144-0046
東京都大田区東六郷2-9-12

MAP
電話 03-3731-2046
e-mail sakemorita@nifty.com
営業時間 AM 12:00 〜 PM8:00  
実店舗の定休日 日曜、月曜日

は定休日です。
は午後2時頃からの営業。
*ホームページからのご注文は常時受け付けています。

更新日は 2024年 04月 04日 です。

  • instagram
    ワイン
  • instagram
    店主のアート
2024年4月
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
       

アンジェ・イヴァンチッチ
レブーラ 2020

アンジェ・イヴァンチッチ
レブーラ 2020

現在庫 3本 
税込価格¥8,778(税抜き¥7,980)

*Rebula 2020 / Anže Ivančič

*カチッとした骨格の中に
 エッジの柔らかさを持つ
 奥行きのある味わい。
 それでいてきめ細かさを持つ液体は
 抜群のセンスの良さを感じずにはいられません。
 抜栓直後は硬かったですが
 20〜30分もしないうちに
 雪解けをする様に開いてきます。
 そこに圧倒的なミネラルが下支えして
 縦構造の重心の低い味わいが
 口いっぱいに支配します。
 塩気の効いた余韻の長さがすごいですよ!
 2024年2月7日試飲。

*リボッラ・ジャッラ100%、
 樹齢30年~58年。
 厳しく収量制限を行い、
 限界まで完熟を待ってから収穫。
 すべて自身で選別し、
 梗まで完熟したブドウは除梗せずに
 マセレーションを行う。
 約40日程度、果皮と共に醗酵を行い、
 醗酵が終わるのを待ってから圧搾。
 古バリック・トノーに移し、
 24ヶ月の熟成。
 ボトル詰め後、12ヶ月の熟成。
 果皮が厚く、地域的に最も可能性を持った
 ブドウと考えているリボッラ・ジャッラ。
 非常に繊細で複雑、
 ヴォリュームやアロマよりも
 奥行きや骨格を感じるワイン。
 貴腐化したブドウが大半を占めた
 ヴィンテージだけに、
 圧巻のポテンシャルを感じます。

 自宅のすぐ前にある畑、
 正式には2018年より借りましたが、
 2006年(アンジェ当時14歳)から、
 オーナーと共に畑仕事を手伝ってきたといい、
 ビリャーナでは最も古い
 リボッラ・ジャッラ(58年)が残る畑。
 強烈なポンカ土壌に深く根を伸ばし、
 さらに近年のクローン選抜される以前の
 リボッラ・ジャッラ。
 厳しいグリーンハーヴェストを行うため、
 夏の時点で約70%のブドウを間引く。
 さらにブドウの房もカットする。
 収穫の時点で凝縮し、
 果汁が蜂蜜のようになるほどに
 凝縮したブドウを目指すアンジェ。
 2020年は雨も多く、
 貴腐化したブドウも多かったヴィンテージ。
 収穫したブドウは自身で細かく選別を行い、
 梗まで完熟した房は
 除梗せずにマセレーション。
 アルコール醗酵が終わってから圧搾し、
 使い込んだバリックやトノーにて
 24ヶ月以上の熟成。
 途中、オリ引きは最低限にとどめる事で、
 オリの持つ要素や味わいを尊重したワイン造り。
 まず何よりも、液体の濃度に
 驚かされてしまいます。
 徹底しきった収量制限と、
 樹上での成熟によって
 「極限」といってもいいほど
 凝縮したブドウを果皮と共に醗酵する。
 「マセレーションをすることは
 必ず必要な事ではない。
 ただ、最高のブドウを収穫できたのなら、
 果皮や種子を使わないのがもったいないだけ。」
 そう言い切るアンジェ。
 成熟した果皮、果梗、そして種子まで、
 すべてがワインに味わいや奥行き、
 複雑さを与える要素となっている。
 それを本能的に感じるリボッラ ・ジャッラ。
 アルコールの高さはもちろんあるものの、
 果実や酸、奥行き、どのサイズも
 飛びぬけているため、
 決して悪目立ちしていない。
 むしろその迫力と
 どこまでも続く余韻の長さには、
 間違いなく驚いていただけると思います。
 インポーターはエヴィーノさん 12本

容量:750ml

生産年:2020年

生産国:スロヴェニア・ブルダービリャーナ

生産者:アンジェ・イヴァンチッチ

葡萄品種:リボッラ・ジャッラ

アンジェ・イヴァン チッチ
ANZE IVANČIČ

スロヴェニア西端、イタリアと国境を隔てるBrdaブルダ、
 その中心部に位置するビリャーナの町。
 イタリア側のゴリツィアやコルモンス、
 オスラヴィアまで車で10~20分と近く、
 国は違うものの同じ土壌を持つ
 「Collioコッリオ」であり、
 古くローマ時代にはコッリオの中心地として
 繁栄していたとされる土地。
 同じ土地個性、ポテンシャルを持っていても、
 国を違えるだけでその評価や価値は
 大きくかけ離れてしまう。
 当主であるアンジェ・イヴァンチッチは 31歳。
 両親、親族の中に農業に関わる仕事をしていた者は
 なかったものの、幼い頃より自然や畑での
 仕事に興味を持ち、農業高校へ進学。
 そこで公募していたワイナリー研修制度に
 申し込みました。

カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

過去の新着アイテム

  • もりたや2024年2月の新着アイテム
  • もりたや2024年1月の新着アイテム
  • もりたや2023年12月の新着アイテム
  • もりたや2023年11月の新着アイテム
  • もりたや2023年10月の新着アイテム
  • もりたや2023年9月の新着アイテム
  • もりたや2023年8月の新着アイテム
  • もりたや2023年7月の新着アイテム
  • もりたや2023年6月の新着アイテム
  • もりたや2003年5月の新着アイテム
  • もりたや2003年4月の新着アイテム
  • もりたや2003年3月の新着アイテム
  • もりたや2003年2月の新着アイテム
  • もりたや2003年1月の新着アイテム
  • もりたや12月の新着アイテム
  • もりたや11月の新着アイテム
  • もりたや10月の新着アイテム
  • もりたや9月の新着アイテム
  • もりたや8月の新着アイテム
  • もりたや7月の新着アイテム
  • もりたや6月の新着アイテム
  • もりたや5月の新着アイテム
  • もりたや4月の新着アイテム
  • もりたや3月の新着アイテム
  • もりたや2月の新着アイテム
  • もりたや1月の新着アイテム
  • もりたや12月の新着アイテム
  • もりたや11月の新着アイテム
  • もりたや10月の新着アイテム
  • もりたや9月の新着アイテム
  • もりたや8月の新着アイテム
  • もりたや7月の新着アイテム
  • もりたや6月の新着アイテム
  • もりたや5月の新着アイテム
  • もりたや4月の新着アイテム



144-0046
東京都大田区東六郷2-9-12

電話 03-3731-2046
e-mail sakemorita@nifty.com
MAP
営業時間 AM 12:00 〜 PM8:00  
実店舗の定休日 日曜、月曜日

*ホームページからのご注文は常時受け付けています。

更新日は2024年04月04日です。
は定休日です。
は午後2時頃からの営業。


  • instagram
    ワイン
  • instagram
    店主のアート
2024年4月
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
       
ページトップへ