144-0046
東京都大田区東六郷2-9-12

MAP
電話 03-3731-2046
e-mail sakemorita@nifty.com
営業時間 AM 12:00 〜 PM8:00  
実店舗の定休日 日曜、月曜日

は定休日です。
は午後2時頃からの営業。
*ホームページからのご注文は常時受け付けています。

更新日は 2023年 03月 23日 です。

  • instagram
    ワイン
  • instagram
    店主のアート
2023年3月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
  1. リスト表示
  2. 一覧表示

ソイル・セラピ SOIL THERAPY

アルザスのナチュラルワイン中心地であるコルマール近郊で
 2017年よりワイン造りを始めた、いわゆる若手生産者ですが、
 彼らの経験は普通の若手生産者とは括れないものでした。

 ワインとは無縁な家庭に育ったオーナーのトマとパートナーのミードリー。
 トマはパリに生まれ、ワイン造りに進むと決心してから
 ボルドー、エルミタージュ、モンペリエで栽培、醸造、販売の全てを学び、
 2011年からは数年オーストラリアで修行し、
 その後アルザスのドメーヌ オステルターグで2016年まで修行しました。
 パートナーのミードリーは、ミュールーズで生まれ、
 10年間パリで国際的なビジネスの勉強と仕事をしていましたが、
 家族の元へ戻ることを決意し、アルザスで栽培と醸造を学びました。
 この数年間はマルク・クレイデンヴァイスで修行をし、
 2017年からトマと共にソイル セラピーを設立。

 若い彼らが自らの望むワインを継続して造るために採用したのは、
 ミクロネゴスというスタイル。
 アルザスはブルゴーニュ、シャンパーニュと並び、
 畑が非常に高額で売りに出にくい地域。
 望む畑が手に入らないのであればと、
 望むブドウを購入するスタイルでワイン造りを始める事にしました。
 勿論、自らが納得し厳選した生産者からブドウを購入し、
 区画や収穫日を選び、栽培や収穫を自ら行っています。
 更に彼らは自由な考えのワインを少しづつ広げていきたいという考えから、
 毎年少なくとも1つの新しいキュヴェ(テロワール)を
 生産するようにしています。

 トマがワイン造りで最も大切にしているのは、
 各キュヴェにリューディーの個性を明確に表現させる事と、
 忘れ去られてしまった目立たないリューディーにもスポットを当てる事です。
 特に注目されがちなグランクリュではなく、
 アルザス南部の美しい丘陵地帯にある個性的なリューディーに焦点を当てました。
 最大の目的は、グランクリュだけでなく、
 地味だけれども素晴らしいポテンシャルを持つ畑の認知度向上と復興に貢献し、
 生産者とソムリエの間で、アルザスの偉大なテロワールの豊かさと
 質的な可能性についての認識を高めることだそうです。
 
 彼らのワインはシュレールやビネールが切り拓いてきた
 ナチュラルワインの自由な考え、自由なワインに、
 アルザスワインが本来持つトラディショナルな部分をMIXした
 アルザスワインの新しいスタイル。
 新時代の芽吹きを感じられる生産者です。

 《ラベルについて》
 彼らの(特徴的な)ラベルに表現されている作品は、
 オーレリアン・ガブリエル・コーエンによるもので、
 Représentation d'un geste symbiotique
  (共生のジェスチャーの表現)と名付けられています。
 人間が植物、発酵、熟成と言う、いわば錬金術を通して
 様々な自然の要因を明らかにする過程と
 テロワールの概念を象徴的に捉え、表現したものです。

ソイル・セラピ  SOIL THERAPY

ソイル・セラピ
アルザス・ブラン 2020

ソイル・セラピ
アルザス・ブラン 2020

* Alsace Blanc 2020 / Soil Therapy

*大きな試飲会は苦手でオフィスの試飲会以外は
 あまり参加しないんですが、
 野村ユニソンのMくんがいるので行ってきました。
 正直、落ち着いて試飲できない為、
 コメントも不安がありますが
 Mくんに美味しいかっ

続きを読む

たと言っていたそうです。
 安定した野村ユニソンさんのコメントを参考に。

 クリアな麦藁色。
 真っ先にミュスカらしいフルーティーで
 フレッシュなアロマが立ち上ります。
 徐々に白い花、花梨やリンゴ、グレープフルーツ、
 フレッシュハーブの香り、
 更にブリーチーズのような
 美しさのあるクリーミーさも感じられ、
 味わいには柔らかい酸と
 塩味を感じるようなミネラル、
 グレープフルーツ系の柑橘のニュアンスが溢れ、
 食欲が増していきます。
 香り、味共にどんどん膨らんで来ますが、
 柑橘の皮の様なちょっとした苦みが
 フィニッシュを引き締めるので、
 ダレることなく飲み進めることが出来ます。
 酒質は非常に安定しており、
 1週間後でも安定して飲むことが出来ます。
 春から夏に掛けて最適なキュヴェで、
 少々冷やし目にして飲むことをお勧めします。

*品種:シルヴァネール、リースリング、
    ゲヴェルツトラミネール、ミュスカ
 So2:Total=35mg/L
 
 緊張感とアロマのバランスがちょうどよく、
 「アルザスを丸ごと瓶に詰めた」ような
 ニュアンスを感じてもらえるように
 考え造られました。
 石灰岩土壌のツェレンベルク (Zellenberg) にある
 ビオディナミ栽培の古樹から造られた
 シルヴァネールと、
 ツェレンベルクの砂岩と石灰岩土壌にある
 ビオディナミ栽培の古樹から造られたリースリング、
 アットシュタット (Hattstatt) の石灰岩土壌にある
 ビオディナミ栽培のブドウから造られた
 ゲヴェルツトラミネール、
 アンメルシュヴィア (Ammerschwihr) にある
 花崗岩土壌の区画でビオディナミ栽培のブドウから
 造られたミュスカを天然酵母で発酵させ、
 ステンレスタンクで1年間熟成。
 爽やかで塩味を感じるようなミネラルが豊富な
 シルヴァネールとリースリングに、
 豊かなアロマがあるゲヴェルツとミュスカを
 ブレンドすることで、ワインに表情を出しつつ、
 アルザス全部の魅力を伝えようとしたキュヴェ。
 ダイレクトプレスし、ステンレスタンクで
 澱と共に8か月熟成。
 
 毎年、このアペラシオンを
 象徴するようなキュヴェとして造られていましたが、
 2020VTはAOCを獲得することが出来ませんでした。
 原産地の歴史とテロワール、
 葡萄の個性を証明する為に頑張ってきた彼らですが、
 この地の政治的な盲目さにウンザリした為、
 ラベルに記載する文字を点字にして表記しました。
 その為、ラベルには点字と右側に
 セパージュの略語を記載してあります。
 インポーターは野村ユニソンさん

生産年数:2020

生産国:フランス・アルザス

生産者:ソイル・セラピ

葡萄品種:シルヴァネール、リースリング、 ゲヴェルツトラミネール、ミュスカ

折りたたむ

  税込価格¥3,278(税抜き¥2,980)

ソイル・セラピ
ピノ・ノワール・ミッテルベルグ 2018

ソイル・セラピ
ピノ・ノワール・ミッテルベルグ 2018

*pinot noir Mittelbourg 2018 / Soil Therapy

*優しいソフトな入りのピノ・ノワール。
 カラッとした、伸びのある液体は
 とってもチャーミングな味わいです。

*野村ユニソンさんのコメントもどうぞ!
 透明感のある紫掛かったルビー色。
 カ

続きを読む

シス、ラズベリーに若干のスミレっぽさに、
 煮詰めた感じはなく、
 あくまでフレッシュな果実や花の香りが立ち上がります。
 よくある面白くないナチュールワインの様な
 フワフワした質感ではなく、
 チャーミングさとピノ・ノワールの妖艶な香りを
 併せ持つ旨味のあるカッチリピノ系の味わい。
 可憐かつ、芯の通った骨格の有る
 ナチュラルピノ ・ノワールは、
 1時間前の抜栓と、若干冷やし
 目で飲むことをオススメします。

*同じミッテルベルグの区画でもピノ・ ノワールは
 非常に急斜面の下の方にある区画。
 砂岩と鉄分を多く含む粘土が石灰岩に混ざっています。
 極端に樹齢が古い事も特徴の一つ。
 朝に手摘みで収穫した葡萄を、非常に厳しく選別し、
 房全体の35%は全房で、残りは手で除梗。
 11日間のマセラシオン、
 数回の柔らかなピジャージュを行い、
 5年使用した古樽で熟成させ、
 濾過をせずに2019年9月上旬に瓶詰め。

生産年数:2018

生産国:フランス・アルザス

生産者:ソイル・セラピ

葡萄品種:ピノ・ノワール

折りたたむ

  税込価格¥4,048(税抜き¥3,680)

ソイル・セラピ
ピノ・グリ・ノイベルグ 2018

ソイル・セラピ
ピノ・グリ・ノイベルグ 2018

* Pinot Gris Neu 2018 / Soil Therapy

*開けた瞬間は曇りがち、
 次第に開いていくのでしょう。
 色合いから想像するしっかりとした味わいではなく
 綺麗な伸びの良い作りのピノ・グリです

*野村ユニソンさんのコメントもどうぞ!
 若干ピンク掛かった黄金色。
 ピノ・グリの特徴であるスパイシーさは無く、
 サラっとしたフレッシュな果実感が特徴。
 花梨にほんの少しだけシロップを足したかのような
 濃厚さというよりも果実のフレッシュさ、
 綺麗さを追求したキュヴェ。
 余韻が非常に長く、鼻に抜けるフレーバーが心地良いです。

続きを読む

*ゲブヴィラー渓谷の中にある
 シュムベルグという山の中にある区画。
 とても急な斜面の上の部分に当り、
 人里離れた所にあるため、
 抜群のテロワールにも関わらず
 耕作放棄地となってしまっていました。
 しかし、1993年に地元のブドウ栽培家が
 復活させることを決意し、
時間を掛けて丁寧に整地や一部植え替えを行いました。
 標高450メートルで
 (アルザスで最も標高が高い区画のひとつ)、
 西に位置する高峰と北風から守るシュムベルク山の
 恩恵を受けているため、(地球温暖化の熱からさえも)
 最も保護されている畑の一つでもあります。
 9月15日の朝に手摘みで収穫。
 果実が非常に小さく、収量も非常に少ない完璧に
 健康的なブドウが収穫できたそうです。
 プレス機で軽くプレスしてマセラシオンし、全房でプレス。
 野生酵母で5年落ちの古樽で発酵させた後、
 同じ樽で1年間澱の上で熟成させました。
 2019年9月初旬、清澄やフィルターを行わず、
 重力を利用して手摘みで瓶詰め。
 インポーターは野村ユニソンさん

生産年:2018年

生産国:フランス・アルザス

生産者:ソイル・セラピ

葡萄品種:ピノ・グリ

折りたたむ

  税込価格¥5,038(税抜き¥4,580)
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

過去の新着アイテム

  • もりたや2003年1月の新着アイテム
  • もりたや12月の新着アイテム
  • もりたや11月の新着アイテム
  • もりたや10月の新着アイテム
  • もりたや9月の新着アイテム
  • もりたや8月の新着アイテム
  • もりたや7月の新着アイテム
  • もりたや6月の新着アイテム
  • もりたや5月の新着アイテム
  • もりたや4月の新着アイテム
  • もりたや3月の新着アイテム
  • もりたや2月の新着アイテム
  • もりたや1月の新着アイテム
  • もりたや12月の新着アイテム
  • もりたや11月の新着アイテム
  • もりたや10月の新着アイテム
  • もりたや9月の新着アイテム
  • もりたや8月の新着アイテム
  • もりたや7月の新着アイテム
  • もりたや6月の新着アイテム
  • もりたや5月の新着アイテム
  • もりたや4月の新着アイテム



144-0046
東京都大田区東六郷2-9-12

電話 03-3731-2046
e-mail sakemorita@nifty.com
MAP
営業時間 AM 12:00 〜 PM8:00  
実店舗の定休日 日曜、月曜日

*ホームページからのご注文は常時受け付けています。

更新日は2023年03月23日です。
は定休日です。
は午後2時頃からの営業。


  • instagram
    ワイン
  • instagram
    店主のアート
2023年3月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
ページトップへ