144-0046
東京都大田区東六郷2-9-12

MAP
電話 03-3731-2046
e-mail sakemorita@nifty.com
営業時間 AM 12:00 〜 PM8:00  
実店舗の定休日 日曜、月曜日

は定休日です。
は午後2時頃からの営業。
*ホームページからのご注文は常時受け付けています。

更新日は 2024年 05月 25日 です。

  • instagram
    ワイン
  • instagram
    店主のアート
2024年5月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
  1. リスト表示
  2. 一覧表示

お薦めOTHER COUNTRY (SPAIN、GREECE、SLOVENIA、AUSTRALIA etc….) (その他の国、スペイン、ギリシャ、アメリカ、日本etc….)

  • お薦めBOURGOGNE ROUGE(ブルゴーニュ・ルージュ)
  • お薦めBOURGOGNE BLANC(ブルゴーニュ・ブラン)
  • お薦めBORDEAUX(ボルドー)
  • お薦めALSACE(アルザス)
  • お薦めCHAMPAGNE(シャンパーニュ&泡もの)
  • お薦めAUVERGNE、JURA、SAVOIE(オーヴェルニュ・ジュラ・サヴォワ)
  • お薦めLOIRE(ロワール)
  • お薦めRHONE(ローヌ)
  • お薦めOTHER FRANCE(フランスその他の地域)
  • お薦めITALY No1(イタリア/ピエモンテ&トスカーナ)
  • お薦めITALY No2(イタリアその他の地域)
  • お薦めGERMANY、AUSTRIA (ドイツ、オーストリア)
  • お薦めOTHER COUNTRY (GERMANY、SPAIN、AUSTRIA、GREECE、SLOVENIA、AUSTRALIA etc….)/(その他の国、スペイン、ギリシャ、アメリカ、日本etc….)

ドメーヌ・デ・クロワ
ボーヌ1erCRUレ・グレーヴ 2021

ドメーヌ・デ・クロワ
ボーヌ1erCRUレ・グレーヴ 2021

*Beaune 1er Cru Les Greves 2021 / Domaine des Croix

*今回入荷は2本。
 他のワインも購入して下さいね。

続きを読む

*品種:ピノ・ノワール100%
 植樹:1968年
 位置:標高230m、南東向き、傾斜5~15%
 土壌:砂利混じりの粘土・石灰質
 醸造
 開放桶で3週間マセレーション。
 木樽(古樽その内約5%新樽使用)で
 15ヶ月間熟成後、タンクで6ヶ月の熟成。

 レ・グレーヴ(ブドウ栽培に適した砂地の意味)。
 ブレッサンドも同じ地層にあり、
 地質も比較的似ている。
 ワインになりたてのころから、
 より複雑味が増して、広がりを味わいにもたらす、
 より複雑なワインと言える。
 ダヴィッドのワインは更に、
 緻密なタンニンと長い奥行きが特徴。
 インポーターはラシーヌさんです。2本

容量:750ml

生産年:2021年

生産国:フランス・ブルゴーニュ

生産者:ドメーヌ・デ・クロワ

葡萄品種:ピノ・ノワール

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥24,475(税抜き¥22,250)

シャトー・ル・プレヴェール
ヴァン・ド・フランス・ブラン・クゥシ・クゥサ 2022

シャトー・ル・プレヴェール
ヴァン・ド・フランス・ブラン・クゥシ・クゥサ 2022

*Vin de France Blanc Couci-Couça 2022 / Château Les Pré Vert

*ソーヴィニョンのマセラショオンのキュヴェ

*日本の柿の様な果実感、
 不思議と吸い込まれていく様な空気感を持つ
 素晴らく懐かしさもある味わいです。
 綺麗な果実は伸びやかで繊細な
 和テイストの柔らかいニュアンス。 
 きめ細かいシルキーな液体は心地良

続きを読む

い粘度があり、
 スパイス感も相まってしっくりとくる
 メリハリがあります。
 少し漢方の様なニュアンスに
 最後は柿の余韻の余韻が残る
 ヤスコちゃんならではの日本テイスト!
 またこれが美味しいんですよ!
 絶対にお試しあれ!
 2024年1月30日試飲

*Vin de France ヴァン・ド・フランス
 品種:ソーヴィニョン・ブラン100%
 醸造:手摘みで収穫したブドウを除梗し、
    ステンレスタンクで野生酵母のみで
    アルコール醗酵。
 果皮とともにマセラシオン。
 マセラシオンはアンフュージョンで行い、
 引き続きステンレスタンクで自発的なマロ醗酵。
 マセラシオンの期間が1ヶ月(30%)、
 33ヶ月(30%)、5ヶ月(40%)の
 3種類の異なる⾧さのロットを
 瓶詰め前にアッサンブラージュし、
 無清澄・無濾過、SO2も無添加で瓶詰め。

 2022ヴィンテ-ジの収穫日は9月9日。
 総生産量1,000本。
 アルコール度数14.5度。
 2023年10月時点のSO2トータルは
 検出限界値(12mg/l 以下)で検出されず。

 「Couci-Couça クゥシ・クゥサ」とは、
 フランス語で「まあまあ、どうにかこうにか」という意味です。

 2020年に初めてこのマセラシオンのキュヴェを造った時に、
 手探りでやっと造ることができたので、
 このように命名したそうです。
 インポーターはVIVITさん 36本+6本

容量:750ml

生産年:2022年

生産国:フランス・南西地方(シッド・ウエスト)

生産者:シャトー・ル・プレヴェール

葡萄品種:ソーヴィニョン・ブラン

折りたたむ

現在庫 31本 
税込価格¥4,488(税抜き¥4,080)

ミラン・ネスタレッツ
ベル 2021

ミラン・ネスタレッツ
ベル 2021

*BĚL 2022 / Milan Nestarec

*『スペシャルのページの中から』
 ワインを同数同時にご購入下さい。

https://www.sakemorita.com/produ

続きを読む

cts/list/2937

*CROSS WINSさんのコメント
 私のさりげないモラヴィアのルーツ。
 ナチュラルワインのファンもヘイターも、
 誰とでも飲めるワインです。
 かつては日常のワインとして常にブレンドされ、
 大衆によって大量に飲まれていた
 「一般的な」地元のブドウ、
 ー私たちのシグネーチャーブドウとも言える
 グリューナー・フェルトリーナと、
 ヴェルシュリースリング、
 ミュラー・トゥルガウーで造りました。
 理にかなっていることですが、
 これらの品種は熟しすぎにくいため、
 ワインのアルコール度が低くて飲みやすく、
 大衆が大勢で飲むワインとしては
 理想的な組み合わせなのです。
 ワインはとてもクラッシックな造り、
 浸漬は行わず、優しくプレスした後、
 タンクで熟成しました。

*品種:グリューナー・フェルトリーナ、
     ヴェルシュリースリング、ミュラー・トゥルガウル
 樹齢:4〜21年
 仕立て:ギュイヨ・プーサール
 収穫:手摘み
 収量:70hl/ha
 畑名:ヴェルケー・ビーロヴィツェ・ヴィンヤード
    モラヴスキー・ジシュコフ・ヴィンヤード
 場所:モラヴィア
 向き:南西/南東
 面積:4ha
 標高:205〜260m
 土壌:レス土壌
 収穫:9月19〜24日(手摘み)
 醸造:214日に全てのブドウを手摘みで収穫、選果し、除梗。
破砕せずに空気式プレスで12時間かけて直接圧搾。
    ステンレスタンクで45日間醗酵し、
    ステンレスと樽で熟成。
    ラッキングし、2023年4月に瓶詰め。
    瓶詰め時に亜硫酸添加
    10ppm添加。
 アルコール度数:11.5%
 自然発生Total SO2:8mg/L以下
 残糖量:2g/L
 総酸量 : 5,8g/L
 無清澄、無濾過
 インポーターはCROSS WINSさん 12本

容量:750ml

生産年:2021年

生産国:チェコ・モラヴィア

生産者:ミラン・ネスタレッツ

葡萄品種:グリューナー・フェルトリーナ、ヴェルシュリースリング、ミュラー・トゥルガウル

折りたたむ

現在庫 3本 
税込価格¥4,400(税抜き¥4,000)

ミラン・ネスタレッツ
ナシェ 2022

ミラン・ネスタレッツ
ナシェ 2022

*NAŠE 2022 / Milan Nestarec

*『スペシャルのページの中から』
 ワインを同数にご購入下さい。

https://www.sakemorita.com/produc

続きを読む

ts/list/2937

*CROSS WINSさんのコメント
 ナシェの二回目のヴィンテージです。
 正直なところ、ブドウを仕込んだときには
 このキュヴェをもう一度造るかどうか
 迷っていましたが、アルコール醗酵が
 進むにつれ露わになってきた骨格とアロマが、
 その価値があることを示唆していました。
 ナシェは、新しいワイナリーのすぐ下にある、
 2017年に自分たちで植えた
 若いブドウ樹の実から造られています。
 私がおそらく最も⻑い時間を
 過ごしている区画です。
 ワインの出来栄えにはとても満足しています。
 それは高揚感があり、まるで生き生きとした
 自由な発想の持ち主のようです。
 私はよく古樹のブドウ樹に悪態をつく。
 それは今でも変わらないが、
 Naše(=チェコ語で『私たち』を意味する)は、
 私が思っている以上に
 とても重要なワインです。
 ラベルデザインは、私たちの村の境界線上にあり、
 私たちのワイナリーの入口から
 文字通り3歩のところに立っている
 村名標識を模したものです。

*品種:リースリング、ヴェルシュリースリング、
    ノイブルガー、
    グリューナー・フェルトリーナ
    ピノ・ブラン
 植樹:2017年
 仕立て:ギュイヨ・プーサール
 収量:50hl/ha
 畑名:フィルマ・ヴィンヤード
 場所:ヴェルケー・ビーロヴィツェ
 向き:東
 面積:1.9ha
 標高:205m
 土壌:粘土が混じったレス土壌
 収穫:10月7日〜11日に全てのブドウを
    手摘みで収穫、選果し、除梗。開放
 醸造:10月2日から4日に
    全てのブドウを手摘みで同時収穫し、
    20時間かけて優しく直接搾汁。
    ステンレスタンクで自然醗酵開始、
    12月に9g残糖でスパークリング用の瓶に
    王冠で瓶詰め。
 デゴルジュマンなし。
 亜硫酸添加なし。
 シェイクする場合は抜栓一日前に!
 アルコール度数:11.5%
 自然発生Total SO2:5mg/L以下
 残糖量:0.1g/L
 総酸量:7g/L
 ガス圧:少量
 無清澄、無濾過
 インポーターはCROSS WINSさん 12本

容量:750ml

生産年:2022年

生産国:チェコ・モラヴィア

生産者:ミラン・ネスタレッツ

葡萄品種:リースリング、ヴェルシュリースリング、ノイブルガー、グリューナー・フェルトリーナ 、ピノ・ブラン

折りたたむ

現在庫 6本 
税込価格¥4,730(税抜き¥4,300)

ラ・グランド・コリーヌ・ジャポン
ル・カノン・ルージュ・ヤマ・エ・ソー 2023

ラ・グランド・コリーヌ・ジャポン
ル・カノン・ルージュ・ヤマ・エ・ソー 2023

*Le Canon Yama & So 2023 / La Ggrande Colline Japan

*岡山からの配送料金が入っていない為、
 送料を加算させて頂いております。

*口に含むと梅しそ味のやわらかな味わい。
 軽めの和テイストですが
 少しスモーキーなニュアンスは腐葉土の
 湿った印象も持ち合わせまます。
 余韻は伸びませんが
 気持ち良く味わえるワインです。

続きを読む


 2024年4月27日

*大岡さんのコメント
 グラスに注ぐと、
 色合いは紫がかったルビーのような明るい赤。
香りは果実味が中心で イチゴやクランベリーなど赤い果実とともにスミレ、森の土のような奥行きも感じられる。
口に含むと滑らかな舌触りで、スルスルと流れていく軽めな味わい。ベリーのチャーミングな甘酸っぱさと、酸とタンニンのバランスがよい調和したミディアムボディの赤ワイン。 
飲み頃  5年ぐらい。

*品種:カベルネ・ソーヴィニオン 2/3 
    山葡萄 1/3 

 醸造法:ぶどうを丸ごとタンクに入れ、
     21日間マセラシオン・カルボニック。
     タンクに入り葡萄を潰して、
     自然酵母により醗酵。
     3日ほどのマセラシオンのあと、
     垂直プレスで圧搾。
     ステンレスタンクで醗酵、熟成。
 瓶詰め:2023年3月末
 清澄剤、フィルター不使用。
 亜硫酸(二酸化硫黄)完全無添加。
 
 大岡酸のコメント
 初期のル・カノン赤を彷彿とさせる
 軽快な赤ワインです。
 神戸のカベルネ・ソーヴィニオンと
 岩手のヤマブドウのワインになります。
 なぜこのワインが出来上がったかを、
 少し長くなりますがご説明しますので
 お付き合いくださいませ。 
 神戸市北区で樹齢40歳を超す
 カベルネ・ソーヴィニオンを有機栽培に
 チャレンジしれくれた生産者がおります。
 昨年は残念ながら春に雨が多かったため
 べと病にやられ、少ない収穫量と
 なってしまいました。
 その隣の畑には、夏が暑くて
 カベルネの色が入らず、
 引き取り手がいなく、
 収穫されずに畑に残っていました。
 年に数回化学農薬を使っていたため、
 悩みましたが、このまま廃棄させるのは
 あまりにももったいないと、
 収穫を申し出て、
 色が薄い赤ワインを作りました。
 暑さのせいで酸が落ちて
 色が入らないのであれば、
 それを補完する品種と混ぜれば良いのではと
 思い至りました。 
 酸が高くて色が濃い品種といえば、
 ヤマブドウです。
 岩手県野田村のヤマブドウを使用しています。
 親友が震災直後から野田村に
 お手伝いにいっておりました。
 彼から若く有望な移住者が
 山ブドウの有機栽培にチャレンジしている
 ということを聞いておりました。
 彼を応援したい気持ちもあり、
 葡萄を送ってもらって醸造を行いました。
 2023年は秋に好天が続き、
 とても良い葡萄が収穫出来ました。
 これは村の組合の葡萄を使用しているために
 慣行農法になります。 
 ヤマ・ソーヴィニオンという
 ヤマブドウとカベルネ・ソーヴィニオンを
 かけ合わせた品種がありますが、
 こちらはヤマブドウと
 カベルネ・ソーヴィニオンのワインを
 合わせたものなので、
 ヤマとソーというワイン名にしました。 
 神戸の生産者の信頼が得られて、
 2024年から赤の全区画を有機栽培で
 チャレンジしていただけるとの
 連絡がありました。
 とても嬉しいです。
 日本に有機栽培の畑が
 もっともっと増えるといいですね。
 ラ・グランド・コリーヌ・ジャポンさんから。48本

容量:750ml

生産年:2023年

生産国:日本

生産者:ラ・グランド・コリーヌ・ジャポン

葡萄品種:カベルネ・ソーヴィニオン、山葡萄

折りたたむ

現在庫 12本 
税込価格¥3,025(税抜き¥2,750)

マレナス・ヴィネド・イ・ボデガ
カシージャ・ラス・フローレス 2022

マレナス・ヴィネド・イ・ボデガ
カシージャ・ラス・フローレス 2022

*Castilla las Flores 2022 / Marenas Vinedo y Bodega

*今年も色調はロゼで紅茶の様、
 味わいはしっかりと紅茶やさくらんぼニュアンスに
 心地良い酸とタンニンがしっとり絡み合う
 個人的にお好みの味わいでした。
 2024年4月10日試飲

続きを読む

*品種:ピノ・ネグロ100%
 2007年に伝統的な方法で植樹された
 750本のブドウの木で構成されるこの畑は、
 リオ・フリオ・アルト地区にあり、
 偉大なワイン栽培の伝統と
 小規模生産者の場所として今も保存されている。
 海抜450メートル、
 シエラ・デ・モンティーリャ(コルドバ)にある
 カシージャ・ラス・フローレス家の
 エステートのすぐ近くである。
 ブドウは7月末に収穫され、
 毎年ここで家族や友人を伴って収穫を始める。
 インポーターはル・ヴァン・ナチュールさんです。
 12本

生産年:2022年

生産国:スペイン・モンティーヤ

生産者:マレナス・ヴィネド・イ・ボデガ

葡萄品種:ピノ・ネグロ

折りたたむ

現在庫 3本 
税込価格¥4,169(税抜き¥3,790)

ドメーヌ・テッタ
アキ・クイーン 2022

ドメーヌ・テッタ
アキ・クイーン 2022

*Aki Queen 2022 / Domaine Tetta

*まだ試飲しておりません。
 ディオニーさんのコメントを参考に
 ピンクがかった淡いオレンジ色、
 パッションフルーツやアセロラ、
 シークワーサーやカボスなどの
 甘く爽やかな香り、味わいに甘さが
 少しあり強めの酸が特徴で、
 アフターには果実味と旨味が
 酸と共にゆっくりと続きます。

続きを読む

*品種:安芸クイーン95% クイーンニーナ他5%
 土壌:石灰、赤土
 標高:400m
 収穫:手摘み
 樹齢:6〜24年
 醗酵:全房で醸し20hlのステンレスタンクで
    10ヶ月間醗酵
    ピジャージュあり
 熟成:そのまま熟成
    無濾過・無清澄
 瓶詰め:2021年6月15日
 SO2:瓶詰め前:15mg/L
 アルコール度数:12%
 毎年向き合い続けていく中で
 新たなアイデアが生まれ、
 自由な醸造から個性を放った
 ワインが出来ました。
 輸出を通じて海外でもアキクイーンが
 認知されるようになり、
 特に欧米での評価はとても高く
 tetta の新たな顔になれると
 大きな期待を寄せています。

容量:750ml

生産年:2022年

生産国:日本・岡山県新見市哲多町

生産者:ドメーヌ・テッタ

葡萄品種:安芸クイーン、クイーンニーナ他

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥4,290(税抜き¥3,900)

アンジェ・イヴァンチッチ
レブーラ 2020

アンジェ・イヴァンチッチ
レブーラ 2020

*Rebula 2020 / Anže Ivančič

*カチッとした骨格の中に
 エッジの柔らかさを持つ
 奥行きのある味わい。
 それでいてきめ細かさを持つ液体は
 抜群のセンスの良さを感じずにはいられません。
 抜栓直後は硬かったですが
 20〜30分もしないうちに
 雪解けをする様に開いてきます。
 そこに圧倒的なミネラルが下支えして
 縦構造の重心の低い味わいが

続きを読む


 口いっぱいに支配します。
 塩気の効いた余韻の長さがすごいですよ!
 2024年2月7日試飲。

*リボッラ・ジャッラ100%、
 樹齢30年~58年。
 厳しく収量制限を行い、
 限界まで完熟を待ってから収穫。
 すべて自身で選別し、
 梗まで完熟したブドウは除梗せずに
 マセレーションを行う。
 約40日程度、果皮と共に醗酵を行い、
 醗酵が終わるのを待ってから圧搾。
 古バリック・トノーに移し、
 24ヶ月の熟成。
 ボトル詰め後、12ヶ月の熟成。
 果皮が厚く、地域的に最も可能性を持った
 ブドウと考えているリボッラ・ジャッラ。
 非常に繊細で複雑、
 ヴォリュームやアロマよりも
 奥行きや骨格を感じるワイン。
 貴腐化したブドウが大半を占めた
 ヴィンテージだけに、
 圧巻のポテンシャルを感じます。

 自宅のすぐ前にある畑、
 正式には2018年より借りましたが、
 2006年(アンジェ当時14歳)から、
 オーナーと共に畑仕事を手伝ってきたといい、
 ビリャーナでは最も古い
 リボッラ・ジャッラ(58年)が残る畑。
 強烈なポンカ土壌に深く根を伸ばし、
 さらに近年のクローン選抜される以前の
 リボッラ・ジャッラ。
 厳しいグリーンハーヴェストを行うため、
 夏の時点で約70%のブドウを間引く。
 さらにブドウの房もカットする。
 収穫の時点で凝縮し、
 果汁が蜂蜜のようになるほどに
 凝縮したブドウを目指すアンジェ。
 2020年は雨も多く、
 貴腐化したブドウも多かったヴィンテージ。
 収穫したブドウは自身で細かく選別を行い、
 梗まで完熟した房は
 除梗せずにマセレーション。
 アルコール醗酵が終わってから圧搾し、
 使い込んだバリックやトノーにて
 24ヶ月以上の熟成。
 途中、オリ引きは最低限にとどめる事で、
 オリの持つ要素や味わいを尊重したワイン造り。
 まず何よりも、液体の濃度に
 驚かされてしまいます。
 徹底しきった収量制限と、
 樹上での成熟によって
 「極限」といってもいいほど
 凝縮したブドウを果皮と共に醗酵する。
 「マセレーションをすることは
 必ず必要な事ではない。
 ただ、最高のブドウを収穫できたのなら、
 果皮や種子を使わないのがもったいないだけ。」
 そう言い切るアンジェ。
 成熟した果皮、果梗、そして種子まで、
 すべてがワインに味わいや奥行き、
 複雑さを与える要素となっている。
 それを本能的に感じるリボッラ ・ジャッラ。
 アルコールの高さはもちろんあるものの、
 果実や酸、奥行き、どのサイズも
 飛びぬけているため、
 決して悪目立ちしていない。
 むしろその迫力と
 どこまでも続く余韻の長さには、
 間違いなく驚いていただけると思います。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

容量:750ml

生産年:2020年

生産国:スロヴェニア・ブルダービリャーナ

生産者:アンジェ・イヴァンチッチ

葡萄品種:リボッラ・ジャッラ

折りたたむ

現在庫 3本 
税込価格¥8,778(税抜き¥7,980)

マルーフ・ワインズ
ノー・クロ・レディオ・リースリング 2020

マルーフ・ワインズ
ノー・クロ・レディオ・リースリング 2020

*No Clos Radio Riesling 2020 / Maloof Wine

*試飲が出来ない為、
 野村ユニソンのコメントを参考に!

 クリアで照りのある黄色掛かった
 麦わら色の外観。
 黄色い花のフローラルさが特徴的。
 徐々に香ばしいアロマが湧き出し、
 マンゴー、パッションフルーツの様な
 南国系果実感満載の香り。
 砂糖漬けのオレンジピールや
 ハチ

続きを読む

ミツレモンの行食した果実の香りも
 湧き上がります。

 味わいは、凝縮度を感じながらも
 エレガントな味わい。
 華やかであり、凝縮した果実を感じつつも
 フィニッシュは優しく、
 スッと喉を滑り落ちます。
 丸みのある酸と、華やかな果実が素晴らしく、
 ついグラスを傾けてしまう
 クセになる味わいです。

 オレゴンでありながらフランスワインへの
 リスペクトを感じる、
 エレガントなニューワールド・リースリングです。

*品種:リースリング
 自社畑で収穫されたリースリングから造られる。
 収穫後葡萄をピッキング、
 ビン内で足によりプレスされた後、
 更にステンレスタンクで長時間プレス。
 果汁は500Lのオーク樽、
 ステンレスタンクで別々に醗酵。
 最終的にアッサンブラージュされ、春に瓶詰め。

容量:750ml

生産年:2020年

生産国:アメリカ・オレゴン

生産者:マルーフ・ワインズ

葡萄品種:リースリング

折りたたむ

現在庫 2本 
税込価格¥4,367(税抜き¥3,970)

マルーフ・ワインズ
ノー・クロ・レディオ・ゲヴュルツトラミネール 2021

マルーフ・ワインズ
ノー・クロ・レディオ・ゲヴュルツトラミネール 2021

*No Clos Radio Gewurztraminer 2021 / Maloof Wine

*試飲が出来ない為、
 野村ユニソンのコメントを参考に!

 濁りのあるオレンジや薄いピンクの様な、
 いかにもマセラシオンを行った
 色素の抽出された色合い。

 ラベルの通り、正に桃そのものと言った
 果実感にあふれた香り。
 黄色い花の濃厚なフローラルさに加え、
 若干

続きを読む

バジルのようなハーブっぽさも溢れます。
 味わいは甘い桃の香りに反して
 あくまでもドライ。
 適度な酸も感じられ、単純な旨さがあり、
 心地良くスルスルと飲み進めてしまいます。

 翌日も不安定になる事は無く、
 安心して飲み進めることが出来ます。

*品種:ゲヴュルツトラミネール
 自社畑に植えられた、
 1974年植樹のゲヴュルツトラミネールから造られる。
 この樹は現在アメリカで確認されている
 ゲヴュルツトラミネールのクローンとは
 全く違うDNAを持っており、
 原産地未確認のゲヴュルツトラミネール。

 収穫後、除梗してから破砕。
 毎日ピジャージュを行いながら、
 開放式タンクで醗酵。
 果皮と共に発酵させた後、
 フレンチオーク樽に詰め、
 冬の期間熟成を行う。
 10~12ヶ月熟成させた後、
 清澄も濾過もせずに瓶詰め。

容量:750ml

生産年:2021年

生産国:アメリカ・オレゴン

生産者:マルーフ・ワインズ

葡萄品種:ゲヴュルツトラミネール

折りたたむ

現在庫 3本 
税込価格¥5,181(税抜き¥4,710)
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

過去の新着アイテム

  • もりたや2024年3月の新着アイテム
  • もりたや2024年2月の新着アイテム
  • もりたや2024年1月の新着アイテム
  • もりたや2023年12月の新着アイテム
  • もりたや2023年11月の新着アイテム
  • もりたや2023年10月の新着アイテム
  • もりたや2023年9月の新着アイテム
  • もりたや2023年8月の新着アイテム
  • もりたや2023年7月の新着アイテム
  • もりたや2023年6月の新着アイテム
  • もりたや2003年5月の新着アイテム
  • もりたや2003年4月の新着アイテム
  • もりたや2003年3月の新着アイテム
  • もりたや2003年2月の新着アイテム
  • もりたや2003年1月の新着アイテム
  • もりたや12月の新着アイテム
  • もりたや11月の新着アイテム
  • もりたや10月の新着アイテム
  • もりたや9月の新着アイテム
  • もりたや8月の新着アイテム
  • もりたや7月の新着アイテム
  • もりたや6月の新着アイテム
  • もりたや5月の新着アイテム
  • もりたや4月の新着アイテム
  • もりたや3月の新着アイテム
  • もりたや2月の新着アイテム
  • もりたや1月の新着アイテム
  • もりたや12月の新着アイテム
  • もりたや11月の新着アイテム
  • もりたや10月の新着アイテム
  • もりたや9月の新着アイテム
  • もりたや8月の新着アイテム
  • もりたや7月の新着アイテム
  • もりたや6月の新着アイテム
  • もりたや5月の新着アイテム
  • もりたや4月の新着アイテム



144-0046
東京都大田区東六郷2-9-12

電話 03-3731-2046
e-mail sakemorita@nifty.com
MAP
営業時間 AM 12:00 〜 PM8:00  
実店舗の定休日 日曜、月曜日

*ホームページからのご注文は常時受け付けています。

更新日は2024年05月26日です。
は定休日です。
は午後2時頃からの営業。


  • instagram
    ワイン
  • instagram
    店主のアート
2024年5月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
ページトップへ