 2019

*Vino da Tavola Pizzicante Bianco 2019 / Le Coste di Gain Marco Antonuzi

*これは美味しいフリッツァンテ!
 不安の要素もなく心地良いくらいのレモンや
 心地良い柑橘系の味わいです。
 鼻に抜ける鉱物的なアロマも心地

続きを読む

良いのです。
 ちゃんと出来るじゃないですか!
 8/9/2022試飲

*モスカート ジャッロ、プロカーニコ、
 樹齢10~20年。
 合わせて直接プレスし果汁のみで醗酵。
 醗酵が終わりきる前にボトル詰めを行い、
 瓶内で醗酵を終える。
 そのまま澱の上で12ヶ月、
 その後スボッカトゥーラ(オリ抜き)を行い
 さらに12ヶ月の熟 成を行う。
 十分に費やした時間と、
 2019という繊細かつ酸のあるヴィンテージ。
 モスカート・ジャッロのアロマティックさと、
 骨格となるプロカーニコ。
 これまでのピッズィカンテのイメージを
 打ち壊す完成度と美しさ、、、汗。
 質の高さと安定感、そして素晴らしすぎる
 飲み心地を持ったフリッツァンテです。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2019年

生産国:イタリア・ラッツォ

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:モスカート ジャッロ、プロカーニコ

折りたたむ

現在庫 1本 
税込価格¥3,960(税抜き¥3,600)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
オーリオ・エクストラ・ヴェルジネ・ディ・オリーヴァ1リットル缶 2021

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
オーリオ・エクストラ・ヴェルジネ・ディ・オリーヴァ1リットル缶 2021

*Olio Extravergine di Oliva 2021 1000ml / Le Coste di Gain Marco Antonuzi

*優しい滑らかな味わいは相変わらず、
 心地良い粘度で綺麗な美味しさがあります。
 香りが良いのですよね〜。
 今回は丸い缶ですね〜。

続きを読む

 8/9/2022試食

*カニーノ種(le Coste の畑)、
 エスクトラ・ヴァージン・オリーヴオイルレ・コステの畑で
 ブドウ樹と共に混植されている
 オリーヴの樹から収穫収穫。
 1L缶と3L のバッグインボックスはいつも通りカニーノがメインてで
 レッチーノ、モライオーロ、フラントイオのブレンド。
 インポーターはエヴィーノさん 6缶

生産年:2021年

生産国:イタリア・ラッツォ

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:カニーノ種

折りたたむ

現在庫 5本 
税込価格¥6,285(税抜き¥5,820)

エリオーリ
IGTロッソ・エミリア・サモディア 2015

エリオーリ
IGTロッソ・エミリア・サモディア 2015

*鉱物的な入りは冷涼で変化に富みます。
 スミレやブルーベリーの果実感は
 あくまでもクールに
 少し甘酸っぱい酸を気持ち良くお出迎えしてくれますよ!
 抜栓後2日目から本領発揮かな?

 冷涼な粘土質な液体はスミレ、ザクロ、
 カシスのニュアンス。
 詰まった印象は少し塩気の効いた

続きを読む

ミネラルと
 少しの旨味のあるクールな味わい。
 酸の切れ上がりも綺麗な鉱物的な余韻が楽しい。
 インポーターはエヴィーノさん 11本

*カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー40%
 樹齢20〜25年。
 果実の十分な成熟を待ってから収穫 (10月下〜 〜)。
 除梗し、果皮とともに25日程度セメントタンクにて醗酵。
 小型の木樽にて24ヶ月、
 その後700Lの木樽に移し12ヶ月の熟成。
 ボトル詰め後約6ヶ月の熟成。

 カベルネ・メルローという典型的な
 セパージュでありながら、
 感じる圧倒的なブドウの熟度。
 驚きの味わいを持った赤ワイン。
 DOCコッリ ボロニェーズィの中心的ブドウ
 でもあるカベルネ・ソーヴィニヨン。
 国際品種であり、日照も気温も高いボローニャでは
 納得のいくクオリティのカベルネは収穫できない、
 そう考えているジョルジョ。
 しかしそれでも、最大限の労働と手間、
 時間を費やすことで、
 ある程度自分の納得できるブドウを
 収穫することはできるのではないか?
 10月下旬まで樹上で成熟させた、
 房からこぼれ落ちそうな完熟を見せる
 カベルネ・ソーヴィニヨンを、
 長い時間をかけて果皮から完全抽出。
 強くも高熟度の果皮からは
 全くのネガティヴさや青さを感じません。
 合わせて収穫したメルローは
 過熟状態でありながらも決して重くない。
 土地由来の軽やかさと酸を
 失わないことが不思議でなりません。
 カベルネ・ソーヴィニヨン、
 さらにはエミリア=ロマーニャという土地の
 ポテンシャルへの評価を一度改める必要がある、、、
 そこまで考えてしまうほど
 素晴らしいワインだと思います。
 インポーターはエヴィーノさん 11本

生産年:2015年

生産国:イタリア・ エミーリア=ロマーニャ

生産者:エリオーリ

葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー

折りたたむ

現在庫 8本 
税込価格¥3,938(税抜き¥3,580)

オッペデントロ
IGTマルケ・ロッソ・グラナ・デリア 2020

オッペデントロ
IGTマルケ・ロッソ・グラナ・デリア 2020

*IGT Marche Rosso Grana D'elia 2020 / Oppedddentro

*綺麗な果実はスミレ、
 中盤からドライいちじくの詰まった果実感が膨らみ
 ハーブなシトラスのニュアンスが現れます。
 ドライに果実が弾ける可愛らしい味わいで、
 心地良い緊張感と伸び

続きを読む

のある味わいは
 小梅的な感じです。
 塩気を感じるコクのあるハーブの余韻が嬉しい。
 6/14/2022試飲

*品種:サンジョヴェーゼ60%、
モンテプルチアーノ40%
 醸造:
 手摘みで収穫したブドウを小さなケースで
 醸造所まで運び、手作業で除梗する。
 10%は全房のまま、
 異なる品種を発酵段階から一緒に醸造するが、
 収穫日毎に別々に醸造し、
 瓶詰めの前に異なる収穫日のロットをブレンドする。
 発酵はステンレスタンクで野生酵母のみで
 自発的に行い、マセラシオンは足による
 ソフトなピジャージュで2~3週間。
 圧搾後、引き続きステンレスタンクで
 シュール・リーの状態で
 自発的なマロ発酵と熟成。
 酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、
 矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は
 一切付け加えずに醸造する。
 収穫翌年の夏にブレンドして、
 無清澄、ノンフィルターで瓶詰め。
 SO2はボトリング後のワインの
 ネガティブな反応を避けるために、
 必要最小限のみ添加。

 2020ヴィンテージは9/26と10/3の
 2回に分けて収穫。
 総生産量4,200本。
 アルコール度数は13.5度。
 2022年1月時点のSO2トータルは48mg/l。
 Grana d’Elia グラナ・デリアとは、
 アンドレアの祖父母のワイン造りを
 手伝っていた叔父の名前です。
 エチケットは共同設立者の
 ルカの息子によるデザインで、
 丘の真ん中にある赤ブドウを表現しています。
 輸入元はVIVITさんです。6本

生産年:2020年

生産国:イタリア・マルケ

生産者:オッペデントロ

葡萄品種:サンジョヴェーゼ、モンテプルチアーノ

折りたたむ

現在庫 4本 
税込価格¥3,718(税抜き¥3,380)

フラ・イ・モンティ
ヴィノ・ロザート・フリッツァンテ・ティント・デ・ロッソ 2020

フラ・イ・モンティ
ヴィノ・ロザート・フリッツァンテ・ティント・デ・ロッソ 2020

*Vino Rosato Frizzante Tinto di Rosso 2020 / Fra I Monti

*イチゴのフレーバーにハーヴ、ミネラルの
 味わいの心地良いロゼ、
 香ばしいニュアンスもあり紅茶の様な複雑に
 綺麗な旨味のある酸が嬉しい。
 コクのある余韻は旨味が乗っ

続きを読む

てきますね〜!。
 6/14/2022試飲

*品種:メルロー100%
 醸造:
 手摘みで収穫したブドウを一房一房手作業で除梗。
 その後、オープントップの発酵層で、
 足によるピジャージュで3日間のマセラシオン。
 その後、手動の小さなバスケットプレスで
 圧搾して果皮と果汁を分離し、
 野生酵母のみで温度管理を行わずに自発的に発酵。
 SO2 やその他の醸造添加物は一切加えずに醸造。
 マストの一部は、瓶内二次発酵を行う際の
 リキュール・ド・ティラージュとして
 使用するためにすぐに冷却して保存します。
 一次発酵が終わったワインをボトリングする際に、
 この冷却保存しておいたブドウ果汁を添加して、
 瓶内二次発酵を行います。
 しかし、ブドウ果汁以外の糖分や
 酵母、亜硫酸などの添加は一切ありません。
 また、濾過もデゴルジュマンも行いません。
 このため、澱に由来する濁りがあり、
 残糖も殆どないナチュラルなアプローチで
 造られたフリッツァンテです。
 SO2は醸造中も瓶詰め時も無添加。
 2022年4月時点のSO2トータルは27.2mg/l。
 アルコール度数は12度。

*このワインは、イタリアの映画監督
 ティント・ブラスに捧げられた
 キュヴェだそうです。
 ティント・ブラスはイタリアで
 最も有名なロマンポルノの監督で、
 思春期のロッコを育てくれた先生だそうです(笑)。
 このためラベルの横にはイタリア後で
 「私達の思春期の先生に」と書かれています。
 エチケットは、女優のクラウディア・コールが主演した
 「All Ladies Do It(邦題:背徳小説第2 章)」の
 映画ポスターのパロディです。
 ロッコは、ティント・ブラスにも
 このワインを贈ったそうです。
 インポーターはVIVITさん 12本

生産年:2020年

生産国:イタリア・ラッツォ・テレッレ

生産者:フラ・イ・モンティ

葡萄品種:メルロー

折りたたむ

現在庫 4本 
税込価格¥4,378(税抜き¥3,980)

エドアルド・ヴァレンティーニ
オイリオ・エクストラ・ヴァージン・デ・オリーブ5L 2021

エドアルド・ヴァレンティーニ
オイリオ・エクストラ・ヴァージン・デ・オリーブ5L 2021

*缶の底の澱はバルサミコをかけてみて!
 岩塩でも良いです。

 バケットにぬって最高の美味しさを味わって下さい。

 これは5L缶でしか味わえません。

 500mlで¥6210ですから,

 いかに5L缶がお安いかお判りでしょう?

 仲間を集めて小分けにしてください。。

 ただこちらは澱はあ

続きを読む

りますので澱も楽しんで下さい。



*缶の底の澱はバルサミコをかけて!岩塩でもいいです。

 バケットにぬって最高の美味しさを味わって下さい。

 これは5L缶でしか味わえません。

 輸入元はラシーヌさんです。12缶

生産年:2021年

生産国:イタリア

生産者:エドアルド・ヴァレンティーニ

折りたたむ

現在庫 3本 
税込価格¥23,814(税抜き¥22,050)

エドアルド・ヴァレンティーニ
エドアルド・ヴァレンティーニ・オイリオ・エクストラ・ヴァージン・デ・オリーブ 500ml 2021

エドアルド・ヴァレンティーニ
エドアルド・ヴァレンティーニ・オイリオ・エクストラ・ヴァージン・デ・オリーブ 500ml 2021

輸入元はラシーヌさんです。24本

続きを読む

生産年:2021年

生産国:イタリア

生産者:エドアルド・ヴァレンティーニ

折りたたむ

現在庫 16本 
税込価格¥6,706(税抜き¥6,210)

フロリバンダ
スィドロ・アッラ・メーラ 2020

フロリバンダ
スィドロ・アッラ・メーラ 2020

*Sidro alla Mela 2020 / Floribunda

*最近のフロリパンダを試飲していると、
 確実に言えるのは寝かせて時間を置いた方が、
 味わいが乗ってくるという事。
 2019年もそうでしたが
 2020年も1年間、寝かせて美味しくなりました。
 正直、昨年は水

続きを読む

っぽくて...。
 コクのある果実感と酸のバランスがとってもよく
 ほんのり柔らかい泡でこれからの時期、
 とっても嬉しい味わいになっております。
 6/8/2022試飲

*リンゴ(トッパス、ゴルドラッシュ、ピロート)、
 樹齢20年。収穫後、破砕・圧搾。
 小型のタンクにて緩やかに醗酵を行う。
 遅れて収穫したリンゴを圧搾、果汁を加えてボトル詰め、
 瓶内2次醗酵。
 SO2、酵母など、一切添加しないリンゴのみで
 造り上げたシードル。
 スボッカトゥーラ(オリ抜き)せずにリリース。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2020年

生産国:イタリア

生産者:フロリバンダ

葡萄品種:リンゴ(トッパス、ゴルドラッシュ、ピロート)

折りたたむ

現在庫 7本 
税込価格¥2,431(税抜き¥2,210)

フロリバンダ
スィドロ・アッロ・ゼンゼロ 2020

フロリバンダ
スィドロ・アッロ・ゼンゼロ 2020

*Sidro allo Zenzero 2021 / Floribunda

*2021年も心地よいメリハリのついた
 とっても爽快感のある味わい。
 小刻みにジンジャーのフレーヴァーが
 顔を出しとっても良いリズムで
 笑顔になってしまいますね!
 これからの梅雨の時期に嬉しい1本!

続きを読む


  6/8/2022試飲

*品種:リンゴ(ゴルドラッシュ99%)、ショウガ1%。
 収穫したリンゴに、
 地元南チロルで栽培されたショウガを一緒に破砕。
 緩やかに醗酵を行い、
 リンゴ果汁を加えて瓶内2次醗酵。
 スボッカトゥーラ(オリ抜き)せず、
 そのままリリース。
 SO2、酵母など完全無添加。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

容量:750ml

生産年:2020年

生産国:イタリア・ トレンティー ノ・アルト= アディジェ

生産者:フロリバンダ

葡萄品種:リンゴ(ゴルドラッシュ)、ショウガ

折りたたむ

現在庫 6本 
税込価格¥2,530(税抜き¥2,300)

フロリバンダ
スィドロ・アッラ・メンタ 2021

フロリバンダ
スィドロ・アッラ・メンタ 2021

*Sidro alla Menta 2021 / Floribunda

*去年は余韻にミントでしたが
 今年は前面にミント。
 しかも面白い程、清々しい!
 程良くりんごのフレーバーが上がって来て
 クールミントが膨らむ。
 とってもリズム良く2020年より一段と楽しめます!
 6

続きを読む

/8/2022試飲

*品種:リンゴ(ゴルドラッシュ80%、トッパス20%)、
 ミントの葉1%、樹齢20年。
 収穫後、破砕・圧搾。
 醗酵が始まるタイミングで、
 同じく畑に自生しているミントの葉を加え醗酵。
 遅れて収穫したリンゴを
 圧搾、果汁を加えてボトル詰め、瓶内2次醗酵。
 スボッカトゥーラ(オリ抜き)せずにリリース。
 SO2、酵母など完全無添加。
 彼の畑にはリンゴ以外にも
 様々な果樹、ハーブが植わっており、
 なんと今回はミント。
 フランツ曰く、
 「ミントのレッシュな香りを失わずに
 シードルに残すのがとても難しい」との事。
 ミントを加える方法やタイミングを変え、
 試行錯誤の末に出来上がった
 ミント入りシードルです。」
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2021年

生産国:イタリア

生産者:フロリバンダ

葡萄品種:リンゴ(ゴルドラッシュ、トッパス)、ミントの葉

折りたたむ

現在庫 3本 
税込価格¥2,530(税抜き¥2,300)

フロリバンダ
スィドロ・アル・ペペロンチーノ 2021

フロリバンダ
スィドロ・アル・ペペロンチーノ 2021

*Sidro al Peperoncino 2021 / Floribunda

*笑っちゃう!
 でも森田屋断然好みです!
 だから24本も最初から仕入れちゃいました。
 多分、感想は両極なんでしょうが?
 なぜかクセになる味わい、
 思いの外、りんごのシードル感が生きて
 楽しさ

続きを読む

一杯です。
 ただ一言、こん後にワイン試飲すると
 味がわからなくなってしまいますね!
 ご注意を!
  6/8/2022試飲

*品種:リンゴ(ゴルドラッシュ 80%、トッパス 20%)
 樹齢20年。
 収穫後、破砕・圧搾。
 醗酵の始まったモストに、
 フレッシュの唐辛子2種
 (スイートチリ、ハラペーニョ)を加え、
 醗酵が終わるのを待つ。
 遅れて収穫したリンゴ果汁を加えてボトル詰め。
 瓶内2次醗酵。
 スボッカトゥーラ(オリ抜き)せずにリリース。
 唐辛子の辛みが、リンゴの甘みを引き立ててくれる、
 個性的なシードル、、。
 インポーターはエヴィーノさん 24本

生産年:2021年

生産国:イタリア

生産者:フロリバンダ

葡萄品種:リンゴ(ゴルドラッシュ、トッパス)、唐辛子((スイートチリ、ハラペーニョ)

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥2,530(税抜き¥2,300)

フロリバンダ
スィドロ・アッラ・メーラ・バッリカート 2020

フロリバンダ
スィドロ・アッラ・メーラ・バッリカート 2020

*Sidro alla Mela Barricato 2020 / Floribunda

*樽由来の柔からかとコクを持つシードル、
 娘さんのマッダレーナの発案で採用したバリック、
 彼女が参加してから繊細さと
 軽快なエレガントな方向に変化してきました。
 ある意味瑞々しさがあります

続きを読む


 個人的にはもう少しエッジが効いた方が好きですが
 スィドロ・アッラ・メーラ2019のこともあります。
 現に1時間後は厚みとコクが出てきます。
 5/10/2021試飲

*品種:リンゴ(ゴルドラッシュ80%、トッパス20%)
 樹齢20年。
 収穫後、破砕・圧搾。
 小樽(バリック)にて
 緩やかに醗酵を行い3か月の熟成。
 遅れて収穫したリンゴを圧搾、
 果汁を加えてボトル詰め、瓶内2次醗酵。
 スボッカトゥーラ(オリ抜き)せずにリリース。
 木樽で醗酵させることでリンゴの高い酸を和らげ、
 柔らかさをもっシードル。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2020年

生産国:イタリア

生産者:フロリバンダ

葡萄品種:リンゴ(ゴルドラッシュ、トッパス)

折りたたむ

現在庫 4本 
税込価格¥2,431(税抜き¥2,210)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・ターヴォラ ・ロッソ・カルボ 2018

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・ターヴォラ ・ロッソ・カルボ 2018

*再入荷です。

*上級ラインのジャン・マルコのワインは
 流れる様なエレガントさを持ち、
 ビロードの様な肌触りを持ちます。
 何と言っても安心感のある大人の味わいなのです。
 ドライイチジクの様な果実感と旨みのある角の取れた酸、
 豊富なミネラル感が三位一体となって
 口の中で広

続きを読む

がってゆくのです。
 12/15/2021試飲

*時間が経って本当にエレガント、
 レ・コステの上級ラインは本当に高次元の仕上がりです。
 (下のラインナップは遊び過ぎですな〜。)
 粘度のある液体は伸びもあって
 ミネラル、コク、旨味が今丁度いい感じで
 舌触りもなめらかです。
 5/11/2022試飲

*ブドウ品種:サンジョヴェーゼ 100%、樹齢5〜10年。
 房単位で選別し、除梗せず傷をつけない状態で
 木樽を満たし、約3週間のカーボ ニックマセレーション。
 圧搾後、500Lのトノーに移し醗酵が終わるのを待つ。
 その後約24ヶ月の熟成。
 ボトル詰め後 6 カ月以上の熟成。
 非常に恵まれたヴィンテージ、
 健全なブドウが収穫できるときのみ造られる特別なワイン。
フランスで学んできた技法であるが、
 一般的なタンニンを抑えるため、色素を抽出するため、
 ではなく、香りの美しさ、果実のみずみずしさ、
 そして飲み心地を得るため。
 2018年はCruの畑のサンジョヴェーゼを元に、
 1本の樹から1kg 以下という
 最高ランクのサンジョヴェーゼから造られています。

*今回のカルボは畑が違い、Cru(Le Coste)の畑に
 植わっているサンジョヴェーゼ、
 中でも特に果皮の厚いものを選抜し収穫。
 名前にもなっているカルボとは、
 カーボニックマセレーションの意。
 一般的には香りを出すため、
 タンニンの抽出を抑えるために行われる手法ですが、
 ジャンマルコはより長い時間酸化のリスクなく
 マセレーションを行うための手法と考えています。
 今回は約3週間、無酸素の状態で醗酵を行い、
 途中よりピジャージュをして酸素に触れながら
 醗酵を終えるという方法。
 カーボニック由来の果実のフレッシュさに加え、
 より立体感のあるタンニンと果実味、
 今までにはない存在感を持ったワインとなりました。
 2つのマセレーションを取り入れた
 最高のサンジョヴェーゼです。
 こちらも過去のヴィンテージとは大きく印象が変わり、
 フレッシュで香りのよい果実、
 そして美しい飲み心地となめらかな余韻。
 完璧なブドウが収穫できた年しか造らないカルボ、
 2018年は今までのイメージを
 いい意味で裏切る完成度です。
 インポーターはエヴィーノさんです。6本+4本

生産年:2018年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:サンジョヴェーゼ

折りたたむ

現在庫 6本 
税込価格¥5,588(税抜き¥5,080)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・モスカート・ドゥエ・エンメ 2018

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・モスカート・ドゥエ・エンメ 2018

*骨格をしっかりと感じるモスカート。
 しかも繊細なタッチで思いの外、冷涼さもあるのです。
 まさにキレがあるのにコクがあるって感じの印象で、
 金木犀やマンゴーの果実感、
 香ばしい紅茶のニュアンスにカチッとしたタンニンが
 メリハリを生む感じでベタなオレンジとは
 確実に格が違います

続きを読む

ね!
 エレガントというべき印象です。
  5/11/2022試飲

*モスカート、樹齢10~15年。
 ピエ ディ フランコ(自根)の畑が中心。
 2通りのマセレ ーションを行ったモスカートをアッサンブラージュ、
 木樽(500L)にて20か月、ボト ル詰め後6か月の熟成。
 冷涼な2018、モスカートの別の一面を見せるヴィンテー ジ。
 フローラル、アロマティック、、というよりも繊細さ、
 香りの深さ、複雑さをもった偉 大ささえ感じるモスカート。

 自根の畑((LeCoste)のモスカートを
 中心に造られるドゥ・エ・エンメ。
 アロマに特徴を持つモスカートの魅力を、
 最大表現するための2つのM(マセレーション)。
 冷涼なヴィンテージである2018年。
 果実的な印象の強いモスカートですが、
 酸と骨格、そして香りを最大に感じられる
 繊細さを感じるヴィンテージとなっております。
 カーボニックマセレーションにより香りと爽やかさを、
 クラシックなマセレーションからは
 果皮のタンニンと旨み、奥行きを。
 2つの要素が一体化した、
 まさにモスカートの魅力を最大に引き出したワインと言えます。
 昨年入港のキュヴェになりますが、
 到着時に非常にポテンシャルを感じたこともあり、
 十分に時間を費やし、今回リリースとさせていただきました。
 フローラル、 アロマティック、、というよりも繊細さ、
 香りの深さ、複雑さをもった偉大ささえ感じるモスカート。
 このヴィンテージより驚くほど価格が上がっておりまして
 どうにも抑えることが出来ませんでした。
 しかし飲んでいただければ、
 きっとご納得いただける素晴らしい
 クオリティだと信じております。
 インポーターはエヴィーノさんです。4本

生産年:2018年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:モスカート

折りたたむ

現在庫 4本 
税込価格¥8,118(税抜き¥7,380)

レ・コステ
ヴィノ・ダ・ターヴォラ・ロザート 2020

レ・コステ
ヴィノ・ダ・ターヴォラ・ロザート 2020

*柔らかな酸で心地良い果実的を体感できる
 ポテンシャルの高い味わいです。
 あんずの様なコクのある果実感は
 旨味に香ばしさのある味わいです。
 2,3年続いたマメの問題もなく
 圧倒的な安定感を持ったロザートです。
 美味しい!
 5/11/2022試飲

続きを読む

*ブドウ品種:アレアーティコ
 樹齢の古いものが中心。
 除梗し数時間果皮と共に攪拌、
 ソフトプレスにて圧搾。
 果汁のみの状態で木樽にて約3週間の醗酵。
 オリ引き後、木樽にて10ヶ月、
 ボトル詰め後6ヶ月の熟成。
 乾燥し収穫量の少ないヴィンテージ。
 その分、病気などの影響が非常に少なく、
 醗酵期間がとても短かったというロザート。
 結果、揮発酸は控えめで、
 アレアーティコの果実的な香りや
 味わいを前面に感じる、キレイさを感じるロザート。
 
 アレアーティコも同様に収穫量が少なく、
 果皮を強く感じない繊細なヴィンテージ。
 しかし、ブドウ自体は素晴らしく
 健全で美しかったと話すジャンマルコ。
 近年では最も短い醗酵期間(3週間)だったという
 特徴的なヴィンテージ。
 インポーターはエヴィーノさん 4本

生産年:2020年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ

葡萄品種:アレアーティコ

折りたたむ

現在庫 4本 
税込価格¥5,885(税抜き¥5,350)

フラントイオ・オレアリオ・ヴァレンティーニ・エ・チェッレターニ
ラウレトゥム・オーリオ・エクストラヴェルジネ・ディ・オリーヴァ5L 2021

フラントイオ・オレアリオ・ヴァレンティーニ・エ・チェッレターニ
ラウレトゥム・オーリオ・エクストラヴェルジネ・ディ・オリーヴァ5L 2021

続きを読む

*ラウレトゥムとは、ロレート・アプ ルティーノの
 古い呼び名(ラテン語)であり、
 同地の2生産者が手を取り合って造られた
 オリーヴオイルにふさわしい名前を名付けました。

生産年:2021年

生産国:イタリア

生産者:フラントイオ・オレアリオ・ヴァレンティーニ・エ・チェッレターニ

葡萄品種:オリーブ

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥12,636(税抜き¥11,700)

ヴァルテル・デ・バッテ・プリマ・テッラ
ヴィノ・ビアンコ・アルモジェ 2016

ヴァルテル・デ・バッテ・プリマ・テッラ
ヴィノ・ビアンコ・アルモジェ 2016

*Vino Bianco Harmoge 2016 / Walter de Batte Prima Terra

*彼の創るワインには彼自身のオリジナルの哲学があっても
 思想に左右されてないところが嬉しい。
 能書きや思い込みで全ての評価が決まってしまう昨今の
 小頭の良いワインとは違い

続きを読む

両脚が地面に着いて
 自分自身で孤高にも立っている感じがします。
 ビアンコ・アルモジェ2016年もそんな感じ、
 誰にも似ていないヴァルテル・デ・バッテのワインです。
 塩気を感じるミネラルは塩飴のような甘みも感じ、
 ピーンと背筋の伸びた緊張感が
 硬軟のメリハリを利かせています。
 液体の粘度、厚みがすこぶる絶妙で
 ある意味、芸術的で感動すら覚えます。
 そのくせ繊細で透明感があり
 瑞々しいライチや白桃など白い果実が
 複雑に絡む何とも心地よいリズム感なのです。
 4/13/2022試飲

*品種:ボスコ 45%、ヴェルメンティーノ 20%、
    アルバローラ 20%、ロッセーゼ・ビアンコ 15%
 樹齢:20年。
 ブドウごとに完熟を待ってから収穫。
 それぞれ果皮と共に約5日、
 野生酵母による醗酵 を促してから圧搾。
 500Lの木樽にて醗酵を行い、
 オリと共にシュール=リーの状態で36ヶ月の熟成。
 DOCはないものの、チンクエ・テッレと同じブドウ、
 伝統を忠実に踏襲しつつも、華やかさ、
 美しさをもった、いわゆる世界から見られる
 チンクエ・テッレという立ち位置を持ったワイン。
 アルトローヴェのない今、
 ヴァルテルが本当の意味で追求する、
 唯一のチンクエ・テッレという存在 になりました。

新津くんのコメント
 ヴァルテルが造り上げる超凝縮の
 チンクエ・テッレとなるアルモジェ。
 今回2016年をリリースさせていただきます。
 やはりDOCは申請していないので、
 チンクエ・テッレという名前はありません。
 しかしながら、この地域で造られるどんな白ワインよりも、
 間違いなく「この土地を表現したワイン」であることは
 間違いない。
 チンクエ・テッレの土地で、
 凄まじい凝縮に耐えたブドウより造られる特別な白。
 海からすぐの急斜面で、
 ダイレクトに潮風を受け止めるブドウ畑、
 恵まれた日照、そして水不足からの猛烈な凝縮。
 ミネラルを越え、塩気さえ感じるワインは
 間違いなくこのエリアの個性、
 そしてその個性をはっきりと表現しているアルモジェ。
 熟成に十分な時間をかけたこともあり、
 熟成香、素晴らしいバ ランス感と
 奥行きを持った状態、
 そして、まだまだ先も安易に想像できるポテンシャル。
 繊細さやみずみずしさを表現したサラデーロとは、
 明確な違いを 感じる素晴らしい味わいです。
 インポーターはエヴィーノさん 6本

生産年:2016年

生産国:イタリア・リグーリア

生産者:ヴァルテル・デ・バッテ・プリマ・テッラ

葡萄品種:ボスコ、ヴェルメンティーノ、アルバローラ、ロッセーゼ・ビアンコ

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥6,358(税抜き¥5,780)

ボナヴィータ
DOCシチリア・ロッソ・ファーロ 2014

ボナヴィータ
DOCシチリア・ロッソ・ファーロ 2014

*久しぶりのボナヴィータ!
 心地良い紅茶や杏の様な枯れたニュアンスに
 コクのある味わいは心地よい旨味と
 さり気ない酸に柔らかく角の取れたタンニンが
 ちょうど良いコントラストを生みます。
 旨味としなやかな液体は雑味を削り落とした
 何とも言えない洗練された味わいになっております。

続きを読む


 4/13/2022試飲

*ブドウ品種:ネレッロ・マスカレーゼ、
       ネレッロ・カップッチョ、ノチェッラ
 樹齢:30~55年。
 収穫後、一部除梗せず果皮と共に大樽で40日間、
 ゆっくりと醗酵が進む。
 圧搾後、そのまま12ヶ月大樽にて熟成。
 セメントタンクに移し12ヶ月、
 気候のバランスが良い2015年、
 ボナヴィータがスタートして10度目の収穫。
 甘味を感じるタンニン、果実と
 酸のバランスからの繊細さ、余韻の長さ。
 ボトル詰めから約5年、
 熟成期間を経たことも相まって素晴らしい状態です。
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2014年

生産国:イタリア

生産者:ボナヴィータ

葡萄品種:ネレッロ・マスカレーゼ、ネレッロ・カップッチョ、ノチェッラ

折りたたむ

現在庫 4本 
税込価格¥4,598(税抜き¥4,180)

ボナヴィータ
DOCシチリア・ロッソ・ファーロ 2015

ボナヴィータ
DOCシチリア・ロッソ・ファーロ 2015

*久しぶりのボナヴィータ!
 なぜかこのニュアンス、懐かしくもあり落ち着きますね。
 しっとりとした果実感はクールでありながら
 果実の甘みを含んだ何ともエレガントな仕上がり。
 じっくり向き合いながら静かな空間で飲みたい
 大人のワインですよ。
 何とも言えないシルキーなタンニンは

続きを読む

 心地よく溶け込んで余韻まで続きます。
 4/13/2022試飲

*ブドウ品種:ネレッロ・マスカレーゼ、
       ネレッロ・カップッチョ、ノチェッラ
 樹齢:30~55年。
 収穫後、一部除梗せず果皮と共に大樽で40日間、
 ゆっくりと醗酵が進む。
 圧搾後、そのまま12ヶ月大樽にて熟成。
 セメントタンクに移し12ヶ月、
 気候のバランスが良い2015年、
 ボナヴィータがスタートして10度目の収穫。
 甘味を感じるタンニン、果実と
 酸のバランスからの繊細さ、余韻の長さ。
 ボトル詰めから約5年、
 熟成期間を経たことも相まって素晴らしい状態です。
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2015年

生産国:イタリア

生産者:ボナヴィータ

葡萄品種:ネレッロ・マスカレーゼ、ネレッロ・カップッチョ、ノチェッラ

折りたたむ

現在庫 6本 
税込価格¥4,598(税抜き¥4,180)

イル・ファルネート
IGPエミリア・ビアンコ・ブルット・ナトゥーレ・リゼルヴァ 2016

イル・ファルネート
IGPエミリア・ビアンコ・ブルット・ナトゥーレ・リゼルヴァ 2016

*IGP Emilia Brut Nature Riserva Magnum 2016 / Il Farneto

*コクのある優しい泡に
 旨味と香ばしさの乗ったスプマンテです。

続きを読む

*シャルドネ90%、スペルゴラ10%、
 樹齢10~15年。
 除梗せずに圧搾、果汁のみで醗酵。
 ボトル詰めの前に保存しておいた
 スペルゴラのモスト(果汁)を加え、
 瓶内二次醗酵を行う。
 オリとともに瓶内12ヶ月以上熟成、
 オリ抜きをしたのちにリリース。
 二次醗酵時の酵母使わず、
 ノンドサージュも行わない
 メトードクラッシコ(瓶内二次醗酵)のスプマンテ。
 インポーターはエヴィーノさん 4本

生産年:2016年

生産国:イタリア

生産者:イル・ファルネート

葡萄品種:シャルドネ、スペルゴラ

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥6,600(税抜き¥6,000)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・ リボッラ・ジャッラ・セレツィオーネ・マグナム 2010

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・ リボッラ・ジャッラ・セレツィオーネ・マグナム 2010

*IGT Venezia Giulia Bianco Ribolla Gialla Selezione 2010 Magnum / Damijan Podversic

*売り切れの為、3本追加しました。
 配送日は再入荷のタイミングとなります。

*マグナムは別物!
 化け物的な201

続きを読む

0年マグナム、
 やっぱり買ってしまいました。
 寝かせても今飲んでも!

*もう神が舞い降りた?
 (僕には信仰がないので神は存在しませんが..。)
 そのパフォーマンスに脅かされ、
 自分用にマグナムを2本隠してしまった2010年のリボッラ。
 とうとうですがその2010年のセレツィオーネがリリースされ、
 早速試飲が出来ました。
 エレガントさがあるこの上もなく分厚い液体は
 圧倒的なミネラルと熟れた花梨が
 溶け込んだような果実感で
 しかも繊細さも持ち合わせてういます。
 もう森田屋ノックアウトの状態です。
 今でも十分美味しく寝かせても大丈夫。
 ぜひ頑張ってご購入下さい。
 12/15/2021試飲

*品種:リボッラ ジャッラ100%。
 樹齢:60年。
 収穫後、開放式の大樽にて約 90日のマセレーション。
 圧搾後、大樽にて7年間の熟成。
 ボトル詰め後3年間熟成の後、
 2005年に続き、2度目となる2020年リリースの
 リボッラ・ジャッラのセレツィオーネ。
収穫の時点で大半のブドウにボトリティスが回ったヴィンテージ。
 中でも最も良い区画のリボッラのみ収穫を遅らせ、
 さらに成熟させたブドウを粒単 位の選果を行いながら収穫。
 2005年と異なり、自分の思い描く長期間の大樽での熟成を
 初めて成し遂げた、すべてが規格外のリボッラ・ジャッラ。
 その味わいには 衝撃と覚えるほど。
 そのあまりにも高い価格には、
 ダミアンの揺るぎのない自信が 感じられます。

*遂にリリースさせていただきます新しい
 リボッラ・セレツィオーネ2010年。
 ダミアン曰く「これは毎年造るものではない、
 自分が日々畑と向き合う中で、数年に一度 あるかないか、
 本当の意味で最高の収穫だと呼べるヴィンテージ、
 そしてその中で最高と呼べる区画だけで造られる、
 【究極】と言ってもいい特別なリボッラ ジャッラ。」 2010 年は、
 2005 年に続いて寒さと雨に悩まされた厳しいヴィンテージ。
 しかしその影響は決してマイナスだけではなく、
 ボトリティス(貴腐)の恩恵を最大限に受けた
 素晴らしい恩恵を受けたヴィンテージ。
 そして、さらにモンテカルヴァリオの畑で最高のポジション、
 収穫を遅らせ、最終日に収穫したリボッラ ジャッラだけで醸造。
 2005と違い、大樽のスペースに余裕があった事もあり、
 大樽で7年、ボトル詰め後3年、合計10年という
 ダミアンの願望を叶えた究極のリボッラ・ジャッラ。
 毎度のことですが、「高いっていうなら買わなくていい。
 オレが自分で飲むから。」というダミアンの覚悟によって、
 エヴィーノ史上最高級なワインとなってしまいました。
 あまりにも高い価格に、調整もどうにもなりませんでした。
 実は収穫より10年となる 2020年にリリーされ、
 昨年末に入港しておりました。
 しかし昨年は緊急事態宣言真っ只中という事もあり、
 どうにもご案内できずに 1 年経ってしまいました。
 その価格に驚かされる反面、やはりそれに恥じない
 圧倒的なヴォリューム感、味わいの深さ、
 幅そして奥行きととめどない余韻の波。
 もはや言葉は要らないかもしれません。
 さらにこれから先の計り知れなさ、
 可能性を持ったとんでもないリボッラ・ジャッラ。
 興味を持っていただけましたら幸いです。
 インポーターはエヴィーノさん 2本+3本

生産年:2010年

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:リボッラ・ジャッラ

折りたたむ

現在庫 3本 
税込価格¥67,980(税抜き¥61,800)

ローズィ・エウジェニオ
IGTエゼジェズィ 2014

ローズィ・エウジェニオ
IGTエゼジェズィ 2014

*カチッとした骨格としっかりと抽出された果実は
 ダークチェリーやイチジクの様、
 それでいてシルキーでエレガントな舌触りで
 流れる様な滑らかな舌触りです。
 酸にもコクと旨みがあり、しっかりとしたタンニンは
 綺麗に溶け込んで心地よく主張してきます。
 素晴らしい味わいなのです。

続きを読む

 2/7/2022試飲

*品種:カベルネ・ソーヴィニヨン80%、メルロー20%
 樹齢:18〜20年。
 樹上で限界まで遅らせてから収穫、
 果皮と共に約50日、野生酵母にて醗酵を促す。
 圧搾後、木樽(500L)にて24ヶ月、
 ボトル詰め後36ヶ月の熟成。
 高密度な果実と華やかで奥深い香り。
 カベルネ・ソーヴィニヨンのイメージを覆す繊細さ、
 そして奥行きを 表現したワイン。
 冷涼な天候は決してネガティヴではなく、
 立体的な酸、全体のバランス感を与えてくれました。
 余韻の長さ、美しさを感じる最高のカベルネ・メルロ ーです。

 国際品種という立ち位置が定着している
 カベルネ・ソーヴィニヨンとメルロー。
 ただロヴェレート近郊でも100年以上前から栽培されてきた、
 非常に馴染み深いブドウ。
 「ただ醸造方法としては単純なものばかり」
 そう話すエウジェーニオ。
 果皮が厚く、豊かなタンニン、ポテンシャルを持ったブドウ。
 この土地で根付いたカベルネだからこその特徴を、
 十分に表現するために必要な手法として、
 彼はピエモンテ、バローロの伝統的な醸造方法にヒントを得ました。
 十分に成熟した果実と果皮から長期間の果皮浸漬によって
 持てる要素をすべて抽出する。
 そして木樽での長い熟成によって造り上げる、
 独特の感性から生まれたカベルネ ソーヴィニヨン。
 2014は冷涼なヴィンテージだけに、
 いつも以上に繊細さを感じます。
 完熟しきっているからこ そ生まれる成熟した酸と、
 詰まっていながらも柔らかさを感じる果実。
 濃く重い、そうしたイメージを払拭する、
 繊細さと奥行きを持ち合わせたカベルネ・メルローです。
 インポーターはエヴィーノさん 6本

生産年:2014年

生産国:イタリア

生産者:ローズィ・エウジェニオ

葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥4,928(税抜き¥4,480)

ローズィ・エウジェニオ
IGTポイエーマ 2016

ローズィ・エウジェニオ
IGTポイエーマ 2016

*口に含むと優しく変化しながら
 エレガントな透明感を保ち続けます。
 しなやかなリズム感、重過ぎない凝縮感に
 旨味のある優しい酸が糸井を引く様に伸びていきます。
 素晴らしい心地良い余韻が続きます。
 うっとりです。
 2/7/2022試飲

続きを読む

*品種:マルツェミーノ
 樹齢:10〜35年。
 収穫後、セメントタンクの中で約1ヶ月、果皮と共に醗酵を行う。
 他に全体の15%のブドウは4週間のアパッシメントを行った後、
 除梗せずにセメントタンクに加えて約1ヶ月。
 圧搾後、750Lの木樽にて24ヶ月、
 ボトル詰め後さらに36ヶ月熟成。
 ポテンシャルを見出されない
 マルツェミーノに徹底的にこだわり、
 その特徴を引き 出したポイエーマ。
 きめの細かいタンニンと柔らかく繊細な果実と酸。
 今までになかった軽やかさ、
 飲み心地の良さを感じる素晴らしいヴィンテージ。

 パダナ平野を中心に広く栽培されるマルツェミーノ。
 ブドウの特徴として多産で果皮の薄い、
 ジュースの多く取れるブドウであり、
 高品質なワインというよりも、
 量り売りやテーブルワインで見られることの多いブドウ。
 一般的にはあまり熟成の可能性を
 見出されないブドウでありながら、
 エウジェーニオは栽 培だけでなく
 醸造方法まで考え抜いてきました。
 タンニンもアントシアニンも少ないマルツェミーノを、
 徹底した収量制限とアパッシメント(陰干し)。
 凝縮を感じつつもとても軽やか、
 そして他のワインにはない透明感を持った個性的な赤。
 繊細さとバランス感、細くも非常に長い余韻には、
 本当に驚かされます。
 2016 年は日照に恵まれつつも、酸を失 わない軽やかさ、
 バランスを感じるヴィンテージ。
 香りは濃厚で熟れていながら、
 柔らかい酸と果実のバランスが取れた、
 飲み心地の良さを感じる、
 今までにない美しさを持ったポイエーマです。
 インポーターはエヴィーノさん 6本

生産年:2016年

生産国:イタリア

生産者:ローズィ・エウジェニオ

葡萄品種:マルツェミーノ

折りたたむ

現在庫 1本 
税込価格¥4,598(税抜き¥4,180)

ローズィ・エウジェニオ
ヴィノ・ストラマトゥーレ・ドルチェ・ドーロン 375ml 2015

ローズィ・エウジェニオ
ヴィノ・ストラマトゥーレ・ドルチェ・ドーロン 375ml 2015

*口に入った瞬間からもうニコニコ!
 紅茶や杏のニュアンスにキリッとした酸が伸びて行く!
 甘いのに甘くない、幸せの1本。
 しかも繊細な舌触りときてるもう買うしかないけど
 まあまあいい値段。でも買うでしょ!僕は!
 2/7/2022試飲

続きを読む

*品種:マルツェミーノ
 収穫後、3ヶ月に及ぶアパッシメント(ブドウの影干し)を行う。
 その後、除梗せず約3ヶ月果皮と共に醗酵を行う。
 圧搾後古バリックに移し24ヶ月の熟成。
 レチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラの手法に着想を得た、
 デリケートなマルツェミーノの個性を引き継いだ、
 個性的なヴィーノ・ドルチェ。

 同じマルツェミーノでありながら、
 ポイエーマとは違う一面を切り取ったもう一つのマルツェミーノ。
 果皮が薄くタンニンも少ない、
 地元では日常的なテーブルワインとしてしか
 見られていないブドウですが、
 エウジェーニオは「マルツェ ミーノに近しい存在として
 見習うべきは、ヴェネトのコルヴィーナではないか」、
 と着想を得て、マルツェミーノの「果実的な個性」を
 表現する手段としてレチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラに
 たどり着きました。
 3ヶ月に及ぶアパッシメント(陰干し)によって
 果実・糖度も凝縮するのですが、
 そのまま果皮と共に3ヶ月の醗酵、果皮からの要素を
 最大限に引き出しました。
 「マルツェミーノは決して本来の酸を失わない」
 結果的に甘口のワインとして残糖分が残った状態でも、
 酸によってワインを安定させることができる。
 マルツェミーノの持つ果実が極限まで凝縮しつつも、
 果実の瑞々しさ、酸のバランスを失わないヴィーノ・ドルチェです。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2015年

生産国:イタリア

生産者:ローズィ・エウジェニオ

葡萄品種:マルツェミーノ

折りたたむ

現在庫 11本 
税込価格¥5,082(税抜き¥4,620)

アピウア
ピスタ・ラスピ 2019

アピウア
ピスタ・ラスピ 2019

*ヴェルディッキオの特徴かもしれませんが
 力強いタンニンを感じながら
 切れ上がる酸と液体の厚みが
 なんとも言えないコントラスト。
 繊細で舌の上で転がしていると
 心地良い果実の柔らかさを感じるのです。
 試飲時はいつもと違い抜栓後、1時間半後、
 液面も底の方でしたので
 正

続きを読む

確なコメントではないので、
 詳しくテクニカルの欄の
 エヴィーノさんのコメントを参考に!
 3/8/2022試飲

*品種:ヴェルディッキオ
 樹齢:35〜40年。
 収穫後、除梗し
 24時間果皮と共にマセレーションを行う。
 圧搾しステンレスタンクにて醗酵を継続する。
 その後、オリの上で6ヶ月以上の熟成。
 途中、酵母添加、温度管理、
 SO2など一切の添加を行わない、ブドウだけの表現。
 果皮に強いタンニンを持ち、猛暑でも失わない
 豊富な酸を持つヴェルディッキオ。
 その個性を最もストレートに表現した白。
 エヴィーノさん6本

生産年:2019年

生産国:イタリア・マルケ

生産者:アピウア

葡萄品種:ヴェルディッキオ

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥4,268(税抜き¥3,880)

アピウア
ラ・ムヴェイズ・レピュタションL.172 2019

アピウア
ラ・ムヴェイズ・レピュタションL.172 2019

*柔らかさのある干しぶどうの様な果実の凝縮感に、
 マルヴァジーア由来のハーヴ感が
 とっても綺麗に表現されています。
 口に含んだ時の液体の質と粘度が
 なんとも言えずエレガント!
 今の時点ではこのキュヴェが一番お気に入り!
 試飲時はいつもと違い抜栓後、1時間半後、
 液面も底の

続きを読む

方でしたので正確なコメントではないので、
 詳しくテクニカルの欄の
 エヴィーノさんのコメントを参考に!
 3/8/2022試飲

*品種:ヴェルディッキオ主体、マルヴァジーア 10%.
 樹齢:60年程度。
 収穫はマルヴァジーアも合わせて行い、
 除梗して果皮と共に5日間の醗酵を行う。
 圧搾後、オリの上で6ヶ月以上の熟成。
 途中、酵母添加、温度管理、SO2など一切の添加を行わない。
 ヴェルディッキオをマセレーションする事、
 SO2を加えずにワイン造りをしていることで、
 地域的にまだ少数派であるアピウア、
 周囲からの目や噂に臆することなく、
 自分の信じた 道を進むという、ロベルトの覚悟を込めたワイン。
 骨格を生むヴェルディッキオに、
 ちょうどよく肉付けされたマルヴァジーアの果実味とアロマ、
 バランスを感じます。

生産年:2019年

生産国:イタリア・マルケ

生産者:アピウア

葡萄品種:ヴェルディッキオ、マルヴァジーア

折りたたむ

現在庫 1本 
税込価格¥4,873(税抜き¥4,430)

アピウア
ラ・ムヴェイズ・レピュタションL.197 2019

アピウア
ラ・ムヴェイズ・レピュタションL.197 2019

*力強いミネラルとタンニンが印象的。
 試飲時はいつもと違い抜栓後、1時間半後、
 液面も底の方でしたので
 正確なコメントではないですが、
 口に入った液体の質と粘度がエレガントです。
 武骨な印象もありますが時間が経つと
 素晴らしくなる予感です。
 詳しくテクニカルの欄のエヴィー

続きを読む

ノさんのコメントを参考に!
 3/8/2022試飲

*品種:ヴェルディッキオ。
 樹齢:60年程度。
 収穫後、除梗して果皮と共に7日間の醗酵を行う。
 圧搾後、オリの上で6ヶ月以上の熟成。
 途中、酵母添加、温度管理、SO2など一切の添加を行わない。
 周囲からの目や噂に臆することなく、
 自分の信じた道を進むという、ロベルトの覚悟を込めたワイン。
 初めてのヴィンテージという事で、
 実験的に単一で醸造、ボトル詰めを行ったロット。
 マルヴァジーアに感じるアロマやバランス感はないものの、
 より奥深い芯の太さ、時間と共に感じるあじわいの複雑さ。
 どちらのロットも甲乙つけがたい素晴らしい味わいです!

生産年:2019年

生産国:イタリア・マルケ

生産者:アピウア

葡萄品種:ヴェルディッキオ。

折りたたむ

現在庫 6本 
税込価格¥4,873(税抜き¥4,430)

スケルリ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ブラン・マルヴァジア 2018

スケルリ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ブラン・マルヴァジア 2018

*塩分を感じるミネラル感は相変わらず、
 メロンやライチのような果実感に、
 粘度のある液体がとても心地良い舌触りで
 なんとも言えないスケルリらしい
 ゆったりとしたリズムを刻みます。
 3/8/2022試飲

続きを読む

*品種:マルヴァージア・イストゥリアーナ
 収穫後、開放式の大樽にて3週間、
 果皮と共にアルコール醗酵を終える。
 圧搾後も大樽にて18ヶ月、
 ボトル詰め後18ヶ月の熟成。
 良年という事もあり、
 カルソとしては珍しいアルコールが
 12.5%まで上がった最高のヴィンテージ。
 マルヴァジーアらしい果実とアロマ、
 そしてカルソらしい繊細さと飲み心地。
 現地よりさらに 12ヶ月ワインを休ませたことで、
 全体のバランス、体格を感じる理想的な味わいです。

 マルヴァ―ジアといっても、
 東部イストリア半島より渡ってきた
 マルヴァ―ジア・イストゥリアーナは、
 強いアロマだけではなく
 しっかりと骨組みのあるブドウ。
 素晴らしい収穫を迎えた 2018年。
 ブドウ由来の強いアロマと酸、
 非常に硬質で染み出すような旨み、
 塩分のような強いミネラルを、
 柔らかい果実が包み込む。
 豊かさと繊細さが共存した
 魅力的なマルヴァジーア。
 カルソという非常に貧しい土地で、
 これほどのブドウを収穫できる。
 その背景には、マテイが費やした
 「畑での仕事量、カンティーナでの時間の
 賜物」であることは間違いありません。
 そのすべてに敬意を払いたくなる、
 素晴らしい味わいです!
 インポーターはエヴィーノさん 6本

生産年:2018年

生産国:イタリア

生産者:スケルリ

葡萄品種:マルヴァージア・イストゥリアーナ

折りたたむ

現在庫 5本 
税込価格¥5,082(税抜き¥4,620)

スケルリ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ブラン・ヴィトフスカ ”67” 2018

スケルリ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ブラン・ヴィトフスカ ”67” 2018

*長いマセレーションのためか?
 カチッとしたタンニンと複雑な構成の
 心地良い深みとエレガントさを伴う
 スケール感のある味わいなのです。
 長いマセレーションによる
 単調になりがちな感じもなく、
 圧倒的なミネラルからくる鉱物や塩味や
 スパイス感でメリハリの効いた液体に仕上がっ

続きを読む

ています。
 少し枯れ草の様なハーヴの効いた長い余韻が
 印象的です。 
 3/8/2022試飲

*品種:ヴィトフスカ100%、
 樹齢:10〜15年
 2003年に植えたアルベレッロの畑より
 選別したブドウのみを収穫。
 除梗し、カルソの石灰岩の塊をくりぬいて作った「石樽」の中で、
 果皮と共に醗酵~ 12か月間果皮と共に熟成。
 果皮・オリによってワインが守られているため、
 この間はSO2を加えない。
 圧搾後、オリ引きを行い大樽へ移しさらに12ヶ月の熟成。
 ボトル詰めの際にごく僅かにSO2を加える。
 マテイの考えてきたいくつものアイデアを取り込み、
 遂に形となった特別なヴィトフスカ。
 その存在感、ヴォリューム、奥行き、
 どれをとっても過去にはない素晴らしいクオリティ。


 ボトル詰めを行うまで圧搾をしない、
 トータル2年ものマセレーションを行って造られた
 「Sukkus スックス」。
 極小規模ながら自身の考えるアイデアや
 実験を続けてきたマテイ。
 そして今回は新たに、カルソの巨大な石灰岩を加工し、
 中心をくりぬいて作ったタンク。
 彼曰く「石樽」を手に入れたマテイ。
 ブドウの持っている要素、表情を生かし、
 不必要な要素を削り取る。
 マテイが植えた「アルベレッロ仕立てのヴィトフスカ」より選抜した、
 果皮の厚いブドウを、除梗し石灰岩の容器の中で醗酵。
 その後も圧搾は行わず、翌年の収穫時期まで果皮と共に
 熟成の状態を保つ。
 圧搾を行った後、残り 1 年間は大樽に移し熟成。
 「石灰岩のタンクは醗酵・熟成の過程で、大樽とは全く違う。
 普段から酸の高いヴィトフスカ、
 そして果皮と長いマセレーションをすることで生まれるタンニン。
 それが石灰岩のタンクの中では酸がとても丸みを帯び、
 タンニンも柔らかくなる、、
 まるでタンクが「食べる」のような感覚」。
 今までスックスの中で実験してきた、
 1年を越える長期間のマセレーション、
 そして石灰岩のタンクによる熟成は、
 これまでマテイが守ってきた「土地やブドウの表現」から、
 「偉大さ、可能性」へと切り替わるものだと感じさせられました。
 通常のヴィトフスカと同じヴィンテージ 2018年、
 同じブドウでありながらその味わい、奥行き、柔らかさの
 すべてにおいてサイズの違いを感じます。
 これまでのスケルリとは一線を画す「67」、
 ぜひ飲んでいただきたいワインです。
 インポーターはエヴィーノさん 6本

生産年:2018年

生産国:イタリア

生産者:スケルリ

葡萄品種:ヴィトフスカ

折りたたむ

現在庫 6本 
税込価格¥7,128(税抜き¥6,480)

スケルリ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ブラン・ヴィトフスカ 2018

スケルリ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ブラン・ヴィトフスカ 2018

*圧倒的なミネラル感に少し甘みさえも感じる
 洋梨やメロンの果実感は
 口の中でゆっくりと膨らむ
 スケール感のある味わいなのです。
 全体的にメリハリのあるキレの良さがあり、
 心地良い緊張感のある長い余韻が
 とても印象的です。
 今飲んでも、時間を置いてもどちらも
 楽しめる多

続きを読む

様性があるヴィンテージです。
 3/8/2022試飲

*品種:ヴィトフスカ100%、
 収穫後、開放式の大樽にで3週間、
 果皮と共にアルコール醗酵を終える。
 圧搾後も大樽にて18ヶ月、
 ボトル詰め後18か月の熟成。
 良年となった2018年の一部のブドウは
 「ヴィトフスカ67」に回したため
 樹齢の古いペルゴラの畑や、
 若い畑が中心という事もあり、
 そこまでの強い凝縮は見られないものの、
 いつも以上の柔らかみ、香りの繊細さ、
 飲み心地を維持した素晴らしい味わいです。

 強烈な石灰岩、表土のない貧しいカルソの土壌で
 生まれたヴィトフスカ。
 マルヴァジーアのような華やかさやアロマよりも、
 余韻の長さや骨格を持った、
 カルソで最も重要なブドウと位置付けているます。
 2018年は近年まれにみる良年。
 恵まれた日照とブドウの清潔さを保つ乾燥。
 収穫が近づき、ブドウ樹を助ける適度な雨。
 例年よりも、かなり早い段階で収穫を迎えるという
 稀有なヴィンテージだったと話すマテイ。
 しかし、そこからブドウの完熟を待ち、
 収穫を遅らせたことで、
 十分に糖分を持った果実と
 酸のバランスの取れたブドウが収穫できた、
 カルソとしては偉大なヴィンテージだといいます。
 ヴィンテージに恵まれたことはもちろんですが、
 それ以上にワイン自体の完成度の高さを感じる2018年です。
 収穫に恵まれ、カルソとしては珍しく果実の完熟を感じ、
 そして変わらない強烈なミネラルと酸。
 この3つが非常に高いラインで
 バランスを保っています。
 皆さん間違いなく喜んでいただける味わいだと
 感じております。
 インポーターはエヴィーノさん 6本

生産年:2018年

生産国:イタリア

生産者:スケルリ

葡萄品種:ヴィトフスカ

折りたたむ

現在庫 3本 
税込価格¥5,082(税抜き¥4,620)

カッチャネミチ
エミリア・ロッソ・オロス 2020

カッチャネミチ
エミリア・ロッソ・オロス 2020

*スミレのニュアンスから
 優しいカシスのニュアンスに変化してゆき

 ミネラルとふくよかな果実感がつくみます。

 綺麗や抑揚、冷涼な味わいは伸びやかです。

 下の方に揮発した果実感があります。

 余韻も残像もとってもフレッシュ!フレッシュ!

 1/11/2022試飲

続きを読む

*品種:カベルネ・ソーヴィニヨン70%、
    カルメネール30%
 醸造:手摘みで収穫したブドウをステンレスタンクで
    野生酵母のみで自発的に発酵させる。
    全房比率は15%。醗酵の段階から
    2品種をブレンドして醸造。
    SO2やその他の醸造添加物は一切加えずに醸造する。
    醗酵終了後、引き続きステンレスタンクで熟成させ、
    無清澄・無濾過、亜硫酸も無添加で瓶詰め。
 2020ヴィンテージは総生産量3,000本。
 2021年10月時点のSO2 トータルは37mg/l。
 アルコール度数は12度。
 
*OLOS オロスとは哲学用語の
 『全体論(ホーリズム)』を味する言葉です。
 ホーリズムとは、あるもの全体は、
 それの部分の算術的総和以上のものである、
 とする考えのことです。
 全体を部分や要素に還元することはできない、
 すなわち、部分部分をバラバラに
 理解していても全体を理解することはできない、
 という考え方です。
 ビオディナミやブドウ栽培にも
 同じことが言えるため、このように命名されました。
 インポーターはVIVITさん 9本

生産年:2020年

生産国:イタリア

生産者:カッチャネミチ

葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、カルメネール

折りたたむ

現在庫 6本 
税込価格¥3,608(税抜き¥3,280)

カッチャネミチ
IGTエミリア・・バルベーラ・フリッツァンテ・ロゼ・ゼンザ 2020

カッチャネミチ
IGTエミリア・・バルベーラ・フリッツァンテ・ロゼ・ゼンザ 2020

*ドライトマトな印象、ザクロ、パッションフルーツ、
 アセロラ、フレッシュな果実感は

 紫色のアロマが漂う、心地良い透明感と伸び、

 ドライなミネラルを楽しめます。

 1/11/2022試飲

続きを読む

*品種:バルベーラ95%、ランブルスコ・グラスパロッサ5%
 醸造:手摘みで収穫したブドウを
    完全に除梗してソフトに圧搾。
    フリーランジューズのみをステンレスタンクで
    野生酵母のみで自発的に発酵させます。
    発酵の段階から全ての品種をブレンドして醸造する。
    SO2やその他の醸造添加物は一切加えずに醸造。
    ブドウ果汁の一部は、瓶内二次発酵を行う際の
    リキュール・ド・ティラージュとして
    使用するためにすぐに冷却して保存しておきます。
    一次発酵が終わったワインをボトリングする際に、
    この冷却保存しておいたマストを添加して、
    瓶内二次発酵を行います。
    しかし、ブドウ果汁以外の糖分や酵母、
    亜硫酸などの添加は一切ありません。
    また濾過もデゴルジュマンも行わないため、
    澱に由来する濁りがあり、
    残糖も殆どないナチュラルな
    アプローチで造られたフリッツァンテです。

 2020ヴィンテージは総生産量4,000本。
 2021年10月時点のSO2トータルは20mg/l。
 アルコール度数は11.5度。
 
 ZENZAゼンザとは、地元ボローニャで
 よく使われる個人の名前です。
 インポーターはVIVITさん 6本

生産年:2020年

生産国:イタリア

生産者:カッチャネミチ

葡萄品種:バルベーラ、ランブルスコ・グラスパロッサ

折りたたむ

現在庫 3本 
税込価格¥3,718(税抜き¥3,380)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・エッレ 2016

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・エッレ 2016

*いつも試飲会で一番のお気に入りですが、
 今回も同じでしたね!
 軽快さに心地良い旨みのあるコクを持つ味わいなのに
 残像はいたって冷涼でのびの良い液体は
 綺麗に広がりながら消えてゆくのです。
 12/15/2021試飲

続きを読む

*グレゲット・ロッソ100%
 樹齢50年以上の区画より選別。
 強靭な果実とタンニン、酸を 兼ね備えたヴィンテージ。
 除梗せず果皮とともに4週間以上かけた醗酵。
 圧搾し500Lの木樽にて24ヶ月、
 ボトル詰めし24ヶ月の熟成。
 カーボニックなどの技 法は使わずに、
 クラシックにピジャージュを繰り返し、
 抽出した要素を、長期間の熟成によって表現した、
 素晴らしいリゼルヴァ。
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2016年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:グレゲット・ロッソ

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥6,600(税抜き¥6,000)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・クルー・レ・コステ 2015

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・クルー・レ・コステ 2015

*力強さの中にシルキーな舌触りの液体は
 心地良い緊張感が最後まで続く
 素晴らしい出来栄えなのです。
 少し湿った感じの腐葉土の印象と
 カシスやドライ・アプリコットのニュアンス。
 それでいてハーブが効いた冷涼な残像が残るのです。
 起承転結のある素晴らしい味わいなのです。
 12

続きを読む

/15/2021試飲

*グレゲット・ロッソ100%
 樹齢10~15年
 Le Costeの畑より収穫されたブドウのみ。
 収穫後、50%は除梗せず、破砕も行わずに樽の中へ、
 果皮と共に6週間 のマセレーション。
 圧搾後、木樽(500L)にて24ヶ月、
 瓶内にて24ヶ月の熟成。
 さらに24ヶ月の熟成を経てリリース。
 猛暑のため、果実の凝縮、果皮が完璧に熟すまで
 収穫を遅らせ、その果皮から最大限に
 抽出を行ったヴィンテージ。
 剛健な 果実とタンニンは、十分な熟成によって
 美しく変化し、他のヴィンテージでは
 感じえない複雑かつ、妖艶な香り。
 そして詰まった旨味と全体を覆う柔らかな酸。
 ヴィンテージごとに目まぐるしく表情を変える
 レ・コステの畑。
 2015年はその力強さと
 ポテンシャルを持った味わいの強いヴィンテージです。

 自根での植樹、10000 本の密植と
 自身が考え付くすべてを費やして
 造られた畑「Le Coste」より収穫されるグレゲット。
 樹1本から収穫できるのは500g~700gという
 あまりにも少ない収穫量は、はじめから収穫量を望まず、
 高品質なブドウを収穫するために育てられた畑。
 2015年は猛暑の年で果実が完熟、
 さらに厚い果皮を持ったポテンシャルを秘めた
 ヴィンテージ。
 粒単位で果皮が完熟するのを待ち、
 50%は除梗せず全 房で 6 週間のマセレーション。
 500Lの木樽で24ヶ月の熟成。
 その強いタンニンと果実から最大限引き出すには、
 やはり長い時間が必要だと感じたジャン・マルコ。
 ボトル詰め後24ヶ月の熟成、
 さらにそれから2年間の熟成期間を取りまして、
 この度ようやくリリースとなりました!
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2015年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:グレゲット・ロッソ

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥6,600(税抜き¥6,000)

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
IGTヴェネツィア・ジュリア・スキオペッティーノ・ラ・デュリネ 2013

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
IGTヴェネツィア・ジュリア・スキオペッティーノ・ラ・デュリネ 2013

*香草の様なニュアンス、コショー、
 木目細かく染み込む様な旨味と柔らかい果実感。
 相変わらずの美味しさは嬉しい限り。
 2013年も筋の通った哲学を感じるます。

4/15/2015試飲
 年を追うごとに柔らかさが増して、
 染み込む様な果実感は程良い粘度があり、
 中盤から香草

続きを読む

、ミントの印象が出てきます。
 全体的なボユーム感がとっても心地良く
 フィニッシまで続きます。

*畑の場所:S.Giovanni al Natisone
      サン・ジョヴァンニ・アル・ナティゾーネ。
      ワインはI.G.T. delle Venezieとなる。
 畑名:Villanova del Judrio ヴィッラノーヴァ・デル・ユードリオ
    にあるla Duline ラ・ドゥリネ
 ブドウ品種:スキオペッティーノ(リボッラ・ネーラ)
 植樹:1977年および2005年
 栽培:ギュヨ・ビラテラーレ仕立て。草で覆われていて、
    灌漑、施肥、ブドウ樹の刈り込みは行わない。間引きは行う
 土壌:砂利が多く、石灰を含む赤い粘土質土壌
 収量:ブドウ樹1本あたり1.5 kg
 収穫:9月末に、小さな箱を用いて手摘みで行う。
 醸造:17日間のマセレーション。
    アルコール醗酵とマロラクティック醗酵は
    バリックの中で完了する。10ヶ月間、細かい澱とともに熟成。
 ボトリング:2011年7月18日。無駄なろ過は行わない。
 生産本数:2,113本
 ボトリング:2011年10月。
 販売開始時期:ボトリング後、14ヶ月間落ち着かせてから。
 アルコール度数:12,5%
 テイスティングの印象:
 私たちが愛してやまない土着品種。
 より歴史ある畑のブドウから生まれたワインが
 常にもたらす、スパイスの歓喜を感じる。
 「十分な酸度があり、けっしてぼってりとせず、
 魚料理やオリエンタルな味付けの料理にもよくあわせられる」
 というところを私たちは気に入っている。
 インポーターはラシーヌさんです。12本

生産年:2013年

生産国:イタリア

生産者:ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ

葡萄品種:スキオペッティーノ(リボッラ・ネーラ)

折りたたむ

現在庫 4本 
税込価格¥5,115(税抜き¥4,650)

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
IGTデッレ・ヴェネツィエ・ラ・マルヴァジーア・ラ・デュリネ・マグナム 2011

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
IGTデッレ・ヴェネツィエ・ラ・マルヴァジーア・ラ・デュリネ・マグナム 2011

*2011年はまだ試飲出来ておりませんので
 2010年のコメントを参考にして下さい。



3/28/2013試飲

 綺麗な樽、花梨の様な濃厚は香り、

 スパイシーな酸、綺麗な味わいとってもエレガントな粘度とアロマ、

 デリケートな果実感としっとりとしたミネラル。

 とっても自然体な味わい

続きを読む

抵抗のないしなやかさのある味わいです。

 余韻のしなやかさは。

*畑の場所:S.Giovanni al Natisone
      サン・ジョヴァンニ・アル・ナティゾーネ
 畑名:la Duline ラ・ドゥリネ
 ブドウ品種:マルヴァジーア・イストリアーナ
       (古い畑から得た2つのクローン)
 植樹:1930年および1977年
 栽培:仕立てはギュヨおよびコルドーネ・スペロナート。
    草で覆われていて、 灌漑も施肥も行わない。
    樹勢と収穫される果実のバランスが理想的で,
    刈り込みも間引きもしなくてもいい。
 土壌:砂利が多く、石灰を含む赤い粘土質土壌。
 収量:ブドウ樹1本あたり1,0kg
 収穫:9月末に,小さな箱を用いて手摘みで行う。
 醸造:醗酵前に浸漬を行う。圧搾時は、徐々に力をかけていく。
    低温下で固形物を沈ませる。250リットルの樽で熟成。
    ボトリングまで、澱と接触させておく。
    アルコール醗酵もマロラクティック醗酵も完了する。
 生産本数:250本(マグナムのみ)
 ボトリング:2樽から,2011年7月18日に行う。
 アルコール度数:13,0%
 インポーターはラシーヌさんです。6本

生産年:2011年

生産国:イタリア

生産者:ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ

葡萄品種:マルヴァジーア・イストリアーナ

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥11,968(税抜き¥10,880)

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
IGTデッレ・ジュリア・ジャッロディトカイ・マグナム 2011

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
IGTデッレ・ジュリア・ジャッロディトカイ・マグナム 2011

続きを読む

*畑の場所:SD.O.C. Friuli Colli Orientaliの地域内、
      Udineウディネ県Manzanoマンツァーノ
 畑名:Ronco Pitotti ロンコ・ピトッティ
 ブドウ品種:トカイ・ジャッロ
 樹の本数:900本
 栽培:ylvozシルヴォズと呼ばれる仕立て。
    草で覆われていて、灌漑も施肥も 行わない。
    樹勢と収穫される果実のバランスが理想的で、
    刈り込みも間引きもしなくてもいい。
 土壌:泥岩と砂岩からなるフリッシュと呼ばれるもの。
    石灰質を含む。
    (黄色がかった灰色の泥岩と、石英を含む砂岩)
 収量:ブドウ樹1本あたり0,5kg
 収穫:9月末に,小さな箱を用いて手摘みで行う。
 醸造:醸造段階ではSO2を不使用。
    醗酵前に温度管理をしないで浸漬を行う。
    250リットルの樽で熟成。
    ボトリングまでの11ヶ月間、澱と接触させておく。
    アルコール醗酵もマロラクティック醗酵も完了する。
 生産本数:307本(マグナムのみ)
 ボトリング:2樽から,2012年7月18日に行う。
 アルコール度数:13,5%
 インポーターはラシーヌさんです。6本

生産年:2011年

生産国:イタリア

生産者:ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ

葡萄品種:トカイ・ジャッロ

折りたたむ

現在庫 5本 
税込価格¥11,748(税抜き¥10,680)

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
IGTデッレ・ジュリア・ジャッロディトカイ・マグナム 2013

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
IGTデッレ・ジュリア・ジャッロディトカイ・マグナム 2013

続きを読む

*畑の場所:SD.O.C. Friuli Colli Orientaliの地域内、
      Udineウディネ県Manzanoマンツァーノ
 畑名:Ronco Pitotti ロンコ・ピトッティ
 ブドウ品種:トカイ・ジャッロ
 樹の本数:900本
 栽培:ylvozシルヴォズと呼ばれる仕立て。
    草で覆われていて、灌漑も施肥も 行わない。
    樹勢と収穫される果実のバランスが理想的で、
    刈り込みも間引きもしなくてもいい。
 土壌:泥岩と砂岩からなるフリッシュと呼ばれるもの。
    石灰質を含む。
    (黄色がかった灰色の泥岩と、石英を含む砂岩)
 収量:ブドウ樹1本あたり0,5kg
 収穫:9月末に,小さな箱を用いて手摘みで行う。
 醸造:醸造段階ではSO2を不使用。
    醗酵前に温度管理をしないで浸漬を行う。
    250リットルの樽で熟成。
    ボトリングまでの11ヶ月間、澱と接触させておく。
    アルコール醗酵もマロラクティック醗酵も完了する。
 生産本数:307本(マグナムのみ)
 アルコール度数:13,5%
 インポーターはラシーヌさんです。6本

生産年:2013年

生産国:イタリア

生産者:ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ

葡萄品種:トカイ・ジャッロ

折りたたむ

現在庫 5本 
税込価格¥12,848(税抜き¥11,680)

スケルリ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ルージュ・テッラーノ・リゼルヴァ・マグナム 2011

スケルリ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ルージュ・テッラーノ・リゼルヴァ・マグナム 2011

*ミネラルの塩分と杏の様な酸のコントラスト
 奥深い味わいです。
 生産量はマグナムのみ150本の貴重品。

5/7/2018試飲
 程よい厚みが最後まで続く
 インクや少しすもも、あんずの酸味と豊富なミネラル。
 全体的にクールな流れはゆっくりと堂々としたリズムで
 懐深く迎えてく

続きを読む

れます。

*品種:テッラーノ100%。
 マテイが今まで収穫してきた中で、
 最も恵まれたヴィンテージである2011年。
 その中でも最も糖分の高いテッラーノ1つのバリックのみを残し、
 さらに2年間熟成。
 土地由来の強烈な酸とミネラルを包み込むほどに熟れた果実、
 密度を持った最高のテッラーノ。
 ラベルに記載してある11という数字は、
 ヴィンテージである2011、
 そしてもう一つはFesta di San Martino
 (フェスタ ディ サンマルティーノ:11月11日、
 収穫や新酒のお祝い)、
 11年という恵まれたヴィンテージを
 祝う意味合いを持っています。
 こちらも生産量はバリック1樽のみ、
 マグナムのみ150本というあまりにも希少なワインです!
 インポーターはエヴィーノさん 6本

生産年:2011年

生産国:イタリア

生産者:スケルリ

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥15,224(税抜き¥13,840)

ヴァルテル・デ・バッテ・プリマ・テッラ
ヴィノ・ロッソ・セリコ 2013

ヴァルテル・デ・バッテ・プリマ・テッラ
ヴィノ・ロッソ・セリコ 2013

*Vino Rosso Cerice 2013 / Walter de Batte Prima Terra

*詰まった干しぶどう!しかもドライに仕上がっている。
 奥深い味わい、1日目も良いですが5日目くらいから
 すももやカシスのフレーバーが増し、
 ピュアで美味しい深い味わいです。

続きを読む


 美味しいのだ!

 新津くんコメント
 最も可能性を感じているグラナッチャと
 シラーより造られるセリコ。
 海に切り立った標高500mの土地に2001年に植樹。
 グラナッチャにとって必要不可欠な海からの風と、
 昼夜の気温差をもった特異な環境にて栽培。
 ゆっくりと成熟する果実を収穫するのは
 早くても10月中旬以降、
 長い時間をかけて熟成した果実のみを収穫。
 そして成熟した果皮を存分に表現するため、
 果皮と共に60日〜70日に及ぶ醗酵、
 そして木樽にて約36か月の熟成。
 一つのワインを造るために、
 これほどこだわった栽培哲学、
 醸造からリリースまでに費やす時間、
 すべてにおいてケタ外れ、、、。

 10/13/2017試飲
 抜栓1時間後、やっと開いて来た感じの
 個性の強い密度の高い味わいです。

 10/17/2017試飲
 いらないものが削げ落ちた感のある味わいは
 フレッシュなすももはほど良い密度の果実感、
 心地よく旨味のある酸はうっとりする程、
 優しい果実感が乗って旨味さえも感じてしまう。
 とっても落ち着き払った、しかも大人のフレッシュ感。
 本当に感心してしまうほどの出来です。

*品種:グラナッチャ80%、シラー20%
 樹齢:15〜20年。
 標高 :500m。
潮風を受ける特異な環境で栽培される
 グラナッチャとシラー。
 10月中旬〜完熟を待ってから収穫。
 果皮の持つ要素をすべて抽出するため、
 果皮と共に60日以上、野生酵母にて醗酵。
 圧搾後、古樽にて 36 か月の熟成。
 栽培環境、ブドウの個性、醸造に費やす時間、、
 すべてにおいて徹底したこだわりを詰め込んだワイン。
 インポーターはエヴィーノさん。12本

生産年:2013年

生産国:イタリア・リグーリア

生産者:ヴァルテル・デ・バッテ・プリマ・テッラ

葡萄品種:グラナッチャ80%、シラー20%

折りたたむ

現在庫 4本 
税込価格¥7,018(税抜き¥6,380)

ヴァルテル・デ・バッテ・プリマ・テッラ
ヴィノ・ロッソ・ヴィーニャ・デッレ・ピエトレ・ネーレ 2017

ヴァルテル・デ・バッテ・プリマ・テッラ
ヴィノ・ロッソ・ヴィーニャ・デッレ・ピエトレ・ネーレ 2017

*Vino Rosso Vigna delle Pietre Nere 2017 / Walter de Batte Prima Terra

*熱量がありながらどこかクール。
 長期間のマセレーションの
 おきまりの感じがまっったくなく、
 滑らかでキレがある。
 心地よい酸と塩気にミ

続きを読む

ネラルからくる
 鉱物的な粘度が口に広がっていく時の
 なんとも心地よいエレガントさ。
 思わず森田屋「うめ〜」って。
 ビターでシルキーなチョコレートの様。
 これは飲んでもらわないと伝えきれませんよ!
 11/9/2021試飲

*品種:シラー65%、メルロー25%、
    チリエジョーロ10%
 樹齢:20年前後。
 収穫後、除梗し果皮と共に約 70 日のマセレーション、
 野生酵母での醗酵。
 圧搾後 古バリックにて18ヶ月、
 ボトル詰め後24ヶ月の熟成。
 2017 年は猛暑と水不足で非常に
 ブドウの糖度が高くなったヴィンテージ。
 凝縮 しているのはもちろん、
 海由来の塩気を感じるかのような強い味わい。
 他の土地で は表現しえない個性を感じるシラー。
 口に広がる塩気のようなミネラルと
 ヴォリュームを感に、染み出すような旨味と柔らかみ。
 個性が際立つ赤。

 新津くんのコメント
 そして今回、初リリースとなる
 ヴィーニャ・デッレ・ピエトレ・ネーレ。
 プリマテッラとしてではではなく、
 ヴァルテル・デ・バッテとしてリリースされる
 初めての赤ワイン。
 サラデーロと同じ区画に植わっていたシラーと
 メルロー、そしてチリエジョーロ。
 ヴァルテルの考えでは白ブドウとは違い、
 果皮の持つすべての要素を引き出すために、
 長期間のマセレーションを行うという特徴的なワイン。
 彼らしく徹底的に収穫量を抑え凝縮し、
 果皮まで完熟してから収穫。
 そしてなんと、2か月以上果皮と共に醗酵を行ったという赤。
 2017年は猛暑で非常にブドウの糖度が高くなったヴィンテージ。
 凝縮しているのはもちろん、
 海由来の塩気を感じるかのような強い味わい。
 エチケットはこちらも彼自身が描いた、
 チンクエテッレの階段状の畑をイメージした画。
 名前の通り畑に広がる「黒い石」が太陽の熱を蓄え、
 ブドウの生育を助けることで、
 生育的に厳しいチンクエ テッレの貧しい土壌でも、
 素晴らしく完熟し糖度を高めたブドウが生まれる、
 という事を証明した彼。
 同じチンクエ テッレのブドウで造られる赤、
 「Cerico セリコ」とは対照的ともいえる果実と
 熱量を持ったワイン。
 濃密で果実を強く感じつつも、
 全体的なヴォリュームと旨味を感じる味わい。
 そして口いっぱいに広がる塩気のようなミネラルと
 心地よい酸、決して高すぎないヴォリューム。
 筋肉質でいながら染み出すような味わいを併せ持つ、
 個性を持った赤。
 リリースまでに十分に時間をかけた、
 ヴァルテルの考えが伝わるポテンシャルを
 秘めた赤ワインです。
 インポーターはエヴィーノさん。12本

生産年:2017年

生産国:イタリア・リグーリア

生産者:ヴァルテル・デ・バッテ・プリマ・テッラ

葡萄品種:ボスコ、アルバローラ、ヴェルメンティーノ、ロッセーゼ ビアンコ、ロッサーノ ディ ニッ ツァ(ルーサンヌ)、マルサン(マルサンヌ)

折りたたむ

現在庫 5本 
税込価格¥7,128(税抜き¥6,480)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・リボッラ・ジャッラ・セレツィオーネ・マグナム 2005

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・リボッラ・ジャッラ・セレツィオーネ・マグナム 2005

*IGT Venezia Giulia Bianco Ribolla Gialla Selezione 2005 Magnum / Damijan Podversic

*マグナムあったんですね〜!
 日本に18本、森田屋9本貰っちゃいました。
 イタリアはマグナムの方が絶対に美味しい!

続きを読む


試飲は750mlのもの
*5度目の入荷になります。
 前回も足りなくなって困ってしまうほどの人気!
 久々に試飲では大満足!
 口の中でとろけてエレガントでビロードの様な液体は
 張りのがあって言葉で表すと嘘になりそうな素晴らしさ!
 絶対にお試しあれ!12/3/2020試飲

*4度目の入荷になります。
 入荷するとすぐに売り切れてしまいますので...。

*3度目の入荷は身も心もとろけました。
 時間という魔法のスパイス、効いてます。
 素晴らしいの一言。 

*びっくり感動もののエレガントさ、
 伸びやかで程よい粘度のある味わいは感動的でもあります。
 洗練された花梨の余韻はいつまで続くのだろう!

1/12/2017試飲
 なんて品格のある液体なんでしょう。
 一つも引っかかりもなく滑らかな液体は
 程よい粘度と溶け込んだ酸、
 静かに顔を出す花梨やりんご、
 余韻は熟れた白桃かな?
 しかもミネラルがどっしり!
5/22/2017試飲
 もう能書きは良いですって感じ。
 とろけるくらいの素晴らしさ。

*リボッラ・ジャッラ・セレツィオーネ2005
 品種:マルヴァジア・イストリアーナ100%。
 樹齢:60年。
 収穫後、開放式の大樽にてマセレーション。
 期間は60~90日、圧搾後大樽にて2年間の熟成、
 澱引きを行った後、ボトル詰め
 収穫の時点で殆どのブドウにボトリティスが回ったリボッラ。
 さらに5年間の熟成を行いリリース。記念すべきヴィンテージ。
 インポーターはエヴィーノさん 9本

生産年:2005年

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:リボッラ・ジャッラ

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥28,545(税抜き¥25,950)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・リボッラ・ジャッラ・マグナム 2016

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・リボッラ・ジャッラ・マグナム 2016

*IGT Venezia Giulia Bianco Ribolla Gialla 2016 Magnum / Damijan Podversic

*750mlの試飲コメントです。

*口に含んだ瞬間は硬めで、
 いつもの様な貴腐からくるふくよかさ
 というよりもドライで繊細な印象。

続きを読む


 口の中で転がしていると出てくる!出てくる!
 花梨や杏、コクもでて凝縮した果実感はあくまでもドライに、
 液体の粘度の気持ちよさが良いんにも続くのです。
 このスタイルやっぱ理お気に入り!
 9/151/2021試飲

*品種:リボッラ・ジャッラ100%。
 樹齢:20〜40年。
 収穫を可能な限り遅らせることで
 最大限に成熟した果実、果皮には
 多くの貴腐の恩恵を受けたブドウと
 腐敗果を徹底し選果を行う
 徐梗して果皮、種子と共に3ヶ月、
 圧搾後、大樽にて36ヶ月、瓶内にて18ヶ月熟成。
 2016年は天候に恵まれ、十分な果実・果皮の成熟を遂げた2016。
 春先の荒天、大雨はあったものの、
 その後は収穫直前まで天候に恵まれたといいます。
 彼が栽培するブドウの中で、最も収穫の遅いリボッラ ジャッラ。
 収穫前に降った雨の影響で、一部腐敗果が発生しました。
 そこでダミアン、なんと収穫の予定を2週間遅らせ、
 腐敗果を手作業ですべて落とすこだわり。
 作業が終わり収穫を始める頃、熟れすぎたブドウの粒が、
 房から自然と落ちてしまうほど熟度。
 果実の熟度だけでいえば、2016は過去最高のクオリティ!
 インポーターはエヴィーノさん

生産年:2016年

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:リボッラ・ジャッラ

折りたたむ

現在庫 1本 
税込価格¥13,200(税抜き¥12,000)

ヴァルテル・デ・バッテ・プリマ・テッラ
ヴィノ・ビアンコ・サラデーロ 2018/2019

ヴァルテル・デ・バッテ・プリマ・テッラ
ヴィノ・ビアンコ・サラデーロ 2018/2019

*Vino Bianco Saladero2018/2019 / Walter de Batte Prima Terra

*去年の柔らかさと違い
 今年はミネラルがカチっと絡み合う感じの
 メリハリの効いた味わいです。
 湧き出る鉱物的な要素と旨味、
 そしてなんとも言えない液体の厚み

続きを読む


 それでいて口の中でどこまでも伸びてゆく
 しなやかさがあります。
 ライチやメロン、少し熟れた洋梨、
 そして心地良いミネラル由来の塩気が
 エレガントで質の高い心地良さなのです。
 わかってもらいたいな〜。
 11/9/2011試飲。

*品種:ボスコ 40%、ヴェルメンティーノ 30%、
    アルバローラ 30%、
 樹齢:20年前後。
 2015年に新たに借りた標高400mの海に面した畑。
 成熟する速度に合わせて、それぞれ完熟を待ってから収穫。
 果皮と共に7日間、緩やかに醗酵を行う。
 圧搾 後、開放状態でバトナージュを行いながら
 酸化的な環境で熟成を行う。
 その後オリ引きを行わずに24ヶ月、
 シュール=リーの状態にて熟成。
 絶対的な収穫量が少なく、
 単一ヴィンテージでボトル詰めができなかったため、
 2018、1019と2ヴィ ンテージを合わせてボトル詰め。
 海の味わいを感じ、アンチョビのような強い塩分と
 旨味にも引けを取らない、強いミネラルと密度。
 名前だけではない本当の意味での
 「CinqueTerre チンクエ・テッレ」のワインです。

 新津くんのコメント
 ヴァルテル デ バッテの代名詞ともいえるワイ
 「Altroveアルトローヴェ」。
 チンクエテッレという枠に捕らわれず、
 もっと広く国を越え、いわゆる「地中海地域全体」を
 表現しようという、彼の強い想いを具現化したワイン。
 そのアルトローヴェなき後、
 その哲学を受け継いだビアンコ・サラデーロ。
 ヴァルテル曰く、「アルトローヴェが
 チンクエテッレに収まらず、地中海世界、
 そしてそれ以上先へ広がってゆくイメージだとするならば、
 このサラデーロは、一度原点に立ち返る存在。
 リグーリアの伝統、そしてチンクエテッレの土地、
 文化を再認識するためのワイン」。
 リグーリアで採れる海塩を運んだとされる塩、
 水揚げされたカタクチイワシをアンチョビに加工し、
 内地に運ばれた時代背景をもとに、
 その海の味わいを感じる。
 そしてアンチョビのような、
 強い塩分と旨味にも引けを取らない、
 強いミネラルと密度。
 本当の意味での「Cinque Terreチンクエ テッレ」の
 ワインと位置付けるヴァルテル。
 素晴らしいワインを造りながらも、
 ヴァルテルを取り巻く環境は決して簡単ではなく、
 土地、カンティーナと問題が山積みです。
 しかし、その状況に諦めることなく、こだわり続ける。
 そして、自分だけでなくチンクエ テッレ、
 そしてリグーリアのワイン文化をも
 考えた活動を続けるヴァルテル。
 その味わいはリグーリア、
 そしてチンクエ・テッレの本当の個性を感じられる、
 価格に恥じない味わいであると確信しております。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2018/2019年

生産国:イタリア・リグーリア

生産者:ヴァルテル・デ・バッテ・プリマ・テッラ

葡萄品種:ボスコ、アルバローラ、ヴェルメンティーノ、ロッセーゼ ビアンコ、ロッサーノ ディ ニッ ツァ(ルーサンヌ)、マルサン(マルサンヌ)

折りたたむ

現在庫 1本 
税込価格¥7,348(税抜き¥6,680)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
DOCヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・ピノ・グリージョ 2018

ダミアン・ポドヴェルシッチ
DOCヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・ピノ・グリージョ 2018

*DOC Venezia Giulia Bianco Pinot Grigio 2018 / Damijan Podversic

*入荷数の少ないピノ・グリージョが再入荷です。

*何故か不思議な感じになるピノ・グリージョ。
 口に含んだ瞬間のアセロラやハーヴの効いた、
 不思議な世界

続きを読む

観に出会うことになります。
 果皮の色素ののったピンク色の液体は
 酸と香ばしいニュアンスのコントラストを
 たのしめるのです。
 毎年毎年味わいの違うドキドキしながら
 ファーストタッチを楽しめますよね!
 今年は◎ですよね!
 9/15/2021試飲
 やっぱり今年も最初から滑らかでエレガント!
 口に含んでいると綺麗に広がるライチや白桃のような
 フレッシュな果実になんとも言えない程、
 心地良い液体の粘度、分厚いミネラルも溶け込んじゃって。
 なんとも言えない滑らかな心地良さ。
 素晴らしいですよね!
 9/15/2021試飲

*品種:ピノ・グリージョ100%。
 樹齢:30〜40年。
 収穫を可能な限り遅らせる完熟したブドウを収穫。
 除梗して果皮・種子と共に約1ヶ月の醗酵。
 圧搾後、大樽にて18ヶ月、瓶内にて12ヶ月の熟成。
 リボッラやマルヴァジーアの様に、
 「貴腐の恩恵」を得られないピノ・グリ-ジョ。
 さらに完熟を迎えると、
 白ブドウには見えないほどに色付くため、
 他の白ブドウとは、全く異なるアプローチで造られたワイン。
 2018年はピノ・グリージョにとって、果実的な熟度の高さ、
 と酸のバランスの取れた素晴らしいヴィンテージ。
 インポーターはエヴィーノさん 12本+12本

生産年:2018年

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:ピノ・グリージョ

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥5,786(税抜き¥5,260)

サルヴァトーレ・モレッティエーリ
タウラージ・ヴィーニャ・チンクエ・クエルチェ 2010

サルヴァトーレ・モレッティエーリ
タウラージ・ヴィーニャ・チンクエ・クエルチェ 2010

続きを読む

*格付:DOCG 土壌:粘土と石灰岩
 畑の標高:500~550m
 畑の向き:南東
 栽培面積:2.5ha
 仕立て方法:コルドン式
 品種:アリアーニコ
 平均樹齢:18~20年
 植樹密度:2500~3000本/ha
 収量:60トン/ha

 醸造
 選果の方法:手摘みで小さな箱を用いて
 選果の場所:畑の中
 収穫時期:11月初め~中旬
 醗酵容器: ステンレスタンク
 醗酵温度コントロール:あり
 熟成容器:バリックと大樽
 熟成期間: 48ヶ月
 インポーターはラシーヌさん。12本

生産年:2010年

生産国:イタリア

生産者:サルヴァトーレ・モレッティエーリ

折りたたむ

現在庫 4本 
税込価格¥6,248(税抜き¥5,680)

コルヴァ・ジャッラ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ 2015

コルヴァ・ジャッラ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ 2015

*詰まった果実感と
 優しい皮膚感覚が心地良い味わいですよ!

 1/24/2018試飲
 共通のしっとりした味わいは残しつつ
 カチッとしたリズム感と熟れたあんずのニュアンスを持ちます。
 詰まった液体は余韻が気持ちよくふくよかな果実感です。

続きを読む

*ブドウ品種:サンジョヴェーゼ
 樹齢5年。丘の上、より表土が少ない区画より
 収穫したサンジョヴ ェーゼ。
 果皮と共に3週間、野生酵母による醗酵を促す。
 圧搾後、木樽にて18ヶ月の熟成。
 インポーターはエヴィーノさんです。12本

生産年:2015年

生産国:イタリア・ラッツォ

生産者:コルヴァ・ジャッラ

葡萄品種:サンジョヴェーゼ

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥3,762(税抜き¥3,420)

コイ・ディ・フラヴィオ・レスターニ
ビアンコ・ヴィーニャ・エッレ 2018

コイ・ディ・フラヴィオ・レスターニ
ビアンコ・ヴィーニャ・エッレ 2018

*詰まってますね〜。
 複雑でとろみのあるなんともいえない液体が
 フィニッシュまで続きます。
 ゆっくりと開く流れがなんとも気持ち良く、
 滑らかにフィニッシュまで続きます。
 この造り手、絶対に注目していて下さいね!

 1/20/2020試飲
 良い感じの粘度とコクは伸びがあり

続きを読む

複雑な構成で
 熟れた洋梨の果実感に張りのあるリンゴの酸、
 少し杏のコクのあるニュアンスもあります。
 少し硬めですが口の中で転がしていると
 旨味を伴うミネラルが硬質ですが丸み出しながら、
 厚みを伴いながらでフィニッシュまでセンス良く続きます。
 今でこの状態です。
 これからが楽しみでしょうがありません。

*トレッビアーノ・モデネーゼ100%
 樹齢60年のトレッビアーノ・モデネーゼ、
 ベッルッスィ仕立てのブドウ樹のみを
 さらに厳しく選果したブドウを用いて
 造られるヴィーニャ・エッレ、
 除梗せず自重にて出る
 モストフィオーレ(フリーランジュース)のみで醗酵。
 春先まで一度もオリ引きを行わず
 シュールリーの状態で熟成。
 収穫からボトル詰めまでブドウ以外
 一切の添加も行わない白ワイン。
 そのあまりのこだわりのため、
 ボトル詰め出来たのは僅か500本。
 「スプマンテではトレッビアーノ・モデネーゼの魅力と楽しみ方を、
 ヴィーニャエッレではモデネーゼの秘めた可能性と偉大さを、
 それぞれ感じてもらえると思う。」そう語るフラヴィオ。
 スタートしてまだ1年、まだ設備不足やスペースの確保、
 畑の手入れなど課題は山積みではありますが、
 現時点でこれほど繊細でエレガントな
 ワインを造り出す彼のセンス、
 そして形にとらわれない柔軟な価値観を持ちながらも、
 土地の伝統やブドウ栽培への強い執着心。
 畑の成長とともに、
 さらに素晴らしいワインを造ってくれると信じています。
 エミリア=ロマーニャの未来を背負う、
 素晴らしい才能を持った造り手の一人だと思います。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2018年

生産国:イタリア・エミリア=ロマーニャ

生産者:コイ・ディ・フラヴィオ・レスターニ

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥4,059(税抜き¥3,690)

オッペデントロ
IGTマルケ・ロッソ・グラナ・デリア 2019

オッペデントロ
IGTマルケ・ロッソ・グラナ・デリア 2019

* IGT Marche Rosso Grana D'elia 2019 / Oppedddentro

*クールで伸びの良い液体は心地良い粘土でお出迎え!
 ドライトマトやドライイチジクの果実感に、
 この土地由来の鉱物的なニュアンスの塩味とコク。
 この絶妙なコントラストはたまらない。

続きを読む


 ぜひお試しあれ!です。
 3/2/2021試飲

*品種:サンジョヴェーゼ60%、
モンテプルチアーノ40%
 醸造:
 手摘みで収穫したブドウを小さなケースで
 醸造所まで運び、手で除梗して、
 品種毎別々にステンレスタンクで
野生酵母のみで自発的に発酵させる。
 酵素や培養酵母、酒石酸、濃縮物、
 矯正剤、安定剤、その他の醸造添加物は
 一切付け加えずに醸造。
 果皮浸漬は2~3週間。
 足によるソフトなピジャージュを一日数回行う。
 圧搾後、引き続きステンレスタンクで
 シュール・リーの状態で
 自発的なマロ発酵と熟成。
 収穫翌年の初夏にブレンドして、
 無清澄、ノンフィルターで瓶詰め。
 SO2はボトリング後のワインの
 ネガティブな反応を避けるために、
 必要最小限のみ添加。
 グラナ・デリアとは、アンドレアの祖父母の
 ワイン造りを手伝っていた叔父の名前です。
 エチケットは共同設立者の
 ルカの息子によるデザインで、
 丘の真ん中にある赤ブドウを表現しています。
 輸入元はVIVITさんです。6本

生産年:2019年

生産国:イタリア・マルケ

生産者:オッペデントロ

葡萄品種:サンジョヴェーゼ、モンテプルチアーノ

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥3,498(税抜き¥3,180)

モンテ・ディ・ラーニ
ヴァルポリッチェラ・クラシコ・スペリオーレ 2013

モンテ・ディ・ラーニ
ヴァルポリッチェラ・クラシコ・スペリオーレ 2013

*試飲予定ですがまだ出来ておりませんので
 試飲後至急アップします。

続きを読む

*細心の注意を払って選別を行なった
 ブドウを用いてつくられたワインで、
 11月に圧搾を行なったのち、
 アマローネのヴィナッチャのうえで
 リパッソ(再醗酵)させました。
 リパッソと熟成は、 ともに木製の大樽で
 行なわれます。
 お肉のソースを使ったような
 プリモ・ピアットや、ローストした肉、
 ジビエ、熟成させたチーズなどにおすすめです。
 16~18℃でお楽しみください。
 地域:ヴァルポリチェッラの中の
    Fumaneフマーネ・コミューン、
    Maregaマレーガあたり。
    海抜220~430メートルの丘陵地帯で、
    南東を向いている。石灰質を多く含む。
 栽培:ペルゴラ・トレンティーナという
    仕立てで栽培している。
    1haあたり5,600本という植樹密度。
    コルヴィーナというブドウ品種は
    根本から近い3つの節には
    通常ブドウ果ができないことを 考慮し、
    芽は多めに残している。
    1haあたりの芽の数は33,000~36,000個。
 平均樹齢:24年。
 収量:1haあたり95~100キンタル(搾汁率70%として、
    66~70ヘクトリットル)
 品種構成:コルヴィーナ55%、ロンディネッラ40%、
      モリナーラ5%
 収穫:9月末から10月初旬にかけて手摘みで行なわれ、
    10~15日後に醗酵にとりかかる。
 醸造:お盆で収穫されたブドウは、風通しの良い部屋で軽く
    アッパッシメントさせられ、優しく破砕されたのち、
    鏡の一面を抜いた樽(トノー)を
    縦につかって醗酵を行なう。
    その後、完全に搾りきっていない
    アマローネのヴィナッチャ(搾りかす)のうえで
    再醗酵が行われる。
    醗酵を行ったトノーで熟成させる。
 官能表現:色調は濃いルビーレッド・カラー、
      堅牢でこくがあり、タンニンは
      アマローネよりも少ない食事とお肉のソースを
      使ったプリモ・ピアットや、ローストした肉、
      熟成させたチーズなどにおすすめ。
      赤身のジビエであれば炭火焼に限らず好相性。
      常温で飲むのがお勧め。16℃以上で。
 ラシーヌさんの資料より。

生産年:2013年

生産国:イタリア

生産者:モンテ・ディ・ラーニ

葡萄品種:コルヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラ

折りたたむ

現在庫 10本 
税込価格¥8,448(税抜き¥7,680)

モンテ・ディ・ラーニ
ヴァルポリッチェラ・クラシコ・スペリオーレ 2014

モンテ・ディ・ラーニ
ヴァルポリッチェラ・クラシコ・スペリオーレ 2014

*試飲予定ですがまだ出来ておりませんので
 試飲後至急アップします。

続きを読む

*細心の注意を払って選別を行なった
 ブドウを用いてつくられたワインで、
 11月に圧搾を行なったのち、アマローネのヴィナッチャのうえで
 リパッソ(再醗酵)させました。
 リパッソと熟成は、 ともに木製の大樽で
 行なわれます。お肉のソースを使ったようなプリモ・ピアットや、
 ローストした肉、ジビエ、熟成させたチーズなどにおすすめです。
 16~18℃でお楽しみください。
 地域:ヴァルポリチェッラの中のFumaneフマーネ・コミューン、
    Maregaマレーガあたり。
    海抜220~430メートルの丘陵地帯で、
    南東を向いている。石灰質を多く含む。
 栽培:ペルゴラ・トレンティーナという仕立てで栽培している。
    1haあたり5,600本という植樹密度。
    コルヴィーナというブドウ品種は根本から近い3つの節には
    通常ブドウ果ができないことを 考慮し、芽は多めに残している。
    1haあたりの芽の数は33,000~36,000個。平均樹齢24年。
 収量:1haあたり95~100キンタル(搾汁率70%として、
    66~70ヘクトリットル)
 品種構成:コルヴィーナ55%、ロンディネッラ40%、
      モリナーラ5%
 収穫:9月末から10月初旬にかけて手摘みで行なわれ、
    10~15日後に醗酵にとりかかる。
 醸造:お盆で収穫されたブドウは、風通しの良い部屋で軽く
    アッパッシメントさせられ、優しく破砕されたのち、
    鏡の一面を抜いた樽(トノー)を縦につかって醗酵を行なう。
    その後、完全に搾りきっていないアマローネのヴィナッチャ
    (搾りかす)のうえで再醗酵が行われる。
    醗酵を行ったトノーで熟成させる。
 官能表現:色調は濃いルビーレッド・カラー、堅牢でこくがあり、
      タンニンはアマローネよりも少ない食事とお肉のソースを
      使ったプリモ・ピアットや、ローストした肉、
      熟成させたチーズなどにおすすめ。
      赤身のジビエであれば炭火焼に限らず好相性。
      常温で飲むのがお勧め。16℃以上で。
 ラシーヌさんの資料より。

生産年:2014年

生産国:イタリア

生産者:モンテ・ディ・ラーニ

葡萄品種:コルヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラ

折りたたむ

現在庫 10本 
税込価格¥8,118(税抜き¥7,380)

モンテ・ディ・ラーニ
ヴァルポリッチェラ・クラシコ・スペリオーレ・リパッソ 2011

モンテ・ディ・ラーニ
ヴァルポリッチェラ・クラシコ・スペリオーレ・リパッソ 2011

*2011年のクールな味わいは男性的で、筋肉質。
 紅茶の様なニュアンスも感じる奥深い液体は
 旨味とハーブのコントラストが抜群。
 本当に深い、抜栓後しばらく放置が宜しいですよ!

7/26/2016試飲 ラシーヌさんの試飲会にて
 2011年履いたってドライなクールな入りですが
 

続きを読む

ジワジワと奥深さを感じ引き込まれていく感じ。
 旨味とコク、ややコーヒーのニュアンス。
 まだまだ硬めですが、ゆっくりと向かい合っていくと
 複雑な心地良い味わいが染み出してくる感じです。
 これは美味しくなります。
 インポーターはラシーヌさん 12本入荷

*細心の注意を払って選別を行なった
 ブドウを用いてつくられたワインで、
 11月に圧搾を行なったのち、アマローネのヴィナッチャのうえで
 リパッソ(再醗酵)させました。
 リパッソと熟成は、 ともに木製の大樽で
 行なわれます。お肉のソースを使ったようなプリモ・ピアットや、
 ローストした肉、ジビエ、熟成させたチーズなどにおすすめです。
 16~18℃でお楽しみください。
 地域:ヴァルポリチェッラの中のFumaneフマーネ・コミューン、
    Maregaマレーガあたり。
    海抜220~430メートルの丘陵地帯で、
    南東を向いている。石灰質を多く含む。
 栽培:ペルゴラ・トレンティーナという仕立てで栽培している。
    1haあたり5,600本という植樹密度。
    コルヴィーナというブドウ品種は根本から近い3つの節には
    通常ブドウ果ができないことを 考慮し、芽は多めに残している。
    1haあたりの芽の数は33,000~36,000個。平均樹齢24年。
 収量:1haあたり95~100キンタル(搾汁率70%として、
    66~70ヘクトリットル)
 品種構成:コルヴィーナ55%、ロンディネッラ40%、
      モリナーラ5%
 収穫:9月末から10月初旬にかけて手摘みで行なわれ、
    10~15日後に醗酵にとりかかる。
 醸造:お盆で収穫されたブドウは、風通しの良い部屋で軽く
    アッパッシメントさせられ、優しく破砕されたのち、
    鏡の一面を抜いた樽(トノー)を縦につかって醗酵を行なう。
    その後、完全に搾りきっていないアマローネのヴィナッチャ
    (搾りかす)のうえで再醗酵が行われる。
    醗酵を行ったトノーで熟成させる。
 官能表現:色調は濃いルビーレッド・カラー、堅牢でこくがあり、
      タンニンはアマローネよりも少ない食事とお肉のソースを
      使ったプリモ・ピアットや、ローストした肉、
      熟成させたチーズなどにおすすめ。
      赤身のジビエであれば炭火焼に限らず好相性。
      常温で飲むのがお勧め。16℃以上で。
 ラシーヌさんの資料より。

生産年:2011年

生産国:イタリア

生産者:モンテ・ディ・ラーニ

葡萄品種:コルヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラ

折りたたむ

現在庫 4本 
税込価格¥7,788(税抜き¥7,080)

モンテ・ディ・ラーニ
アマローネ・クラシコ・デッラ・ヴァルポリッチェラ 2012

モンテ・ディ・ラーニ
アマローネ・クラシコ・デッラ・ヴァルポリッチェラ 2012

*もう森田屋は首ったけ、今年はどちらかというと男性的、
 力強さにしなやかさを備えた味わいはスケールが大きい。
 芳醇なアロマは相変わらずですがゆっくりと飲みたい味わいです。
 2013年、2014年はアマローネはないそうです。

 6/13/2019試飲
 芳醇さに力強さを兼ね備えた味

続きを読む

わいは
 まだまだ硬いですがスケールの大きさを兼ね備えた、
 相変わらずの複雑な味わいなのです。
 口の中で転がしているとふっくらと広がる味わいに
 硬質な芯の強さを感じます。

6/14/2019試飲
 朝一番で死因は少し雪解けムード、
 少しアマローネらしいコクとカシスの味わいが
 弾ける様に顔を出します。
 明日以降が楽しみです。
 インポーターはラシーヌさん 12本入荷

*コルヴィーナを主として(70%)、
 ロンディネッラ(25%)などからなるワイン。
 ブドウは選別されたのち、自然のなかで乾燥させられます。
 新しいトノーで醗酵と熟成が行われます。
 赤身の肉のセコンド・ピアットや熟成したチーズにおすすめです。
 飲む2時間前に抜栓し、16~19℃でお楽しみください。
 地域:ヴァルポリチェッラの中のFumaneフマーネ・コミューン、
 Maregaマレーガあたり。
    海抜220~430メートルの丘陵地帯で、
    南東を向いている。石灰質を多く含む。
 栽培:ペルゴラ・トレンティーナという仕立てで栽培している。
    1haあたり5,600本という植樹密度。
    コルヴィーナというブドウ品種は最初の3つの芽に
    通常ブドウ果ができないことを考慮して、
    芽は多めに残している。
    1haあたりの芽の数は33,000~36,000個。平均樹齢24年。
 収量:1haあたり23hl/ha。樹になっている状態で乾燥させられる
    ブドウは、個性的な特徴をもっていなければならず、
    全体の30~40%にしか満たない。
 品種構成:コルヴィーナ50%、コルヴィノーネ20%、
      ロンディネッラ25%、モリナーラ5%
 収穫:9月後半から手摘みで行なわれる。
    その後、2月末まで、樹にぶら下がっているかたちで
    自然の中で乾燥を行う。
醸造 醸造に入る頃には
    梗が完全に乾燥していて、梗の成分が出来る限り
    外に出てこないで中にとどまるように、
    ゆっくりと破砕を行なう。
    新しいトノーで醗酵と3年間の熟成が行われる。
    ボトリング後6ヶ月以上落ち着かせてから出荷を行なう。
    赤身の肉のセコンド・ピアットや
    熟成したチーズにおすすめです。
    完全に搾りきっていないアマローネの
    ヴィナッチャ(搾りかす)のうえで再醗酵が行われる。
    トノーとステンレス製タンクで熟成させるが、
    その比率は年によって様々。
 官能表現:色調は濃く鮮烈なレッドカラー、
      密度があり果実に溢れ、スパイスやプラム、クロイチゴ。
      やわらかく、壮大。すでに、凝縮感と色調からして
      そのおもさが想像でき、口の中と鼻を満たす。
      余韻は非常に長く、甘みと苦みとが
      繊細にバランスしている。
      食事と 伝統的に赤身の肉のグリルやロースト、ジビエ。
      冬野菜を生か火を通して。熟成したチーズ。
      飲む1時間前か、できれば2時間前には
      抜栓、18℃がお薦め。
 ラシーヌさんの資料より。

生産年:2012年

生産国:イタリア

生産者:モンテ・ディ・ラーニ

葡萄品種:コルヴィーナ、ロンディネッラ

折りたたむ

現在庫 6本 
税込価格¥15,158(税抜き¥13,780)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・ネカイ 2016

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・ネカイ 2016

*IGT Venezia Giulia Bianco Nekaj 2016 / Damijan Podversic


*まだ硬いな〜!
 今の時点で決断を下すのはやめよう!
 枯れ草やライチのようなニュアンスの液体は
 とってもクールな印象で
 余韻のハーヴさも含め、ドライな印象です

続きを読む


 デジャヴの様に2015年もネカイとマルヴァジアは
 試飲時点では固かったですが開きだすと
 素晴らしくなって慌てて追加仕入れした経緯があります。
 11/11/2020試飲

*品種:フリウラーノ100%樹齢
 樹齢:30年~40年。
 収穫を可能な限り遅らせることで
 最大限に成熟した果実、果皮には
 多くの貴腐の恩恵を受けたブドウと腐敗果を徹底し選果を行う
 徐梗して果皮、種子と共に3ヶ月、
 圧搾後、大樽にて36ヶ月、瓶内にて18ヶ月熟成。
 かつてはトカイと呼ばれていて、今はフリウラーノと呼ばれるブドウ。
 このブドウだけDOCに登録されており、
 DOCの認定をパスしないとフリウラーノと名乗ることができません。
 そのため、Nekaj(スロヴェニア語=他の何か)という
 名前でリリースされています。
 2016は他のブドウと同じく貴腐の印象は少なく、
 果実の完熟・凝縮を感じる味わい。
 アロマを豊富に持ちながらも、
 繊細さや柔らかみを失わないフリウラーノの個性。
 収穫に恵まれたヴィンテージということもあり、
 フリウラーノの個性や特徴が、
 キレイに表現されたヴィンテージです!
 インポーターはエヴィーノさん 24本

生産年:2016年

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:フリウラーノ

折りたたむ

現在庫 3本 
税込価格¥5,786(税抜き¥5,260)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・ネカイ 2015

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・ネカイ 2015

*IGT Venezia Giulia Bianco Nekaj 2015 / Damijan Podversic

*少し枯れ草の様なハーヴ感のある
 繊細なイメージの2015年のネカイ!
 梨(どちらかというと懐かしい長十郎)や、
 ライチのニュアンス。
 心地良い液体の粘度と貴腐か

続きを読む

らくる柔らかさに
 何故かミントの様なクールさを持つコントラストを
 十分に堪能します。
 11/11/2020試飲

*品種:フリウラーノ100%樹齢
 樹齢:30年~40年。
 収穫を可能な限り遅らせることで
 最大限に成熟した果実、果皮には
 多くの貴腐の恩恵を受けたブドウと
 腐敗果を徹底し選果を行う
 徐梗して果皮、種子と共に3ヶ月、
 圧搾後、大樽にて36ヶ月、瓶内にて18ヶ月熟成。
 かつてはトカイと呼ばれていて、
 今はフリウラーノと呼ばれるブドウ。
 このブドウだけDOCに登録されており、
 DOCの認定をパスしないとフリウラーノと
 名乗ることができません。
 そのため、Nekaj(スロヴェニア語=他の何か)という
 名前でリリースされています。
 2015年は約50%のブドウに現れた貴腐。
 最も繊細なブドウともいわれるフリウラーノ、
 果実的な熟度に恵まれつつも、
 足りない骨格や力強さを埋める役割を貴腐が担う。
 最も女性的な白です。
 インポーターはエヴィーノさん 24本

生産年:2015年

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:フリウラーノ

折りたたむ

現在庫 5本 
税込価格¥5,588(税抜き¥5,080)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・カプリャ・マグナム 2016

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・カプリャ・マグナム 2016

*IGT Venezia Giulia Bianco Kaplja 2016 Magnum / Damijan Podversic

*750mlの試飲コメント

*やっぱりだ!
 やっぱり今年も最初から滑らかでエレガント!
 口に含んでいると綺麗に広がるライチや白桃のような
 フレッ

続きを読む

シュな果実になんとも言えない程、
 心地良い液体の粘度、分厚いミネラルも溶け込んじゃって。
 なんとも言えない滑らかな心地良さ。
 素晴らしいですよね!
 9/15/2021試飲

*品種:シャルド、フリウラーノ、マルヴァジア、
    イストリアーナ,
 樹齢:30~40年。
 樹上にて限界まで成熟した果実を、
 果皮・種子と共3ヶ月、
 圧搾後、大樽にて42ヶ月、
 瓶内にて6ヶ月以上の熟成。
 計4年のサイクルにてリリース。
 ダミアンの造るワインの中で唯一、
 複数の品種をブレンドした白。
 ダミアン曰く「リボッラ ジャッラと近い印象」という、
 奥行きを表現するシャルドネをベースに、
 広がりを持つ2つのブドウによって、
 彼の考える最高の一滴
 (雫しずく=Gocciaイタリア語=Kapljaスロヴェニア語)
 という名を冠したワイン。
 シャルドネの畑も2016は貴腐の影響は少なく、
 果実の熟度・密度の高さを感じる収穫でした。
 猛暑でも酸が失われることなく、
 アルコールとのバランスも保たれたヴィンテージ。
 インポーターはエヴィーノさん 6本

生産年:2016年

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:シャルド、フリウラーノ、マルヴァジア、イストリアーナ

折りたたむ

現在庫 6本 
税込価格¥13,200(税抜き¥12,000)

ディヴェッラ・グッサーゴ
ニーニ・ドサッジョ・ゼロ 2016

ディヴェッラ・グッサーゴ
ニーニ・ドサッジョ・ゼロ 2016

*下手なシャンパンはぶっ飛ぶな〜。
 口に入ると繊細で綺麗な泡が立ち、
 キレの良い旨みのある酸が印象的です。
 余韻のコクにシャンパンの森田屋即購入です。
 9/15/2021試飲

続きを読む

*品種:シャルドネ50%、ピノ ネーロ50%。
 樹齢:30年。
 収穫後、除梗せず低圧力でプレス、木樽にて醗酵。
 古バリックにて約9か月の熟成。
 新しい試みとして、1樽(全体の25%)は
 熟成の過程で捕酒を行わず酸化熟成を行ったワインを加え、
 微量の糖分(サトウキビ由来)、酵母と共に瓶内2次醗酵。
 そのまま42ヶ月、オリと共に熟成を行います。
 オリ抜き(デゴルジュマン)は20年11月。
 ドサージュ(糖分、リキュール添加)を行わず
 SO2も添加しないスプマンテ。
 アレッサンドラが慕う父(Agostini)のオマージュとして
 造られるニーニ。
 酸化熟成を施したリザーヴワインを加えたことで、
 これまでのニーニに足りなかった味わい深さ、
 複雑さ、力強さを補うという新しい発想。
 ドサージュではない、ワイン(果汁)のみで
 表現しきるという意思を感じるスプマンテ。
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2016年

生産国:イタリア

生産者:ディヴェッラ・グッサーゴ

葡萄品種:シャルドネ、ピノ ネーロ

折りたたむ

現在庫 1本 
税込価格¥6,600(税抜き¥6,000)

ディヴェッラ・グッサーゴ
ダディ・ドサッジョ・ゼロ 2016

ディヴェッラ・グッサーゴ
ダディ・ドサッジョ・ゼロ 2016

*ある意味不思議なシャンパン。
 酸化熟成のリザーヴワインが足した事で起こる
 ケミストリーがある意味新しい世界観を生みます。
 しかもこれが心地よく馴染んでいるのです。
 シャンパーニュではあり得ないこのニュアンスは
 ある意味感動でもあります。
 9/15/2021試飲

続きを読む

*品種:シャルドネ100%。
 樹齢:30年。
 収穫後、除梗せず低圧力でプレス、木樽にて醗酵。
 古バリックにて約9ヶ月の熟成。
 新しい試みとして、1樽(全体の25%)は熟成の過程で
 捕酒を行わず酸化熟成を行ったワインを加え、
 微量の糖分(サトウキビ由来)酵母と共に瓶内2次醗酵。
 そのまま42ヶ月、オリと共に熟成を行います。
 オリ抜き(デゴルジュマン)は20年11月。
 ドサージュ(糖分、リキュール添加)を行わず
 SO2も添加しないスプマンテ。
 酸化熟成を施したリザーヴワインを加えたことで、
 これまでにはなかった線の太さ・味わいの濃さ・複雑味を表現。
 アレッサンドラが慕う叔母(Danielleダニエッレ)を
 オマージュした新しいスプマンテ。
 ドサージュではない、ワイン(果汁)のみで表現しきるという
 意思を感じるスプマンテ。

 今回新たにリリースに加わったダディ、、、。
 つい「お父さんのこと?」と思ってしまうネーミングですが、
 実は彼女のいちばんの理解者という
 叔母「Danielleダニエッレ」の愛称と話すアレッサンドラ
 (もう少し違うネーミングがあったのでは)。
 いつもシンプルな、彼女らしい名づけのスプマンテ。
 ベースとなるワインはブラン ド ブラン同様、
 シャルドネ100%。
 こちらにストックしておいたシャルドネのリザーブワインを加え、
 42ヶ月という長いシュールリー熟成。
 リザーヴワインによって、今までには表現しえなかった
 複雑味と骨格、そして香りの多様性は本当に驚きの一言です。
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2016年

生産国:イタリア

生産者:ディヴェッラ・グッサーゴ

葡萄品種:シャルドネ、ピノ ネーロ

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥6,600(税抜き¥6,000)

ディヴェッラ・グッサーゴ
クロ・クロ・ロゼ・ドサッジョ・ゼロ 2016

ディヴェッラ・グッサーゴ
クロ・クロ・ロゼ・ドサッジョ・ゼロ 2016

*口の中でとろけちゃう。
 繊細で紅茶の様なニュアンスで
 生き生きした果実感も感じられる。
 サクランボや少しパッションフルーツの感じも、
 ミネラルからくる塩分の効いた旨味が印象的
 しかも明るさを持つ!
 9/15/2021試飲

続きを読む

*品種:ピノ・ネーロ100%。
 樹齢:30年。
 収穫後、除梗せず低圧力でプレス、
 時間をかけることで色づいたモストを木樽に移し、
 自発的な醗酵、そのまま古バリックにて約9か月の熟成。
 新しい試みとして、1樽(全体の25%)は
 熟成の過程で捕酒を行わず酸化熟成を行ったワインを加え、
 微量の糖分(サトウキビ由来)、酵母と共に瓶内2次醗酵。
 そのまま42ヶ月、オリと共に熟成を行います。
 オリ抜き(デゴルジュマン)は20年11月。
 ドサージュ(糖分、リキュール添加)を行わず
 SO2も添加しないスプマンテ。
 アレッサンドラが慕う母(Claudiaクローデイア)の
 オマージュとして造られるクロ クロ。

 以前カンティーナに訪問した際、原酒とは別に、
 実験的に造り貯めていたリザーヴワインの存在を聞いていました。
 2012年の収穫から少しずつ原酒を保存し、
 1つのバリックにストックしてきたアレッサンドラ。
 つぎ足しつつも液面を落とした状態を保ち、
 酸化熟成を経てきた「Vino di Riservaヴィーノ ディ リゼルヴァ」。
 アレッサンドラ曰く、「あくまでも糖分やアルコールを
 添加する意味ではなく、長期間の熟成、
 さらには酸化熟成によって生まれる新たな要素、
 特徴をそれぞれのスプマンテに与えることで、
 これまでできなかった、より細かい表現ができるように」という考え。
 意味のないことはしない、竹を割ったような潔さと、
 男勝りなアレッサンドラらしい、ブドウだけでの更なる表現。
 クロ・クロは彼女の母をオマージュしたワイン。
 女性らしい繊細さと、香りの美しさ、複雑さ。
 そして、リザーヴワインからの厚み、うま味の強さ、
 決してただでは転ばないような「したたかさ」さえ感じられる、
 魅力的な母を表現。
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2016年

生産国:イタリア

生産者:ディヴェッラ・グッサーゴ

葡萄品種:ピノ・ネーロ

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥6,138(税抜き¥5,580)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ 2017

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ 2017

*2017年は目の詰まった味わいは華やかな香りを持ちつつ 骨太な果実感と成熟したタンニンを楽しめます。
 余韻の冷涼なニュアンスは相変わらず気持ちよい。 7/11/2019試飲

 グレゲット主体、チリエジョーロ、コロリーノ、カナイオーロ
 樹齢30年前後。
 高樹齢の畑より収穫、果皮と共

続きを読む

に3週間、圧搾後
 木樽にて12ヶ月熟成。
 インポーターはエヴィーノさんです。6本+12本

生産年:2017年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:グレゲット主体、チリエジョーロ、コロリーノ、カナイオーロ

折りたたむ

現在庫 1本 
税込価格¥3,608(税抜き¥3,280)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・グレゲット・ロット・ヴェンティ 2016

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・グレゲット・ロット・ヴェンティ 2016

*一言でいうと複雑! ハーブの効いたスパイス感と
 ジャン・マルコのワインに共通する冷涼さがあります。
 ミネラルが奥にドーンと控えるカチッとした構造に
 グレゲット・ロッソの複雑なプラムやイチジクの果実感や
 胡椒の様なスパイシーなニュアンスが絡み合う
 ある意味癖になる味わいなのです。

続きを読む

9/7/2020試飲

 グレゲット・ロッソ100%
 樹齢40年の畑。
 非常に完熟し高い糖度を持った年のみ造られる特別なロッソ。
 除梗し果皮と共に3週間のマセレーション。
 栗の木の大樽て12ヶ月、ボトリンク12ヶ月の熟成。

 20番目のロット(樽)という意味の特別なグレゲット。
 起源をたどれば2009年、まだCruの畑も若く
 納得のいくブドウが収穫できなかった頃の話。
 日照に恵まれた2009、一部の畑では
 過熟的なブドウの成熟を迎えたグレゲットも多く、
 それぞれの畑ごとに樽で熟成している最中、
 明らかに他の樽との「違い」を持った樽が1つ、、。
 樹齢40年の畑から収穫したグレゲット、
 「これを他のロッソと混ぜてしまう事が凄くもったいない、
 そう思ってこの樽だけ別にボトリングを行ったんだ。」そう話すジャンマルコ。
 名前は「端から数えてちょうど20番目の樽だった」、というシンプルな理由。
 今考えると、現在のように畑ごとに醸造を行い
 ボトリングするきっかけともいえる出来事です。
 今回のロットヴェンティは、樹齢40年のグレゲット
 (ボルセナ湖近郊に残るサンジョヴェーゼの亜種)の畑より、
 選別したブドウのみを収穫。そのブドウの強烈な個性は、
 通常の「ロッソ」とは全く違う存在感を持ったロッソ。
 その安易な名前とは裏腹に、そのワインの複雑さと奥行きには
 正直驚いていただけると思います!
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2016年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:グレゲット・ロッソ

折りたたむ

現在庫 5本 
税込価格¥5,280(税抜き¥4,800)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・グレゲット・ロット・ヴェンティ 2015

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・グレゲット・ロット・ヴェンティ 2015

*今回入荷の中では一番開きが遅い印象ですが スケール感と奥深さは開いたときの液体を想像するだけでも楽しい!
 3、4日後は一番良かったるするかも。

 グレゲット・ロッソ100%
 樹齢40年の畑。
 非常に完熟し高い糖度を持った年のみ造られる特別なロッソ。
 除梗し果皮と共に3週間のマ

続きを読む

セレーション。
 栗の木の大樽て12ヶ月、ボトリンク12ヶ月の熟成。

 「ロット20番」という名の赤。
 あまり知られておりませんが、
 以前1度だけリリースしたことのあるワインです。
 2009年、ワイナリーがスタートしてようやく5年目、
 まだCruの畑も樹齢が若く、納得のいくブドウが収穫できなかった頃。
 複数ある畑から収穫し、醸造したものをアッサンブラージュして
 ビアンコ、ロッソを造っていたジャンマルコ。
 (当時は白が2種類、赤が2種類、計4種類しか造ってなかった)
 日照に恵まれた2009年、
 一部の畑では過熟的なブドウの成熟を迎えたグレゲットも多く、
 それぞれの畑ごとに樽で熟成している最中、明らかに他の樽との
 「違い」を持った樽が1つ。樹齢40年の畑から収穫したグレゲット、
 「これを他のロッソと混ぜてしまう事が凄くもったいない、
 そう思ってこの樽だけ別にボトリングを行ったんだ。」そう話すジャンマルコ。
 端から数えてちょうど20番目の樽だったことからこの名前になりました。
 今考えれば、現在のように畑ごとに醸造を行い
 ボトリングするきっかけになった出来事でした。
 2015年も2009年のような「暑さ」を持ったヴィンテージ、
 通常のロッソとは異なる、「果実の密度」を持ったグレゲットが収穫できた畑から、
 6年ぶりにその名前を持ったワインとなりました。
 過熟ともいえるヴォリューム感を持ちながらも、
 決して重さを感じない軽快さ。
 ロッソとは異なるグレゲットを表現したワインです。
7/6/2018試飲
 冷涼で硬質な味わいはカチッとした筋肉質。
 エッジの効いたタンニンが 酸とハーヴさを引き連れて主張してきます。
 スミレ、カシス、鉱物的なミネラルが溶け出した時のスケール感は
 想像するだけでも楽しい!
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2015年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:グレゲット・ロッソ

折りたたむ

現在庫 5本 
税込価格¥5,885(税抜き¥5,350)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・クルー・レ・コステ 2014

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・クルー・レ・コステ 2014

*圧倒的なジャン・マルコの感性を凝縮させて
 造り上げた硬質で筋肉質な、鹿の繊細で涼しげな味わいは
 もう納得の味わいなのです。

7/6/2018試飲
 硬質でスケール感のある液体は
 カチッとエッジの効きた厚みと
 素晴らしい緊張感をも持続させまます。
 スミレやカシスの果実感、

続きを読む

張りのある酸も
 程良い旨みを伴い
 フィニッシュまで続きとってもクールな残像を残します。
 なんてエレガントな味わいなんでしょう。
 今の時点でも美味しいですがですが
 時間が経てば経つほど素晴らしさが増すでしょうね!

*グレゲット・ロッソ100%
 樹齢10~15年、Le Costeの畑より収穫されたブドウのみ。
 収穫後、除梗せず果皮と共に3週間の醗酵。
 圧搾後、木樽(500L)にて24ヶ月、
 瓶内にて12ヶ月の熟成。
 冷涼なヴィンテージ、果実的な強さよりも、
 成熟しハランスの取れた果実の繊細さ、
 複雑さを感じるワイン。

 すべてをつぎ込んだLe Costeの畑より
 収穫されたグレゲットのみで造られる。
 いつもとは全く違う繊細さを持ったヴィンテージ。
 黒ブドウにとっては日照を得ることで果皮が成熟し、
 果実の密度が高まる。
 やはり十分な日照がないブドウでは
 十分なポテンシャルを持たないブドウになってしまう。
 そんな固定観念を吹き飛ばすかのようなワイン
 と言っても過言ではないのではないでしょうか。
 少ないタンニンはワインに柔らかみ・軽やかさを生み、
 冷涼な気候は例年では得られないような美しい酸を残す。
 そして華奢でありながら繊細で
 複雑な奥行きと余韻を持ったワイン。
 収穫量は例年の60%程度という少なさですが、
 それほどまでに選別されたブドウだからこそ、
 とても多くの情報量を持っている。
 そう感じられるワインです。
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2014年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:グレゲット・ロッソ

折りたたむ

現在庫 4本 
税込価格¥7,084(税抜き¥6,440)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・クルー・レ・コステ 2013

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・クルー・レ・コステ 2013

*今回の試飲会で一番お気に入りのワインです。 思わず多めに貰っちゃいました。
 口に入った瞬間のなんともいえない
 冷涼で伸びよく粘度とコクのある旨味、
 時間が織り成す全てがとろける様な味わいは納得なのです。
 そのくせ重くないクールな印象です。
 とっても幸せな気分になれますよ!! 9

続きを読む

/7/2020試飲

 グレゲット・ロッソ100%
 樹齢10~15年、Le Costeの畑より収穫されたブドウのみ。
 収穫後、除梗せず果皮と共に3週間の醗酵。
 圧搾後、木樽(500L)にて24ヶ月、瓶内にて12ヶ月の熟成。
 冷涼なヴィンテージ、果実的な強さよりも、
 成熟しハランスの取れた果実の繊細さ、複雑さを感じるワイン。
 
 すべてをつぎ込んだLe Costeの畑より収穫されたグレゲットのみで造られる。
冷涼で繊細な2013はその期待値とは対照的に、
 とても時間を要するヴィンテージだと感じた彼。
 その秘めた可能性を飲み手に理解してもらうには、相応の時間が必要だと考えた。  そこで先に2014をリリースしてまで、
 見極めたいと話していたヴィンテージ。
 2014年の完売を機に今回リリースさせていただきます。
 インポーターはエヴィーノさんです。12本

生産年:2013年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:グレゲット・ロッソ

折りたたむ

現在庫 7本 
税込価格¥6,600(税抜き¥6,000)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・アーレア・ヤクタ・レスト 2016

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・アーレア・ヤクタ・レスト 2016

*クールにスパイスの効いた味わいは ジャン・マルコが造りたいワインの方向性に
 一番合ったアイテムなんだと確信するのです。
 液体はあくまでもクールに底に生姜や胡椒のスパイスの様な
 複雑なニュアンスを溜め込んだ二重構造の奥深い味わいです。
 しかも液体には緊張感があり少し果実の柔らかさも感

続きを読む

じます。
 今年も奥深い1本でした。9/7/2020試飲

 アレアティコ100%
 アレアーティコ、樹齢10~15年(一部40年~)、
 Le Coste の畑のブドウが中心。
 収穫後、除梗せず 2ヶ月間のカーボニックマセレーション、
 ピジャージュし開 放式の木樽でさらに3週間。
 圧搾後500Lの木樽で 24ヶ月、
 ボトリング後24ヶ月という長い熟成期間を取ってリリースされる、
 最高のアレアーティコ。
 アレアーティコの最大表現とも呼べるアーレア・ヤクタ・レスト、

 「賽は投げられた」という意味をもった、アレアーティコの最大表現。
 果実的な甘みと豊かな香りを持ったアレアーティコ。
 その良さを最大限に引き出す手法として、ジャンマルコがたどり着いたのは、
 いかに果皮との接触を「安全に」長くとるか、という事でした。
 「以前は、除梗して空気に触れながら1か月を越えるような
 マセレーションを行ってきたけれど、
 やはり長い空気との接触はリスクが高すぎるし、
 ワインとして重さを感じやすくなってしまう。
 数年前からいろいろなワインで試してきた、
 セミカーボニック(2酸化炭素を添加しないカーボニックマセレーション)から
 通常のマセレーションを行うことで、
 より安全に長い期間果皮と触れることができる。
 そして全く違う浸漬方法は、それぞれ違った要素を引き出すことができる。」
 ある意味、モスカートのように「香り、アロマ」に特徴を持つ、
 アレアーティコの魅力を最大限に引き出したワイン。
 2016年は寒暖のバランスが取れた良いヴィンテージ。
 いつも以上にアレアーティコの香りの強さと繊細さを感じつつも、
 骨格を持っている。
 プリムールにはないブドウの持つ複雑さ、奥行きを表現したアレアーティコ。
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2016年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:アレアティコ

折りたたむ

現在庫 4本 
税込価格¥6,292(税抜き¥5,720)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・アーレア・ヤクタ・レスト 2015

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・アーレア・ヤクタ・レスト 2015

*相変わらずの冷涼感、ミントの余韻ですが  2015年はカチッとした骨格に詰まった果実感に
 心地良い緊張感が続きます。

 アレアティコ100%
 アレアーティコ、樹齢10~15年(一部40年~)、
 Le Coste の畑のブドウが中心。
 収穫後、除梗せず 2ヶ月間のカーボニックマ

続きを読む

セレーション、
 ピジャージュし開 放式の木樽でさらに3週間。
 圧搾後500Lの木樽で 24ヶ月、
 ボトリング後24ヶ月という長い熟成期間を取ってリリースされる、
 最高のアレアーティコ。
 アレアーティコの最大表現とも呼べるアーレア・ヤクタ・レスト、
 2015は初めてCruにあるアレアーティコのみで醸造を行いました。
 栽培から10年を越え、自根で植えたブドウ樹から
 素晴らしい収穫ができるようになったことの証明にもなるのかと思います。
 非常に暑く、Cruの畑では水不足によって
 樹自身がかなり危険な状態にまで陥ったといいます。
 猛烈に凝縮し、すさまじいポテンシャルを秘めた果実は、
 やはり最大限の抽出と時間を費やした醸造で、、。
 トータル3ヶ月近いマセレーションと4年間の熟成。
 間違いなく今までのアーレア・ヤクタ・レストを超える、
 素晴らしいワインとなっております!
7/11/2019試飲
 2017年はとっても筋肉質、詰まった果実感は
 スミレやカシスの果実感が中盤から膨らむ
 いつもと違うリズム感ですが
 冷涼で必ず感じるミントやハーヴを感じる
 アーレア・ヤクタ・レストらしさは全開なのです。
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2015年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:アレアティコ

折りたたむ

現在庫 6本 
税込価格¥7,348(税抜き¥6,680)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・レ・ヴィーニェ・ピウ・ヴェッキエ 2014

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・レ・ヴィーニェ・ピウ・ヴェッキエ 2014

*ジャン・マルコのワインって
 ヴィンテージによって全然表情が違うんですよ!
 2014年はとってもクールでどこまで延びるの?っていう程、
 スムーズでキリッと張った酸が
 心地良い緊張感をもたらします。

8/22/2019試飲
 2014年はクールな中に奥深さのあるあじわい。
 

続きを読む

口に含むと誰にでも感じ取れる品格を持ち合わせ、
 繊細に舌の上を転がる様がなんとも言えず気持ち良い。
 売れた洋梨に締まって切れ上がる酸、
 口に含んで転がしているだけでエレガント!

*ブドウ品種:プロカニコ100%、
 樹齢:60年
 収穫後3日間程度のマセレーションを行った後圧搾、
 古樽にて野生酵母による醗酵、
 その後約24ヶ月間樽内にて熟成。
 ボトル詰めのタイミングで1度オリ引きを行う。
 瓶内で24ヶ月の熟成。
 ノンフィルター、収穫からボトル詰めまで、
 SO2を含めた一切の添加を行わない。
 VVの中でも圧倒的な果実の熟成が見られる1区画のみ。
 最高レベルの収穫からのみ造られるワイン。
 ジャンマルコのあまりのこだわりように、
 生産量があまりに少なすぎるワイン。
 例年バリック1樽分(250本)の生産。

 現在、レ コステが管理している畑の中で、
 特に樹齢の古い区画(60~70年)。
 その中でもごく一部、僅か200本程のプロカーニコに限り、
 最高に成熟したブドウが
 収穫できることに気づいたジャンマルコ。
 「非効率かもしれないけれど、
 この200本の樹から収穫した最高のプロカーニコだけで
 醸造&ボトリングしたら、
 一体どれほど凄いモノになるのか?」
 そんな彼の探求心によって生まれたワイン、
 le Vigne Piu Vecchie(もっとも古いブドウ畑の意)。
 収穫量は当然少なく、
 収穫したブドウは例年500Lの樽を1つ満たす程度。
 それでも、この素晴らしいブドウを
 単一で表現したいという、
 ジャンマルコのこだわりが凝縮したワイン。
 ボトリングされる量は500本足らず、
 リリースするタイミングは自身が納得してから、
 まさにこだわり尽くしたワイン。
 今回2014のリリース。
 決して偉大とは言えないヴィンテージではありますが、
 鋭く磨き上げられたかの様な酸の美しさと、
 繊細でも強い果実香、
 そして柔らかな酒質は今までの強靭さとは違う、
 エレガントさを強く感じるヴィンテージ。
 これまでと遜色のない
 素晴らしいクオリティを持ったワイン。
 素晴らしい集中力と均整美、Cruのような力強さではなく、
 透き通るかのような繊細さと、奥からあふれ出る深み。
 本当の意味での樹齢の古さ(良い状態で年を重ねる事)を
 感じられるワインだと思います。
 樹齢がとても古いため、
 毎年死んでしまう樹も多いこの区画。
 近い将来には無くなってしまう事が本当に惜しい。
 レ・コステの生み出す最高の白ワインの一つだと思います。
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2014年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:プロカニコ100%

折りたたむ

現在庫 4本 
税込価格¥10,208(税抜き¥9,280)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・モスカート・ドゥエ・エンメ 2017

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・モスカート・ドゥエ・エンメ 2017

*コクのある味わいは切れ上がる酸と 糖度のあるレモネードの様な味わい。
 クリスピーでタンニンも感じ複雑に絡み合う味わいは
 センスの良いジャン・マルコならでは。
 いや~複雑でキレのある残像がとってもいいのですよ! 9/7/2020試飲

 モスカート、樹齢10~15年。
 ピエディフ

続きを読む

ランコ(自根)の畑が中心。
 2通りのマセレーションを行ったモスカートをアッサンブラージュ、
 木樽(500L)にて8ヶ月、ボトリング後6ヶ月の熟成。
 「2つのM」という意味合いのモスカート。
 Cruの畑に植わっているピエ ディ フランコ(自根)のモスカートを、
 異なる2つのマセレーション(果皮浸漬)によって醗酵を行い、
 それを一つに合わせたという特別なワイン。
 カーボニック マセレーションによって表現される
 「繊細さ、フレッシュさ」、そして伝統的ともいえる空気に触れながらの
 長いマセレーションから、「体躯、骨格」。
 他のブドウでは表現できないモスカートの香りと味わいを引き出した、
 唯 一無二のモスカートと呼べるワインです。

 アロマに特徴を持つモスカートの魅力を、
 最大表現するための2つのM(マセレーション)。
 猛暑に見舞われた2017年は、ある意味モスカートというブドウにとって、
 理想的といえるヴィンテージかもしれません。
 十分な糖度と、いつも以上に高まったアロマは、
 カーボニックマセレーションにより香りと爽やかさを、
 クラシックなマセレーションからは果皮のタンニンと旨み、奥行きを。
 2つの要素が一体化した、まさに唯一無二のモスカート。
 ジャン・マルコの考える、特別なマセレーションによって
 複雑に組み上げられることで、
 単純に思われがちなモスカートの強いアロマと香りを、
 より複雑で奥行きを持たせたワイン。
 2017年は猛暑の年だけあり初めはややピーキーに感じますが、
 時間と共に膨らむ繊細な果実は、
 これまでのモスカートの中でも非常に素晴らしい。
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2017年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:モスカート

折りたたむ

現在庫 5本 
税込価格¥6,292(税抜き¥5,720)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・モスカート・ドゥエ・エンメ 2016

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・モスカート・ドゥエ・エンメ 2016

*中盤の膨らみはセンス抜群! レモンやハーヴのフレッシュ感も兼ね備えた
 ジャン・マルコらしい長めのマセレーションワイン。
 最高の出来かもよ!

 モスカート、樹齢10~15年。
 ピエディフランコ(自根)の畑が中心。
 2通りのマセレーションを行ったモスカートをアッサンブラージュ、

続きを読む


 木樽(500L)にて8ヶ月、ボトリング後6ヶ月の熟成。

 「2つのM」という意味合いのモスカート。
 Cruの畑に植わっているピエ ディ フランコ(自根)のモスカートを、
 異なる2つのマセレーション(果皮浸漬)によって醗酵を行い、
 それを一つに合わせたという特別なワイン。
 カーボニック マセレーションによって表現される
 「繊細さ、フレッシュさ」、そして伝統的ともいえる空気に触れながらの
 長いマセレーションから、「体躯、骨格」。
 他のブドウでは表現できないモスカートの香りと味わいを引き出した、
 唯 一無二のモスカートと呼べるワインです。
 2016年は遅霜によって収穫量が激減。
 しかし残ったブドウのクオリティの高さは、
 これまでで最高だと話すジャンマルコ。
 香りの複雑さ、素晴らしい果実味、エレガントさとバランス感、
 火山性土壌の特徴まで完璧に表現した、過去最高のモスカートです!
7/11/2019試飲
 品格のある液体は少しタンニンを感じつつ、
 大らかでゆったりとしたリズムの流れがあります。
 熟れたりんごや紅茶、少しクールなミントの様な冷涼さを
 感じさせつつ中盤がらググッと膨らんでくる味わいは
 エレガントという言葉以外浮かばないですネ!
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2016年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:モスカート

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥7,348(税抜き¥6,680)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・モスカート・ドゥエ・エンメ 2015

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・モスカート・ドゥエ・エンメ 2015

*マセレーションのかけ方でも造り手のセンスが問われます。 やっぱりジャンマルコは他とは違うオリジナリティがあります。
 そのセンスの良さを感応して下さい。
 全く他とは違いますから!

 モスカート、樹齢10~15年。
 ピエディフランコ(自根)の畑が中心。
 2通りのマセレーションを行

続きを読む

ったモスカートをアッサンブラージュ、
 木樽(500L)にて8ヶ月、ボトリング後6ヶ月の熟成。

 「2つのM」という意味合いのモスカート。
 Cruの畑に植わっているピエ ディ フランコ(自根)のモスカートを、
 異なる2つのマセレーション(果皮浸漬)によって醗酵を行い、
 それを一つに合わせたという奇抜なワイン。
 なぜこんなことしたの!?と初めは思ってしまいましたが、
 ジャンマルコ曰く、「2種類の醗酵で生まれる香りは全く違い、
 そのどちらの香りも併せ持ち、より香りに複雑さが生まれる。
 モスカートの非常に強い香りと
 アロマを最大限引き出すことができる方法」といいます。
 カーボニックマセレーションによって表現される「繊細さ、フレッシュさ」、
 そして伝統的ともいえる空気に触れながらの長いマセレーションから「体躯、骨格」。
 他のブドウでは表現できないモスカートの香りと味わいを引き出した、
 唯一無二のモスカートといっても過言ではないと思います!
 しかし、造られるのはモスカートが本当の意味で「最高」と呼べる
 素晴らしい収穫を遂げた年のみ。
 僅か500L程度しか造ることができないワインではありますが、
 それでも一切妥協なく追求する彼のこだわりには、
 いつもながら驚かされてしまいます。
7/6/2018試飲
 金木犀の香りの紅茶や熟したりんご、カラメルのニュアンス。
 程良いマセレーションかけ方は本当にセンスを伴いますが
 そこはジャンマルコ、良いセンスしてます。
 切れ角のあるシャープな酸の出方でメリハリを作り、
 飽きのこない味わいを表現しています。
 余韻の共通するシトラスのニュアンスが冷涼感を
 演出していて残像がとっても気持ち良い。
 インポーターはエヴィーノさんです。12本

生産年:2015年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:モスカート

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥7,304(税抜き¥6,640)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・パイーノ 2013

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・パイーノ 2013

*無骨なまでに実直、それでいてミントの様な抜け感を持つ、 この詰まり具合からは想像もできない軽やかさも持ち合わせます。
 香ばしさにコク、タンニンまで感じてしまう深い味わいなのです。

 ブドウ品種:プロカニコ100%、
 樹齢60年を越える畑の中の一部、
 200 本のブドウ樹の収穫だけ

続きを読む

で醸造。
 収穫したブドウは除梗せず、
 自重にてゆっくりと流れ出るフリ ーランジュースのみ、
 500Lに木樽にて醗酵を促す。そのまま木樽て24ヶ月、
 ボトリングしたのちに24ヶ月の熟成ののちにリリース。
 「完全な調和」を意識したワイン。
 樹齢の古い樹の持つ繊細さと緻密さを感じる、最高ランクの白。

 ジャン・マルコの祖父のニックネームから名づけられたワイン。
 Le Vigne piu Vecchieが「調和」を表現するワインだとするならば、
 このパイーノは「融合」を意味するワイン。
 樹齢の古い区画、Vecchia Vignaヴェッキア ヴィーニャのブドウの中から、
 ある条件を満たしたブドウのみを選別して収穫。
 その条件というのは結実が3房以下で、
 房が非常に小さいもの=樹上で最大限に凝縮を遂げているブドウのみを選別。
 収穫を極限まで遅らせ、樹上で脱水が始まるほど。
 一部には貴腐の兆候も見られるほどに完熟した、
 最高のブドウのみで造るビアンコ。
 素晴らしいポテンシャルを秘めたプロカーニコのすべてを表現するため、
 果皮と共に4週間の醗酵。
 木樽にて24か月、ボトル詰めして36か月。
 計5年という歳月をかけてりりースされるこだわりのビアンコ。
 レ・ヴィーニェ・ピウ・ヴェッキエと並び、
 今のジャンマルコの考える最高の白ワインであるパイーノ。
 これまでのパイーノよりも果皮と触れている期間が
 短い事が関係しているのか、
 今までよりも果実的な味わいが強く残っており、
 高密度でありながらも幅が広く立体的な味わい、
 研ぎ澄まされたようなヴィーニェ・ヴェッキエとは違い、
 広がり包み込まれるようなパイーノ、
 はっきりと個性を感じつつもどちらも
 引けを取らない素晴らしさを感じます。
 どちらの白も生産量は非常に少ないので、
 入荷した本数も限られております。
 価格を見れば、レ コステ史上最高価格にやはり驚かされますが、
 この2つのワインがその価格に見合う、
 いやそれ以上のクオリティを持っていることを
 感じていただけるワインだと信じております。
8/22/2018試飲
 コクのある味わいは凝縮しコクがありながらも
 クールさを秘める素晴らしいコントラストのある味わいなのです。
 杏や紅茶、香ばしさも感じながら無骨な中にきめ細やかさを感じる。
 奥に入れは入るほど深みにはまりそうな味わいなのです。
 ジャン・マルコにやられたっていう感じです。
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2013年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:プロカニコ

折りたたむ

現在庫 4本 
税込価格¥10,208(税抜き¥9,280)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・クルー・レ・コステ 2017

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・クルー・レ・コステ 2017

*強めの酸がかえって粘度のあるクールな花凛の様な 果実感を持つ液体に心地良く絡まって
 不思議な世界観を作り上げます。
 口に含んだ液体の厚みが丁度良いのです。
 森田屋はあまり揮発に強く無いですが、
 (歯にしみる?)これは良い感じに刺激的、
 伸びやかな液体にしなやかに調和しています。

続きを読む

9/7/2020試飲

 プロカーニコ 60%、マルヴァジーア、ヴェルメンティーノ他。
 樹齢10年~15年、Le Costeの畑より収穫されたブドウのみ。
 除梗しブドウの重さのみで圧搾し、フリーランジュースのみ。
 1000L の木 樽にて醗酵が始まる。
 その後木樽にて24ヶ月、ボトリング後18ヶ月の熟成、
 約60%には貴腐をまとったプロカーニコ。
 畑のもつ可能性を存分に感じる果実の密度と素晴らしい余韻。

 数あるワインの中で、唯一Le Costeを冠した白。
 ジャンマルコが2004年にワイナリーを始めた際、
 自らがこれまで学んできたすべてを注ぎ込んだ特別な畑
 「Le Coste」超高密植、無施肥はもちろん、
 低姿勢の自立したアルベレッロ仕立て、
 自根(ピエディフランコ)にもこだわった最高で唯一の畑。
 このすべては「1本の樹の結実、収穫を自発的に減らす」ためのもの。
 「ブドウ樹には寿命がある、僅か20年程度で死んでしまう樹もあれば、
 100年を越えて生き続ける樹も、、。
 それはある意味人間の一生と何ら変わりないと思うんだ。
 多くの肥料(過剰な食事)に多くの結実・収穫(労働)をすれば
 樹(体)への負担は大きく、蓄積し、病気になる。
 それを防ぎ、治すために農薬(薬)を使用する。
 しかし、健全な環境と必要なだけの栄養、
 そして収穫という負担を抑えてあげれば、
 健全な状態でより長い寿命のブドウ畑に育てることができるのではないか。」
 ジャン・マルコの考えを100%つぎ込んで生まれたLe Costeの畑。
 樹齢10年を越えたあたりから、その片鱗を感じるようになったと思います。
 今回リリースさせていただきます2017ですが、
 他のキュヴェを同じく猛暑に苦しんだ過酷なヴィンテージでありながら、
 アルコールに偏ることもなくバランスを保っている。
 やや揮発酸は高く危うさを感じながらも、
 豊かなフルーツと複雑な酸のバランスを保った魅力的なヴィンテージ。
 近年、大樽での熟成も大切だが、
 ボトル内での熟成は全く違う役割を持っていると考えているジャンマルコ。
 17については大樽での熟成よりも瓶内での熟成を長くとることで、
 果実的な香りをワインの中に残せたと言っています。
 ロッソは黒ブドウのタンニンも感じつつも、
 ベースのフレッシュさと相まって驚くほどの飲み心地を持っています。
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2017年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:プロカーニコ 60%、マルヴァジーア、ヴェルメンティーノ他

折りたたむ

現在庫 3本 
税込価格¥6,600(税抜き¥6,000)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・ターヴォラ ・ロッソ・カルボ 2015

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・ターヴォラ ・ロッソ・カルボ 2015

*力強いのに繊細、程よいコクと
 味わいのある酸にもう納得の味わいでした。
 割り当てが6本なのが厳しい!

続きを読む

*ブドウ品種:サンジョヴェーゼ
 今回のカルボは畑が違い、
 Cru(Le Coste)の畑に植わっているサンジョヴェーゼ、
 中でも特に果皮の厚いものを選抜し収穫。
 名前にもなっているカルボとは、
 カーボニックマセレーションの意。
 一般的には香りを出すため、
 タンニンの抽出を抑えるために行われる手法ですが、
 ジャンマルコはより長い時間酸化のリスクなく
 マセレーションを行うための手法と考えています。
 今回は約3週間、無酸素の状態で醗酵を行い、
 途中よりピジャージュをして
 酸素に触れながら醗酵を終えるという方法。
 カーボニック由来の果実のフレッシュさに加え、
 より立体感のあるタンニンと果実味、
 今までにはない存在感を持ったワインとなりました。
 2つのマセレーションを取り入れた
 最高のサンジョヴェーゼです。
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2015年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:サンジョヴェーゼ

折りたたむ

現在庫 3本 
税込価格¥5,885(税抜き¥5,350)

ヴィットーリオ・グラツィアーノ
IGTロッソ・サッソスクーロ 2013

ヴィットーリオ・グラツィアーノ
IGTロッソ・サッソスクーロ 2013

*2012年は別として僕を魅了させてしまう味わいは
 今年も健在でした。

 でも感動的だった2011年とは違い、

 大きな巨峰の様なぶどうのニュアンスで旨味だし味を効かせた感じ。

 サッソスクーロらしい毎年感じる揮発気味の酸が

 張りと緊張感をもたらしとっても良いエッセンスになっております。

続きを読む



 入荷が少なく2ケースに減らされましたが

 それでも多く貰っている方だと思います。



 12/11/2017試飲

 弾きれる果実感は大きめのぶどう、

 巨峰に通じるニュアンスを待ち、

 だし味のコクはそばつゆのまま、

 キリッと締める酸は毎年感じるボラティルが

 丁度良いキレ味になっております。

 相変わらずの奥深さと旨味だし味は日本人大好きですよね!

*品種:マルボジェンティーレを始め6種の地ブドウ
 樹齢35年
 完熟した順番に樽に加えられ、長期のマセレーション。
 木樽にて24か月の熟成。
 モデナ近辺でヴィットーリオが見つけた地品種。
 (彼が1980年代にこの畑を手に入れた時、
 周囲に残っていた古いブドウ樹をすべて集め、苗木を作りました)
 7種のうち名前が分かっているのはマルボ、
 ジェンティーレにサラミーノ、
 あとは(名前が)良くわからないとのこと。
 古い品種なので、完熟させるには長い時間を要する。
 そして、それぞれ収穫する時期はマチマチ。
 そこでヴィットーリオ、収穫した順番に樽に加えていきます。
 (1つの樽の中で完成するイメージ)。
 結果、一番初めに醗酵が始まってから、
 最後のブドウが入るまで約1ヶ月くらいの差、
 さらに醗酵が終わって絞るのにも長い時間。
 それだけの期間、果皮と共にあるというワ、
 こちらも常識からしたら、とんでもないワインです。
 しかし、飲んでみるとビックリするほど繊細で
 透明感のある味わい。
 タルビアナーツはまだプチプチとガスがあるし、
 ほんのり感じる甘味と旨みの濃さ!
 サッソスクーロも、驚くほど果実的、
 それでいて深みがものすごい。
 「この辺りでは、もうオレの畑にしか残っていないブドウ。
 マルボは色が濃くて糖分がとても高い、けれど酸が少ないブドウ。
 他のものは色は薄いけれど果皮がしっかりしていて、
 糖分も非常に高い、
 だから樹についたまま干しぶどうのようになる
 凄く特殊なブドウや、酸がとても高いブドウに、
 タンニンがとても高いブドウ。
 それぞれすごく個性的でありながら、
 どこか欠けている(足りない)ブドウなんだ。」
 7種類のブドウを合わせて醗酵させることで、
 それぞれのブドウの欠点を補いあい、
 個性を際立たせることができるのでは?と考えました。
 しかしながら7種類のブドウが樹上で
 熟成するスピードはまちまちため、
 数回のタイミングに分けて収穫を行い、
 それを醗酵中の樽に加えていくという手法。
 すべての収穫が終わり醗酵が落ち着いた段階になるまで、
 果皮と共に1ヶ月以上醗酵を続け、
 圧搾した後も醗酵がしばらく続き、バリックで2年間、
 ボトル詰めして1年間と「時間」をかけて造られるワイン。
 毎年造られるはずもなく造られたとしてもバリック2~3樽、
 ボトルに換算すると800本~1000本程度という少なです。
 インポーターはエヴィーノさん 24本

生産年:2013年

生産国:イタリア

生産者:ヴィットーリオ・グラツィアーノ

葡萄品種:グラスパロッサ、マルボジェンティーレのほか5種

折りたたむ

現在庫 1本 
税込価格¥3,960(税抜き¥3,600)

ヴィットーリオ・グラツィアーノ
IGTロッソ・サッソスクーロ 2015

ヴィットーリオ・グラツィアーノ
IGTロッソ・サッソスクーロ 2015

*時間のマジックは本当に凄い!
 4月に入荷で5月の試飲会で飲んだのは確か2013年だったはず。

 新津くん寝かせてお披露目です。

 正直、今回のエヴィーノさんの試飲会はハイレベルで

 感動のダミアンの新ヴィンテージも有りましたが

 森田屋はこれが一番のお気に入りでした。

 もう何本も自分

続きを読む

用に取っておきたかった

 2011年以来のお好みの味わい。

 少し梅かつおに杏の様な酸、滑らかな香ばしさは

 2011年にコメントした「そばつゆにしても美味しい!」っていう

 ニュアンスをかもし出しておりました。

 もう嬉しいのなんの、36本は最低でも確保しちゃいました。

 11/11/2020試飲

*品種:グラスパロッサ、マルボジェンティーレのほか5種類、
    計7種類のモデナ近郊に残る地ブドウ、樹齢40年。
 収穫時期の異なる7種を、完熟した順番に収穫し木樽へ。
 果皮と共に醗酵がスタート、
 そこに後から収穫したブドウを足していき、
 最終的に圧搾するのは12月以降、
 約2ヶ月果皮と共に醗酵を続ける、
 という常軌を逸した手法によって
 「樽の中で7つのブドウがひとつになる」。
 圧搾後、木樽にて24ヶ月の熟成。

 モデナ近辺でヴィットーリオが見つけた地品種。
 (彼が1980年代にこの畑を手に入れた時、
 周囲に残っていた古いブドウ樹をすべて集め、
 苗木を作りました)
 7種のうち名前が分かっているのはマルボ、
 ジェンティーレにサラミーノ、
 あとは(名前が)良くわからないとのこと。
 古い品種なので、完熟させるには長い時間を要する。
 そして、それぞれ収穫する時期はマチマチ。
 そこでヴィットーリオ、収穫した順番に樽に加えていきます。
 (1つの樽の中で完成するイメージ)。
 結果、一番初めに醗酵が始まってから、
 最後のブドウが入るまで約1ヶ月くらいの差、
 さらに醗酵が終わって絞るのにも長い時間。
 それだけの期間、果皮と共にあるという、
 こちらも常識からしたら、とんでもないワインです。
 しかし、飲んでみるとビックリするほど繊細で
 透明感のある味わい。
 タルビアナーツはまだプチプチとガスがあるし、
 ほんのり感じる甘味と旨みの濃さ!
 サッソスクーロも、驚くほど果実的、
 それでいて深みがものすごい。
 「この辺りでは、もうオレの畑にしか残っていないブドウ。
 マルボは色が濃くて糖分がとても高い、
 けれど酸が少ないブドウ。
 他のものは色は薄いけれど果皮がしっかりしていて、
 糖分も非常に高い、だから樹についたまま
 干しぶどうのようになる凄く特殊なブドウや、
 酸がとても高いブドウに、タンニンがとても高いブドウ。
 それぞれすごく個性的でありながら、
 どこか欠けている(足りない)ブドウなんだ。」
 7種類のブドウを合わせて醗酵させることで、
 それぞれのブドウの欠点を補いあい、
 個性を際立たせることができるのでは?と考えました。
 しかしながら7種類のブドウが樹上で
 熟成するスピードはまちまちため、
 数回のタイミングに分けて収穫を行い、
 それを醗酵中の樽に加えていくという手法。
 すべての収穫が終わり醗酵が落ち着いた段階になるまで、
 圧搾した後も醗酵がしばらく続き、バリックで2年間、
 ボトル詰めして1年間と「時間」をかけて造られるワイン。
 毎年造られるはずもなく
 造られたとしてもバリック2~3樽、
 ボトルに換算すると800本~1000本程度という少なです。

 今回は2015ヴィンテージがリリースとなりました。
 驚きの手法とは裏腹に、強い酒質と途轍もない熱量、
 それでいて味わい、香りの深さ、奥行きは本当に素晴らしい。
 熟成によって変貌を遂げた素晴らしいヴィンテージです!
 インポーターはエヴィーノさん 36本

生産年:2015年

生産国:イタリア

生産者:ヴィットーリオ・グラツィアーノ

葡萄品種:グラスパロッサ、マルボジェンティーレのほか5種

折りたたむ

現在庫 1本 
税込価格¥3,960(税抜き¥3,600)

ヴィットーリオ・グラツィアーノ
IGTロッソ・サッソスクーロ 2017a

ヴィットーリオ・グラツィアーノ
IGTロッソ・サッソスクーロ 2017a

*相変わらずのだし味と心地良い揮発のニュアンスは
 和風のテイストも感じつつもしっかりした複雑さを感じます。
 奥の深い味わいは口の中で転がしていると
 スミレのニュアンスにドライイチジク、
 少し干した杏の柔らかさも感じます。
 滑らかに複雑、毎年、ニュアンスの変わるサッソスクーロ。

続きを読む

 個人的にグラツィアーノの中でいつも新しい何かを期待する、
 一番お気に入りのアイテムなのです。
 6/7/2021試飲

*品種:グラスパロッサ、マルボジェンティーレのほか5種類、
    計7種類のモデナ近郊に残る地ブドウ、樹齢40年。
 収穫時期の異なる7種を、完熟した順番に収穫し木樽へ。
 果皮と共に醗酵がスタート、
 そこに後から収穫したブドウを足していき、
 最終的に圧搾するのは12月以降、
 約2ヶ月果皮と共に醗酵を続ける、
 という常軌を逸した手法によって
 「樽の中で7つのブドウがひとつになる」。
 圧搾後、木樽にて24ヶ月の熟成。

 モデナ近辺でヴィットーリオが見つけた地品種。
 (彼が1980年代にこの畑を手に入れた時、
 周囲に残っていた古いブドウ樹をすべて集め、
 苗木を作りました)
 7種のうち名前が分かっているのはマルボ、
 ジェンティーレにサラミーノ、
 あとは(名前が)良くわからないとのこと。
 古い品種なので、完熟させるには長い時間を要する。
 そして、それぞれ収穫する時期はマチマチ。
 そこでヴィットーリオ、収穫した順番に樽に加えていきます。
 (1つの樽の中で完成するイメージ)。
 結果、一番初めに醗酵が始まってから、
 最後のブドウが入るまで約1ヶ月くらいの差、
 さらに醗酵が終わって絞るのにも長い時間。
 それだけの期間、果皮と共にあるというワ、
 こちらも常識からしたら、
 とんでもないワインです。
 しかし、飲んでみるとビックリするほど繊細で
 透明感のある味わい。
 タルビアナーツはまだプチプチとガスがあるし、
 ほんのり感じる甘味と旨みの濃さ!
 サッソスクーロも、驚くほど果実的、
 それでいて深みがものすごい。
 「この辺りでは、もうオレの畑にしか残っていないブドウ。
 マルボは色が濃くて糖分がとても高い、
 けれど酸が少ないブドウ。
 他のものは色は薄いけれど果皮がしっかりしていて、
 糖分も非常に高い、だから樹についたまま
 干しぶどうのようになる凄く特殊なブドウや、
 酸がとても高いブドウに、タンニンがとても高いブドウ。
 それぞれすごく個性的でありながら、
 どこか欠けている(足りない)ブドウなんだ。」
 7種類のブドウを合わせて醗酵させることで、
 それぞれのブドウの欠点を補いあい、
 個性を際立たせることができるのでは?と考えました。
 しかしながら7種類のブドウが樹上で
 熟成するスピードはまちまちため、
 数回のタイミングに分けて収穫を行い、
 それを醗酵中の樽に加えていくという手法。
 すべての収穫が終わり醗酵が落ち着いた段階になるまで、
 圧搾した後も醗酵がしばらく続き、バリックで2年間、
 ボトル詰めして1年間と「時間」をかけて造られるワイン。
 毎年造られるはずもなく造られたとしても
 バリック2~3樽、ボトルに換算すると
 800本~1000本程度という少なです。

 今回は2017ヴィンテージがリリースとなりました。
 猛暑の影響で醗酵に苦しんだヴィンテージ。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2017a年

生産国:イタリア

生産者:ヴィットーリオ・グラツィアーノ

葡萄品種:グラスパロッサ、マルボジェンティーレのほか5種類、計7種類のモデナ近郊に残る地ブドウ

折りたたむ

現在庫 3本 
税込価格¥3,762(税抜き¥3,420)

ヴィットーリオ・グラツィアーノ
IGTランブルスコ・フォンタナ・デイ・ボスキ 2018

ヴィットーリオ・グラツィアーノ
IGTランブルスコ・フォンタナ・デイ・ボスキ 2018

*相変わらずの美味しさ2018年は本当にチャーミングで
 最高に気持ち良い!
 3/8/2021試飲

*相変わらずの美味しさ2018年は本当にチャーミングで
 最高に気持ち良い!
 3/8/2021試飲

*こんなクリアーで明るい印象の入りの
 グラツィアーノのランブルスコは

続きを読む

初めて。
 気持ち良い程ジューシーないちごのフレーバーに
 綺麗な酸が伸びていきますが、
 次第に彼のワインらしい複雑で
 コクのある味わいに変化していきます。
 遊びのあるセンスの良さを体感しながら
 心地良いフィニッシュを迎えます。
 お試しあれ!
 11/11/2020試飲

*ランブルスコグラスパロッサ主体、樹齢16~30年。
 収穫後、果皮と共に約1週間、野生酵母による醗酵。
 冬の気温によっ て醗酵が止まり、
 3〜4月の気温の上昇に合わせてボトル詰め、
 瓶内で醗酵を終える。
 スボッカトゥーラ(オリ抜き)は行わずにリリース。
 毎年の変化に合わせて、微妙に手法を変えるランブルスコ。
 冷涼で糖度の低い2018は酸と果実的な香りが前に出た、
 素晴らしい飲み心地をもった、
 グラツィアーノらしいランブルスコ。

 ランブルスコという名前は広く知られていますが、
 現在主流となっているシャルマー式の大量生産ではなく、
 伝統的な瓶内再醗酵にて造られる本当のランブルスコ。
 1970年代、大資本化・大量生産の大きな流れに
 一人で立ち向かい、当時から今と変わらない自然回帰の農業と、
 伝統的な ランブルスコを造り続けてきた彼。
 「オレは工場でワインを造っている訳じゃなく、
 畑で栽培したブドウを使ってワインを造るんだ。
 涼しい年には繊細で 軽やかな味わい、
 暑い年には果実的でエネルギッシュな味わい、
 毎年変わるのなんて、当然だと思わないか?」、
 年の特徴をそのまま切り取りながらも、
 年ごとに異なる様々なアプローチによって生まれる
 魔法のようなランブルスコ。
 2018年は雨が多く、恵まれないヴィンテージでしたが、
 その分繊細で軽やか、飲み口のスムーズな心地よいランブルスコ。
 久しぶりに感じる軽やかさと複雑さが共存する素晴らしい味わい。
 これこそヴィットーリオ・グラツィアーノのランブルスコです!
 インポーターはエヴィーノさん
 12本+12本+12本+12本+12本+12本+12本

生産年:2018年

生産国:イタリア

生産者:ヴィットーリオ・グラツィアーノ

葡萄品種:グラスパロッサ、マルボジェンティーレのほか5種

折りたたむ

現在庫 3本 
税込価格¥3,003(税抜き¥2,730)

ヴィットーリオ・グラツィアーノ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・タルビアナーツ 2017

ヴィットーリオ・グラツィアーノ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・タルビアナーツ 2017

*2014年の美味しさはいまだに印象に残っております。
 2017年は腰の据わった味わいで果実感たっぷり。

 トロンとした味わいにクールなエレガンス。

 お試しあれの味わいなのです。



 5/13/2019試飲

 カチッとした骨格のしっかりとれた低重心の味わいは

 黄桃、熟れた洋梨に花梨

続きを読む

のコクのある酸、

 ほんのり蜜の甘みを感じながら爽快感と

 ドライハーヴのクールさがなんともエレガント。

 大好きなヴィットーリオ・グラツィアーノ、

 2017年はこう来たかっ!て感じです。

*トレッビアーノ・モンタナーロ 樹齢35年。
 収穫後果皮と共に木樽にて醗酵。
 温度管理を始め一切の添加、介入を行わない。
 果帽に覆われた状態を保つ。
 モデナに残る最古の醸造法に由来するというヴィットーリオ、
 収穫した(トレッビアーノ)モンタナーロを果皮と共に木樽へ、
 果皮と触れ合いながら始まる醗酵、
 普通は形成される果帽(果皮や種子が醗酵の勢いで浮き上がり、
 フタのようになったもの)を突き崩すために
 櫂入れや攪拌などは行わず
 果帽によって密閉された状態のまま、可能な限り熟成
 (彼曰く、早くて翌年1月初め、
 長いと8月くらいまで保つことができる)、
 醸造理論を完全に無視したとんでもない
 ビアンコとなっております!。
 インポーターはエヴィーノさん 6本

生産年:2017年

生産国:イタリア

生産者:ヴィットーリオ・グラツィアーノ

葡萄品種:トレッビアーノ・モンタナーロ

折りたたむ

現在庫 3本 
税込価格¥4,048(税抜き¥3,680)

ヴィットーリオ・グラツィアーノ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・タルビアナーツ 2018

ヴィットーリオ・グラツィアーノ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・タルビアナーツ 2018

*2018年のタルビアナーツはドライで切れ上がりの良い味わいは
 今までの印象とは違いますがこれが美味しいのです。

 何せ口に含んだ瞬間の品の良さ、

 火打石の様なニュアンスにほんのり角の取れた

 繊細なライチや白桃の果実感に

 コショウの様なスパイス感が現れます。

 クールなのにホッとす

続きを読む

る優しさがあるのです。

 時間が経つとタルビアナーツらしい果実感が.現れる気が...。

 今でも素晴らしいですが雪解け後も期待しちゃいます。

 お試しあれの味わいなのです。

 11/11/2020試飲

*トレッビアーノ モデネーゼ、樹齢16〜30年。
 非常に熟度の高いモンタナーロのみを選別し収穫。
 除梗したのち木樽にて果皮と共に野生酵母により醗酵を促す。
 醗酵が始まり果皮が浮き上がり始めても、
 パンチングダ ウンや櫂入れを一切行わず、
 果帽により密閉された状態にて
 2〜3ヶ月も醗酵が続く独創的な白。
 冷涼なヴィンテージだった2018、
 生産量は少なくなったものの、
 素晴らしい果実の繊細さと飲み心地。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2018年

生産国:イタリア

生産者:ヴィットーリオ・グラツィアーノ

葡萄品種:トレッビアーノ・モンタナーロ

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥3,960(税抜き¥3,600)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・ピノット 2019

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・ピノット 2019

*Vino da Tavola Rosso Pinotto 2019 / Le Coste di Gain Marco Antonuzi

*綺麗に伸びのあるピノ・ノワールはフランス人の表現より
 素材の良さがシンプルに味わえる印象で、
 ハッとさせられる瞬間に出会えます。
 ピノずきの森

続きを読む

田屋にはうってつけ!
 8/11/2020試飲

*ピノ・ノワール、樹齢4年。
 2015年に植樹、標高470mの畑。
 収穫後、除梗せず、
 1カ月間のカーボニックマセレーション。
 圧搾し500Lの木樽にて醗酵、
 そのまま12か月の熟成。
 レコステの2人にとって特別なアルザス、
 ブルゴーニュのピノ・ノワール。
 まだ樹齢が若いが、
 それでも十分に味わい深い特別なワインです。

*イタリアという土地で、
 自分たちが表現するピノ・ノワールに
 非常に可能性を感じているジャンマルコ。
 PNTの畑よりさらに標高の高い470m、
 地質的な相性の良い土地を見つけ、
 更なる好奇心より2つのピノ・ノワールを
 2015年新たに植樹。
 一つはPNTと同じアルザス由来のピノ、そして新たに、
 ブルゴーニュのとある造り手より譲り受けたピノを、
 セレクションマサールにて植樹。
 この二人の造り手は、
 まさにジャンマルコが経験してきた
 フランスでの軌跡、、と言える存在ですね!
 まだ樹齢が若く、本当は醸造する気はなかったという彼。
 しかし、2019年という素晴らしいヴィンテージ、
 美しく成熟したピノを見て醸造を決めたといいます。
 あくまでも畑単独で醸造、ボトル詰め。
 まさにジャンマルコらしい醸造によって
 生まれた「小さいピノ」。
 味わいについては、本当に素晴らしいの一言。
 PNTのような偉大さというより、
 現時点での柔らかみと繊細さ、
 そして何より飲み心地の素晴らしさには
 本当に驚かされました!

*お一人様1本で、他の条件のない同額程度の
 ワインをご購入が条件です。

 インポーターはエヴィーノさん 6本

生産年:2019年

生産国:イタリア・ラッツォ

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:ピノ・ノワール

折りたたむ

現在庫 1本 
税込価格¥5,918(税抜き¥5,380)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・デ・コッチョ 2019

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・デ・コッチョ 2019

*Vino da Tavola Rosso de Coccio 2019 / Le Coste di Gain Marco Antonuzi

*口当たりがしなやかな入りの液体は
 程よい粘土を保ちながら
 密度のあるイチジクやプルーンのニュアンス。
 今までレ・コステに無いしっとりした味

続きを読む

わいです。
 8/11/2020試飲

*サンジョヴェーゼ主体、メルロー、
 バルベーラ、ロッソに加えられるブドウ畑。
 樹齢30年〜。
 収穫後、除梗してテラコッタ製の開放タンクで3週間、
 果皮と共に醗酵 を促す。
 圧搾後もテラコッタのタンクの中で 12ヶ月の熟成。
 木と違い、ワインに直接香りをつけることなく、
 ニュートラルでいながら、
 土器内部の細かい気泡による微酸素接触、
 呼吸を得られることで、より柔らかみ、
 果実の濃密さを感じられると話すジャンマルコ。
 これまでに感じたことのない特徴的、官能的なロッソ。

*2015年にカンティーナに訪問した際、
 アンフォラ(テラコッタ製のタンク)に対して、
 嬉々として語っていたジャンマルコ。
 やっぱり(笑)ミーハーな彼ですが、
 それからはリリースは一切なし!
 6年が経過し、ついにリリースとなった
 テラコッタ製のタンクで
 醸造を行ったレ・コステ初の赤ワイン。
 「レ・コステのブドウをより果実的に強く、
 土地由来のミネラルをより鋭角に感じさせる」、
 そう語るジャンマルコ。容器の違いから感じられる、
 ワインの輪郭・質感・内面の大きな違いには、
 間違いなく皆さん気づいていただけると思います!
 以下、入荷量があまりに少なかったため、
 ≪参考商品≫としてのご紹介となります。
 インポーターはエヴィーノさん 6本

生産年:2019年

生産国:イタリア・ラッツォ

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:サンジョヴェーゼ主体、チリエジョーロ、メルロー、バルベーラ

折りたたむ

現在庫 4本 
税込価格¥5,698(税抜き¥5,180)

レ・コステ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ 2019

レ・コステ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ 2019

*口に貼った瞬間の柔らかな味わいは
 最近のレ・コステには無かった印象です。
 故障の様なスパイスの効いた中盤が膨らむ柔らかな構成に
 レコステらしい酸がお出迎え、
 しかもこの酸、綺麗に収まってます。
 嬉しい安心感がありますね! 8/11/2020試飲


*グレゲット主体、チリ

続きを読む

エジョーロ、コロリーノ、カナイオーロ、
 樹齢30年前後。
 高樹齢の畑より収穫、果皮と共に3週間、
 圧搾後栗の木の大樽にて12ヶ月熟成。
 2019年は収穫に恵まれた素晴らしいヴィンテージ。
 例年に比べ、ネガティヴさをほとんど感じない美しいロッソ。
 メリハリのあるタンニンと、果実味と酸のバランスが素晴らしい。
 輪郭のはっきりした印象。

*レ・コステの数あるワインの中で、
 ヴィンテージごとの「質を証明する基準」のような存在であるロッソ。
 収穫に恵まれた2019は、「ブドウの質が例年と明らかに違う」そう語る彼。
 きっと皆さんの「レ・コステ」へのイメージが、
 ガラッと変わるワインだと感じております!

 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2019年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ

葡萄品種:グレゲット主体、チリエジョーロ、コロリーノ、カナイオーロ

折りたたむ

現在庫 8本 
税込価格¥3,553(税抜き¥3,230)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・ル・プリムール・マグナム 2020

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・ル・プリムール・マグナム 2020

*Vino da Tavola Rosso Primeur 2020 Magnum / Le Coste di Gain Marco Antonuzi

*フレッシュハーブの効いたスミレや
 少しカシスを感じる果実感は
 伸びの良い心地良い味わい。
 それでいて中盤が膨らむ!膨らむ!
 

続きを読む

今回、一番のお気に入りでマグナムと
 10本しか入ってこなかったダブルマグナムも頼んじゃいました。
 8/11/2020試飲

*アレアーティコ100%。
 収穫したブドウは除梗せず、外気に触れないカーボニックマセレーションにて2週間、
 圧搾後モストだけの状態で約1ヶ月、醗酵が終わるのを待つ。
 2020は非常に香りの高い、アロマティックさを感じるヴィンテージ。
 しかし良年に見る体格の大きさやヴォリュームはなく、
 軽快でいて香りのある、アンバランスさを持ち合わせたヴィンテージ。

*マルタとカミッラ2人の愛娘の成長を描き続けてきたプリムール。
 2020年は繊細さ、軽やかさ、そして鮮烈な「香り」を持ったヴィンテージ。
 完熟したアレアーティコに表れる、官能的な香りとアロマティックさ、
 アレアーティコの魅力が素晴らしく表現されております!

 インポーターはエヴィーノさん 6本

生産年:2020年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:アレアーティコ

折りたたむ

現在庫 6本 
税込価格¥10,659(税抜き¥9,690)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・デ・コッチョ 2019

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・デ・コッチョ 2019

*心地良いほどスムーズな味わいは
 今までのレ・コステとは違う印象。
 レモンやカリンの綺麗な果実案に
 カチッと底に張ったミネラルを楽しめる
 心地良い味わいなのです。
 8/11/2020試飲

続きを読む

*プロカーニコ主体、樹齢30~40年。
 ビアンコの畑より収穫したブドウ。
 収穫後、除梗しテラコッタ製の解放式タンクにて
 果皮と共に2週間の醗酵。
 圧搾し、そのままタンクで醗酵を続け、
 そのまま12か月の熟成。
 テラコッタ製のタンクを用いて醸造、
 ボトル詰めした初めてのワイン。
 これまでのビアンコとは明らかに違う質感と表情。
 テラコッタという容器の可能性を感じると語る、
 特別なヴィンテージ。

*満を持してのリリースとなった、
 テラコッタ製のタンクで醸造を行った、
 レ コステ初のワイン。
 昨今、世界中のワイン生産者たちによって
 使用されるテラコッタ製のタンク。
 その意味や本質を「ジャンマルコ的解釈」で表現した、
 非常に興味深い白ワインとなります。
 木樽では表現できないテラコッタ素材に
 よる微酸素接触によって、
 果実の印象に大きな違いがあると話すジャンマルコ。
 液体の厚み、そして詰まった果実の香ばしさ、
 それでいてワイン全体の輪郭は非常に柔らかい、、、。
 これまでに経験したことのない質感と
 味わいを感じるビアンコ。
 インポーターはエヴィーノさん 6本

生産年:2019年

生産国:イタリア・ラッツォ

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:プロカーニコ主体

折りたたむ

現在庫 5本 
税込価格¥5,698(税抜き¥5,180)

レ・コステ
ヴィノ・ダ・ターヴォラ・ロザート 2019

レ・コステ
ヴィノ・ダ・ターヴォラ・ロザート 2019

*綺麗な味わいは紅茶、杏の様な心地良いニュアンス。 果実の柔らかさといい、酸の出方といい とっても素晴らしい仕上がりなのです。 少し下にマメがありますので、
 早く飲むか?ゆっくり半年寝かせるか?でお願い致します。4/8/2021試飲

 ブドウ品種:アレアーティコ
 樹齢の古いものが中心。

続きを読む


 2013より果皮との接触をやめ、
 モストフィオーレ(自重にて出るモストのみ)のみを使い、
 果汁だけの状態で古バリックにて1ヶ月に及ぶ醗酵。
 そのままの状態で 12ヶ月熟成。
 アレアーティコから造る果汁のみで表現したロザート。
 「果実的な厚みやタンニンは確かに旨みや飲みごたえはあるけれど、
 喉を通る時のスムーズさ、繊細さを失われてしまう。
 質の高いブドウだからこそ、より高いリスクにも耐えられる」そう話す彼。
 2019年は今回は間違いなく過去最高を更新する素晴らしい味わいだと思います。
 いつも通り、ほとんど果皮と触れず果汁だけで醗酵。
 いつも苦労する醗酵が、2019年は全く不安定に陥ることなく、
 スムーズに進んだといいます。
 アレアーティコの柔らかくも心地よい香りと、甘やかな果実に包まれ、
 いつもの揮発酸や不安定さは微塵も感じない完璧なロザート!といっても
 過言ではないと思います。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2019年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ

折りたたむ

現在庫 6本 
税込価格¥5,445(税抜き¥4,950)

レ・コステ
レ・コステ・ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・クルー・レ・コステ 2012

レ・コステ
レ・コステ・ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・クルー・レ・コステ 2012

*しっとりとコクのあるスミレのようなニュアンスの ロッソ・クルー・レ・コステ、それにしても時間が必要だったのか? やっと美味しくなったっていう感じです。 4/8/2021試飲
 グレゲット・ロッソ100%
 樹齢10~15年、Le Costeの畑より収穫されたブドウのみ。
 収穫後、除梗せず果

続きを読む

皮と共に3週間の醗酵。
 圧搾後、木樽(500L)にて24ヶ月、瓶内にて60ヶ月の熟成。
 長い熟成期間によって一体化、熟成と果実のバランス、
 ポテンシャルを持った素晴らしいロッソ。
 
 2004年にジャン・マルコ自ら植樹し、高密植、超低収量を徹底。
 彼らがそれまでに学んできたすべて、
 そしてそれからのチャレンジをすべてつぎ込んだ「Le Coste」の畑。
 この畑のグレゲットで醸造される「Le Coste」を冠するトップキュヴェ。
 今回ヴィンテージをさかのぼって 2012 をリリースさせていただきます!
 2012年は非常に暑くも気温差の激しいヴィンテージでした。
 その影響もあり果皮が成熟し、酸も共存する強いポテンシャルを秘めたヴィンテージ。
 ボトル詰めから6年以 上経過し、強靭なタンニンと酸は熟成によって素晴らしく変化。
 果実の複雑さとほぐれたタンニンは、全体を支える酸と一体化、
 大きな骨格と複雑さ。
 そしてまだこれからさらに良くなるであろう可能性をも秘めた味わい。
 リリースまでに非常に長い時間を費やしてしまいましたが、
 その希望を裏切らない素晴らしい味わいに、
 心底ホッとしております。
 入荷数は少ないですが、レ・コステのトップキュヴェが、
 長い熟成でどのように成長するのか、証明してくれる貴重な存在です。
 インポーターはエヴィーノさんです。3本

生産年:2012年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥6,996(税抜き¥6,360)

スケルリ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ブラン・ヴィトフスカ・スクゥス・マグナム 2017

スケルリ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ブラン・ヴィトフスカ・スクゥス・マグナム 2017

*今回一番のお気に入りはこちら、
 不思議な香ばしさと旨味を持つ
 何とも言えない味わいが嬉しい。
 果皮の漬け込みでタンニンを感じながら
 中盤んから膨らむ複雑な果実感と溶け込んだタンニン、
 塩気の効いたミネラルの一体感のある旨味が
 余韻に残ります。
 あ?美味しい!
 5/1

続きを読む

0/2021試飲

*品種:ヴィトフスカ100%、
 樹齢40年。
 収穫後、除梗した果実をそのまま木樽へ。
 果皮と種子と一緒の状態で24ヶ間醗酵、熟成。
 途中オリ引きも全く行わない、ボトル詰めの際に
 オリ引きを行いボトル詰めの際に最低限のSO2を使用。
 果皮、オリとともにワインが成長する、
 マテイの考える発想を具現化。
 ヴィトフスカ、さらには果皮の可能性を
 証明した実験的ワイン。
 インポーターはエヴィーノさん 6本

生産年:2017年

生産国:イタリア

生産者:スケルリ

折りたたむ

現在庫 6本 
税込価格¥12,683(税抜き¥11,530)

スケルリ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ブラン・マルヴァジア 2017

スケルリ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ブラン・マルヴァジア 2017

*2017年はふっくらとボリュームのある味わい。
 感動の2015年を彷彿させる様な繊細さは
 心地良い粘度のあるゆったりと
 ふくよかな奥行きを感じるのです。
 しかもミネラルの効いた鉱物的なメリハリのある
 コントラストは口の中で何とも言えない気持ち良さで
 思わず笑顔になってしまう

続きを読む

ますよ!
 まだまだ変化しながら複雑さがますのでしょう!
 続きの変化はお店に戻って
 もう1本開けないと伝えられませんね!
 より以上に期待せずにはおりません。
 5/10/2021試飲

*品種:マルヴァージア イストゥリアーナ、
 収穫後、開放式の大樽にて3週間、
 果皮と共にアルコール醗酵を終える。
 圧搾後も大樽にて18ヶ月、ボトル詰め後30ヶ月の熟成。
 猛暑と長雨という極端なヴィンテージ。
 線の細を感じますがマルヴァジーアらしい
 豊かな果実によって支えられ、
 太い酸と丸みを帯びたミネラル、バランスを感じます。
 2017年はヴィトフスカよりも
 一足先に飲み頃を迎えている印象です。
 ヴォリューム感と繊細さのバランスが
 絶妙な素晴らしい味わいです。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2017年

生産国:イタリア

生産者:スケルリ

葡萄品種:マルヴァージア・イストゥリアーナ

折りたたむ

現在庫 1本 
税込価格¥4,873(税抜き¥4,430)

イル・ファルネート
IGPエミリア・フリザン・ビアンコ 2021

イル・ファルネート
IGPエミリア・フリザン・ビアンコ 2021

*IGP Emilia Frisan Bianco 2021 / Il Farneto

*レモンやラムネ!
 素直な心地良いミントの様な爽快感、
 相変わらず美味しい!
 8/9/20221試飲

続きを読む

*スペルゴラ90%、
 ソーヴィニヨン・ブラン10%、
 樹齢10〜15年。
 除梗せずに圧搾、果汁のみで野生酵母による醗酵を促す。
 冷蔵保存していたスペルゴラのモスト(果汁)加え、
 再び醗酵が始まってからボトル詰め。
 春先の気温上昇を利用して瓶内で醗酵を終える。
 オリ残したままリリース。
 インポーターはエヴィーノさん
 12本+12本+12本+24本+12本

生産年:2021年

生産国:イタリア・エミリア=ロマーニャ

生産者:イル・ファルネート

葡萄品種:スペルゴラ、 ソーヴィニヨン・ブラン

折りたたむ

  税込価格¥2,431(税抜き¥2,210)

ラルコ
アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ 2016

ラルコ
アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ 2016

*Amarone Classico della Valpolicella 2016 / L’Arco

続きを読む

*限定で入荷です。
 ブドウ品種:コルヴィーナ55%、ロンディネッラ35%、
       モリナーラ5%
 収穫の際には入念な選果を行い、
 専用の部屋でお盆にのせて90~100日間乾燥 させる。
 乾燥させると、ブドウは重量にして30~40%にもおよぶ水分を失い、
 その結果、糖とエキス分がさらに凝縮する。
 さらにこの期間には、ブドウには「貴腐菌」 が発生する。
 この菌は、アマローネ特有の官能的要素と構造を与えるのに非常に
 重要な働きをする。
 乾燥させられたブドウは圧搾され、数日のマセレーションの後、
 およそ45日間続くアルコール醗酵が始まる。
 醗酵の後、定期的に澱引きを 行いながら、
 7月中旬までステンレスタンクで落ち着かせられる。
 その後、ワインは 2.25~20ヘクトリットルの
 スラヴォニアンオークで4年間熟成される。
 官能的特徴:
 ヴァルポリチェッラの伝統によって受け継がれてきた
 この特別なワインは、ガーネットカラーを呈し、
 よく熟した果実やアルコールに漬けた
 チェリーのアロマがあり、
 充実した確固たる味わいがある。
 煮込み料理やロースト、野禽、
 熟成させた チーズによくあう。
 このワインの特徴を最大限楽しむためには、
 飲む8時間前には 抜栓するべきだ。
 提供温度は18℃で。
 ラシーヌさんの資料より
 インポーターはラシーヌさんです。3本

容量:750ml

生産年:2016年

生産国:イタリア・ヴェネト

生産者:ラルコ

葡萄品種:コルヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラ

折りたたむ

  税込価格¥10,692(税抜き¥9,720)

ラルコ
ヴァルポリッチェラ・リパッソ・クラシコ・スペリオーレ 2018

ラルコ
ヴァルポリッチェラ・リパッソ・クラシコ・スペリオーレ 2018

*Valpolicella Ripasso Classico Superiore 2018 / L’Arco

続きを読む

*品種:コルヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラ、
    クロアティーナ
 植樹:1960年代~2000年代
 位置:標高90~100m
 土壌:粘土石灰質
 ステンレスタンクで数日間
 マセレーションで、翌年の3月頃まで熟成。
 アマローネのマセレーションが終わると同時に、
 そのヴィナッチャを1カ月間マセレーション(リパッソ)する。
 その後、大樽で24カ月間熟成

 ヴァルポリチェッラのクラシックな赤品種数種のブレンド。
 コルヴィーナとロンディネッラは色とテクスチャー、香り。
 モリナーラとごく少量のクロアティーナはさらに香りを
 複雑にするために使われる。
 このキュヴェでも、リパッソ前の赤ワイン自体の抽出は軽く、
 リパッソ時のアマローネ用のブドウの果皮からの抽出に注力する。
 そのため、軽やかさと上質なタンニンと骨格を併せ持った、
 バランスの良いリパッソが生まれる。
 ラシーヌさんの資料より
 インポーターはラシーヌさんです。12本+12本

生産年:2018年

生産国:イタリア

生産者:ラルコ

葡萄品種:コルヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラ、 クロアティーナ

折りたたむ

  税込価格¥4,059(税抜き¥3,690)

ラルコ
ロッソ・デル・ヴェロネーゼ 2018

ラルコ
ロッソ・デル・ヴェロネーゼ 2018

*IGT Rosso del Veronese 2018 / L’Arco

*味わい復活のロッソ・デル・ヴェロネーゼ!
 あんずの果実感に綺麗な紅茶のような
 香ばしいニュアンスは
 カチッと筋肉質なボディが
 とっても良い緊張感をもたらしています。
 ラルコらしいチョコレートビター感と
 クールなミネラルのコントラストを楽しめます。
 4/20/2022試飲

続きを読む

*品種:コルヴィーナ50%、ロンディネッラ30%、
    モリナーラ5%、カベルネ、サンジョヴェーゼ
    あわせて15%のブレンド。
 植樹:1990年代~2000年代
 位置:標高90~100m
 土壌:粘土石灰質
 ステンレスタンクで数日間マセレーション、
 そのまま8カ月間熟成大樽とセメントタンクで18カ月間熟成

 気軽な食中酒を、と考え
 ルーカが所有する畑の中でも樹齢の若いブドウを、
 ほとんどマセレーションをかけずにプレスをするので、
 明るいルビー色をしている。
 熟成には、セメントタンクと、一部大樽が用いられ、
 フレッシュな果実味を損なわないように、
 気を使っている。サンジョヴェーゼや、
 テロルデゴはほんの少量、遊び心程度に混醸されている。
 ラシーヌさんの資料より
 インポーターはラシーヌさんです。12本+36本

生産年:2018年

生産国:イタリア

生産者:ラルコ

葡萄品種:コルヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラ、 カベルネ、サンジョヴェーゼ

折りたたむ

  税込価格¥3,278(税抜き¥2,980)

ラルコ
ラルコ・グラッパ・ディ・ヴィナッチャ・ディ・アマローネ NV

ラルコ
ラルコ・グラッパ・ディ・ヴィナッチャ・ディ・アマローネ NV

*Grappa di Vinaccia di Amarone (700ml) / L’Arco

続きを読む

*限定で入荷です。
 品種:コルヴィーナ、ロンディネッ ラ、モリナーラ
 植樹:1960年代〜2000年代
 位置:標高90〜100m
 土壌:粘土石灰質
 インポーターはラシーヌさんです。6本

容量:700ml

生産年:NV年

生産国:イタリア・ヴェネト

生産者:ラルコ

葡萄品種:コルヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラ

折りたたむ

  税込価格¥9,900(税抜き¥9,000)

メンティ
ロンカイエ・スイ・リエーヴィティ 2020

メンティ
ロンカイエ・スイ・リエーヴィティ 2020

*Roncaie sui Lieviti 2020 / Menti

*久々の登場!
 初入荷時の輝きがだんだんなくなってきて
 仕入れを躊躇しておりましたが
 復活の兆しで再入荷!
 今の時期嬉しい味わいになっております。

続きを読む

*品種:ガルガーネガ100%
 土壌:沖積土壌
 醸造:
 ステンレスタンクまたはコンクリートタンクで
 醗酵させたのち、レチョート用の、
 陰干ししたブドウの果汁を加える。
 濾過せずにボトリング。
 春になり暖かくなると、瓶内で二次発酵が起こり、
 そのまま熟成させる。

 亜硫酸無添加キュヴェで、
 瓶内二次発酵用の糖分も陰干しした、
 レチョート用の果汁を使う、
 ブドウの果汁のみから浸かられた、
 口当たりのやわらかなスパークリングワイン。
 デゴルジュマンをしていないので、
 澱が沈んでいるが、からめて飲むことで、
 より”楽しい(divertente)”な飲みごこちになる。
 ロンカイエは、畑のあるガンベッラーラの土地の名称で、
 「森林」を意味する「Ronchi(ロンキ)」に
 由来している。
 その昔、実際にその地は雑木林だったそうで、
 それを開拓して今の畑ができたことから名づけられた。
 インポーターはラシーヌさん 12本+12本

容量:750ml

生産年:2020年

生産国:イタリア・ヴェネト

生産者:メンティ

葡萄品種:ガルガーネガ

折りたたむ

  税込価格¥2,728(税抜き¥2,480)

イル・ファルネート
IGPエミリア・ジャンドン・ビアンコ 2021

イル・ファルネート
IGPエミリア・ジャンドン・ビアンコ 2021

*IGP Emilia Giandon Bianco 2021 / Il Farneto

*再入荷!!

*昨年と比べしっかりとした酸に
 洋梨や熟れた花梨の様な果実、
 少しみかんの皮の様な
 香ばしいニュアンスで思いの外、タンニック。
 これも良いアクセントとなって
 エレガントな仕上がりになっています。
 7/14/2022試飲

続きを読む

*品種:マルヴァージア・ディ・カンディア100%、
 樹齢30年。
 友人より借りた畑。
 収穫後、除梗(一部除梗せ図)して果皮と共に1週間、
 セメントタンクにて醗酵が始まる。
 圧搾後、そのまま6ヶ月の熟成。
 畑の成長を待つ間、実験的に醸造した白。
 ロッソと同じく、気兼ねなく飲まれる
 土地の味わいを意識した白。
 インポーターはエヴィーノさん 12本+12本+12本

生産年:2021年

生産国:イタリア・エミリア=ロマーニャ

生産者:イル・ファルネート

葡萄品種:マルヴァージア・ディ・カンディア

折りたたむ

  税込価格¥2,530(税抜き¥2,300)

イル・ファルネート
IGPエミリア・ジャンドン・ロザート 2021

イル・ファルネート
IGPエミリア・ジャンドン・ロザート 2021

*IGP Emilia Giandon Rosato 2021 / Il Farneto

*赤に近いロザート!
 思いの外味わい深くドライですが
 しっかりとした赤果実のニュアンスがあります。
 カチッとしたタンニンがありコクもある
 飲みごたえのあるロザートです。
 9/8/202

続きを読む

2試飲

 エヴィーノのに新津くんのコメントです。
 いつも間にかシリーズ化してました、、汗。
 ジャンドンロッソ、ビアンコに続き
 今回ロザートが登場です。
 近年白ワインの需要が伸びる一方、
 「昔のように、赤ワインをあまり飲まなくなってきた」、
 そう語るマルコ。
 彼らの土地レッジョ エミリアでは
 やはり「ランブルスコ」、赤ワインが主役ですし、
 食文化としても欠かせない存在です。
 畑の割合でも約6割はマルツェミーノや
 ランブルスコと言った黒ブドウというイル・ファルネート。
 赤ワインが大量にストックしている問題を、
 少しでも改善できるかと考え、
 2021 年の収穫で、実験的に醸造しました。
 ブドウはジャンドンロッソと同じ畑、
 ランブルスコ系の黒ブドウがベースとなります。
 果皮と短時間のマセレーションの後にプレスし、
 バランスを見て白ブドウのモストを加えて醗酵。
 一般的な「チャーミングなロゼ」というより、
 ランブルスコからのタンニン、色素、
 そしてスペルゴラから太い酸。
 十分な飲みごたえと、ドライ心地よい
 飲み心地のロゼとなっております。
 どこか、単なるロゼというよりも、
 ランブルスコの土地ならではの
 「食欲をそそる」印象のある、
  魅力的な食中酒になっていました!

*品種:ランブルスコ サラミーノ50%、スペルゴラ25%
 樹齢10〜15年。
 収穫後、黒ブドウは除梗し果皮と共に
 短時間のマセレーション。
 プレスを行い果汁のみで醗酵が始まる。
 途中スペルゴラのモストを加え醗酵、
 タンク内で6ヶ月の熟成。
 ジャンドン・ロッソと同じ区画の
 黒ブドウより造られた、実験生産のロゼ。
 軽いタンニンと強めの 色調、
 酸を強調した飲み心地の良さ。
 非常にドライで食べ物を欲する、食中酒としてのロゼ。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

容量:750ml

生産年数:2021

生産国:イタリア・エミリア=ロマーニャ

生産者:イル・ファルネート

葡萄品種:マルヴァージア・ディ・カンディア

折りたたむ

  税込価格¥2,178(税抜き¥1,980)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・リボッラ・ジャッラ 2017

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・リボッラ・ジャッラ 2017

*IGT Venezia Giulia Bianco Ribolla Gialla 2017 / Damijan Podversic

*抜栓直後はエッジは丸くボリューム感がありましたが
 液体自体は閉じて硬い印象でしたが、
 30分後くらいから開き始め
 びっくりするくらいの質感と
 

続きを読む

芳醇な味わいに変化していきます。
 嬉しくてメモを取ることも忘れるくらい。
 厚みのある貴腐からくるあふれ出す様な
 ボリューム感は熟した花梨や洋梨、
 少し青みのあるハーブ感が底にあり
 心地良いコントラストを生みます。
 思いの外、クールで繊細さを持ち
 キレの良いドライな残像を残します。
 これはやられたな〜って印象です。
 2017年のスケール感は本当に凄い!
 ひとクラス上にステージが上がった印象です!
 9/8/2022試飲

 エヴィーノの新津くんの感動のコメントも添えます。
 一般的にいえば、2017年は春先の雨が少なく、
 夏の猛暑、高温でブドウが凝縮。
 さらに、暑すぎて果実の成長が止まってしまう、、。
 そんな事が起きたヴィンテージでした。
 もちろんダミアンの畑でも、例外なく凝縮したといいます。
 「ヴィンテージの特徴は1年間の気候に左右されるものではない、
 収穫前1ヶ月間の気候(気温差、雨、日照)によって
 色付けされる」、その言葉を裏付けるように、
 8月後半からまとまった雨が降り、
 それにつられ気温も一気に下がります。
 湿度も上がり、完熟した果実には
 ボトリティス(貴腐)が
 ほぼ全体に広がったと話すダミアン。
 結果、収穫も遅らせることができ、
 果実の成熟も 申し分ないというヴィンテージ。
 2017年の年末にカンティーナに訪問した時、
 まだ絞った直後という状態でしたが、
 今までのダミアンのワインには
 感じたことがないくらい、
 ワインとして完成していたのを
 今でもはっきりと覚えております。
 あれから5年近い年月が経ち、樽の中で完成し、
 ボトルの中でゆっくりと休ませたリボッラ・ジャッラ。
 個人的には今までで2014年が
 本当に素晴らしいと思っていたのですが、
 その2014年を上回る奥行きと複雑さ、繊細さ、、。
 とめどない貴腐の香り、余韻の終わりが見つかりません。
 間違い なく今までのダミアンを越える
 素晴らしいヴィンテージ、
 ぜひ皆さんに飲んでいただきたいワインです。

*品種:リボッラ・ジャッラ100%。
 樹齢:20〜40年。
 収穫を可能な限り遅らせることで
 最大限に成熟した果実、果皮には
 多くの貴腐の恩恵を受けたブドウと
 腐敗果を徹底し選果を行う
 徐梗して果皮、種子と共に3ヶ月、
 圧搾後、大樽にて36ヶ月、瓶内にて18ヶ月熟成。
 2017年は繊細さと奥行き、これまでの最高を更新したという、
 ダミアン渾身のヴィンテージです。
 インポーターはエヴィーノさん
 36本+6本+12本

生産年数:2017

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:リボッラ・ジャッラ

折りたたむ

  税込価格¥6,072(税抜き¥5,520)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・シャルドネ・ル・シャ 2020

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・シャルドネ・ル・シャ 2020

*Vino da Tavola Bianco Chardonnay
“Le Chat” 2020 / Le Coste di Gain Marco Antonuzi

*今回の試飲会で白の一番お気に入りのジャン・マルコはこちら!
 コクあり旨味あり、ピーンと張った緊張感の中に
 心地良い熟感を感じる果実感、
 密度がありリンゴや花梨に少しマンゴーの様なニュアンスも、
 そして彼らしいパワフルな酸とのコントラストが
 とっても良い感覚をもたらします。
 ぜひ体感あれ!
 8/9/2022試飲

続きを読む

*シャルドネ、樹齢50年前後、9月上旬に収穫。
 除梗を行い、プレスせずフリーラン ジュースのみ、
 ステンレスタンクにて約3週間の醗酵。
 500Lオーク樽にて12ヶ月、
 ボトル詰め後、6ヶ月の熟成。
 標高、樹齢の高いシャルドネより造られた
 実験的なシャルドネ。
 名前は仏語で猫「Chat」より。
 ブドウの熟度の高さを上回る酸の強さ。
 非常に味わい深いレ・コステの造る初めてのシャルドネ。
 インポーターはエヴィーノさん 6本

生産年:2020年

生産国:イタリア・ラッツォ

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:シャルドネ

折りたたむ

  税込価格¥6,292(税抜き¥5,720)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・リトロッツォ・ロッソ 2021

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・リトロッツォ・ロッソ 2021

*Vino da Tavola Litorozzo Rosso 2021 1,000ml / Le Coste di Gain Marco Antonuzi

*今年も平和なリトロッツォ・ロッソ!
 軽快で軽めの果実感に少し揮発のある酸は
 リトロッツォ・シリーズらしい!
 しっかりとしたタンニンが余韻に残る
 心地良い味わいです。
 8/9/2022試飲

続きを読む

*サンジョヴェーゼ主体、メルロー、チリエジョーロ。
 2021 は昨年同様、果皮との時間を短くし、
 凝縮した果実と全体のバランス感を意識して
 醸造したというジャン・マルコ。
 タンニンはあるものの、非常に軽やかでいて心地よい。
 果実にあふれた丸みの あるロッソ。
 ワイン単体でも心地良い、
 そしてやはり食欲を引き立てる味わい深いロ ッソ。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2021年

生産国:イタリア・ラッツォ

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:サンジョヴェーゼ主体、メルロー、チリエジョーロ

折りたたむ

  税込価格¥3,652(税抜き¥3,320)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・リトロッツォ・ビアンコ 2021

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・リトロッツォ・ビアンコ 2021

*Vino da Tavola Litrozzo Bianco 2020 1,000ml / Le Coste di Gain Marco Antonuzi

*今年は最初からマメの要素、
 レモネードの様な果実感はたっぷりとして
 揮発気味の酸が心地良く伸びますが....。
 8/9/2022試飲

続きを読む

*プロカーニコ主体、マルヴァジーア、その他ヴェルデッロ、
 ロッシェット、ロマネスコと いった
 モンテフィアスコーネの地ブドウが中心。
 2022年は除梗し数日間、
 果皮と共に醗酵が始まってから圧搾。
 表により収穫量が少なく、
 例年に比べブドウの凝縮を感じるヴィンテージ。
 ブドウ品種や土地の個性ではない
 「飲むことの楽しさ」を表現した1リットル。
 インポーターはエヴィーノさん 6本

生産年:2021年

生産国:イタリア・ラッツォ

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:プロカーニコ主体、マルヴァジーア、その他ヴェルデッロ、ロッシェット、ロマネスコ

折りたたむ

  税込価格¥3,652(税抜き¥3,320)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・リトロッツォ・ロザート 2021

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィーノ・ダ・タヴォラ・リトロッツォ・ロザート 2021

*Vino da Tavola Litrozzo Rosato 2021 1,000ml / Le Coste di Gain Marco Antonuzi

*サクランボの様な甘酸っぱい果実感
 柔らかいタッチで果実感に富みながら
 ジャン・マルコらしい酸が
 心地良い緊張感をもたらし
 フィニシュまでキレ良く楽しい味わいです。
 8/9/2022試飲

続きを読む

*アレアーティコ主体、サンジョヴェーゼ、
 メルロー、プロカーニコ。
 アレアーティコのみ短時間果皮と接触、
 サンジョヴェーゼ、メルローはプレスした果汁のみ、
 プロカー ニコはマセレーションしてからプレスし、
 合わせて醗酵を終える。
 2021年はアレアー ティコのフレッシュな果実が特徴的。
 甘やかな香りと柔らかい果実味飲み心地の良さ、
 味わいのバランスのとれたロザート。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2021年

生産国:イタリア・ラッツォ

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:アレアーティコ主体、サンジョヴェーゼ、メルロー、プロカーニコ

折りたたむ

  税込価格¥3,652(税抜き¥3,320)

イル・ファルネート
IGPエミリア・ロッソ・ベルツメイン 2019

イル・ファルネート
IGPエミリア・ロッソ・ベルツメイン 2019

*IGP Emilia Rosso Berzmein 2019 / Il Farneto

*滑らかな味わいはとってもスムーズに
 黒系の果実が優しく広がり、
 ほんのりと樽のニュアンスが残ります。
 抵抗の無い液体はタンニンも溶け込み
 心地良く過ごす日常的な味わいに
 逆に奥深い歴史観を感じるのです。
 7/14/2022試飲

続きを読む

*品種:マルツェミーノ、樹齢15年。
 除梗して約2週間のマセレーション。
 屋外に設置したセメントタンクにて野生酵母による醗酵を促す。
 その後冬の寒さを利用してオリ引きを行い、
 木樽(トノー)に移し12ヶ月の熟成。
 オリ引きの後にボトル詰め。

 パダナ平野を中心に広範囲で
 栽培されているマルツェミーノ。
 果皮が薄く「クオリティの高いワインには
 向かないブドウ」と言われており、
 日本にはあまり輸入されていないので
 知られていないかもしれません。
 しかしその軽さと果実味は、
 イタリアのテーブルワインには
 欠かせない存在でもあります。
 2019 年は冷涼なヴィンテージ、
 そして現在ワイン造りを任されているトマーゾが
 造り始めたヴィンテージという事もあり、
 これまでとは少し印象が変わっております。
 マルツェミーノ特有の果実、
 丸みの ある酸はそのままに、
 バランス感、軽やかさをまとった味わい。
 ヴィンテージ、土地、ブドウの個性が
 ワインの外郭(体)だとするなら、
 造り手は内側(精神)を表現している、
 そんな印象を受けます。
 輪郭のはっきりした味わい深いマルツェミーノ。
 食中酒として幅広く楽しんでいただける味わいです。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2019年

生産国:イタリア・エミリア=ロマーニャ

生産者:イル・ファルネート

葡萄品種:マルツェミーノ

折りたたむ

  税込価格¥2,123(税抜き¥1,930)

イル・ファルネート
IGPエミリア・ジャンドン・ロッソ 2020

イル・ファルネート
IGPエミリア・ジャンドン・ロッソ 2020

*IGP Emilia Giandon Rosso 2020 / Il Farneto

*こちらは再入荷!

*スミレのニュアンスにイチゴのフレーバー
 相変変わらずの心地良い味わいに
 しっとり感も出て気持ち良く
 スイスイといっちゃいます。
 7/14/2022試飲

*スパイスの効いた抜けの良い
 飲んでいて楽しくなるロッソ!
 飲み飽きない心地良さですよ!
 7/14/2021試飲

続きを読む

*品種:マルツェミーノ主体、マルボジェンティーレ、
    ランブルスコグラスパロッサほか。
 除梗し果皮と共に醗酵。
 セメントタンクにて醗酵・熟成。
 どこまでも気軽さを追求したワイン。
 インポーターはエヴィーノさん 12本+12本+12本+12本+12本

生産年:2020年

生産国:イタリア・ エミリア=ロマーニャ

生産者:イル・ファルネート

葡萄品種:マルツェミーノ主体、マルボジェンティーレ、ランブルスコグラスパロッサ

折りたたむ

  税込価格¥1,826(税抜き¥1,660)

イル・ファルネート
IGPエミリア・ビアンコ・スペルグレ 2021

イル・ファルネート
IGPエミリア・ビアンコ・スペルグレ 2021

*IGP Emilia Bianco Spergle 2021 / Il Farneto

*完熟したマンゴーや黄桃の様な果実感に
 しっかりとした酸が絡み
 甘夏ののようなめメリハリの効いた
 味わいを楽しめます。
 余韻は綺麗に伸びよくキレのある感じです。
 7/14/2022試飲

続きを読む

*スペルゴラ、樹齢5〜15年。
 収穫後、除梗して圧搾し
 ステンレスタンクで穏やかに醗酵。
 一部のブドウ(10%程度)は
 果皮と共に木樽にて1ヶ月、
 醗酵が終わり2つを合わせて
 タンクにて6ヶ月熟成。
 オリ引きののちのボトル詰め。
 非常に酸の高いスペルゴラという
 ブドウの個性はもちろん、果実の凝縮感、
 味わい深い白。 どうしても酸の強さが
 際立ってしまうスペルゴラですが、
 2021年はその酸を包み込むような
 完熟した果実を持った、理想的なヴィンテージ。
 ややピンクがかった色合いと果実味、
 高い位置で酸と果実もバランスが取れた、
 素晴らしいスペルゴラです。
 インポーターはエヴィーノさん 12本+12本

生産年:2021年

生産国:イタリア・エミリア=ロマーニャ

生産者:イル・ファルネート

葡萄品種:スペルゴラ

折りたたむ

  税込価格¥2,739(税抜き¥2,490)

フロリバンダ
スィドロ・アッラ・メーラ 2019

フロリバンダ
スィドロ・アッラ・メーラ 2019

*Sidro alla Mela 2019 / Floribunda

*正直、2019年を昨年試飲した時は水っぽくて
 スルーしました。
 確かに娘さんが関わってから、
 軽快になりましたが好みではありませんでした。
 ただ1年寝かせてコク、深みが数倍増し
 美味しくなったのには驚きが隠せませんでした。
 コクに香ばしさが出て美味しいのです。
 5/10/2021試飲

続きを読む

*品種:リンゴ(トッパス、ゴルドラッシュ、ピロート)、
 樹齢20年。収穫後、破砕・圧搾。
 小型のタンクにて緩やかに醗酵を行う。
 遅れて収穫したリンゴを圧搾、果汁を加えてボトル詰め、
 瓶内2次醗酵。スボッカトゥーラ(オリ抜き)せずにリリース。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2019年

生産国:イタリア

生産者:フロリバンダ

葡萄品種:リンゴ(トッパス、ゴルドラッシュ、ピロート)

折りたたむ

  税込価格¥2,332(税抜き¥2,120)

フロリバンダ
スィドロ・アッラ・メーラ・ロゼ 2020

フロリバンダ
スィドロ・アッラ・メーラ・ロゼ 2020

*Sidro alla Mela Rosato 2020 / Floribunda

*綺麗なキレのある酸の乗ったロゼ!
 最初のうちは少し薄く感じますが
 次第に開き出すと可愛らしいさくらんぼの様な
 香りが立ちます。
 5/10/2021試飲

続きを読む

*品種:リンゴ(トッパス45%、ピロート45%、
    レッドラヴ10%)
 樹齢20年。
 収穫後、破砕・圧搾。
 小型のタンクにて緩やかに醗酵を行う。
 遅れて収穫したリンゴを圧搾、
 果汁を加えてボトル詰め、瓶内2次醗酵。
 スボッカトゥーラ(オリ抜き)せずにリリース。
 果肉の赤いリンゴ(レッドラヴ)が
 加わることでロゼのシードルに。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2020年

生産国:イタリア

生産者:フロリバンダ

葡萄品種:リンゴ(トッパス、ピロート、レッドラヴ)

折りたたむ

  税込価格¥2,431(税抜き¥2,210)

フロリバンダ
アイ・フィオーリ・ディ・サンブーコ 2020

フロリバンダ
アイ・フィオーリ・ディ・サンブーコ 2020

*Sidro al Sambuco 2020 / Floribunda

*個人的に一番お気に入りはこのサンブーコ。
 コクと粘度、ハーブ感があり、
 液体全体に厚みと複雑さを兼ね備えてます。
 少し青目の薬草感がなんとも言えず
 バランスよく美味しかったですよ!
 5/10/2021試飲

続きを読む

*品種:リンゴ(トッパス50%、ピロート49%)、
    サンブーカの花1%、樹齢20年。
 収穫後、破砕・圧搾。醗酵が始まるタイミングで、
 サンブーカの花を加えて醗酵。
 遅れて収穫したリンゴを圧搾、
 果汁を加えてボトル詰め、瓶内2次醗酵。
 スボッカトゥーラ(オリ抜き)せずにリリース。
 SO2、酵母など完全無添加。
 サンブーカの花のあまやかな香りと清涼感、
 オリジナリティ溢れる組み合わせ。
 インポーターはエヴィーノさん 12本+12本

生産年:2020年

生産国:イタリア

生産者:フロリバンダ

折りたたむ

  税込価格¥2,431(税抜き¥2,210)

フロリバンダ
スィドロ・アッラ・コトーニャ 2020

フロリバンダ
スィドロ・アッラ・コトーニャ 2020

*Sidro alla Cotogna 2020 / Floribunda

*西洋花梨のフルーティ感と香ばしさ、
 花梨、花梨!って感じの2018年ほど花梨が
 支配していないので
 ほんのり柔らかいリンゴとのコントラストは
 とってもフルーティーでカクテル飲んでいる様です。
 花梨の風味が鼻から抜けて行きます。
 5/10/2021試飲

続きを読む

*リンゴ(トッパス40%、ゴルドラッシュ40%)、
 西洋カリン20%、樹齢20年。
 収穫後、破砕・圧搾。
 リンゴと同じ畑に育つカリンを加えて醗酵。
 保存しておいたリンゴ果汁を加えて
 ボトル詰め、瓶内2次醗酵。
 スボッカトゥーラ(オリ抜き)せず、
 そのままリリース。
 SO2、酵母など完全無添加。
 リンゴにはないタンニンを、カリンから補い、
 長期熟成に耐えるポテンシャルを秘めたシードル。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2020年

生産国:イタリア

生産者:フロリバンダ

折りたたむ

  税込価格¥2,431(税抜き¥2,210)

フロリバンダ
スィドロ・アッロ・ゼンゼロ 2020

フロリバンダ
スィドロ・アッロ・ゼンゼロ 2020

*Sidro allo Zenzero 2020 / Floribunda

*毎年お気に入りのジンジャー、
 2020年は残像に心地良いジンジャー感が
 残ってとっても良い感じ。
 ただ試飲会で次のワインを飲む時は口を洗わないと。
 コクというよりキレの良い印象。
 こちらも1時間後は景色が違いコクと深みが増しました。
  5/10/2021試飲

続きを読む

*品種:リンゴ(ゴルドラッシュ99%)、ショウガ1%。
 収穫したリンゴに、
 地元南チロルで栽培されたショウガを一緒に破砕。
 緩やかに醗酵を行い、
 リンゴ果汁を加えて瓶内2次醗酵。
 スボッカトゥーラ(オリ抜き)せず、
 そのままリリース。
 SO2、酵母など完全無添加。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2020年

生産国:イタリア

生産者:フロリバンダ

葡萄品種:リンゴ(ゴルドラッシュ)、ショウガ

折りたたむ

  税込価格¥2,431(税抜き¥2,210)

フロリバンダ
スィドロ・アッラ・メンタ 2020

フロリバンダ
スィドロ・アッラ・メンタ 2020

*Sidro alla Menta 2020 / Floribunda
*こう来るのね!
 余韻に爽快なミントを残す。
 リンゴのコクとほんのりとした果実感に
 クールミントのニュアンス。
 悪くないな?!
 少し笑いが出ちゃうけど
 とっても楽しめて、
 余韻の爽快感に心地良くなりますよ。
 5/10/2021試飲

続きを読む

*品種:リンゴ(ゴルドラッシュ80%、トッパス20%)、
 ミントの葉1%、樹齢20年。
 収穫後、破砕・圧搾。
 醗酵が始まるタイミングで、
 同じく畑に自生しているミントの葉を加え醗酵。
 遅れて収穫したリンゴを
 圧搾、果汁を加えてボトル詰め、瓶内2次醗酵。
 スボッカトゥーラ(オリ抜き)せずにリリース。
 SO2、酵母など完全無添加。
 彼の畑にはリンゴ以外にも
 様々な果樹、ハーブが植わっており、
 なんと今回はミント。
 フランツ曰く、
 「ミントのレッシュな香りを失わずに
 シードルに残すのがとても難しい」との事。
 ミントを加える方法やタイミングを変え、
 試行錯誤の末に出来上がった
 ミント入りシードルです。」
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2020年

生産国:イタリア

生産者:フロリバンダ

折りたたむ

  税込価格¥2,431(税抜き¥2,210)

レ・コステ
ヴィノ・ダ・ターヴォラ・ビアンコ 2020

レ・コステ
ヴィノ・ダ・ターヴォラ・ビアンコ 2020

*2020年は全くもって健全な印象でした。
 冷涼で酸の切れる印象はここ2,3年同様ですが
 思いのほかフレッシュな果実感が前面に出て
 素直な気持ち良い味わいです。
 (個人的にこのスタイルの方が僕は好みです。)
 遅れてくる中盤から様に開き出し、
 ふっくらとした盛り上がりのある花梨の様な味わいで
 ハーヴも絡みながら少し揮発気味の酸が
 とっても良いアクセントになっております。
 僕の好きなスタイルです。次回もお願いします。
 5/11/2022試飲

続きを読む

*プロカーニコ 70%、マルヴァジーア・ディ・カンデイア、
 ヴェルメンティーノ、他。
 樹齢10〜40年。
 収穫後、果皮と共に10日間、
 例年よりやや短いマセレーション(果皮浸漬)。
 圧搾後も大樽の中で醗酵、そのまま12ヶ月、
 ボトル詰め後6ヶ月の熟成。
 乾燥と遅霜により少ない収穫の 2020年、
 2019年に比べポテンシャルは感じられないものの、
 果実のフレッシュさ、飲み心地、
 飲み頃を感じる心地よさ。
 やや高めの揮発酸と全体のバランス感には、
 改めて感動させられる味わいです。

 2020年は、冬の水不足から始まり春先の遅霜。
 全体を通して乾燥したに日が続いたこともあり、
 ブドウ自体の収穫量が落ちた
 ヴィンテージだと話すジャン・マルコ。
 収穫量は少ないものの、
 カビなどの被害がほとんどない、
 理想的な収穫だったといいます。
 2019年のようなブドウの完熟、果皮の成熟を
 感じられなか ったこともあり、
 果皮との接触は例年に比べやや短め。
 いつも以上に飲み心地の良さを感じるビアンコ。
 開けたてよりすでに柔らかく、
 控えめなタンニンと心地 の良い酸。
 揮発酸についてはいつも通りですね(汗)。
 低くはないですが、ちょうど良いバランスで、
 より飲み心地に振れているように感じます。
 ワイン全体 に感じる清潔さ、
 昔のレ コステとは一味違う
 エレガントさを感じるビアンコ。
 毎年期待してしまいますが、
 いろんな意味で期待を裏切らない
 レ・コステらしさを忘れない、ビアンコとなっております。
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2020年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ

折りたたむ

  税込価格¥4,565(税抜き¥4,150)

ローズィ・エウジェニオ
IGTリフレッソ・ローズィ 2019

ローズィ・エウジェニオ
IGTリフレッソ・ローズィ 2019

*2019年も美味しい!
 香ばしい味わいはさくらんぼや桜茶の様で
 フレッシュで今の時期にピッタリ。
 泡は控えめに気持ち良い旨味のある酸の
 心地良い余韻が気持ちいい。
 6/16/2020試飲

続きを読む

*品種:メルロー、カベルネ ソーヴィニヨン、
    マルツェミーノ、
 樹齢20年前後の畑。
 黒ブドウより醸造したロゼに、
 圧搾した後の白ブドウのヴィナッチャ(果皮、種子)を加えて
 1ヶ月のマセレーション。
 デリケートなロゼを守るため、
 白ブドウの持つタンニン、要素を持たせる。
 突飛な手法でありながら、繊細さ、
 柔らかさを持った味わ い深いロザート。

 果皮の成熟が弱い黒ブドウを用いて造られるロザート。
 そこにアニーゾスから圧搾した果皮を加えることで、
 「白ブドウの持つ要素でワインを守る」、
 という独自のコンセプトより造られるワインです。
 2019年は収穫に恵まれ、非常に豊かな味わい。
 しっかりとした強い果実に、
 全体を引き締める白ブドウ由来のほのかなタンニン。
 繊細で柔らかいロザートに、
 白ブドウの果皮に残るエキスや
 旨みをプラスすることで、
 長い熟成にも耐えられるロザートになると
 考えたエウジェーニオ。
 色調はやや濃いですが、
 果実由来の旨みと酸の心地よさ、
 バランス感のあるロザートです。
 インポーターはエヴィーノさん 12本+4本+6本

生産年:2019年

生産国:イタリア

生産者:ローズィ・エウジェニオ

葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー

折りたたむ

  税込価格¥2,948(税抜き¥2,680)

インドミティ(シモーネ・アンブロジーニ)
IGTヴェネト・ロッソ・エニグマ 2020

インドミティ(シモーネ・アンブロジーニ)
IGTヴェネト・ロッソ・エニグマ 2020

*こちらのキュヴェのみ条件がつきます。
 お一人様1本、他の同額程度のアイテムを必ず

 『同時に同数』ご購入して下さい。




*名前通りの“謎”のキュヴェ



*とってもシルキーな口当たりにうっとり!

 少し青い印象なニュアンス。

 エレガントでエキゾチック、

 ダイレクトなコクのあるニュアンスで

 少し青みがかった果実に

 クールな伸びのある全体感。

 余韻旨味の乗った果実感に

 海藻の様な旨味のあるミネラルが残ります。

 4/25/2022試飲

続きを読む

*品種:非公表(生産者の意図で秘密にしておきたいとのことです。)
 醸造:手摘みで収穫したブドウを完全に除梗し、
    50%はセラミックのアンフォラで、
    50%はバリック(新樽は用いない)で温度管理せずに、
    野生酵母のみで自発的に発酵させる。
    酵素や酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、
    その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造。
    果皮浸漬はソフトなポンピングオーバーと
    パンチングダウンに留める。
    その後、シュール・リーの状態で自発的なマロ発酵と熟成。
    収穫翌年の初夏に無清澄、ノンフィルターで瓶詰め。
    SO2はボトリンク時も無添加。

 2020ヴィンテージは9月20日に収穫。
 総生産量1,000本。
 アルコール度数は12.5度。
 2021年11月時点のSO2 トータルは2.6mg/l。

 〜シモ-ネ・アンブロジーニ自身によるコメント〜
『このワインとエチケットデザインを表す言葉は「極東への未知の旅」です。
 エニグマとは謎を意味します。
 半世紀の歴史を持つ小さな区画で、2018年の収穫の1ヶ月間、
 私はこの区画は何かが違うと感じました。
 枝に付いているブドウは伝えられている品種ではありませんでした。
 私はブドウを味わって考えました。
 まるで極東を思わせる濃い紫色と胡椒のような感覚。
 私はこのブドウを単体で醸造して、
 ワインの物語を発見したいという欲求に駆られました。
 1年後、様々な調査をしてこのブドウの品種を発見しました。
 しかし、私はそれを秘密のままにすることにしました。
 今日の世界では誰もが全てのことを知っています。
 秘密を残しておくことは、
 失われてしまった親密さを育むことに似ているからです。』
 輸入元はVIVITさんです。6本

生産年:2020年

生産国:イタリア・ヴェネト

生産者:インドミティ(シモーネ・アンブロジーニ)

葡萄品種:非公表(生産者の意図で秘密にしておきたいとのことです。)

折りたたむ

  税込価格¥7,128(税抜き¥6,480)

インドミティ(シモーネ・アンブロジーニ)
IGTヴェネト・ロッソ・ロタイ 2020

インドミティ(シモーネ・アンブロジーニ)
IGTヴェネト・ロッソ・ロタイ 2020

*地場品種タイ・ロッソから造るエレガントで美しい味わいのキュヴェ!


*中肉中背のなんとも言えない心地良い味わいにニッコリ!。

 ざくろのようなアロマが口いっぱいに広がり、

 甘酸っぱい果実のニュアンスとクリアーな酸に

 綺麗な伸びの良いタンニンがからむ。

 フレッシュなカシスや杏に

 柔らかいミネラルが心地よく絡む楽しい余韻は

 優しい出汁に心地よく残る酸がとても爽快な印象です。

 4/25/2022試飲

続きを読む

*品種:タイ・ロッソ(フリウラーノ・ロッソ)100%
 醸造:手摘みで収穫したブドウを完全に除梗し、
    セラミックのアンフォラで温度管理せずに、
    野生酵母のみで自発的に発酵させる。
    酵素や酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、
    その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造。
    果皮浸漬はソフトなポンピングオーバーと
    パンチングダウンに留める。
    その後、シュール・リーの状態で自発的なマロ発酵と熟成。
    収穫翌年の初夏に無清澄、ノンフィルターで瓶詰め。
    ボトリング後のワインのネガティブな反応を避けるために、
    瓶詰め時に限り必要最小限のSO2を添加。

 2020ヴィンテージは9月14日に収穫。
 総生産量1,800本。
 アルコール度数は12度。
 2021年11月時点のSO2トータルは43mg/l。
 2020ヴィンテージはアルコール発酵後の試飲で
 揮発酸が上昇する兆候があったため、
 それを避けるために、
 極めて例外的に発酵後に必要最小限のSO2を添加した。

 ~シモ-ネ・アンブロジーニ自身によるコメント~
 『このワインとエチケットデザインを表す言葉は
 「戦うために筋肉は必要ない」です。
 ラミンゴとは「戦う」という意味です。
 私達はアイデアのために戦います。
 価値のために戦います。
 私達が戦う理由は沢山あります。
 私は戦うためにテロワールを選びました。』
 輸入元はVIVITさんです。12本

生産年:2020年

生産国:イタリア・ヴェネト

生産者:インドミティ(シモーネ・アンブロジーニ)

葡萄品種:タイ・ロッソ(フリウラーノ・ロッソ)

折りたたむ

  税込価格¥4,928(税抜き¥4,480)

インドミティ(シモーネ・アンブロジーニ)
IGTヴェネト・ビアンコ・アルガ 2020

インドミティ(シモーネ・アンブロジーニ)
IGTヴェネト・ビアンコ・アルガ 2020

*最良の区画で遅摘みしたブドウから造られる
 ガルガネーネガの上級キュヴェ。



*鉱物的なタンニンとスパイスに印象。

 不純物を削げ落とした硬水のようにシンプルは

 心地良い緊張感を持ち、

 少しタンニンを感じながら

 レモン水やグレープフルーツの様なのニュアンスで

 伸びの良い爽快感を楽しめます。

 オレンジビターにミントが絡む余韻が印象的。

 それにしても心地良い。

 不安な要素に怯えあることもありませんね!

 4/24/2022試飲

続きを読む

*品種:ガルガネーガ100%
 醸造:手摘みで収穫したブドウを
3日間スキンコンタクトして圧搾。
グラスファイバーの発酵層で温度管理せずに、
野生酵母のみで自発的に発酵させる。
酵素や酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、
    その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造。
    その後、シュール・リーの状態で
    自発的なマロ発酵と熟成。
    収穫翌年の初夏に無清澄、ノンフィルターで瓶詰め。
    ボトリング後のワインのネガティブな反応を避けるために、
    瓶詰め時に限り必要最小限のSO2を添加。

 2020ヴィンテージは10月7日に収穫。
 総生産量1,000本。
 アルコール度数は10.5度。
 2021年11月時点のSO2トータルは17mg/l。

 〜シモ-ネ・アンブロジーニ自身によるコメント〜
 『このワインとエチケットデザインを表す言葉は
 「戦闘的、野生的で自由」です。
 アルガとは古代サンスクリット語で
 「天国⼥王」を意味します。
 自由を守るために戦う使者であり、
 より自分らしくなっていきます。』
 輸入元はVIVITさんです。12本

生産年:2020年

生産国:イタリア・ヴェネト

生産者:インドミティ(シモーネ・アンブロジーニ)

葡萄品種:ガルガネーガ

折りたたむ

  税込価格¥4,158(税抜き¥3,780)

インドミティ(シモーネ・アンブロジーニ)
IGTヴェネト・ビアンコ・ラミンゴ2020 2020

インドミティ(シモーネ・アンブロジーニ)
IGTヴェネト・ビアンコ・ラミンゴ2020 2020

*ソーヴィニョンとピノ・ビアンコが混植された区画のブドウを
 フィールド・ブレンドで醸造したキュヴェ。



*程良いコクのある液体は下層に熟した柑橘系や

 杏の様なのアロマがあります。

 深みのある二重構造は

 リンゴや梅の柔らかくふっくらとした果実に

 抜けの良いミントなニュアンスがあります。

 フレッシュでダイレクトな果実の旨味が余韻に残ります。

 懐の深い低重心のなんとも言えない味わいなのです。

 4/25/2022試飲

続きを読む

*品種:ソーヴィニョン・ブラン60%、ピノ・ビアンコ40%。
 醸造:ソーヴィニョン・ブランと
    ピノ・ビアンコを同じ日に同時に手摘みで
    収穫3日間スキンコンタクトして圧搾。
    2品種をまとめてグラスファイバーの発酵層で
    温度管理せずに、野生酵母のみで自発的に発酵させる。
    酵素や酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、
    その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造。
    その後、シュール・リーの状態で
    自発的なマロ発酵と熟成。
    収穫翌年の初夏に無清澄、ノンフィルターで瓶詰め。
    ボトリング後のワインのネガティブな反応を避けるために、
    瓶詰め時に限り必要最小限のSO2を添加する。

 2020ヴィンテージはソーヴィニョン・ブランが9/1、
 ピノ・ビアンコが9/6 に収穫。
 総生産量2,500本。
 アルコール度数は12度。
 2021年11月時点のSO2トータルは46mg/l。
 2020ヴィンテージはアルコール発酵後の試飲で
 揮発酸が上昇する兆候があったため、
 それを避けるために、極めて例外的に
 発酵後に必要最小限のSO2を添加した。

 〜シモ-ネ・アンブロジーニ自身によるコメント〜
 『このワインとエチケットデザインを表す言葉は
 「あなたは今居いる場所を離れることなく、どこにもいる。」です。
 ラミンゴとは特定の目標なしにさまよう人
 (放浪者・バガボンド)です。
 この名前を選んだ理由はいくつかあります。
 インドミティのセラーは、
 他の生産者と共有されている空間を求めて移動します。
 さすらいのさまようセラーです。』
 輸入元はVIVITさんです。12本

生産年:2020年

生産国:イタリア・ヴェネト

生産者:インドミティ(シモーネ・アンブロジーニ)

葡萄品種:ソーヴィニョン・ブラン、ピノ・ビアンコ

折りたたむ

  税込価格¥4,598(税抜き¥4,180)

インドミティ(シモーネ・アンブロジーニ)
IGTヴェネト・ロザート・オザイ 2020

インドミティ(シモーネ・アンブロジーニ)
IGTヴェネト・ロザート・オザイ 2020

*地場品種タイ・ロッソから造るロゼワイン


*還元が多少ありますがすぐに消えます。

 柔らかいさくらんぼ水のようなフレッシュな果実感は

 ダイレクトにふっくらとした果実のニュアンスを感じます。

 ほんのり甘みも感じながらフレッシュな果実の酸と

 まろやかな余韻にむかいます。

 あんみつのさくらんぼみたいにまろやか。

 酸心地良いのです。

 4/25/2022試飲

続きを読む

*品種:タイ・ロッソ(フリウラーノ・ロッソ)100%
 醸造:手摘みで収穫したブドウを完全に除梗した後、
    ソフトなパンチングダウンを行いながら
    3日間の果皮浸漬。
    その後、圧搾して果皮と果汁を分離し、
    グラスファイバーの発酵層で温度管理せずに、
    野生酵母のみで自発的に発酵。
    酵素や酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、
    その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造。
    その後、シュール・リーの状態で自発的なマロ発酵と熟成。
    収穫翌年の初夏に無清澄、ノンフィルターで瓶詰め。
    ボトリング後のワインのネガティブな反応を避けるために、
    瓶詰め時に限り必要最小限のSO2 を添加する。

 2020ヴィンテージは9月10日に収穫。
 総生産量1,500本。
 アルコール度数は12度。
 2021年11月時点のSO2トータルは15mg/l。

 〜シモ-ネ・アンブロジーニ自身によるコメント〜
 『このワインとエチケットデザインを表す言葉は
 「信じて、夢見ること。」です。
 オザイとは「勇気。思い切ってすること。」という意味です。
 このロゼワインは、バランスとの境界で
 エレガントさを獲得しました。
 私たちは既成概念を一度忘れなければなりません。
 勇気、思い切ってすること、
 果敢に挑戦することによって
 新しいものが生まれるのです。』
 輸入元はVIVITさんです。12本

生産年:2020年

生産国:イタリア・ヴェネト

生産者:インドミティ(シモーネ・アンブロジーニ)

葡萄品種:タイ・ロッソ(フリウラーノ・ロッソ)

折りたたむ

  税込価格¥4,378(税抜き¥3,980)

インドミティ(シモーネ・アンブロジーニ)
IGTヴェネト・ロゼ・フリッツアンテ・オップラ 2020

インドミティ(シモーネ・アンブロジーニ)
IGTヴェネト・ロゼ・フリッツアンテ・オップラ 2020

*毎年造りが変わるインドミティのエントリー・キュヴェ

*豊富なミネラルに、ドライトマト、
 青みを感じながら
 程良い果実感にイチゴのニュアンスが広がり
 爽快感のある伸びの良い味わいです。
 余韻にイチゴに紅茶、花梨の香ばしいニュアンス、
 そしてスパイスの旨味を感じる余韻に向かいます。
 4/25/2022試飲

続きを読む

*品種:ピノ・ビアンコ50%、ガルガネーガ30%、
    タイ・ロッソ20%
 醸造:手摘みで収穫したブドウを
    4~5日間スキンコンタクトして圧搾。
    全ての品種を一緒にグラスファイバーの発酵層で
    温度管理せずに、野生酵母のみで自発的に発酵。
    酵素や酒石酸、濃縮物、矯正剤、安定剤、
    その他の醸造添加物は一切付け加えずに醸造。
    その後、シュール・リーの状態で自発的なマロ発酵と熟成。
    収穫翌年の初夏に無清澄、ノンフィルターで瓶詰め。
    収穫時に、すぐに冷却して保存しておいた
    マストの一部を、リキュール・ド・ティラージュとして
    添加して瓶内二次発酵を行う。
    ブドウ果汁以外の糖分や酵母、亜硫酸などの
    添加は一切ありません。
    また、濾過もデゴルジュマンも行いません。
    このため、澱に由来する濁りがあり、
    残糖も殆どないナチュラルなアプローチで
    造られたフリッツァンテです。
    ボトリング後のワインのネガティブな
    反応を避けるために、瓶詰め時に限り
    必要最小限のSO2を添加。

 2020ヴィンテージは9月2日に収穫。
 総生産量2,800本。
 アルコール度数は11度。
 2021年11月時点のSO2トータルは22mg/l。

 〜シモ-ネ・アンブロジーニ自身によるコメント〜
 『オップラとはイタリア語で、
 ジャンプをする時に発する掛け声です。
 インドミティのワインを発見するには、
 どこかから始めなければなりません。
 オップラはその旅を始めるための出発点、ジャンプです。
 エチケットデザインにはそんな意味を込められています。
 ワインはフレッシュ感を備えていて、
 アペリティフに最適です。』
 輸入元はVIVITさんです。12本

生産年:2020年

生産国:イタリア・ヴェネト

生産者:インドミティ(シモーネ・アンブロジーニ)

葡萄品種:ピノ・ビアンコ、ガルガネーガ、タイ・ロッソ

折りたたむ

  税込価格¥3,828(税抜き¥3,480)

ラルコ
アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ 2016

ラルコ
アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ 2016

続きを読む

*限定で入荷です。
 ブドウ品種:コルヴィーナ55%、ロンディネッラ35%、
       モリナーラ5%
 収穫の際には入念な選果を行い、
 専用の部屋でお盆にのせて90~100日間乾燥 させる。
 乾燥させると、ブドウは重量にして30~40%にもおよぶ水分を失い、
 その結果、糖とエキス分がさらに凝縮する。
 さらにこの期間には、ブドウには「貴腐菌」 が発生する。
 この菌は、アマローネ特有の官能的要素と構造を与えるのに非常に
 重要な働きをする。
 乾燥させられたブドウは圧搾され、数日のマセレーションの後、
 およそ45日間続くアルコール醗酵が始まる。
 醗酵の後、定期的に澱引きを 行いながら、
 7月中旬までステンレスタンクで落ち着かせられる。
 その後、ワインは 2.25~20ヘクトリットルの
 スラヴォニアンオークで4年間熟成される。
 官能的特徴:
 ヴァルポリチェッラの伝統によって受け継がれてきた
 この特別なワインは、ガーネットカラーを呈し、
 よく熟した果実やアルコールに漬けた
 チェリーのアロマがあり、充実した確固たる味わいがある。
 煮込み料理やロースト、野禽、熟成させた チーズによくあう。
 このワインの特徴を最大限楽しむためには、
 飲む8時間前には 抜栓するべきだ。
 提供温度は18℃で。
 ラシーヌさんの資料より
 インポーターはラシーヌさんです。6本

生産年:2016年

生産国:イタリア

生産者:ラルコ

折りたたむ

  税込価格¥10,692(税抜き¥9,720)

ラルコ
ロッソ・デル・ヴェロネーゼ・パリオ 2017

ラルコ
ロッソ・デル・ヴェロネーゼ・パリオ 2017

続きを読む

*ブドウ品種:コルヴィーナ50%、ロンディネッラ35%、
       モリナーラ、クロアティーナあわせて
       15%のブレンド。
 アマローネのように作ったワインと、
 リパッソしたワインを50%ずつ混ぜたワイン。
 優れた房を選別して収穫した後、
 専用の部屋でお盆にのせて90〜100日間乾燥させる。
 乾燥させられたブドウは圧搾され、
 数日のマセレーションの後、
 およそ20日間続くアルコール発酵が始まる。
 発酵の後、定期的に澱引きを行いながら、
 6月中旬までステンレスタンクで落ち着かせられる。
 その後、2つのワインは混ぜられ、
 2.25から20ヘクトリットルのスラヴォニアンオークで
 3年間熟成される。
 ラシーヌさんの資料より
 インポーターはラシーヌさんです。6本

生産年:2017年

生産国:イタリア

生産者:ラルコ

折りたたむ

  税込価格¥5,544(税抜き¥5,040)

ヴァルテル・デ・バッテ・プリマ・テッラ
ロザート・プリマ・テッラ2019 2019

ヴァルテル・デ・バッテ・プリマ・テッラ
ロザート・プリマ・テッラ2019 2019

*Rosato Prima Terra 2019 / Walter de Batte Prima Terra

*凝縮した何とも言えないロゼはコクのある梅味、
 もう赤に近い厚みと凝縮感、旨味コクを備えています。
 それにしても懐の深い、キチッと向き合って時間をかけて
 洞察する出来るロゼってあまりないと思いますが...。
 相当ビックリのポテンシャルにほくそ笑んでしまいます。
 そのくらい素敵な味わいなのです。
 4/13/2022試飲

続きを読む

*品種:サンジョヴェーゼ 75%、ヴェルメンティーノ ロッソ、
    カナイオーロ、メルロー、
 樹齢:20年〜30年。
 海の影響を強く受けたサンジョヴェーゼ。
 収穫後、約半日果皮と共にし、
 醗酵が始まるタイミ ングでモストのみで醗酵。
 ステンレスタンクにて6ヶ月の熟成。
 非常に凝縮したブドウだけに、高いポテンシャルと
 凝縮感を感じるロゼ。
 2年の熟成を経ても、まだこれから先を期待させる味わい。
 
 新津くんのコメント
 スカーナのカッラーラに隣接した、
 コッリ・ディ・ルーニのエリアにあるサンジョヴェーゼ、
 「Tonosトノス」の畑。
 ブドウに対しての選別眼が異様に高いヴァルテル、、。
 少しでも納得がいかないと、醸造さえ行いませんでしたが、
 赤として醸造するには納得できないが、
 果実自体は全く問題のないブドウ(果皮の成熟が足りないなど)を、
 ロザートとして実験的に造り始めました。
 彼が納得いかないブドウでも、
 はたから見たら十分すぎるポテンシャル、、汗。
 やはり早飲みというよりも、ある程度の熟成を求められる事は
 仕方のない結果かもしれません。
 リリースから2年経ち、だいぶ熟成も進みましたが、
 まだまだ先を感じるポテンシャル溢れる味わいです。
 インポーターはエヴィーノさん。6本

生産年:2019年

生産国:イタリア・リグーリア

生産者:ヴァルテル・デ・バッテ・プリマ・テッラ

葡萄品種:サンジョヴェーゼ 、ヴェルメンティーノ ロッソ、カナイオーロ、メルロー

折りたたむ

  税込価格¥4,873(税抜き¥4,430)

ボナヴィータ
ヴィノ・ダ・ターヴォラ・ロザート 2019

ボナヴィータ
ヴィノ・ダ・ターヴォラ・ロザート 2019

*ドライでなんて飲み心地良いロゼなんでしょう!
 ロゼと赤の中間な印象、
 チェリーやカシスの果実感がしっかりと詰まって
 タンニンも溶け込んでメリハリと緊張感を生みます。
 可愛らしさも残しつつ奥深さも感じるのです。
 ぜひお試しあれ!
 4/13/2022試飲

続きを読む

*ブドウ品種:ネレッロ・マスカレーゼ、
       ネレッロ・カップッチョ、ノチェッラ
 樹齢:30〜55年。
 収穫後果皮と共に12時間、
 醗酵が始まるのを待ってから圧搾。
 一部セメントタンクにて醗酵を行う。
 果皮のタンニン、エキスを持った
 熟成の可能性を感じるロゼ。
 リリースより2年の熟成期間 によって、
 素晴らしい状態になりました。
 日照に恵まれた2019年、気温の高いシチリアで、
 10月近くまで待ってから収穫される、
 完熟した果皮の持つ香り、複雑さ。
 魅力的なロザート。
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2019年

生産国:イタリア

生産者:ボナヴィータ

葡萄品種:ネレッロ・マスカレーゼ、ネレッロ・カップッチョ、ノチェッラ

折りたたむ

  税込価格¥3,058(税抜き¥2,780)

コッレ・サン・マッシモ
メーノ・ロッソ 2020

コッレ・サン・マッシモ
メーノ・ロッソ 2020

*なんて言うか、この人のワインには気負いがない。
 そんなピュアさは最初から一貫してます。

 もちろん思想や観念でワインを作っていない

 (思想や観念、政治的な背景のあるワインは苦手なんです。)

 森田屋お気に入りの感性のなすがままに

 多面的に一帯になったワインなんですね〜。

 

*透

続きを読む

明感のあるロゼはドライで可愛らしさもあります。

 スモモのような味わいと酸、少しビターなニュアンスの液体は

 フレッシュ感となんの抵抗もない滑らかで

 伸びの良い気持ち良さ。

 エンリーコ自身のセンスの良さが一番感じられるロゼ、

 心が洗われる味わいは嬉しすぎます。

 濁った森田屋にとってはね!

 4/13/2022試飲



*人気の為、ご注文が集中した場合は振り分けさせていただきます。

*モンテプルチアーノ100%、
 樹齢40〜50年。
 粘土質土壌。収穫後、除梗し果皮と共に約半日、
 野生酵母による醗酵を促す。
 圧搾後、セメントタンクにて10ヶ月の熟成。
 チェラスオーロという考えで造られたロゼ。
 冷涼で酸の際立つヴィンテージ、
 今まで以上に心地よい飲み心地とバランス感。
 飲むほどに癒しを感じる、コッレ・サン・マッシモの
 魅力あふれる味わい。

 エヴィーノさんのコメント
 (meno=色が少ない)という意味合いのロゼ、
 土地の言い方であればチェラスオーロ・ダブルッツォ、
 2020ヴィンテージが到着です。
 昨年に続き、ロッソとともに同じ量が入荷しております。
 2020年は全体的に酸が主体となる繊細さを持ったヴィンテージ。
 果実と酸のバランスが良く、
 昨年以上に素晴らしい飲み心地を感じます。
 ボトル詰めしてから、今までよりも少し長く休ませたことで、
 ワイン自体に安定感を感じられるようになりました。
 DOCを取っていないためチェラスオーロとは名乗れませんが、
 しっかりと抽出した色調と芯のあるタンニン、
 それでいてエンリーコらしい柔らかさと質感には、
 癒しさえ感じる味わい。
 「特別なワイン」というよりも、
 日常を彩るような気軽さと柔らかさ、
 心地よさを持ったワインです。

*人気の為、ご注文が集中した場合は振り分けさせていただきます。

 インポーターはエヴィーノさん。18本

生産年数:2020

生産国:イタリア

生産者:コッレ・サン・マッシモ

葡萄品種:モンテプルチアーノ

折りたたむ

  税込価格¥3,036(税抜き¥2,760)

コッレ・サン・マッシモ
ビアンコ 2020

コッレ・サン・マッシモ
ビアンコ 2020

*こちらは今回も裏物?


*なんて言うか、この人のワインには気負いがない。

 そんなピュアさは最初から一貫してます。

 もちろん思想や観念でワインを作っていない

 (思想や観念、政治的な背景のあるワインは苦手なんです。)

 森田屋お気に入りの感性のなすがままに

 多面的に一帯になったワイ

続きを読む

ンなんですね〜。

 

*枯れ草やリンゴ、スパイスの効いた味わいは

 心地良いミネラル感に支配されキレ良く支配しますが

 口の中でまろやかに膨らみ、

 少し桃のにゆアンスも感じてきます。

 あくまでもドライなのに感性が豊か、

 なんとも言えない清々しさと

 フルーティーでスパイスの余韻が細長く続くのでです。

 4/13/2022試飲



*人気の為、ご注文が集中した場合は振り分けさせていただきます。

*トレッビアーノ70%、パッセリーナ25%、マルヴァジーア5%。
 収穫後、除梗し約2週間、果皮とと もに醗酵を促す。
 圧搾後セメントタンクにて醗酵を終え、
 そのまま6ヶ月熟成。
 雨が多く冷涼な 2020、長いマセレーションの印象よりも
 酸と果実味のバランス、
 奥行きのある素晴らしいヴィンテージ。
 数の少なさが悔やまれる味わい。

エヴィーノさんのコメント
 白ブドウの畑があまりに少ないため、毎年100〜200本程度しか
 造っていないという少なさにもほどがある彼のビアンコ。
 2020年は決して天候に恵まれなかったわけではないが、
 やや低温で果実よりも酸が際立つヴィンテージだと話すエンリーコ。
 白ブドウは果皮と共に2週間という、
 過去最長のマセレーション、
 醗酵行ったヴィンテージでもあります。
 しかし、ワインには強い果皮の印象はなく、
 果皮と長く置くことでワインを守っている印象を感じます。
 全体に感じる酸の高さと繊細な果実味、
 いつも以上に奥行きを持ったヴィンテージ。
 その果実的な丸みと柔らかさ、
 抵抗なく染み込むかのような優しい味わいを持ったビアンコ。
 毎年思いますが、
 生産量の少なさが心から悔やまれるワインです。
*人気の為、ご注文が集中した場合は振り分けさせていただきます。
 インポーターはエヴィーノさん。12本

生産年数:2020

生産国:イタリア

生産者:コッレ・サン・マッシモ

葡萄品種:トレッビアーノ、パッセリーナ、マルヴァジーア

折りたたむ

  税込価格¥3,036(税抜き¥2,760)

コッレ・サン・マッシモ
ロッソ 2019

コッレ・サン・マッシモ
ロッソ 2019

*なんて言うか、この人のワインには気負いがない。
 そんなピュアさは最初から一貫してます。

 もちろん思想や観念でワインを作っていない

 (思想や観念、政治的な背景のあるワインは苦手なんです。)

 森田屋お気に入りの感性のなすがままに

 多面的に一帯になったワインなんですね〜。

 

*気

続きを読む

持ち良いほどリズムが良く彼の感性がキラキラと

 輝いているワインです。

 味わいはアセロラやさくらんぼ、

 酸はハリがあってカチッとしながら

 きめの細かいタンニンとのコントラストで

 全体を占めております。

 なんて気持ち良いんだろう!

 4/13/2022試飲



*人気の為、ご注文が集中した場合は振り分けさせていただきます。

*モンテプルチアーノ100%
 樹齢40~50年。粘土質土壌。
 収穫した果実を除梗し果皮、種子とともに
 野生酵母による醗酵を促す。
 圧搾後そのままセメントタンクにて6ヶ月間の熟成。
エヴィーノさんのコメント
 以前は「Piu Rosso ピウ・ロッソ」という名前でしたが、
 生産量の少なさえお解消するため造り分けることを止めたので、
 名前がシンプルになりました。
 シンプルな名前ですが中身はモンテプルチアーノ・ダブルッツォ。
 DOCを申請していないため名乗っておりません。
 2019年は天候に恵まれた 素晴らしいヴィンテージ。
 果実の密度、酸、甘味を感じるタンニンはそのままに、
 ワイン自体に清潔感、透明感を感じるヴィンテージ。
 親しみやすさだけではない、凛とした姿勢の良さ、
 エレガントさを感じます。
 モンテプルチアーノという、ブドウのポテンシャルを
 ストレートに感じつつも、決して気張らない柔らかい果実味。
 造り手の思いや意志がワインに伝わるのだとしたら、
 このワインにはエンリーコ自身の穏やかさ、
 優しさを感じるワインなのだと感じます。
 改めて、コッレ サン マッシモの魅力に気づかされる味わいです。

*人気の為、ご注文が集中した場合は振り分けさせていただきます。

 インポーターはエヴィーノさん。18本

生産年数:2019

生産国:イタリア

生産者:コッレ・サン・マッシモ

葡萄品種:モンテプルチアーノ

折りたたむ

  税込価格¥3,553(税抜き¥3,230)

クロチッツィア
VdTロッソ・オトーボル 2020

クロチッツィア
VdTロッソ・オトーボル 2020

*再入荷です!


*正直、こんな心地良いワインを伝えきれない

 能力の無さを後悔しますよ!

 華やかでしなやかな口の中で膨らむ液体は

 程良い熟度に綺麗な酸が乗っています。

 とってもジューシーな果実感が口一杯に広がります。

 泡もきめ細かく広がるのですよ!

 デュマさん、良いワイン持ってくるセンスは抜群ですね!

 難しくない気持ち良さですよね!

 1/17/2022試飲

続きを読む

*品種:バルベーラ
 Alc:12.50%
 残糖:3.9g/L
 総亜硫酸:2.3mg/L
 遊離型亜硫酸:未検知
 ガス圧:3.6bar

 例年に比べややドライだった2019年より、
 2020年の方がいつものこのキュヴェのイメージ。
 2019年では冷やしめの10度くらいから始めて、
 最終仕上がり15度くらいにとおすすめしたが、
 2020はあまり冷やしすぎず、
 スタートから12,13度くらいでも良さそう。
 生産者のマルコはotòbborを試飲しながら
 しきりに「バルベーラはピッツァを呼ぶ
 (ピッツァが食べたくなる)んだよ」と言っていました。

 ワイン名の由来
 ottobre(オットーブレ=10月)のエミリア方言。
 昔はバルベーラの収穫が10月に行われていたことから。
 ル・ヴァン・ナチュールさんから。12本+6本+12本+12本

生産年:2020年

生産国:イタリア

生産者:クロチッツィア

葡萄品種:バルベーラ

折りたたむ

  税込価格¥3,388(税抜き¥3,080)

ローズィ・エウジェニオ
IGTカベルネ・フラン NV(14.15.16)

ローズィ・エウジェニオ
IGTカベルネ・フラン NV(14.15.16)

*2本復活。
 他のワインをお買い上げのお客様優先です。

*口に入った瞬間から夢心地!
 しなやかで滑らかな液体は
 どんどんと変化していきながら
 そこ時からのあるしっかりとした骨格も感じます。
 本当に驚きの1本なのです。
 入荷数が少ないので1ケース確保がやっとでしたが
 静かな感動は心を穏やかにしてくれるのです。
 2/7/2022試飲

*限定のワインの為、お一人様1本で。
 ご注文が集中した場合は
 他のワインをご購入のお客様を優先します。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

続きを読む

*品種:カベルネ・フラン100%
 樹齢30年、すべてフランコ ピエーデ(自根)にて植樹された畑。
 強烈な砂質土壌。収穫後古バリックにて
 2週間以上のマセレーション、
 野生酵母による醗酵を促す。
 2014年、2015年、2016年という3つのヴィンテージを
 組み合わせる(一部を注ぎ足す) ことで、
 醗酵期間(酵母の活動期間)を伸ばし、
 果皮でもSO2でもなく酸化のリスクを軽減するという
 オリジナリティあふれるワイン。
 イタリアのフランにはない、
 軽やかさと繊細さをもっています。
 今回のロットは特にしなやかさ、
 飲み心地の良さ、そして奥行きを感じる味わいです。

 ロヴェレート近郊の砂質土壌の畑より
 収穫されるカベルネ・フラン。
 カベルネ・ソーヴィニヨンとは違い、その繊細さ、
 柔和さが特徴ともいえるブドウ。
 「エゼジェズィのように、マセレーションを長くする方法では、
 カベルネ フランの繊細さを包み隠してしまう、、」
 そこで彼がたどり着いたのはマルサーラや
 シェリーなどで行われているソレラという手法。
 「果皮によってワインを守るのではなく、
 酵母の活動期間を長く継続させることで、
 酸化を恐れずにSO2にも頼らずに、
 樽での長い熟成ができる」、そう考えるエウジェーニオ。
 圧搾した2014年のフランは極力酸素との接触を避けながら熟成。
 そして翌年の収穫、醗酵に合わせオリ引きを行い、
 ここに醗酵が終わりきる前の2015年を加える、
 すると活動している2015年の酵母によって、
 全体が活性 化する。
 翌年に同じタイミングで、
 もう一度繰り返し3つのヴィンテージで
 3年間の熟成をするという、独創的すぎる醸造のメカニズム。
 十分に完熟したトレンティーノのカベルネ・フラン。
 イタリアワインでみると、どうしても固定観念で
 「重い、強い」と意識しがちです。
 しかし、非常に繊細な果実と心地よい酸。
 複雑な味わいとは相反する飲み心地の良さです。
 良い意味で想像を裏切ってくれるカベルネ・フランだと思います。
 特に今回の14.15.16は各ヴィンテージの天候の違いが、
 良い意味でワインに反映されていると思います。
 アプローチは奇抜過ぎますが、
 味わいは一切の不安定さのない完成度を持ったワインです。

*限定のワインの為、お一人様1本で。
 ご注文が集中した場合は
 他のワインをご購入のお客様を優先します。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:NV(14.15.16)年

生産国:イタリア

生産者:ローズィ・エウジェニオ

葡萄品種:カベルネ・フラン

折りたたむ

  税込価格¥6,688(税抜き¥6,080)

クロチッツィア
VdTロッソ・マルクアウレーリオ 2020

クロチッツィア
VdTロッソ・マルクアウレーリオ 2020

*僕の好きなヴィットーリオ・グラツィアーノとは違う、
 ドライなんですがほんのり優しさのあるランブルスコ!

 クロチッツィア共通の木目細かい泡がしっかりと、

 ふわっと膨らみながら心地良いスミレの様な青味と

 鉄っぽさのある味わいに溶け込んでくる感じです。

 余韻に心地良い苦味とミントの様な爽快感が残ります。

 1/17/2022試飲

続きを読む

*品種:マルヴァズィーア・ディ・カンディア
 Alc:12.50%
 残糖:3.9 g/L
 総亜硫酸:未検知
 ガス圧:3.6bar

 Marco(マルコ)と、
 彼の父親Aurelio(アウレーリオ)の名を冠しました。
 インポーターはル・ヴァン・ナチュールさん 12本

生産年:2020年

生産国:イタリア

生産者:クロチッツィア

葡萄品種:ランブルスコ・マエストリ

折りたたむ

  税込価格¥3,388(税抜き¥3,080)

クロチッツィア
VdTビアンコ・ベズィオーザ 2020

クロチッツィア
VdTビアンコ・ベズィオーザ 2020

*2019年に比べるとドライで最初は少し硬いですが
 開いてくるとマセレーションのかけ具合が丁度良く、

 心地良いリズムでキレがあります。

 余韻のハーヴ感がこれまたよろし!



 ある意味これも作り手のセンスが問われますよね!

 何でもかんでもマセレーションかけて

 オレンジにするのは良いけれど、

 葡萄の品種も個性も無くなってしまっては

 元も子もないですから。

 その意味でも丁度良い感じの味わいでオススメなのです。

 1/17/2022試飲

続きを読む

*品種:マルヴァズィーア・ディ・カンディア
 約2週間のマセレーション
 Alc:11.32%
 残糖:2.4 g/L
 総亜硫酸:2.4mg/L
 遊離型亜硫酸:未検知
 ガス圧:1.8bar

 ワイン名の由来
 besiaがベースになった言葉。
 besiaはape(ミツバチ)のエミリア方言。
 besiosaは、辛辣だったり痛烈だったり、そ
 してちょっとうっとうしい女性のことを言うらしいです。
 インポーターはル・ヴァン・ナチュールさん 12本

生産年:2020年

生産国:イタリア

生産者:クロチッツィア

葡萄品種:マルヴァズィーア・ディ・カンディア

折りたたむ

  税込価格¥3,388(税抜き¥3,080)

クロチッツィア
VdTロゼ・バロス 2020

クロチッツィア
VdTロゼ・バロス 2020

*可愛いアセロラの様な果実感はとってもフレッシュでジューシー。
 程良い果実の甘みが残り

 鉱物的なミネラルの由来の旨味もほのかに感じます。

 何よりも気持ち良いのは粒の細かい泡がスフレの様に膨らむ感じが!

 可愛らしく美味しいな〜。

 1/17/2022試飲

続きを読む

*品種:ピノ・ネーロ
 Alc:11.97%
 残糖:9.9g/L
 総亜硫酸:2.4mg/L
 遊離型亜硫酸:未検知
 ガス圧:1.1bar

 ワイン名の由来
 エミリア方言で、「いたずらっ子」
 「ちょっぴり悪知恵の働く男の子」
 「放埓で無軌道な若者」を表すようで、
 生産者マルコは「決してネガティヴな意味合いはないよ」と
 強調していました。
 インポーターはル・ヴァン・ナチュールさん 12本+12本

生産年:2020年

生産国:イタリア

生産者:クロチッツィア

葡萄品種:ピノ・ネーロ

折りたたむ

  税込価格¥3,388(税抜き¥3,080)

カッチャネミチ
エミリア・ビアンコ・ルージャ 2020

カッチャネミチ
エミリア・ビアンコ・ルージャ 2020

*口に入った瞬間のまろやかさとメロンや
 日本の梨の様な果実があります。

 優しく膨らむ果実はしなやかで

 綺麗な抑揚のあるリズム感があります。

 紅茶の様な優しい余韻があります。

 余韻に蜜と心地良い鉱物の様な苦味があります。

 1/11/2022試飲

続きを読む

*品種:ピコリット60%、ピノ・グリージョ20%、
    ピノ・ビアンコ20%
 醸造:ブドウは手摘みで収穫し、
    ピコリットは100%全房で、
    ピノ・グリージョは完全に除梗して圧搾、
    ピノ・ビアンコはダイレクトプレスし、
    全ての品種をブレンドしてステンレスタンクで
    野生酵母のみで自発的に発酵を行う。
    SO2やその他の醸造添加物は一切加えずに醸造。
    発酵終了後、引き続きステンレスタンクで
    熟成させて無清澄・無濾過、
    亜硫酸も無添加で瓶詰め。

 2020ヴィンテージは総生産量3,000本。
 2021年10月時点のSO2トータルは37mg/l。
 アルコール度数は11.5度。
 
*RUGGIA ルージャは、地元の方言で「一緒にいる。
 楽しむ。友達と一緒にグループを作る。」
 といったことを表す言葉です。
 このワインを、友達と一緒に気軽に楽しんで
 欲しいとの想いからこのように命名されました。
 インポーターはVIVITさん 9本

生産年:2020年

生産国:イタリア

生産者:カッチャネミチ

葡萄品種:ピコリット、ピノ・グリージョ、ピノ・ビアンコ

折りたたむ

  税込価格¥3,608(税抜き¥3,280)

カッチャネミチ
IGTエミリア・ビアンコ・フリッツァンテ・ウルサ 2020

カッチャネミチ
IGTエミリア・ビアンコ・フリッツァンテ・ウルサ 2020

*レモン、グレープフルーツ、心地良い苦味と
 ハーブ、シトラスのニュアンス。

 鉱物的な余韻んが楽しい。

 明るいワインですね〜。

 まだ硬いですが奥に果実が膨らんできます。

 1/11/2022試飲

続きを読む

*品種:シャルドネ100%
 醸造:手摘みで収穫したブドウを
    完全に除梗してからソフトに圧搾。
    フリーランジューズのみをステンレスタンクで
    野生酵母のみで自発的に発酵。
    SO2やその他の醸造添加物は一切加えずに醸造。
    ブドウ果汁の一部は、瓶内二次発酵を行う際の
    リキュール・ド・ティラージュとして
    使用するためにすぐに冷却して保存しておきます。
    一次発酵が終わったワインをボトリングする際に、
    この冷却保存しておいたマストを添加して、
    瓶内二次発酵を行います。
    ブドウ果汁以外の糖分や酵母、亜硫酸などの添加は
    一切ありません。
    また濾過もデゴルジュマンも行わないため、
    澱に由来する濁りがあり、
    残糖も殆どないナチュラルなアプローチで
    造られたフリッツァンテです。

 2020ヴィンテージは総生産量4,000本。
 2021年10月時点のSO2トータルは12mg/l。
 アルコール度数は12度。
 
 URSA ウルサとは古代ラテン語で
 クマを意味する言葉です。
 中世のボローニャで何代にも亘って浮き沈みを
 繰り返してきた貴族の
 CACCIANEMICI カッチャネミチのシンボルが
 クマであったことからこのように命名しました。
 インポーターはVIVITさん 6本

生産年:2020年

生産国:イタリア

生産者:カッチャネミチ

葡萄品種:シャルドネ

折りたたむ

  税込価格¥3,718(税抜き¥3,380)

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・レ・ヴィーニェ・ピウ・ヴェッキエ 2011

レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・レ・ヴィーニェ・ピウ・ヴェッキエ 2011

*価格?高いけど圧倒されて購入!
 
 口に入れた瞬間からもうほっぺたが緩みっぱなし!
 今までのヴィンテージも凄かったのですが、
 2011年は最強の液体でした。
 もう言葉では表現出来ないくらい
 含んだ時の液体の厚みがなんとも言えずエレガント。
 完全に呑み込まれてしまう心地良さなのです。
 複雑で奥行きのある構成に完全にやられてしまいます。
 最強の2011年、買うべしです!
 12/15/2021試飲

続きを読む

*ブドウ品種:プロカニコ100%、
 樹齢60年を越える畑の中の一部の区画より、
 選抜したブドウ樹だけで収穫。
 ブドウは除梗せず、自重にてゆっくりと流れ出る
 フリーランジュースのみ、
 2011年に限ってはフランス産の1000Lの新樽、
 果汁のみで醗酵。
 極力オリ引きは行わずに、大樽で 24ヶ月の熟成。
 ボトル詰め後106ヶ月(8年)の熟成を経て、
 2021年にリリース。
 今までのヴィーニェ・ヴェッキエも
 素晴らしい味わ いでしたが、
 この 2011は、今までとはサイズも迫力も圧倒する味わい。
 分厚く、粘 性があると勘違いしてしまうほどの酒質の厚み、
 酸は非常に時間をかけて磨き上げられ、
 全体を美しくまとめるバランス感。
 奥行きと複雑味の幅は感じきれないほど広く長く。
 複雑でいて繊細、本心で素晴らしいワインだと
 感じられました。
 こんなすごいワインがイタリアで、
 ましてはラツィオという土地で生まれることに
 飲むたびに驚愕させられました、、、。

 現在、レ コステが管理している畑の中で、
 特に樹齢の古い区画(60~70年)。
 その中でもごく一部、僅か200本程のプロカーニコに限り、
 最高に成熟したブドウが
 収穫できることに気づいたジャン・マルコ。
 「非効率かもしれないけれど、
 この200本の樹から収穫した最高のプロカーニコだけで
 醸造&ボトリングしたら、
 一体どれほど凄いモノになるのか?」
 そんな彼の探求心によって生まれたワイン、
 le Vigne Piu Vecchie(もっとも古いブドウ畑の意)。
 収穫量は当然少なく、
 収穫したブドウは例年500Lの樽を1つ満たす程度。
 それでも、この素晴らしいブドウを
 単一で表現したいという、
 ジャン・マルコのこだわりが凝縮したワイン。
 ボトリングされる量は500本足らず、
 リリースするタイミングは自身が納得してから、
 このワインは、リリースするタイミング、
 ヴィンテージ順、すべてジャンマルコが
 自由に決める(=自分が納得するまで
 リリースしない)ワインです。
 そして今回、その存在さえ今まで
 全く教えてくれなかったヴィンテージ、
 2011年の収穫、10年の歳月をかけてリリースされた、
 レ・コステ史上最高を更新する、
  渾身のヴィーニェヴェッキエ。とはいうものの、
 その価格をみて驚愕というか
 呆れさえ感じてしまいました。
 しかし、先日訪問した際、彼が言った言葉、
 「栽培のこだわり、収穫量の制限、
 完全に添加を行わない白ワインは
 他にもたくさんあるだろう。
 でも、収穫からリリースまでに10年かける造り手が
 他にあと何人いる?」、そう言い放った彼の言葉には、
 一切の嘘や冗談はありませんでした。
 2011年というヴィーニェ ヴェッキエにおいて
 完璧ともいえる収穫を迎えたブドウを見た時
 「これはいつも通りのワインにしてはいけない、
 徹底的にこだわり長い時間をかけなければいけない、
 その価値があるブドウ」、
 そう直感したというジャン・マルコ。
 除梗せず直接プレスし、
 フランス産の新樽(1000L)の中で果汁のみ、
 温度コントロールもなく醗酵。
 オリ引きなどは極力行わず 24ヶ月の熟成。
 ボトル詰め後、自身のセラーにて 106ヶ月。
 合計10年間をかけて造られた今までにない
 最高のヴィーニェ ヴェッキエ。
 これまで10年以上の付き合いですが、
 間違いなく過去最高価格。
 そして、その味わいも間違いなく過去最高品質。
 分厚く、粘性があると勘違いしてしまうほどの酒質の厚み、
 酸は非常に時間をかけて磨き上げられ、
 全体を美しくまとめるバランス感。
 奥行きと複雑味の幅は感じきれないほど広く長く。
 複雑でいて繊細、本心で素晴らしいワインだと
 感じられま した。
 こんなすごいワインがイタリアで、
 ましてはラツィオという土地で生まれることに
 飲むたびに驚きます。
 個人的には、極力価格を抑えたかったのですが、
 これで精一杯です。
 しかしながら、そのこだわりからくる
 素晴らしいクオリティには、
 飲んでいただければ間違いなく
 ご理解いただけると思っております。
 決して沢山造れるモノではありません、
 間違いなくその期待に応えてくれる
 ワインだと思います。
 インポーターはエヴィーノさんです。6本

生産年:2011年

生産国:イタリア

生産者:レ・コステ・ディ・ジャン・マルコ・アントヌツィ

葡萄品種:プロカニコ100%

折りたたむ

  税込価格¥16,236(税抜き¥14,760)

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
コッリ・オリエンターリ・デル・フリウーリ・イル・ピノ・ネロ・ロンコ・ピトッティ 2010

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
コッリ・オリエンターリ・デル・フリウーリ・イル・ピノ・ネロ・ロンコ・ピトッティ 2010

*このピノ・ネロは本当に素晴らしいオリジナリティがある。
 ブルゴーニュのピノとはまったく違うニュアンスの表現力は

 とっても知的で魅力的。

 比較対象になり得ないオリジナリティを感じます。

 薬草を煮詰めた複雑な果実感はほんのりとした柔らかさと

 旨味も感じ、エレガントな細く長い余韻を官能

続きを読む

出来ます。

 飲んでいる側は本当に興奮する程お気に入りなんですが

 液体は至って冷静さを保っているというコントラスト。

 お国が変われば何とかって感じです。



4/15/2015試飲

 全くブルゴーニュの価値観と違う素晴らしいピノ・ネロ。

 エレガントで冷静さのある哲学を感じるこのワインに

 魅力を感じずにはいられません。

 薬草を煮詰めたフレーバー、甘露飴の様な旨味の乗った果実感、

 ドライで長い余韻は縦構造の複雑さを持ちとっても綺麗。

 他に無いオリジナリティを感じます。

*畑の場所:D.O.C. Friuli Colli Orientaliの地域内、
       Udineウディネ県Manzanoマンツァーノ
 畑名:Ronco Pitotti ロンコ・ピトッティ
 ブドウ品種:ピノ・ネーロ
 植樹:1978~1990年
 栽培:ギュヨ。草で覆われていて、灌漑も施肥も行わない。
    樹勢と収穫される 果実のバランスが理想的で、
    刈り込みも間引きもしなくてもいい。
 有機栽培:1984年から実践。1992年に認証取得。
 土壌:泥岩と砂岩からなるフリッシュと呼ばれるもの。
    石灰質を含む。
    (黄色がかった灰色の泥岩と、石英を含む砂岩)
 収量:ブドウ樹1本あたり0.5kg
 収穫:9月初旬に、小さな箱を用いて手摘みで行う。
 醸造:醸造段階ではSO2を不使用。21日間のマセレーション。
    手作業でのパンチングダウンを毎日行う。
    マロラクティック醗酵は バリックの中で完了する。
    11ヶ月間、澱と接触させておく。
 インポーターはラシーヌさんです。12本

生産年数:2010

生産国:イタリア

生産者:ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ

葡萄品種:ピノ・ネロ(ピノ・ノワール)

折りたたむ

  税込価格¥12,804(税抜き¥11,640)

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
コッリ・オリエンターリ・デル・フリウーリ・イル・ピノ・ネロ・ロンコ・ピトッティ 2009

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
コッリ・オリエンターリ・デル・フリウーリ・イル・ピノ・ネロ・ロンコ・ピトッティ 2009

*注目のピノ・ネロ(ピノ・ノワール)が入荷です。
 大好きなドゥリネどの様に表現しているのか?期待せずにはいられません。

続きを読む

*ブドウ品種:ピノ・ネロ(ピノ・ノワール)
 インポーターはラシーヌさんです。12本

生産年:2009年

生産国:イタリア

生産者:ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ

葡萄品種:ピノ・ネロ(ピノ・ノワール)

折りたたむ

  税込価格¥12,254(税抜き¥11,140)

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
IGTヴェネツィア・ジュリア・スキオペッティーノ・ラ・デュリネ 2012

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
IGTヴェネツィア・ジュリア・スキオペッティーノ・ラ・デュリネ 2012

続きを読む

*畑の場所:S.Giovanni al Natisone
      サン・ジョヴァンニ・アル・ナティゾーネ。
      ワインはI.G.T. delle Venezieとなる。
 畑名:Villanova del Judrio ヴィッラノーヴァ・デル・ユードリオ
    にあるla Duline ラ・ドゥリネ
 ブドウ品種:スキオペッティーノ(リボッラ・ネーラ)
 植樹:1977年および2005年
 栽培:ギュヨ・ビラテラーレ仕立て。草で覆われていて、
    灌漑、施肥、ブドウ樹の刈り込みは行わない。間引きは行う
 土壌:砂利が多く、石灰を含む赤い粘土質土壌
 収量:ブドウ樹1本あたり1.5 kg
 収穫:9月末に、小さな箱を用いて手摘みで行う。
 醸造:17日間のマセレーション。
    アルコール醗酵とマロラクティック醗酵は
    バリックの中で完了する。10ヶ月間、細かい澱とともに熟成。
 インポーターはラシーヌさんです。24本+12本+8本

生産年:2012年

生産国:イタリア

生産者:ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ

葡萄品種:スキオペッティーノ(リボッラ・ネーラ)

折りたたむ

  税込価格¥4,928(税抜き¥4,480)

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
コッリ・オリエンターリ・デル・フリウーリ・シャルドネ・ ロンコ・ピトッティ 2011

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
コッリ・オリエンターリ・デル・フリウーリ・シャルドネ・ ロンコ・ピトッティ 2011

続きを読む

*畑の場所:D.O.C. Friuli Colli Orientaliの地域内
      Udineウディネ県Manzanoマンツァーノ
 畑名:Ronco Pitotti ロンコ・ピトッティ
 ブドウ品種:シャルドネ
 植樹:1984年
 栽培:Sylvozシルヴォズと呼ばれる仕立て。
    草で覆われていて、灌漑も施肥も行わない。
    樹勢と収穫される果実のバランスが理想的で、
    刈り込みも間引きもしなくてもいい。
 有機栽培:1984年から実践。1992年に認証取得。
 土壌:泥岩と砂岩からなるフリッシュと呼ばれるもの。石灰質を含む。     (黄色がかった灰色の泥岩と、石英を含む砂岩)
 収量:ブドウ樹1本あたり0.7kg
 収穫:9月末に、小さな箱を用いて手摘みで行う。
 醸造:プレス後、大きな固形物を沈める。12hlの円錐台形の醗酵槽で、
    ボトリングまで澱と接触させておく。
    アルコール醗酵もマロラクティック醗酵も完了する
 生産本数:2,210本
 アルコール度数:13,0%
 テイスティングの印象:
 丘陵地帯にある畑から得られた樹1本あたりの収穫量が
 1kgをゆうに下回るブドウ。
 集中力とみずみずしさが均衡している。
 シャルドネは,テロワールの偉大な翻訳者となる国際品種だ。
 インポーターはラシーヌさんです。12本

生産年:2011年

生産国:イタリア

生産者:ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ

葡萄品種:シャルドネ

折りたたむ

  税込価格¥5,368(税抜き¥4,880)

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
コッリ・オリエンターリ・デル・フリウーリ・シャルドネ・ ロンコ・ピトッティ 2010

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
コッリ・オリエンターリ・デル・フリウーリ・シャルドネ・ ロンコ・ピトッティ 2010

*あまり語ってはいけない感性が凝り固まってしまうから。
 あくまで僕のコメントは参考程度に。



3/28/2013試飲

 シャルドネらしい粘度の有るナッツ、

 すもーきーな余韻とあとに膨らむ果実の膨らみ、

 レモンの様な酸が控え目に顔を出す。

 たまらないリッチな粘度、転がしていると

 ミネラルの品の高さを感じる

 柔らかく溶け込んだミネラル。

 余韻の旨味、澄み切ったミネラル。

続きを読む

*畑の場所:D.O.C. Friuli Colli Orientaliの地域内
      Udineウディネ県Manzanoマンツァーノ
 畑名:Ronco Pitotti ロンコ・ピトッティ
 ブドウ品種:シャルドネ
 植樹:1984年
 栽培:Sylvozシルヴォズと呼ばれる仕立て。
    草で覆われていて、灌漑も施肥も行わない。
    樹勢と収穫される果実のバランスが理想的で、
    刈り込みも間引きもしなくてもいい。
 有機栽培:1984年から実践。1992年に認証取得。
 土壌:泥岩と砂岩からなるフリッシュと呼ばれるもの。石灰質を含む。     (黄色がかった灰色の泥岩と、石英を含む砂岩)
 収量:ブドウ樹1本あたり0.7kg
 収穫:9月末に、小さな箱を用いて手摘みで行う。
 醸造:プレス後、大きな固形物を沈める。12hlの円錐台形の醗酵槽で、
    ボトリングまで澱と接触させておく。
    アルコール醗酵もマロラクティック醗酵も完了する
 生産本数:2,210本
 ボトリング:2012年3月12日。無駄なろ過は行わない。
 アルコール度数:13,0%
 テイスティングの印象:
 丘陵地帯にある畑から得られた樹1本あたりの収穫量が
 1kgをゆうに下回るブドウ。
 集中力とみずみずしさが均衡している。
 シャルドネは,テロワールの偉大な翻訳者となる国際品種だ。
 インポーターはラシーヌさんです。12本

生産年:2010年

生産国:イタリア

生産者:ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ

葡萄品種:シャルドネ

折りたたむ

  税込価格¥5,368(税抜き¥4,880)

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
IGTデッレ・ヴェネツィエ・モールス・アルバ 2010

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
IGTデッレ・ヴェネツィエ・モールス・アルバ 2010

続きを読む

*畑の場所:S.Giovanni al Natisone
      サン・ジョヴァンニ・アル・ナティゾーネおよび
      Manzanoマンツァーノ。
      ワインはI.G.T. delle Venezieとなる。
 畑名:la Duline ラ・ドゥリネおよび
    Ronco Pitotti ロンコ・ピトッティ。
 ブドウ品種:マルヴァジーア・イストリアーナ 60%
       (ロンコ・ピトッティ),
       ソーヴィニョン “Storico”(歴史的な、の意)40%
       (ラ・ドゥリネ)
 植樹:1977年および1984年
 栽培:仕立てはSylvozシルヴォズ、ギュヨ,ヴェンターリオ,
    コルドーネ・スペロナートの併用。
    草で覆われていて,灌漑も施肥も 行わない。
    樹勢と収穫される果実のバランスが理想的で,
    刈り込みも間引きもしなくてもいい。
 土壌:(ソーヴィニョン)泥岩と砂岩からなるフリッシュと
    呼ばれるもの。石灰質を含む。
    (マルヴァジーア)砂利が多く、石灰を含む赤い粘土質土壌。
 収量:ブドウ樹1本あたり1.0~0.7kg
 収穫:9月末に、小さな箱を用いて手摘みで行う。
 醸造:醸造段階ではSO2を不使用。醗酵前に浸漬を行う。
    250リットルの樽で醗酵。
    2010年8月に行う樽同士の アッサンブラージュまで、
    澱と接触させておく。
    アルコール醗酵もマロラクティック醗酵も完了する。
 生産本数:3,370本
 ボトリング:2011年3月18日。無駄なろ過は行わない。
 アルコール度数:13,5%
 テイスティングの印象:
 モールス・アルバは白ワインにおける私的探究を表現したワイン。
 小樽で熟成された、マルヴァジーアと
 ソーヴィニョンのブレンド。
 牡蠣や生の海の幸との相性は見事。
 インポーターはラシーヌさんです。12本

生産年:2010年

生産国:イタリア

生産者:ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ

葡萄品種:マルヴァジーア、ソーヴィニョン

折りたたむ

  税込価格¥5,478(税抜き¥4,980)

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
IGTデッレ・ヴェネツィエ・モールス・アルバ 2012

ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ
IGTデッレ・ヴェネツィエ・モールス・アルバ 2012

*柔かく延びのある液体はトロッと厚みのある粘度を持ち、
 蜜や花梨を思わせる果実感がとっても複雑な味わい。

 しっとりと漂う感じのミネラルがとてもエレガントです!



4/15/2015試飲

 後ろに控えるは程良いしなやかさのあるミネラル。

 液体を転がしていると蜜や花梨を思わせる果実感が

 口一杯にに広がります。

 徐々にハーブ感が現れフィニッシュに向かいます。

 素晴らしいエレガントをリッチに感じる事が出来ます。

続きを読む

*畑の場所:S.Giovanni al Natisone
      サン・ジョヴァンニ・アル・ナティゾーネおよび
      Manzanoマンツァーノ。
      ワインはI.G.T. delle Venezieとなる。
 畑名:la Duline ラ・ドゥリネおよび
    Ronco Pitotti ロンコ・ピトッティ。
 ブドウ品種:マルヴァジーア・イストリアーナ 60%
       (ロンコ・ピトッティ),
       ソーヴィニョン “Storico”(歴史的な、の意)40%
       (ラ・ドゥリネ)
 植樹:1977年および1984年
 栽培:仕立てはSylvozシルヴォズ、ギュヨ,ヴェンターリオ,
    コルドーネ・スペロナートの併用。
    草で覆われていて,灌漑も施肥も 行わない。
    樹勢と収穫される果実のバランスが理想的で,
    刈り込みも間引きもしなくてもいい。
 土壌:(ソーヴィニョン)泥岩と砂岩からなるフリッシュと
    呼ばれるもの。石灰質を含む。
    (マルヴァジーア)砂利が多く、石灰を含む赤い粘土質土壌。
 収量:ブドウ樹1本あたり1.0~0.7kg
 収穫:9月末に、小さな箱を用いて手摘みで行う。
 醸造:醸造段階ではSO2を不使用。醗酵前に浸漬を行う。
    250リットルの樽で醗酵。
    2010年8月に行う樽同士の アッサンブラージュまで、
    澱と接触させておく。
    アルコール醗酵もマロラクティック醗酵も完了する。
 生産本数:3,370本
 ボトリング:2011年3月18日。無駄なろ過は行わない。
 アルコール度数:13,5%
 テイスティングの印象:
 モールス・アルバは白ワインにおける私的探究を表現したワイン。
 小樽で熟成された、マルヴァジーアと
 ソーヴィニョンのブレンド。
 牡蠣や生の海の幸との相性は見事。
 インポーターはラシーヌさんです。12本

生産年:2012年

生産国:イタリア

生産者:ヴィニャイ・ダ・ドゥリネ

葡萄品種:マルヴァジーア、ソーヴィニョン

折りたたむ

  税込価格¥6,028(税抜き¥5,480)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ルージュ・プレリット 2016

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ルージュ・プレリット 2016

*IGT Venezia Giulia Rosso Prelit 2016/ Damijan Podversic

*ふっくらと滑らか、
 綺麗な赤ですね〜。
 歴代のプレリットの中でも一番エレガントです。
 少し乳酸系のニュアンスを感じながら、
 滑らかで伸びの良い液体を口に含むと

続きを読む

 ゆったりとしたリズムで
 口の中いっぱいに広がるのです。
 心地よい酸は丁度良いボリューム感で
 全体を締め角の取れたシルキーな
 タンニンがお出迎え。
 もう夢心地!
 繊細かつ大胆な
 口に含んでいると綺麗に広がるライチや
 白桃のようなフレッシュな果実に
 なんとも言えない程、
 心地良い液体の粘度、
 分厚いミネラルも溶け込んじゃって。
 なんとも言えない滑らかな心地良さ。
 素晴らしいですよね!
 9/15/2021試飲

*品種:メルロー85%、カベルネ・ソーヴィニヨン
 樹齢:30〜40年。
 樹上煮て限界まで成熟を待ち収穫。
 除梗し果皮、種子と共に1ヶ月のマセレーション。
 圧搾後大樽にて36ヶ月、
 瓶内にて12ヶ月以上の熟成。
 ダミアンの造る、唯一の赤ワインであるプレリット。
 2016年については天候に恵まれたこと、
 そして湿度が低くボトリティスはもちろん
 他の病気などの被害も少なかった、
 ある意味黒ブドウにおける
 最高のヴィンテージと言っても過言ではありません。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年数:2016

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン

折りたたむ

  税込価格¥5,786(税抜き¥5,260)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・ リボッラ・ジャッラ・セレツィオーネ 2005

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・ リボッラ・ジャッラ・セレツィオーネ 2005

*IGT Venezia Giulia Bianco Ribolla Gialla Selezione 2005 / Damijan Podversic

*5度目の入荷になります。
 前回も足りなくなって困ってしまうほどの人気!
 久々に試飲では大満足!
 口の中でとろけてエレガントで

続きを読む


 ビロードの様な液体は張りのがあって
 言葉で表すと嘘になりそうな素晴らしさ!
 絶対にお試しあれ!12/3/2020試飲

*4度目の入荷になります。
 入荷するとすぐに売り切れてしまいますので...。

*3度目の入荷は身も心もとろけました。
 時間という魔法のスパイス、効いてます。
 素晴らしいの一言。 

*びっくり感動もののエレガントさ、
 伸びやかで程よい粘度のある味わいは感動的でもあります。
 洗練された花梨の余韻はいつまで続くのだろう!

1/12/2017試飲
 なんて品格のある液体なんでしょう。
 一つも引っかかりもなく滑らかな液体は
 程よい粘度と溶け込んだ酸、
 静かに顔を出す花梨やりんご、
 余韻は熟れた白桃かな?
 しかもミネラルがどっしり!
5/22/2017試飲
 もう能書きは良いですって感じ。
 とろけるくらいの素晴らしさ。

*リボッラ・ジャッラ・セレツィオーネ2005
 品種:リボッラ・ジャッラ100%。
 樹齢:60年。
 収穫後、開放式の大樽にてマセレーション。
 期間は60~90日、圧搾後大樽にて2年間の熟成、
 澱引きを行った後、ボトル詰め
 収穫の時点で殆どのブドウに
 ボトリティスが回ったリボッラ。
 さらに5年間の熟成を行いリリース。
 記念すべきヴィンテージ。
*入荷数が少ない為、
 ご注文多数の場合は調整させていただきます。
 インポーターはエヴィーノさん
 6本+3本+6+6本+12本+12本+12本+6本+6本+12本+24本+12本

生産年数:2005

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:リボッラ・ジャッラ

折りたたむ

  税込価格¥13,706(税抜き¥12,460)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・リボッラ・ジャッラ 2015

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・リボッラ・ジャッラ 2015

*IGT Venezia Giulia Bianco Ribolla Gialla 2015/ Damijan Podversic

*筋肉質の2014年とは違い優しく懐が深い印象。
 コクとスパイス感が膨らみながら
 底に静まる力を持ち合わせています。
 まだ硬めの液体はこれから
 どんどん開いていく事を想像するだけでも
 よだれが出ちゃいます。
 しかもエレガントな感じで...。
 11/11/2020試飲

続きを読む

*IGT Venezia Giulia Bianco Ribolla Gialla 2015 / Damijan Podversic

*品種:リボッラ・ジャッラ100%。
 樹齢:20〜40年。
 収穫を可能な限り遅らせることで
 最大限に成熟した果実、果皮には
 多くの貴腐の恩恵を受けたブドウと
 腐敗果を徹底し選果を行う
 徐梗して果皮、種子と共に3ヶ月、
 圧搾後、大樽にて36ヶ月、瓶内にて18ヶ月熟成。
 2015は貴腐の割合は50%ほど、ブドウの熟度の高さと
 貴腐の複雑さ、両方を兼ね備えたヴィンテージ。
 インポーターはエヴィーノさん
 24本+12本+12本+12本+12本

生産年:2015年

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:リボッラ・ジャッラ

折りたたむ

  税込価格¥5,588(税抜き¥5,080)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・リボッラ・ジャッラ 2016

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・リボッラ・ジャッラ 2016

*IGT Venezia Giulia Bianco Ribolla Gialla 2016 / Damijan Podversic

*口に含んだ瞬間は硬めで、
 いつもの様な貴腐からくるふくよかさ
 というよりもドライで繊細な印象。
 口の中で転がしていると出てくる!出てくる!
 花梨や杏、コクもでて凝縮した果実感は
 あくまでもドライに、
 液体の粘度の気持ちよさが良いんにも続くのです。
 このスタイルやっぱ理お気に入り!
 9/151/2021試飲

続きを読む

*品種:リボッラ・ジャッラ100%。
 樹齢:20〜40年。
 収穫を可能な限り遅らせることで
 最大限に成熟した果実、果皮には
 多くの貴腐の恩恵を受けたブドウと
 腐敗果を徹底し選果を行う
 徐梗して果皮、種子と共に3ヶ月、
 圧搾後、大樽にて36ヶ月、瓶内にて18ヶ月熟成。
 2016年は天候に恵まれ、
 十分な果実・果皮の成熟を遂げた2016。
 春先の荒天、大雨はあったものの、
 その後は収穫直前まで天候に恵まれたといいます。
 彼が栽培するブドウの中で、
 最も収穫の遅いリボッラ ジャッラ。
 収穫前に降った雨の影響で、
 一部腐敗果が発生しました。
 そこでダミアン、なんと収穫の予定を2週間遅らせ、
 腐敗果を手作業ですべて落とすこだわり。
 作業が終わり収穫を始める頃、
 熟れすぎたブドウの粒が、
 房から自然と落ちてしまうほど熟度。
 果実の熟度だけでいえば、
 2016は過去最高のクオリティ!
 インポーターはエヴィーノさん
 12本+18本

生産年:2016年

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:リボッラ・ジャッラ

折りたたむ

  税込価格¥5,786(税抜き¥5,260)

ヴィットーリオ・グラツィアーノ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・リーパ・ディ・ソープラヴェント 2019

ヴィットーリオ・グラツィアーノ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・リーパ・ディ・ソープラヴェント 2019

*きめ細かい味わいは心地よい柔らかさ
 酸がしっかりと存在し繊細な花梨のような果実感を

 後ろから押し上げている感じです。

 とっても良い感覚の余韻が気持ち良いですね!

 10/12/2021試飲

続きを読む

*トレッビアーノ・モンタナーロ、
 トレッビアーノ・ディ・スパーニャ、
 樹齢16〜30年。
 収穫後ごく短期間のマセレーションを
 行い木樽にて醗酵を行う。
 冬の気温 によって醗酵が止まり、
 3〜4月の気温の上昇に合わせてボトル詰め、
 瓶内で 醗酵を終える。
 スボッカトゥーラ(オリ抜き)は行わずにリリース。
 天候に恵まれず、収穫量が激減、、。
 僅か360本の入荷ですが、
 その味わいと堪らない飲み心地は健在です。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2019年

生産国:イタリア

生産者:ヴィットーリオ・グラツィアーノ

葡萄品種:トレッビアーノ・モンタナーロ、トレッビアーノ・ディ・スパーニャ

折りたたむ

  税込価格¥3,003(税抜き¥2,730)

ヴィットーリオ・グラツィアーノ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・マルヴァーティコ 2019

ヴィットーリオ・グラツィアーノ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ビアンコ・マルヴァーティコ 2019

*今回が最後のヴィンテージになります。
 少し熟れたマンゴーの様なニュアンスに

 枯れ草のハーヴ感が混じり合い、

 酸の伸びを楽しめる心地よいフリッツァンテです。

 10/12/2021試飲

続きを読む

*マルヴァジーア・ディ・カンディア
 実験的に造られたマルヴァジーア・ディ・カンディアの
 フリッツァンテ。
 2020年に畑の持ち主が土地を売ってしまったため、
 今回の2019が最後のヴィン テージとなります。
 2019年は天候に恵まれなかった年ですが、
 果実味、糖度の上がりやすい
 マルヴァジーア・ディ・カンディアには、
 そこまで悪い影響が出なかった話すヴィットーリオ。
 カンディア特有の豊かなアロマ、
 そしてカンディアらしからぬ「酸と骨格」には、
 やはりヴィットーリオの「技」をハッキリと感じら れます。
 これで最後のヴィンテージ、
 とても魅力的な個性を持つブドウだけに、
 ヴィットーリオも非常に残念だと話しておりました。

 樹齢20年前後。 近所の農家が放棄していた畑を借り、
 2016年よりヴィットーリオが栽培を始めたカンディアの畑。
 アロマティックで個性の強いカンディアだけに、
 他の白ブドウを加えずに単独で醸造。
 リーパ同様、瓶内で再醗酵を行ったフリッツァンテ。
 ブドウ由来の強いアロマと個性と、
 スムーズでいて軽やかな酸と口当たり。
 絶妙なバランス感をもったフリッツァンテ。

 今年はフリッツァンテがもらえないと聞き、
 がっかりしていたのですが、、。
 「代わりに、、、」と内緒で新しいフリッツァンテを
 リリースしてくれました!
 実はヴィットーリオ、ご近所さんが持っていた
 マルヴァジーア・ディ・カンディアのブドウ畑。
 ほとんど放棄状態だった畑を手直ししました。
 当初は「何か新しいワインを造る」というより、
 「マルヴァジーア・ディ・カンディア」に興味があって、
 自分のフリッツァンテに加える「アクセント」的な
 ブドウとして考えていたそうです。
 ただ、カンディアの強い個性に混醸を諦め、
 その強い果実味とアロマを活かして、
 地元での消費&自分用として造ったらしいのですが、
 その味わいには正直驚かされてしまいました。
 マルヴァジーア・ディ・カンディアというと、
 「甘い香り、アロマティック、強いタンニン」が
 前に出たイメージですが、そこはやはりヴィットーリオ。
 果実的な甘みの中にもフレッシュな酸があり、
 素晴らしすぎる飲み心地をもった味わいに仕上がっています。
 こんなに心地よいカンディアは飲んだことがありません。
 リーパやスミルツォには感じられない、
 果実味とアロマティックさ、
 それでいていつも通りの飲み心地を持った新たな微発泡。
 2017,2018,2019と3ヴィンテージ限定での
 リリースとなります!
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年:2019年

生産国:イタリア

生産者:ヴィットーリオ・グラツィアーノ

葡萄品種:マルヴァジーア・ディ・カンディア

折りたたむ

  税込価格¥3,003(税抜き¥2,730)

アルドリゲッティ
ヴァルポリッチェラ・クラシコ・スペリオーレ 2002

アルドリゲッティ
ヴァルポリッチェラ・クラシコ・スペリオーレ 2002

続きを読む

生産年:2002年

生産国:イタリア

生産者:アルドリゲッティ

折りたたむ

  税込価格¥2,398(税抜き¥2,180)

アルドリゲッティ
ヴァルポリッチェラ・クラシコ・スペリオーレ 2003

アルドリゲッティ
ヴァルポリッチェラ・クラシコ・スペリオーレ 2003

続きを読む

生産年:2003年

生産国:イタリア

生産者:アルドリゲッティ

折りたたむ

  税込価格¥1,694(税抜き¥1,540)

ローズィ・エウジェニオ
IGTカベルネ・フラン NV(13.14.15)

ローズィ・エウジェニオ
IGTカベルネ・フラン NV(13.14.15)

*驚くほどしなやかで繊細、
 しかも品格も備える驚きを覚えワクワクしながら
 何故かホッと気持ちが落ち着くワインです。
 エレガントというのはこうゆうワインなのですよ!
 もううっとりですよ!
 09.10.11以来の入荷です。

1/20/2020試飲
 何というか液体に湧き出す

続きを読む

様な力があるのに
 繊細でしなやかに仕上がった液体は
 時間の経過と共に複雑で香ばしい味わいに変化しております。
 そのくせ瑞々しさと冷涼な緊張感をもたらし、
 過度な熟成感は感じません。
 至って液体はクールなのです。
 スミレやカシスの果実感も生き生きしています。
 深いですね。もううっとりなのです。

*品種:カベルネ・フラン100%
 樹齢30年、すべてフランコ ピエーデ(自根)にて植樹された畑。
 強烈な砂質土壌。収穫後古バリックにて
 2週間以上のマセレーション、
 野生酵母による醗酵を促す。
 2013年、2014年、2015年という3つのヴィンテージを
 まるでソレラの様に注ぎ足すことで驚くほど
 長期熟成を続けることが出来ます。
 結果SO2の保護がなくとも十分な長期熟成に
 耐えうる環境を作りだす、
 という奇抜な発想により生まれたワイン。
 驚くほどのしなやかさと味わい、奥行きをもつ。
 インポーターはエヴィーノさん 6本+6本

生産年数:NV(13.14.15)

生産国:イタリア

生産者:ローズィ・エウジェニオ

葡萄品種:カベルネ・フラン

折りたたむ

  税込価格¥6,798(税抜き¥6,180)

サルヴァトーレ・モレッティエーリ
フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ・アピアヌム 2017

サルヴァトーレ・モレッティエーリ
フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ・アピアヌム 2017

*液体の滑らかな粘度と鉱物的なミネラルから来る旨味、
 舌の上で転がる液体がなんとも気持ち良いのです。

 絶対に買いですよ!



7/11/2019試飲

 メロンやライチ、少しヌルッと

 入る厚みのある鉱物的なミネラル、

 優しい旨味はメロンやライチ少し洋梨の味わい。

 ゆっくりとし他リズム感を伴いながら

 少しハーヴな枯れ草の様な余韻を残します。

 素晴らしいパフォーマンス!

続きを読む

*格付:DOCG
 生産地域:ラーピオ
 畑のクリュ:アピアヌム
 土壌:石灰質、粘土質
 植樹密度:2500本/ha
 ブドウ品種:フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ・アピアヌム
 標高:500~550m
 向き:南東
 収穫量:8トン/ha 小さなケースに手摘み
 収穫時期:10月中旬
 仕立て:エスパリエ(垣根仕立て)、ギュイヨ
 醸造および熟成:
 ステンレスタンクで醗酵。温度コントロールあり。
 ステンレスタンクにて12か月熟成させたのち、
 ビン詰め後2ヶ月以上寝かせておく。
 官能的分析:このワインは古くからイタリア南部で人気の、
 同じ名前のブドウ品種からつくられ、
 このブドウは、特にアヴェッリーノ県の限られた領域の
 環境に都合よく適しているとわかりしました。
       淡い黄色に緑がかった反射、活気と緊張感がある、
 比類のないユニークなキャラクターとして
 世界中に知られている有名なワインです。
 インポーターはラシーヌさん。12本

生産年:2017年

生産国:イタリア

生産者:サルヴァトーレ・モレッティエーリ

折りたたむ

  税込価格¥3,058(税抜き¥2,780)

コイ・ディ・フラヴィオ・レスターニ
スプマンテ・イッルズィオーネ 2018

コイ・ディ・フラヴィオ・レスターニ
スプマンテ・イッルズィオーネ 2018

*まずはデゴルジュマンしていないので飲み手で行うという
 僕個人的にはお気に入りの考えのワインです。
 取り敢えず僕はデゴルジュマンしないほうがお好みでしたが....。
 硬質な透明感があって美味しいのですよ!
 思いの外、コクとふくみ香の楽しい味わいです。
 デコルジュマンのやり方は付属

続きを読む

のケースに記載してあります。
 オリ抜きをしていないので、しっかり冷やさないと
 噴き出す可能性が高いですので注意してくださいね!

 1/20/2020試飲
 個人的には澱があった方がコクと果実感がって好みですが、
 いつまでたってもブクブクしていますね!
 味わいは洋梨や青リンゴのクリアーな果実感と、
 綺麗なミネラルが特徴です。
 しかも液体は繊細で力強さがあります。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

*トレッビアーノ・モデネーゼ100%
 樹齢20年から30年。
 厳しく選別したブドウのみ収穫。
 モデネーゼは除梗せずにそのままプレス。
 果汁のみの状態にてアルコール醗酵を行います。
 春まで1度もオリ引きを行わずに熟成し、
 オリ引きのタイミングで
 冷凍蔵保存しておいたモデネーゼの果汁を加えて、
 醗酵が始まるのを待ってからボトル詰め。
 SO2(亜硫酸塩)無添加、酵母無添加、
 さらには瓶内醗酵においても酵母添加を行わない、
 いわばトレッビアーノ・モデネーゼのみで造り上げた
 完全無添加のスプマンテ。
 しかし、フラヴィオの追い求めるスプマンテの完成は
 これがすべてではありません。
 通常スパークリングワインであれば、
 出荷前におり抜き(デゴルジュマン・スボッカトゥーラ)を行い、
 瓶内に溜まったオリを吹き飛ばし、
 場合によっては味わいを整えるのが一般的ですが、
 敢えてスボッカトゥーラを行わず、
 瓶の中にオリを残したままの状態でリリース。
 「瓶内二次醗酵のワインにとって、
 中に残るオリは単なるネガティヴなものだけではない。
 SO2を使用しない代わりに、
 酸化のリスクからオリがワインを守っていてくれる。
 そしてオリから還元される味わいや旨みは
 これからもずっとワインを成長させてくれるんだ。
 しかし、オリを抜いてしまった瞬間から
 そのワインの成長は止まり、
 劣化が始まってしまう。
 確かに抜栓するときに吹いてしまったり、
 一部のワインを失うことも考えられる。
 しかし自分が飲み手に伝えたいのは、
 このワインの最高の状態を買った人それぞれが
 自分たちのタイミングで飲むことができる、
 選ぶことができる。その可能性を閉ざしたくなかったんだ。」
 そのためにフラヴィオは、
 ボトル1本ごとに専用のケースをつけて梱包。
 そしてこのワインの意義や理由、
 さらには開ける際の方法を挿絵付きで解説。
 綿密に記載した説明書きをボトルケースに手作業で張り付け、
 飲む人へ徹底して説明している。
 抜栓するときはこのボトルケースを使って逆さにして冷蔵庫で保管。
 飲む直前にオリ抜きを行ってから飲むことができるようにと考えています。
 抜栓するときに漏れ出してしまうのは一見無謀、
 もしくは無責任に考えてしまうかもしれません。
 しかし、これだけの説明と飲み手への配慮をした彼の強い意志は、
 飲んでいただければ理解してもらえると信じています。
 彼の本意は「飲み手を最大に考えた結果、この選択に至った。」、
 SO2など一切の添加を行わないため、ワインが非常に無防備、
 そのワインを守るためにオリを残してあげる。
 そうすることで、ワインを殺さずに生きたまま熟成し続けることができ、
 抜栓した時がそのワインの最高の状態に維持できる。
 しかし、必ずしもオリ抜きを行う必要はありません。
 瓶内醗酵がスムーズに終り、
 中の液体に全く問題のない状態でシュールリーにしているため、
 残っているオリにも不快な味わいや香りが一切ありません。
 むしろ濁ることを恐れなければ、
 おり由来の味わいの幅や旨みを感じられる、
 より楽しむこともできるワインだと思います。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

生産年数:2018

生産国:イタリア・エミーリア=ロマーニャ

生産者:コイ・ディ・フラヴィオ・レスターニ

葡萄品種:トレッビアーノ・モデネーゼ

折りたたむ

  税込価格¥3,058(税抜き¥2,780)

カザーレ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・ジョヴァンニーノ 3L NV

カザーレ
ヴィノ・ダ・タヴォラ・ロッソ・ジョヴァンニーノ 3L NV

*これがやわらかで美味しいバックインボックスの3リットル!
 みんなで楽しくワイワイ飲みましょう。

 とっても心地の良くなるワインです。

 パフォーマンスもとっても高いですよ!



10/29/2012試飲

 少し還元を感じましたが本当に心地良く美味しいワインです。

 バックインボックスは結構フレッシュさを保ちますので楽しんで飲めます。

続きを読む

*品種:サンジョヴェーゼ60%、モンテプルチアーノ20%、
    カナイオーロ10%、
    トレッビアーノ・トスカーノ/
    マルヴァジーア・ルンガ・デル・キアンティ計10%。
 醸造:15日間マセレーションを行う。
 熟成:9ヶ月~1年間。ボトリング後も1ヶ月間落ち着かせる。
 Giovannino(ジョヴァンニーノ、
 つまり小さなジョヴァンニの意)は若者たち向けの、
 若くして楽しめるワイン。フレッシュで愉快で、飲みやすい。
 インポーターはラシーヌさん。
 52本+26本+8本+12本+24本+4本+12本+8本+
 12本+12本+12本+12本+12本+12本+12本+8本+
 8本+12本+4本+4本+5本+4本+8本+4本+4本+
 16本+12本+8本+8本+8本+12本+12本+4本+4本+
 4本+4本+4本+4本+8本+12本+8本+12本+8本+
 8本+8本+12本+4本+8本+4本+16本+18本+12本+
 4本+4本+4本+8本+16本+8本+8本+4本+4本+
 4本+8本+8本+4本+8本+12本+8本+4本+8本+
 4本+8本+4本

生産年:NV年

生産国:イタリア

生産者:カザーレ

折りたたむ

  税込価格¥4,752(税抜き¥4,320)

ラルコ
アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ 2015

ラルコ
アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ 2015

続きを読む

*限定で入荷です。
 ブドウ品種:コルヴィーナ55%、ロンディネッラ35%、
       モリナーラ5%
 収穫の際には入念な選果を行い、
 専用の部屋でお盆にのせて90~100日間乾燥 させる。
 乾燥させると、ブドウは重量にして30~40%にもおよぶ水分を失い、
 その結果、糖とエキス分がさらに凝縮する。
 さらにこの期間には、ブドウには「貴腐菌」 が発生する。
 この菌は、アマローネ特有の官能的要素と構造を与えるのに非常に
 重要な働きをする。
 乾燥させられたブドウは圧搾され、数日のマセレーションの後、
 およそ45日間続くアルコール醗酵が始まる。
 醗酵の後、定期的に澱引きを 行いながら、
 7月中旬までステンレスタンクで落ち着かせられる。
 その後、ワインは 2.25~20ヘクトリットルの
 スラヴォニアンオークで4年間熟成される。
 官能的特徴:
 ヴァルポリチェッラの伝統によって受け継がれてきた
 この特別なワインは、ガーネットカラーを呈し、
 よく熟した果実やアルコールに漬けた
 チェリーのアロマがあり、充実した確固たる味わいがある。
 煮込み料理やロースト、野禽、熟成させた チーズによくあう。
 このワインの特徴を最大限楽しむためには、
 飲む8時間前には 抜栓するべきだ。
 提供温度は18℃で。
 ラシーヌさんの資料より
 インポーターはラシーヌさんです。12本

生産年:2015年

生産国:イタリア

生産者:ラルコ

折りたたむ

  税込価格¥9,746(税抜き¥8,860)

ラルコ
IGTロッソ・デル・ヴェロネーゼ・ピエトゥルス 2012

ラルコ
IGTロッソ・デル・ヴェロネーゼ・ピエトゥルス 2012

続きを読む

*限定で入荷です。
 ブドウ品種:コルヴィーナ55%、ロンディネッラ35%、
       モリナーラ、クロアティーナあわせて10%
 収穫の際には入念な選果を行い、
 専用の部屋でお盆にのせて90~100日間乾燥 させる。
 乾燥させると、ブドウは重量にして30~40%にもおよぶ水分を失い、
 その結果、糖とエキス分がさらに凝縮する。
 さらにこの期間には、ブドウには「貴腐菌」 が発生する。
 この菌は、アマローネ特有の官能的要素と構造を与えるのに非常に
 重要な働きをする。
 乾燥させられたブドウは圧搾され、数日のマセレーションの後、
 およそ45日間続くアルコール醗酵が始まる。
 醗酵の後、定期的に澱引きを 行いながら、
 7月中旬までステンレスタンクで落ち着かせられる。
 その後、ワインは 2.25~20ヘクトリットルの
 スラヴォニアンオークで4年間熟成される。
 ラシーヌさんの資料より
 インポーターはラシーヌさんです。6本

生産年:2012年

生産国:イタリア

生産者:ラルコ

折りたたむ

  税込価格¥8,624(税抜き¥7,840)

ローズィ・エウジェニオ
DOCアニーゾス 2017

ローズィ・エウジェニオ
DOCアニーゾス 2017

*相変わらずお気に入りのアニーゾス。
 2017年は本当にバランスの良いドライなニュアンスに
 仕上がっております。
 液体の粘度はたまらなく心地良い舌触りでしかも伸びがある。
 ライチやハーヴの効いた果実感にエレガンスを感じずに入られません。

続きを読む

*品種:ノズィオーラ50%、ピノ ビアンコ30%、
    シャルドネ20%。
 様々な手法を用いて品種ごとに醸造。
 木樽にて24ヵ月の熟成。
 ボトル詰め後、36か月の熟成。
 2017年は猛暑の凝縮と収穫前の長雨という極端なヴィンテージ。
 非常に糖度の上がったノズィオーラに、
 酸が高く立体的なシャルドネ、ピノ ビアンコの繊細さ、
 香りのバランスを持ったヴィンテージ。
 部分的に2週間以上のマセレーション、
 ノズィオーラの半分は約2か月の
 アパッシメント(陰干し)を行っている。

 2017年は猛暑&水不足の影響で強烈に凝縮したノズィオーラ。
 しかし、収穫前の長雨によって、
 果実・酸のバランスを取り戻したという、特殊なヴィンテージ。
 標高の非常に高い畑にあるシャルドネは、
 ワイン全体の骨格となる酸を豊かに持ち、
 ノズィオーラの柔らかい果実味と
 ピノ・ビアンコのエレガントな香り。
 ブドウそれぞれの特徴を感じさせつつ、
 マセレーションの強さやアパッシメントの重さなど、
 一切感じさせないエウジェーニオのワイン。
 難解な手法とは裏腹に、その味わいの美しさ、
 エレガントさには本当に驚きです!

生産年:2017年

生産国:イタリア

生産者:ローズィ・エウジェニオ

葡萄品種:ノズィオーラ、ピノ ビアンコ、シャルドネ

折りたたむ

  税込価格¥4,598(税抜き¥4,180)

ローズィ・エウジェニオ
IGTリフレッソ・ローズィ 2018

ローズィ・エウジェニオ
IGTリフレッソ・ローズィ 2018

*こちらもお気に入りのフレッソ・ローズィ
 2018年は久々に綺麗な軽快な仕上がりで酸とのバランスが
 とっても美味しい味わいなのです。
 いつも感じられるピリピリした表情もなく
 可愛らしさと旨味を伴う味わいはさくらんぼ
 しかも美味しいさんの乗った感じの!
 とっても気持ち良いのです。 6/16/2020試飲 pm00:30

続きを読む

*品種:カベルネ・ソーヴィニヨン50%、メルロー50%
 白ブドウの果皮を再利用したロゼ。
 収穫後、約24時間マセレーション。
 除梗せずに圧搾、セメントタンク内にて
 野生酵母による醗酵を促す。
 醗酵が終わり切る直前にアニーゾスの工程で
 圧搾したヴィナッチャ(絞った果皮と種子)を加え、
 30日のリパッソを行う。
 圧搾後適宜オリ引きを行うのみ、
 ノンフィルターにてボトル詰め。
 SO2の使用はボトル詰め時にごく少量加えるのみ。

 ローズィの造る赤、「エゼジェズィ」や
 「ポイエーマ」を造るうえで、
 どうしても成熟が甘いブドウを用いて自然に造られるロゼ、
 そこにアニーゾスから圧搾した果皮を加えて
 さらに醗酵を進めるという突飛なスタイルのワイン。
 繊細で柔らかいロザートに、
 白ブドウの可否に残るエキスや旨みをプラスすることで、
 長い熟成にも耐えられるロザートになる
 と考えるエウジェーニオ。
 色調はやや濃いですが、
 柔らかなフルーツと酸のバランスが心地よく、
 非常に完成度の高い味わいに仕上がっております!
 インポーターはエヴィーノさん 12本+12本+12本

生産年:2018年

生産国:イタリア

生産者:ローズィ・エウジェニオ

葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー

折りたたむ

  税込価格¥2,838(税抜き¥2,580)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・カプリャ・セレツィオーネ 2005

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・カプリャ・セレツィオーネ 2005

*IGT Venezia Giulia Bianco Kaplja Selezione 2005 / Damijan Podversic

*もう気持ち良い程トロトロ!
 それでいて緊張感もあります。
 たまりませんね〜!12/3/2020試飲

*3度目の入荷です。
 なんてすごい液

続きを読む

体になってるんだろう。
 とろけてしまう。

*久々の試飲は嬉しいほどの笑顔になります。
 たまらないまろやかさに、ピーンと張った緊張感。
 素晴らしいの一言。

*まろやかな液体はマンダリンンの様な果実感と
 少し花梨のニュアンス。
 複雑で粘土のある液体はとってもエレガントで、
 レモン程強くなくキリッとし待って主張する酸が
 熟成の経った液体の両脇を締め心地良いです。
 ダミアンのトップキュヴェの風格を感じます。

5/13/2015試飲
 心地良いボリューム感は
 トップキュヴェならではの複雑さと
 エレガントのある印象ですが、両脇を締める
 締まった酸が特に素晴らしい。
 控えめに主張して緊張感のある
 液体を演出しています。
1/12/2017試飲
 一年半ぶりの試飲はコクのある余韻に
 柔らかいハーブ、
 たまらないとろみについつい笑顔になります。
 もうお判りでしょ!
5/22/2017試飲
 もう液体の力に負けそうなくらい
 心癒される味わいになってます。
 トロ~ンとね!

*品種:マルヴァジア,フリウラーノ,シャルドネ。
 樹齢30年~40年、収穫後、開放式の大樽にてマセレーション。
 期間は60~90日、 圧搾後大樽にて2年間の熟成。
 ボトル詰め後5年間熟成。
 2005年、すべてのブドウにボトリティスが回った樽を選別し、
 5年後にリリースしたカプリャ。
 ダミアンの起点になった特別なヴィンテージ。

*入荷数が少ない為、
 ご注文多数の場合は調整させていただきます。
 インポーターはエヴィーノさん
 6本+3本+6本+12本+12本

生産年数:2005

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:マルヴァジア,フリウラーノ,シャルドネ

折りたたむ

  税込価格¥8,756(税抜き¥7,960)

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・カプリャ 2015

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・カプリャ 2015

*IGT Venezia Giulia Bianco Kaplja 2015 / Damijan Podversic

*2014年を最強って言っていましたが、
 2015年はそれにエレガントさを
 身につけたし今日の味わいなのです。
 少しスモーキーな入りから
 熟れたリンゴや白桃、ライチの様な
 果実感がトロントお出迎え。
 しかもしかも分厚いミネラルが...。
 コメント書いていてもよだれが出ちゃう!
 最初から3ケースも予約しちゃいました。
 11/11/2020試飲

続きを読む

*品種:シャルド、フリウラーノ、
マルヴァジア、イストリアーナ,
 樹齢:30~40年。
 樹上にて限界まで成熟した果実を、
果皮・種子と共3ヶ月、
 圧搾後、大樽にて42ヶ月、
 瓶内にて6ヶ月以上の熟成。
 計4年のサイクルにてリリース。
 ダミアンの造るワインの中で唯一、
 ブ