144-0046
東京都大田区東六郷2-9-12

MAP
電話 03-3731-2046
e-mail sakemorita@nifty.com
営業時間 AM 12:00 〜 PM8:00  
実店舗の定休日 日曜、月曜日

は定休日です。
は午後2時頃からの営業。
*ホームページからのご注文は常時受け付けています。

更新日は 2024年 06月 21日 です。

  • instagram
    ワイン
  • instagram
    店主のアート
2024年6月
           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
           

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・リボッラ・ジャッラ 2017

ダミアン・ポドヴェルシッチ
IGTヴェネツィア・ジュリア・ビアンコ・リボッラ・ジャッラ 2017

税込価格¥6,072(税抜き¥5,520)

*IGT Venezia Giulia Bianco Ribolla Gialla 2017 / Damijan Podversic

*最後の12本入荷!

*抜栓直後はエッジは丸くボリューム感がありましたが
 液体自体は閉じて硬い印象でしたが、
 30分後くらいから開き始め
 びっくりするくらいの質感と
 芳醇な味わいに変化していきます。
 嬉しくてメモを取ることも忘れるくらい。
 厚みのある貴腐からくるあふれ出す様な
 ボリューム感は熟した花梨や洋梨、
 少し青みのあるハーブ感が底にあり
 心地良いコントラストを生みます。
 思いの外、クールで繊細さを持ち
 キレの良いドライな残像を残します。
 これはやられたな〜って印象です。
 2017年のスケール感は本当に凄い!
 ひとクラス上にステージが上がった印象です!
 9/8/2022試飲

 エヴィーノの新津くんの感動のコメントも添えます。
 一般的にいえば、2017年は春先の雨が少なく、
 夏の猛暑、高温でブドウが凝縮。
 さらに、暑すぎて果実の成長が止まってしまう、、。
 そんな事が起きたヴィンテージでした。
 もちろんダミアンの畑でも、例外なく凝縮したといいます。
 「ヴィンテージの特徴は1年間の気候に左右されるものではない、
 収穫前1ヶ月間の気候(気温差、雨、日照)によって
 色付けされる」、その言葉を裏付けるように、
 8月後半からまとまった雨が降り、
 それにつられ気温も一気に下がります。
 湿度も上がり、完熟した果実には
 ボトリティス(貴腐)が
 ほぼ全体に広がったと話すダミアン。
 結果、収穫も遅らせることができ、
 果実の成熟も 申し分ないというヴィンテージ。
 2017年の年末にカンティーナに訪問した時、
 まだ絞った直後という状態でしたが、
 今までのダミアンのワインには
 感じたことがないくらい、
 ワインとして完成していたのを
 今でもはっきりと覚えております。
 あれから5年近い年月が経ち、樽の中で完成し、
 ボトルの中でゆっくりと休ませたリボッラ・ジャッラ。
 個人的には今までで2014年が
 本当に素晴らしいと思っていたのですが、
 その2014年を上回る奥行きと複雑さ、繊細さ、、。
 とめどない貴腐の香り、余韻の終わりが見つかりません。
 間違い なく今までのダミアンを越える
 素晴らしいヴィンテージ、
 ぜひ皆さんに飲んでいただきたいワインです。

*品種:リボッラ・ジャッラ100%。
 樹齢:20〜40年。
 収穫を可能な限り遅らせることで
 最大限に成熟した果実、果皮には
 多くの貴腐の恩恵を受けたブドウと
 腐敗果を徹底し選果を行う
 徐梗して果皮、種子と共に3ヶ月、
 圧搾後、大樽にて36ヶ月、瓶内にて18ヶ月熟成。
 2017年は繊細さと奥行き、これまでの最高を更新したという、
 ダミアン渾身のヴィンテージです。
 インポーターはエヴィーノさん
 36本+6本+12本+12本

生産年:2017年

生産国:イタリア・フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア

生産者:ダミアン・ポドヴェルシッチ

葡萄品種:リボッラ・ジャッラ

ダミアン・ポドヴェルシッチ
DAMIJAN PODVERSIC

1998年よりカンティーナを立ち上げ、
 リボッラジャッラをはじめとしたフリウリ特有のブドウを栽培。
 1985年、フリウリのワインに造りの「定説」に一石を投じたヨスコのもとには、
 多くの造り手が集まり
 (今では素晴らしい造り手ばかり、
 のちにそれぞれの価値観を持ち、離れていくことになる。
 当時の彼のカンティーナには溢れんばかりの熱意と信念、
 才能が集まっていた。)、
 濃密な時間を共に過ごすダミアンは、自身今までにないほど多くの事を学び、
 (本人曰く、技術的なことではなく、
 より内面的な部分で学ぶことの方が多かったという。)
 自身のフィロソフィを築いていくこととなる。
 土地への最大限の敬意、概念に囚われない醸造、果皮の本質を見せるワイン、
 揺るぎない信念(頑固さ)をもつダミアン。
 「畑での仕事量こそがワインの根幹を成す」その言葉通り、
 畑仕事への追及はどの生産者よりも激しい(恐ろしい)。

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

過去の新着アイテム

  • もりたや2024年5月の新着アイテム
  • もりたや2024年4月の新着アイテム
  • もりたや2024年3月の新着アイテム
  • もりたや2024年2月の新着アイテム
  • もりたや2024年1月の新着アイテム
  • もりたや2023年12月の新着アイテム
  • もりたや2023年11月の新着アイテム
  • もりたや2023年10月の新着アイテム
  • もりたや2023年9月の新着アイテム
  • もりたや2023年8月の新着アイテム
  • もりたや2023年7月の新着アイテム
  • もりたや2023年6月の新着アイテム
  • もりたや2003年5月の新着アイテム
  • もりたや2003年4月の新着アイテム
  • もりたや2003年3月の新着アイテム
  • もりたや2003年2月の新着アイテム
  • もりたや2003年1月の新着アイテム
  • もりたや12月の新着アイテム
  • もりたや11月の新着アイテム
  • もりたや10月の新着アイテム
  • もりたや9月の新着アイテム
  • もりたや8月の新着アイテム
  • もりたや7月の新着アイテム
  • もりたや6月の新着アイテム
  • もりたや5月の新着アイテム
  • もりたや4月の新着アイテム
  • もりたや3月の新着アイテム
  • もりたや2月の新着アイテム
  • もりたや1月の新着アイテム
  • もりたや12月の新着アイテム
  • もりたや11月の新着アイテム
  • もりたや10月の新着アイテム
  • もりたや9月の新着アイテム
  • もりたや8月の新着アイテム
  • もりたや7月の新着アイテム
  • もりたや6月の新着アイテム
  • もりたや5月の新着アイテム
  • もりたや4月の新着アイテム



144-0046
東京都大田区東六郷2-9-12

電話 03-3731-2046
e-mail sakemorita@nifty.com
MAP
営業時間 AM 12:00 〜 PM8:00  
実店舗の定休日 日曜、月曜日

*ホームページからのご注文は常時受け付けています。

更新日は2024年06月21日です。
は定休日です。
は午後2時頃からの営業。


  • instagram
    ワイン
  • instagram
    店主のアート
2024年6月
           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
           
ページトップへ